【PR】

アームスとヘルムレの掛け時計及び置き時計

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-23 08:11:25

ホームページの反応率を上げる唯一簡単な方法

テーマ:集客

実は、多くのホームページで犯している重大な
ミスがあります。


それは、ユーザーがホームページ全体を見てくれることを
前提としていることです。


新規ユーザーはあなたのホームページを時間を
かけて見なくてはならない義務も理由もありません。


基本的に第一印象が悪ければすぐに去るし、
移り気で注意散漫ですー。


残酷なようですが、ご自身の身になって考えれば
わかることだと思います。


ホームページ上に書かれていることを
そのまま信用することはありませんが、
書かれていなければそれを期待することもありません。

 

誰もが毎日膨大な情報を目にしながら、そのほとんどを
捨てているのです。
捨てている情報が全体の99%以上です。


だから、第一印象で魅力を感じなければ、
その後を読むことはありません。


あなたは、あなたに最初からすごく興味を
持っている人向けにホームページを作っていませんか?


これだと致命的なミスになります・・・。


あなたの「サービスには興味ある」けど、

あなたの「ホームページへの興味は薄い」

ユーザーを引き留める必要があります。

特に最初の5秒で目にするキャッチコピーでほとんどの
勝負は決まるのです。


だから強調文字で書かれる、2文までが勝負だと
思って下さい。


さて、その重要なキャッチコピーですが、
魅力を感じないコピーがあまりに多い!!^^


本当はサービスそのものには魅力があるにも関わらずです!


そんなもったいないことをしている方が、
半分以上いらっしゃいます!


例えば、
次のようなキャッチはダメなのです。


「お客様を笑顔にします」

「お客様のために誠心誠意尽くします」

「あなたのより良い未来を創出します」

「あなたに合ったサービスをします」


ドキッとした方も多いのではないでしょうか?(笑)

これらは誰でも書けます。

独自性がありません。

よくなるイメージが湧きません。


もっと言うなら、

「自信がないからこんな抽象的な言葉に
なっているのではないだろうか」

と思われるでしょうー。

ユーザーはキャッチコピーで少しでも魅力ないとか、
デメリットと思える条件があれば、すぐに別サイトを
探すことになるでしょう。


誰でも書ける文言ではなく、
あなた独自の特長を謳って下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~


何もあなた一人しか持っていないものでなくても
結構なんです。


例えば次のようなものです。

「口コミ○○地域NO.1」

「○○に紹介されました」

「○○専門」

「○○資格保有者」

「満足度○○%」

「○○年に渡り○○人に提供」

「駅徒歩○分」

「土日営業」

「夜○時まで営業」

「少しでもご不満の場合は全額返金します」


ぜひご自身のホームページに活かして下さい。


申し込み率がグ~ンと高くなること請け合いです!!

 

 

今回も最後までお読みいただき感謝いたします!!

ではまた!!☆彡

 

 

P.S.

【9月30日までの無料プレゼント!!】
(1)保存版レポート「Webライティングで稼ぐ方法」
(2)動画セミナー「集客全般」(ブログ、SNS、動画、タウンメールなど)
ここから⇒ http://webwriting.top/present/


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-15 09:00:29

「スマホ対応」表示終了の意味とは?

テーマ:SEOブログ

今月に入って、ほぼスマホ検索での「スマホ対応」ラベル表示が
廃止されました。

グーグルは既に8月24日、公式にこの方針を発表していましたので規定路線ということができます。

グーグルが表示を廃止した理由は、既に85%のサイトが同社のモバイルフレンドリー基準を満たしているため、「スマホ対応」表示の意味がなくなってきたということ。

2年前にHPのスマホ対応の必要性が高まって以来、
現在では、ほとんどのサイトが対応したと言えるわけです。

僕は2年前はスマホ対応の必要性を強調していました。
しかし、1年前からは違います。
「スマホ対応」ではなく「スマホ最適化」が必要と強調しています。

つまりグーグル基準の「スマホフレンドリー」OKで安心するのではなく、ユーザー目線でのスマホフレンドリーが必要ということです!

現在85%が対応している事実から考えれば、まさに僕が1年前から強調していることの重要性を理解していただけるでしょう。


グーグル基準のスマホフレンドリーは、簡単に言えば、
テキストとレイアウトがスマホに向いている状態
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということにすぎません。

つまり1カラムで(サイドメニューがない)テキスト(文字)が大きければOKなのです。

しかし、その中には、次のようなサイトが多く含まれます。

バナー上の文字がPC仕様のままでスマホでは小さすぎて読めない

●テキスト文字が大きすぎて読みにくいし、安っぽく見える

●左右のどちらかに余白があったり、無駄な空間が空いていたりする

●PCでのサイドメニューが、フッターにくずれた形でまとめられている

●PC同様のサイト構造で、多くのページを見ることが前提となっている(スマホユーザーがページ移動を嫌います)

●電話ボタンを設置するなどスマホと特長を活かした機能がない


「スマホ対応」は当たり前!!

これからは、ユーザー目線での「スマホ最適化」が行われているサイトが生き残っていきます。

僕はグーグルには、次の段階の表示として、「スマホ最適化」を取り入れて欲しいと思います。

 

技術的にはできるはずです。

もしかするともう既に判別されているのかもしれません。

「スマホ最適化」表示を付けることによって、ユーザーは無駄なサイトを見る手間と時間が省けます。

これはグーグル検索への信頼を高めることにもなります。


 

僕が受ける相談で多いのが、
「順位が落ちてアクセスが減っている」
「反応が落ちている」
といったこと。

そのスマホサイトを見てみると非常に高い確率で、「スマホ最適化」が行われていません。

つまり、スマホでの反応が悪いために、グーグルはユーザー体験が悪いサイトと評価し、検索順位に悪影響をもたらします。

現在はスマホからのアクセスが全体の70%を占める
ことを考えれば、スマホサイトの出来が悪いと、
当然上記のような問題が起こってきます。

これを機にしっかり見直してみましょう!!


今回も最後までお読みいただき感謝いたします!!

ではまた!!☆彡

 

 

P.S.

 

【9月30日までの無料プレゼント!!】
(1)保存版レポート「Webライティングで稼ぐ方法」
(2)芳川動画セミナー「集客全般」(ブログ、SNS、動画、タウンメールなど)
ここから⇒ http://webwriting.top/present/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-09 10:15:55

「感想」はすべてを表しているって本当か?

テーマ:ブログ

今週の9月6日、(社)日本WEBライティング協会主宰の
検定試験を2つ同時に行いました。


1つは、
第10回Webライティング能力検定

 

もう1つは、
第1回Webリスク管理士検定

 

僕は毎回、感想をしっかり取るようにしています。
もちろん強制ではありませんし、
報酬を払うわけでもありませんので、
あくまで任意です。


でもやはり事前の話し方によって、
アンケートに答えてもらえるかどうかの
反応が大きく違います。


一番悪いのは、
何もしないこと。
これでは感想はゼロ確定です!(笑)


次に悪いのは、
アンケート用紙を渡すだけ。
これだと、2/3ぐらいは答えていただけますが、
その半分ぐらいは1~2行しか書いてもらえません。


だいぶ反応が良くなるのが、
書いてもらえるよう口頭でもお願いすること。
これだとほとんどの方が答えてくれます。


ただ、やはり最も良いのが、
「心をこめて」お願いすること!
今回、僕は最初にお願いしたうえに、
最後にも次のように言いました。

 

「会場はあと30分は大丈夫です。
その間感想を書くことができますので、
ぜひよろしくお願いします!」

 

これによって、しっかりと心のこもった

文章を書いてくれる方が明らかに増えました。

 

 

ところで、僕は感想はすべてを物語ると言っても
良いほど、現実を表していると思います。


本当にすべてか、といえば感情や環境が
関わることですから、100%とは言えないでしょう。
ウソやステマなども横行しているので、
信じ過ぎることは危険です。


しかし、僕はそれが本当の感想であれば、
実際の80%は正しく表していると見ています。
これは物事を評価するうえで、圧倒的に重要視
するべきことということになります。
多分、サービス提供者の情報の真実度は、
20%ぐらいでしょうから。。(笑)


ということで、今回の検定2つに対して
お寄せ頂いた感想を掲載します。


今回は本名okの方が多く、運営者としては、
これは大変うれしいことです。


【第10回Webライティング能力検定の感想】

==================

●内田 慶子 様
webライティングの知識が全くなく、勉強するために受検しました。
新しいこと、知らなかったことがどんどん表れとても楽しい試験勉強でした。
これから先も、どんどん知識を吸収していきたいと感じました。

==================

●中野 慎一 様
自分のスキルアップのために受検しました。
事前にテキストを読んで演習を行っている時から、大変勉強になると感じ、楽しく学ぶことができました。
試験は、思っていたより簡単ではない問題もありましたが、何とか解答することができました。
途中から手がつってふるえ、見苦しい字になりましたことをおわびいたします。

==================

●山口 由香里 様
テキストを何回も読み、ノートに書いたりと自分なりの勉強方法でのぞみましたが、最後の文章問題に時間がかかってしまい、ライティング力をみがく上で、まだまだ力が足りないと実感しました。
しかし、今日、今からスタートと思い、これからもライティングに関して学んでいきます。
今回このような機会を与えていただきありがとうございます。

===================

●万代 昌子 様
今まで、かいつまんで学んだ内容が網羅されていたので、復習しながら取り組むことができました。
同時に、インターネット(ホームページ・ブログ・SNS)を使って何かしら発信する人には必須の内容だと思います。
この試験は、自身の理解度をチェックするために大いに役立ちました。

===================

●茂田 道輝 様
久々の受験で心臓がドキドキと脈打ちました。
合格できたかは、まだ分かりませんがWebライティングを学びなおすキッカケとなりました。
ありがとうございました。

===================

●岡田 俊一 様
普段知っていると思っていることも、言語化され質問という形になると、けっこうあやふやな情報で生きてきたんだなと再確認させていただきました。
特に日本語の問題では苦労しました。
ライティングをする時に、表現として言葉を使うので、もっと勉強しなくてはと感じました。
ありがとうございました。

====================

●佐藤 康猛 様
事前に渡されていた勉強用のテキストを読み込んでおけば、十分に解ける内容でした。

====================

●匿名希望
SEOやリスティング広告など、知ってはいましたが具体的にどういうものなのかを知ることができました。
また、日本語の正しい使い方、意味を知ることは、今後の人生においても重要なことと思いました。
ただ読みやすいものを書いたり、見た目をよくするだけではなく、「正しい日本語」を使うことも大切なんだと思いました。
今回の受検をきっかけにして、これからも学んでいこうと思います。

====================

●匿名希望
試験勉強をしたのは久しぶりでとても新鮮でした。
漢字や四字熟語を覚えるのは元々好きだったので、この資格の勉強で改めて意味を確認したり、間違えて覚えていたものの訂正ができたりしました。
日本語を主に勉強しましたが、もっとSEOなども勉強しておけばよかったです。
もし1級が取れても取れなくても、また受検してみたいと思います。

====================

●匿名希望
言葉遣いやWebライティングのコツだけでなく、SEOや法律など、記事をかくだけではなかなか意識が向かない内容を学べたことは、大きな収穫でした。
今回学んだことは、今後に生かしていきたいと思います。
ありがとうございました。

====================

●匿名希望
予想よりも検定時間いっぱい使って受検しました
確信をもって答えられない問いがいくつかあり、もう少し勉強に時間をかけたかったなぁ、と思いました。
日本語の勉強にもなり、恥ずかしながら読めない漢字や知らない四字熟語などがあり、勉強になりました。
合格したら、仕事に直結する資格として生かしていけたらいいな、と思います。

====================

●匿名希望
普段何気なく書いているツイッターの文章も、他人からはどう見えているのか、想像ができるようになった気がします。
また、たまに巡るサイトの中にある文の中には、法律のために大事なことがあったことに気づきました。
これを参考に、より魅力的な文章が書けるようになっていきたいと思います。

====================

●匿名希望
Webライティングの基礎として、四字熟語や慣用句、敬語などがあったことが意外でした。
久しぶりに正しい日本語の勉強をする事ができ、とても参考になりました。

====================

●匿名希望
webライティング能力検定を受検したことで、自分がライターとして仕事をする上で心がけるべきことが明確になりました。
この検定をスタートラインとして、自身のwebライティング能力の向上に努めます。

====================

●佐々木 舞 様
これを機に、もっとふみこんだところまで勉強したいと思いました。
特にSEOに関しては、詳しくなる必要があるので、SEOにとっかした試験があればぜひチャレンジしたいです。

====================

●匿名希望
知識問題が意外と難しく、今まで流してほっていた内容も、あらためて勉強しようと思うことができました。
当日は仕事が終わってからきましたが、正直、頭の回転がにぶく、手間を取ってしましました。
改めて、基礎をやり直します。

====================

●匿名希望
会社でFecebookの更新をよく行っていたため、きちんと学んでおこうと思い受験した。
web上で文章を書くことへのハードルが低くなりがちだが、あらためて気をつけるべき点や法律やSEOに関しての知識を得ることができて良かった。

====================

●匿名希望
会社でFecebookの更新をよく行っていたため、きちんと学んでおこうと思い受験した。
web上で文章を書くことへのハードルが低くなりがちだが、あらためて気をつけるべき点や法律やSEOに関しての知識を得ることができて良かった。

====================

●吉川 拓 様
勉強をして準備をしてきたが、手ごたえはあまりなかった。
自分自身の仕事において必要なことが多いので、引き続き知識や情報を取り入れ、リスク管理士も受検してみようと思います。

====================

●匿名希望
WEBライティングの仕事をしているので、WEB上での文章の書き方や心構えについて、改めて勉強する機会ができてよかったです。

====================

●匿名希望
いただいたテキストは読み込みましたが、それ以外の問題も出たので、日本語に関してはとくに範囲が広いなと感じました。
又、論文ってむずかしいですね。

==================


「Webライティング能力検定」の詳細⇒ http://wwkentei.com/

 

 


【第1回Webリスク管理士検定の感想】

=================

●尾谷 昌彦様
これまでこのような検定制度がなく、Webリスクについて体系的に学ぶ場がなかったので、受検の為に勉強した課程が、たいへん意義のあることでした。
Webという未整備なインフラの中において、知っておくべき法律の知識を包括的・横断的に把握できたことは、自分にとって大きなスキルアップとなりました。
ありがとうございました。

=================

●黒澤 徹也様
第1回目ということもあり、どのような内容かわからなかったが、頂いたテキストが非常にわかりやすく書かれていたので、問題をスムーズに解けたと思う。
会社でも情報セキュリティーにかかわっているので、内容は良く理解できた。
また、このような検定は定期的に受検することが望ましいと感じた。

=================

●匿名希望
日々業務でwebに関わっていたり、社内で情報セキュリティに対する意識管理があったりするため、もう少しアバウトではなく、理解をしたいと思い受検いたしました。
広告だけではなく、webの記事なども、あげあしをとられるとすべてがステマにされてしまう危険があるので、制作する側にもこのような管理士がいることが、自由に制作できる環境を管理できるのではないかと思っております。
個人の情報も、伝える側の情報も、正しくあつかえるために検定合格を目指します。

=================



「Webリスク管理士」⇒ http://webrisk-kanrishi.com/

 

 


今回も最後までお読みいただき感謝いたします!!

ではまた!!☆彡


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-31 09:13:43

僕が40年間間違っていた日本語とは?

テーマ:ブログ
突然ですが、あなたの日本語、大丈夫ですか?
長年勘違いして使っている日本語ありませんか?

というのも、僕自身が大丈夫でないからです(笑)

僕もWebライティングの仕事を行っているので、
必然的に日本語に接したり、学んだりする機会が
増えています。

そうすればするほど、

「日本語って難しいな~~」

という思いにさせられます。


僕が中学生頃から50歳過ぎまで、
約40年間、間違っていた日本語があります。。

気がついたのは2つ。

1つは

「平易」

これ、「ヘイイ」が正しいのですが、
「ヘイエキ」と読んで使っていました。


もう1つは、

「鼓舞」

これ、自分を鼓舞するの「コブ」ですが、
「コマイ」と読んで使っていました!(^^;)


約40年間、時々会話の中で使っていたのですが、
指摘されることはありませんでした。

多分「こいつバカだな」と思われたかも
しれませんが、、、。
会話を遮断してまで訂正する人はあまりいないですよね!


このような例は多分、
たくさんあるんだと思います。


先日は加護亜衣さんの、
結婚のあいさつ文章が話題となりました。

マスコミ向けにファックスで流した
直筆の文章。


その一文は、

「先日入箱したことをご報告させて頂きます。」

と書かれているのですが、
なんか変ですよね?


そうです、

「入籍」が「入箱」になっていました。

さらに「報告」の「告」の口の字が日になっていました。。


ネットではそのことを揶揄して盛り上がっていますが、
バカにしている人は果たして大丈夫なのでしょうか?
五十歩百歩では。。。。。。^^

パソコンで打てば間違わなかったかもしれないのに、
心をこめようとわざわざ手書きにしたはず。

加護亜衣さんは、この間違いに懲りて、
文章を書かなくなるようなことがないように
して欲しいと思います。

めげずに頑張れ!(笑)


さて、難しく奥が深い日本語ですが、
社会人になるとなかなか学べる機会がないもの。

もちろん書籍としては売られていますが、
わざわざ買って勉強する人はどれぐらい
いるでしょうか。。。

僕も今まで結構買っていますが、
読んでいて決して面白いものではないので、
50ページぐらいで放り投げてしまいます。(^^;)

そこで、今回社会人のための日本語DVDを発売
することにしました!!

すぐに実践できて大変役立つ内容ですので、
ぜひご検討ください!!

タイトルは
「社会人のためのすぐに使える日本語ライティング実践講座」

思わぬ間違いにより、
取り返しが付かなくなる前に!⇒ http://webwriting.top/dvd08/


今回も最後までお読みいただき感謝いたします!!


ではまた!!☆彡

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-24 11:30:14

「○○最適」こそが集客の王道!

テーマ:集客
僕は先日「Webライティング学院」の授業で、
「集客全般」の話をしました。


僕の専門は、「SEO」や「Webライティング」
と思われがちですが、実はこの「集客全般」こそ
僕の真骨頂だと思っています。


なぜなら意外と他に「集客全般」をしっかり
わかっている人がいないので、独自性が高い
からです。


個々の集客方法の専門家はいますし、
既に出回っている情報をまとめられる人はいます。


しかし、全体を俯瞰して、個々の顧客に最適な集客方法を
提示できる人はめったにいません。


僕は今まで多くの集客方法を実際に行ってきているからこそ、
実体験に基づいた的確なアドバイスができるのです。



僕が常に提唱しているのが集客の「○○最適」!


もったいぶらないで答を言うと、
集客の「個別最適」。
==========

これは最適な集客は100人100様で、それぞれ違うんだよ
ということを表しています。


例えば、フェイスブックの専門家なら、顧客がどんな
現状であれ、フェイスブックの運営方法を教えます。


ブログの専門家なら顧客がどんな現状であれ、
ブログでの集客方法を教えます。


このようにほぼすべての専門家が顧客の現状に関係なく
自分の専門分野を教えることになります。


そりゃそうですよね。

それしか教えられないわけですから、
別の方法が良いということになれば、
もう仕事にならないですから。。。。


しかし、これは完全にサービス提供者のエゴ!!
======================


顧客がフェイスブックをやったことがない場合、
ゼロから始めるのは非常に効率が悪いため、
少なくともすぐには集客に利用できません。


同じように文章を書くのが苦手な人に
ブログ集客を教えても実行性がありません。


PPC広告はITリテラシーが乏しい人や、
不向きな業態の人に勧めるべきではありません。



このように顧客がそれまで行ってきたことや、
好き嫌い、得意不得意によって、最適な方法は
違うもの!


だから「個別最適」なのです!


僕は治療院などの地域ビジネス向けに
SEOを中心に教えているのは、
SEOしか知らないからではありません。(笑)


SEOが最も効果的な場合が多いからです。


ただし、これがすべての地域ビジネスに最高の
方法であるというわけではありません。
何度も言いますが、究極的には「個別最適」です。


文章が得意であればブログ。

フェイスブックの友達が多ければフェイスブック。

話すことが得意であればユーチューブ。

ITリテラシーが高ければPPC広告。

患者との関係が密であれば、LINE@。

感想をたくさんもらっているのであれば、紹介や口コミ。

新しいことが好きな人は郵便局のタウンメール。



このように、ご自身の特性を考え、
それを活かすようにすることが、
最適な集客方法を見つけることにつながります。


あなたの得意なものがわからない場合は、
最初は試行錯誤することになるかもしれません。

しかし、よく考えてそしてやってみることが重要です!


ぜひ行ってみてください!!




今回も最後までお読みいただき感謝いたします!!



ではまた!!☆彡




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。