【PR】

アームスとヘルムレの掛け時計及び置き時計

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-01 07:53:34

誤解が多いDeNA運営「ウェルク(WELQ)」の記事内容問題

テーマ:Webライティング

DeNAは、同社が運営する医療健康情報サイトの

「ウェルク(WELQ)」に掲載されているすべての記事を

いったん非公開にすると11月29日に発表した。

 

人の健康や生死に関わる情報について、誤った情報が
大量発信されているとして、多方面から非難を受けていた。


東京都も問題視しており、都福祉保険局は11月28日、
「WELQに問題がある」と判断し、DeNAの担当者に

来庁を依頼したという。
この東京都からの呼び出しが、DeNAの記事非公開を

決定づけた可能性がある。


従来は情報サイトに関しては薬機法

(医薬品、医療機器等法*旧薬事法)の監視
対象外と言われていたが、この問題を契機に
今後は情報サイトも取り締まる可能性が高くなった。


この「事件」に対して、ネットでは多くの意見が出されているが、
不正確なものや、誤解に基づくものが多いのでここで整理しておく。


論点を次の2つに絞って解説する。

 

1)DeNAはネットを荒らす悪か?

 

2)グーグルは理想的な検索エンジンか?

 


1)DeNAはネットを荒らす悪か?

 

WELQでは主にクラウドソーシング上で集めたライター

によって書かれた記事を掲載しているサイトだ。


約8000文字の記事を1日100記事ぐらい投稿していた

というから、規模が並外れている!
1記事4000円として計算すると、ライターに支払う報酬だけで
1日40万円。1ヶ月1200万円だ。


資金力のある大手企業だからできること。


ではなぜこれだけ一気に大量の記事を作成したかといえば、
短期でアクセス数を増やすため。
実際にWELQはサイト開設たった6ヶ月で600万アクセスを

生むという驚異的な成功を収めた。


アクセスが増えた原因は、WELQの記事はSEO的に強く、
非常に多くの重要キーワードで上位表示するようになったから。


今回、大きな問題になった最も大きな原因は、
目立ったから。
=======


短期で検索エンジンで上位表示し、爆発的なアクセスを
集めるようになった。その運営元が有名IT企業で、
他のサイトも同様の方法で成功しているため、
一気に注目を集めた。

 

そこで記事内容が良ければ問題はなかったが、
間違い記事が多数指摘され、炎上するまでに至った。


ではWELQは特別ずさんなことを行ったのか。


実はクラウソソーシング上で募ったライターに書いてもらう
こと自体はどこでもやっていること。

近年は質が低いのが多いと問題にはなってきているが、
それでも普通に行われており、世の中に存在する多くの
情報サイトがそのようにしてできあがっている。


すべての記事を専門家に書いてもらうことは、
コスト、労力の両面からいって難しいうえ、
そもそも専門家しか情報発信できないというのは

現実的ではない。


WELQは従来から行われている手法を
めちゃめちゃ大がかりにやったということ。


記事に盗作が含まれているなどの問題も
指摘されるが、それに関しても、WELQだけが
粗悪というのは説得力がないだろう。


私は決してWELQを擁護する気はない。
他サイトと同じことをやっているとしても、有名上場企業が
行うことは、より倫理が問われるものだし、
運営元を見て情報を信用する場合もあることを
考えるとDeNAの責任は重い。

影響力が大きいサイトになったことを考えればなおさらだ。

 

間違った記事に関してはチェックが甘かったということで、
責任を問われるのは当然だ。


しかし、DeNAの責任を問うだけでは真実が
見過ごされてしまう。


WELQが非公開にされたことにより、
表示される記事は良質なものになったかといえば、
全くそうではないということ。


むしろ、WELQは一定の倫理的基準を設けて
ライターに依頼しているだけまだ他より
ましかもしれないのだ。


ただ関連文章さえあればどうにでもなる、
といった無責任な運営者も少なからずいる。


ともかく、WELQの制作手法は規模の大小はあれど、
ごく一般的に行われていることだ。


重要なのはどこまで厳しく内容をチェックしているか
ということ。

もちろん、倫理、技能ともに優れたライターを雇うことこそが、
質の高いサイトにするうえで、極めて重要なこと。


人はとかく活字になったものを信用しがちだが、
ネット上にある情報には、ウソやデマも多い。
いや、ウソやデマはそこらじゅうに転がっている。


このようなネット環境である以上、情報に対して敏感になり、
そのウラを取ることが必要だ。

 


2)グーグルは理想的な検索エンジンか?


現在の検索エンジンはヤフー、グーグルともに、
グーグル製の検索エンジンを使用しているので、
日本で検索エンジンといえばグーグルと考えて良いだろう。


グーグルの検索エンジンが目指しているのはユーザーが

求めている役立つページを上位表示させること。


グーグルはクローラーというサイトの読み取り機能を使って、
大量のサイトを巡回して、様々な要素によって順位付けを

行っている。


つまり、順位の決定はほぼすべて機械が行っている。


だから順位は決して人気順ではないし、
検索エンジンは決して万能なものでもない。


「グーグルはなぜWELQを上位表示させたのか」という
論調の人がいるが、文章の内容の真偽や質まで
グーグルが正確に計れるものではない。

 

検索エンジンの種類は以前はたくさんあったが、
結局精度の高さから、グーグルが生き残ったという経緯がある。
数年前、日本でも国産の検索エンジンを開発しようという
動きがあったが、当然といえば当然だができなかった。


そのような中で、順位に対してグーグルの責任を
問うというのは、検索エンジンのことを知らなすぎる。

そもそも他サイトとの比較もせずに言うのは、
代案も出さずに文句を言うようなもの。


グーグルは究極的には、文章の内容の真偽まで
判別することを目指すだろうが、現時点ではできない。
世界最高の検索エンジンだが万能ではないし、
間違いも犯す。


その前提に立って、検索エンジンと
付き合わなくてはならないのだ。

 

 

3)まとめ

 

WELQ事件は、サイトの質とSEOの関係を考えさせられる
良い契機になった。
そして上位表示しているページでも間違い情報があることの
良い警鐘にもなった。


サイト運営者としては、
情報サイトの内容に対しても重い責任を求められるという
流れになったという意味で、象徴的事件になったと言えるだろう。
特に健康・医療系サイトには神経を尖らせる必要がある。

 

今後は、無責任な情報提供によって読者が何らかの被害を

被る場合は、サイト規模の大小に関わらず、

運営者責任になる可能性も出てきた。

 

逆にいうと、専門性、信頼性が高く、分かりやすい
サイトを作成すれば、今まで以上に人気サイトになるに
違いない。

 

ただし基本的に情報の真偽を判断するのは、読者自身。
常に「自己責任」の気持ちを持って
情報に接することが、自分を守る最良の方法だ。

 

 

以上

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-30 09:56:44

利用者の喜びの声(感想)の理想的形式とは?

テーマ:Webライティング

今回は、感想の形式と掲載方法についてお話します。


●ベストな感想とは?

 

ベストな感想とは、読み手がより良い未来をイメージしやすく、
感情移入して「ぜひ体験してみたい」と思えるものです。


そのためには、2~3行の文章だけでは足りません。
かといって長すぎたら、焦点がぼけるし読むほうも嫌になります。


最適な文字数は500~1000文字ぐらい。
これは、SEOにも対応できる文字数ですね。


ただし、自発的にたくさん書いてくれる方の文章は大変
貴重ですので、それはそれでぜひ活かしましょう。


まずは自由に、感激や感謝の気持ちを中心に
書いてもらうことを主眼にしてください。


それのほうが、感情移入しやすい活き活きとした

文章になります。


ただ、あまりうまく書けないという方のために、
質問項目(盛り込んで欲しい内容)を用意しておくのも良いでしょう。

 

主に次の項目です。

 

・利用のきっかけ

・利用前の気持ち、不安

・利用中の感想

・利用後の経過と感想

・現在の気持ちと検討している人へのメッセージ


さらに本名を出していただける方には写真もいただきましょう。
(もちろん匿名希望だけど写真は良いという方もOKです)


その場合、店舗ビジネスの場合は、わざわざ自宅から送ってもらう
手間を省くのと同時に、確実に良い笑顔の写真にするために、
その場で撮らせてもらうことも有効です。

 

もっと欲を言えば、動画としてカメラの前で語ってもらうことです。
やってもらえる確率は決して高くはないですが、
文章を書くより手っ取り早いとか、
話すことが得意な人は意外と喜んで引き受けてもらえる場合があります。

 

 

●文章の掲載の方法

 

タイトルは「利用者の喜びの声」や「体験者の感激の言葉」
など、内容を簡単にイメージできるものにしましょう。


ただの「感想」や「声」より、はるかに良い印象です。


写真欄を設けて、その横もしくは下に本文を入れます。
本文ではなるべく重要なフレーズを太字か色を変えて
目立つようにしてください。


文章をなるべく読みたくない人が、
拾い読みでも、だいたいの内容がわかるようにするのです。


つまり重要なフレーズだけで、読み手に知って欲しいことや、
感激の言葉をすぐにわかってもらうようにします。


一般的ホームページでは、トップページに違うタイプの感想を
4~6つ入れるようにします。


違うタイプというのは、年代や性別、或いは症状のことです。
読み手は自分に近い人の感想をより真剣に読もうとします。


だから、例えば60代の男性が見て、
若い女性の感想ばかりだったら、「違うかな?」
とがっかりすることになります。

もし高齢の男性の喜びの声が掲載されていたら、
「自分もこうなれそうだ」とリアルなイメージが湧きます。


そして、トップページの感想を含むすべての感想を
別の専用ページに掲載します。


掲載する順番は基本的に読んで欲しい順番です。

 


ところでテレビCMで「好きな言葉は情熱です!」
で有名になった湘南美容外科。


ここは16年前に藤沢市の1医院から始めてから急成長し、
現在では全国に70院以上を運営するようになりました。


ここが取得した「体験談」はなんと3万件以上です!


社長であり院長の相川先生は、最初から感想の重要性に
気がついていたのです。


この豊富な体験談が、会社の伸びにも大きく寄与したことは
間違いありません!

 

 

協会では「Webライティング能力検定」の感想専用サイトを
作成しています!

事例が多いと、検討している人の判断材料になりますし、
サービスの質の向上にも役立ちます!!


感想まとめサイト⇒ http://shoujikinakansou.com/


 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

ではまた!!☆

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-16 09:48:23

副業・兼業が出来る人はなぜ幸せなのか?

テーマ:Webライティング

先日、政府の方針として安部総理自らが

次のような発表をしました。

 

「今後は副業・兼業を推進する」


政府がこの方針を打ち出した背景には、
労働人口の減少があります。


社会全体の労働力の維持というのは、
あらゆる産業にとって、そして日本経済にとって
重要なことです。


現在国内で副業を持つ人の数は234万人。
就業者に占める割合は、3.64%にすぎません。


そして働く人にとっても副業への関心は
高まっています。

ITや人工知能などの技術革新により、
雇用が空洞化する懸念が増大しています。


さらに、ビジネスモデルが短命化し、いつ会社がダメになるか、
いつリストラされるかの懸念もあります。

 

首尾良く定年まで働いても、長い老後や介護をする、される
などを考えると退職金、年金だけでは足りません。
その後収入を得るために、会社で得たスキルだけでは、
どうにもならないこともわかってきています。


ですから、副業は国家的施策として必要なうえ、
個人としても興味が高いため、
受給バランスから言って、一見問題がないように思えます。

 

しかし大きな問題が1つあります。

それは、日本の企業は副業禁止のところが多いということです。
とりわけ大企業はほとんどの会社が禁止にしています。

そもそも日本の会社で副業を容認している会社はたった3.8%!!

 

また、公務員は元から完全に禁止で、
これは、簡単には変えようがないでしょう。


この大きな問題から考えると、
副業ができる環境の人は幸せとも言えます。
ライバルが爆発的に増えることはないということですから。


やらなきゃ損!!


実際に主婦層はアフィリエイトなどの副業熱が
高まっています。


また、私のような自営の者も、副業を行って
本業を補完するようにするべきと思います。

 

ビジネスサイクルがますます短くなる中、
いつなんどき本業が傾くかわかりません。

 

例え本業がうまくいっていても、副業が大きく伸びれば、
それほど素晴らしいことはありません。

 

かくいう私も、SEOコンサルという本業を
Webライティングという副業が追い越して、今では
本副逆転したといえます!

 

それではどんな副業が良いのか?

 

それは本業をサポートできるものか、
将来的に続けて伸ばしていけるものが良いでしょう。

やはり積み上げていけるものですね。

 

いくらすぐにお金になるといっても、
毎回単発で終わるものは、後々しんどくなります!
私も経験してるのでわかります(笑)

 

すぐにお金になるものは、すぐにダメになるもの。
そしてスキルとして何も残らないものです。

 

そもそも「すぐに稼げる」とアプローチしてくるものは
大抵イカサマ。
昨日も古本の転売で儲かるとウソを言って1人30万円、
200人以上からお金を集めたとして、特定商取引法違反容疑で
3人が逮捕されました。


最近のトレンドは1人でリスクなくできるもの。


アフィリエイト以外では、コンサルタントやセミナー講師。
これらは、簡単に最初からうまくいくものではありません。


しかし、少しずつスキル積み上げていけば、
やがては十分に本業でやっていけるもの。

 

女性の活躍も本当に目立ちます!
いくら年をとってもできるものでもあります。

 


Webライティングは、すぐにお金になる可能性も
ありますが、スキルを伸ばすことによって、
積み上げ式に収入を伸ばしていけるものです。

 

アフィリエイト、コンサルタント、セミナー講師の道もあります。

Webライティングほど時代にマッチしているものはありませんね!!(^^)

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!!


 

 

 

Webライティング能力検定
http://wwkentei.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-11 10:14:21

旅の恥はかき捨て、ネットの恥は”末代までの恥”

テーマ:Webライティング

先日、日本語の勘違いによるネットの炎上が起こりました。


情報番組「ヒルナンデス」で、旅先で芸能人が通りすがりの人に
行き先を聞いた場面で、通りすがりの男性が
「まっすぐ行けば丁字路(テージロ)にぶつかる」と説明しました。


陣内智則やタンポポ川村などが、すぐに「テージロ」に食いつき、
おもしろおかしく「テージロ」と繰り返して、
笑いを取ろうとしていました。


しかし「丁字路」は古くからある正しい日本語で、
それと同じ意味の「T字路」が最近では広がって、
これも正しいということになりました。


つまりどちらでも良いもの。


通りすがりの男性はバカにされるいわれはなかったのです。


そこで笑いのネタにしていた芸能人に批判が高まり

「語彙が足りない」

「謝罪しろ」

だのの炎上に発展しました。


この件は芸能人だけでなく、番組制作者も同じように
文字で演出しており、関係者が誰も気がつかなかった
と思われます。

 

この事例は、答がはっきりしているから分かりやすいのですが、
もっと対応に困るような例もあります。

 

次の意味はどういう意味ですか?

 

「うがった味方をする」


A.人情の機微や事の真相などを的確に指摘する


B.疑って掛かるような見方をする


正解は、、、、


Aです。


意外だったのではないでしょうか?


ある調査では、Bと間違っている人が2/3もいるとのこと。
つまり正しく認識している人のほうが少ないのです。


かくいう僕もBだとばかり思って使用していました。


ではここで、正しい知識を知ったからといって、
Aの意味で使用して良いものでしょうか?


多分多くの人から逆に

「意味が通じない」

「誤用じゃないか」

などと思われるのではないでしょうか。


むしろBで使用する方が無難に感じたります。


日本語は時代とともに変わっているものなので、
この言葉もいずれ「正しい」意味が変わるのかもしれません。

 


もう1つの例。


サッカーJリーグで、J1からJ2に降格した名古屋グランパスの
社長が、ファンの前で謝罪の挨拶を行いました。

そのときに

「末代までの恥だと思っています」

と語りました。

随分と過激な言葉ですね。。


J1からJ2に降格するのは、どのチームも経験していること。
それを「末代までの恥」などというのは、
過去の降格チームへの侮辱にもなります。


僕は、グランパス社長がわざと自分を卑下する過激な言葉を使って、怒れるサポーターを少しでもなだめようとする狙いがあったのだと思っています。


では「末代までの恥」とはどういう意味か?


ここでも僕は新しいことを学びました。


末代とは子孫とは関係なく、
本人が死んだ後のことをいうんです!


だから、社長の子供や孫など子孫の恥、という意味ではなく、
「自分が死んだ後までの恥」だということ。

これがわかって、僕も少しホッとしました。(笑)


でも、この言葉も勘違いする人が多いでしょうね!!


冒頭に説明した「丁字路事件」では、
単なる旅の恥であればかき捨てだったでしょうが、
テレビ番組がネットに飛び火したために、

永遠に残る恥となりました。


つまり、

『旅の恥はかき捨て、ネットの恥は”末代までの恥”』

なのです!!

 

ただし、、、


ただしですよ、、、


このような日本語の勘違いは誰にでもあるもの。
人の間違いを徹底的にバカにできるだけ日本語に
習熟している人がどれだけいることか?


間違わないことも大事ですが、
間違ったからといって、必要以上に神経質になるべきでは
ないと思います。


現在のように間違いに厳しいネットの風潮は、
ネット環境を萎縮させ、雰囲気を悪いものにします。


陣内智則やタンポポ川村も今回の件は
「末代までの恥」とは思わずに(思ってないでしょうけど(^^))
次に活かすようにすれば良いでしょう。

 

これからの時代は、厳しいネット世論の
批判を受け流すマインドも必要です!!

 

 


今回も最後までお読みいただきありがとうございます!!

 

 


Webライティング能力検定

http://wwkentei.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-03 12:47:21

ネット依存症500万人の衝撃!!

テーマ:Webのリスク

僕は生活するうえで、そして人生を考えるうえで

大事にしてることがあります。

 

それは、「人間の本質」とはなんぞや・・・。

つまりDNAに刻まれたものは何なのか。

 

人類が誕生し、進化してきた悠久の歴史を巡らします。

それから考えると自分の体験なんてちっぽけなもの。


「人間とはなんぞや?」という疑問は、
歴史をひもとけばほとんどのことがわかると思います。


人は太古の昔から常に狩りや農耕を行ってきた動物。

人類の直接の祖先である楽々二足歩行ができる

霊長類になったのは約400万年前と言われています。


その中にあって、Webが日常生活に溶け込むように

なってまだ約15年。

 

仮に人類の歴史を1年として計算すると、
Webを利用するようになってからの時間は最後の2分!

つまり、人類が元旦から始まったとすると、
Webの期間は大晦日の夜11:58に始まったことになります。

 

SNSのくくりで言えば夜11:59。つまり最後のほんの

1分だけの世界です。

 

それだけWebはまだ人類に影響をもたらして間も

ないということ。

 

だからどのような弊害があるのかが、

全てわかりきってはいません。
まだWebの便利さばかりが強調されていて、
弊害が不当に陰に隠れてしまっています。


その傾向は特に日本では顕著です。

しかし既に分かってきている弊害があります。

 

最も深刻なのが、「ネット依存」


<ネット依存症で精神異常500万人の衝撃!>

 

インターネット依存症は既に中国や韓国では

大きな問題になっていますが、実は日本でも、

既に国内推定患者数500万人と言われています。

 

そして中国の研究でインターネット依存症患者の

脳の画像解析を行った結果、

驚くべきことがわかりました。


患者の脳は、大麻や覚醒剤などの麻薬中毒患者と

同様の神経ネットワークの乱れがあったということです。

麻薬中毒患者は、無気力、無関心で、人格が荒廃した

状態になりますが、ネット依存者も同じような状態に

陥る危険があることがわかりました。


早くから国レベルの調査が行われている韓国での

ネット依存の有病率は、2010年に一般人口の8.0%、

児童の12.4%でした。


2014年に日本の厚生労働省から発表された

調査結果によると、ネット依存の傾向が疑われる

成人は421万人で、5年前と比べて1.5倍に増加しました。


現在子供と大人を合わせると、
依存が疑われる人は500万人以上と推定されています!


中国や韓国では、その深刻さからネット利用の

規制が強化されていますが、日本では野放しの

状態が続き、さらにスマホでのゲーム利用に

拍車がかかっている状態です。

 

世界保健機構(WHO)はインターネット依存症を

アルコール依存症、麻薬中毒と同等に、

「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」に

含める意向を固めました。


具体的症状には次のものが挙げられます。
 

インターネットを使う、使わないのセルフコントロールが

完全に破綻し、睡眠も上手くとれず、食事もまともに

食べられないぐらいに神経をヒリヒリさせてしまう。


遮二無二ネットゲームをやり続けて友人関係も

大学も御破算になってしまう。


ネット利用を僅かでも妨げられると極度に暴力的となり、
金を盗んででもネットをやろうとするなど。。。

 

インターネットは麻薬と同じ。

「デジタル・ヘロイン」などとも言われています!

 

韓国では、国を挙げての取り組みが始まり、

いくつかの政府機関が分担して、若者の過剰な

ネット中毒に対応しています。

2011年には、16歳未満は午前0時から6時まで

ネットにアクセスできない仕組みの

「シャットダウン制」を導入しています。


インターネットやネットゲーム、スマホといった

技術革新から生まれた新たな産業は、

メリットばかりが強調され、その利便性や革新性が

礼賛されました。


その陰に潜む依存性などの重大な問題に

あまり注意を払いませんでした。


この恐怖の実態を知らないがために、

ネット依存症にはまっていく人が増えていくことは

国の大きな損失でもあります。


今後は国主導の対策が求められます。


そしてあなたがこれからすぐに行うべきは、、

あなたがその危険性に敏感になり、

あなた自身はもちろん家族や知人が

「デジタル・ヘロイン」の犠牲にならないために

対策を打つことです。


特に子供を守ることは大人の責任です。


時間を上手にコントロールできなくなったら

「依存症」そして「中毒者」の恐れがあります。

 

あなたはいつのまにか最も重要なことを忘れていませんか?

ぜひ下記の診断を行ってみて下さい。

 


<自分でできるインターネット依存症判定>

 

「はい」か「いいえ」で回答。「はい」が5項目以上

ある場合は、「病的な使用」と判定。

 

1,      インターネットに夢中になっていると感じるか
2,      満足を得るために、ネットを使う時間を

長くしていかなければならないと感じるか
3,      使用時間を減らしたり、やめようとしたが、

うまくいかなかったことが度々あったか
4,      ネットの使用をやめようとした時、

落ち込みやイライラなどを感じるか
5,      意図したよりも、長時間オンラインの状態でいるか
6,      ネットのため、大切な人間関係や活動を

危うくしたことがあったか
7,      熱中しすぎていることを隠すため、

家族にウソをついたことがあるか
8,      嫌な気持ちや不安、落ち込みから逃げるために

ネットを使うか

(中高生向けに作成されたものを成人向けに一部改変しています)
参考:DSM-Vスクリーニングテスト

 

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

ではまた!!☆

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。