【PR】

アームスとヘルムレの掛け時計及び置き時計

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-19 08:20:59

100万アクセスでいくら稼げるのか?

テーマ:Webライティング

アクセス数(閲覧数)が収入に直結するというのは、
ユーチューバーの例で、広く知られるようになりました。


確かに、一般的にいえば、アクセス数を集めれば集めるほど
収入になります。
ただし、完全に比例するわけではなく、
サイトの内容、広告内容、閲覧者の特性などによって大きく
変わります。


ユーチューブの場合、平均値でいえば現在100アクセスに対して
5円ぐらいと言われています。
つまりひとつの大きな目標である100万アクセス集めれば、
5万円
ぐらいということになります。

以前はこの2倍ぐらいあったのですが、最近は運営側が単価を
どんどん下げる傾向にあります。

その理由はユーチューブで稼げることが広く知れ渡るにつれて、
安易に作成する中味の乏しい動画が増えて、
反応率が下がってきたことによると思われます。

また今話題の松井一代。
さすが女優で、内容の是非はともかく
ユーチューブでの話し方や動画をシリーズ化している方法が
うまいですね。

既に10動画合計で500万ぐらいのアクセス数です。
上記計算でいえば、25万円ぐらいということになります。

大型新人の「おばさんユーチューバー」です。^^


次にブログはどうでしょうか?

 

ブログはユーチューブ以上に内容に依存します。

1つの指標として挙げられるのが、
アメブロが有名人のブログに対して確約している単価。
これは100アクセスに対して3円とのこと。

つまり100万アクセスで3万円
ユーチューブと近いですね。

ただ、有名人ブログは有名であるだけで、特別な内容でなくても
大きなアクセスを生むことができます。
月間でいえば、1千万アクセスは珍しいことではなく、
1億アクセス以上もあるぐらいです。

上記基準からすると、1千万アクセスで30万円、
1億アクセスで300万円です。

この金額は運営者が利益を抜いた後の金額なので、
実際にそのブログから得られる収益は、それよりかなり
大きい(1.5~2倍)はずです。

週刊誌(FLASH)に報じられた例で、
ブログ収入ランキング1位として辻希美が挙げられています。
ネット上で、2013年に報じられた結果と2015年の結果が
出ています。

2015年の結果でいうと、、

その金額、月収610万円!!

これから計算するとアクセス数は月間1億8千万ぐらいでしょう。

辻希美は1日数回、写真入りで日常にあったことを
投稿しているだけで、この収入ですから驚きますね!


興味のある方は、「芸能人ブログ収入」で検索してみてください。
ベスト10が出てきます。

収入1位が辻希美であることや、ベスト10の顔ぶれを見て分かることは、
いかに有名かとか、いかに好かれているかはあまり関係ないということ。

もちろんある程度全国的に有名でなくては上位10位になりませんが、
重要なのはいかに一生懸命更新しているかです!!



次にグーグルのアドセンス広告
これは、申請して承認されれば、サイト内容に沿った広告が
自動で配信されるシステム。

こちらの割合はかなり良いです。

内容により差はありますが、
だいたい言われているのが、
100アクセスに対して30円ぐらい。
100万アクセスだと30万円になります。

ただし、この率の収益を上げるためには、
人気が出る質の高いオリジナル記事を多く投稿する
必要があります。

でもこういう目安があると、目標にしやすですね!!



また、アクセス数が収入に直結するのは、
検索エンジンの大元グーグルも同じ。

書籍「ルポ ネットリンチで人生を壊された人たち」(光文社新書)
で、下記の分析が行われています。

2013年にグーグル検索が122億回行われています。
その広告収入が46億9000万ドル。
これは検索1回当たり0.38ドル(現在の為替で42円)

つまり単純計算でいえば、検索1回につき、
グーグルは42円儲けている
ことになります。

ビックリですね!
まさに打ち出の小槌です!

うがった見方をすると、炎上して検索が増えれば増えるほど
収入が増えるということ。

この本でさらに書かれているのは、「史上最悪の炎上」
で有名なジャスティンサッコ事件では、120万回の検索があったと。
単純計算でいうと、これで45万6000ドル(約5千万円)の収入!
(ただし、コンバージョンの低い検索なので、実際はこの1/4ではないかとの予想)


結局、平たく言うと、アクセス数はパワーであり
収入に直結するということです。

だから、ユーチューブでもブログでも「炎上商法」
が盛んになるのです。

このような裏の仕組みを分かっていると、
利用者として世の中の動きをつかみやすいですね。

それより重要なのは、あなたがあなたを活かすこと!

あなたの特長を活かして、たくさんのアクセスを生む方法を
ぜひ考えて下さいね!!


 


今回も最後までお読みいただき感謝いたします!!

ではまた!!☆彡

 

 

 

 

このブログの読者になる

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-14 07:57:40

Webライティング能力検定は就職・転職活動に活かせる!!

テーマ:ブログ

今回は協会の原点に立ち返った内容です。

就職や転職、昇進のための試験の際には、
筆記試験を受けることが多いと思います。

多くの企業が選考の際に筆記試験を取り入れているのは、
受験者の適正をみるため。

なかでも多く用いられているのが、
SPI(Synthetic Personality Inventory)という試験です。

現在、リクルートが実施しているSPI3は、
年間利用社11,100社、受験者数181万人となっているので、
テストセンターで受験した経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

SPI試験というのはおもに性格適性検査と、
言語能力や非言語能力を測るための能力適正検査で構成されています。

性格適性検査では、受験者の性格適正を行動や意欲、
情緒などの側面から測ります。

能力適性検査のうち非言語能力検査では、
計算能力やグラフなどを正確に解釈する能力を測ります。

言語能力検査は、
語句や文章の意味や構成、要旨を的確に理解する国語力を測るものです。


なかでも注目したいのは、言語能力の検査について。

最近は入社希望者に高い英語力を求める企業が増えていますが、
英語力を鍛えるための基礎となるのは、やはり国語の能力。

そのためSPI試験でも、語学力や思考・判断能力、
コミュニケーション能力といった基礎的な適性をみるために、
言語能力検査を重視する企業が増えているそうなのです。


SPI試験の言語能力テスト自体はそう難しいものではありません

ただし、この試験の目的はあくまでも受験者の適性をみること。

言語の読解力や理解力から、
受験者の思考・判断能力、コミュニケーション能力をチェックしているのです。


言語能力を鍛え、コミュニケーション能力を高めるためには、
まずは語彙を増やすことが重要。

より多くの言葉を理解して、正しく使いこなし、
文章を的確に理解する能力を鍛えなければなりません。

このような言語コミュニケーションのスキルアップに最適なのが、
Webライティング能力検定なのです。

Webライティング能力検定は、ウェブのライターとしてだけでなく、
あらゆるメディアでライターとして活躍するための技能向上を目指すためのもの。

また、語彙を増やして言語能力を鍛え、
コミュニケーション力を高めるためにも役立つものです。

認定証も発行されるので、就職や転職の際の自己アピールにも役立ちます。

ライターを目指す方だけでなく、新たなスタートに向かって
就活や転活に励む方にも、是非、エントリーしていただきたいと思います。

 


今回も最後までお読みいただき感謝いたします!!

ではまた!!☆彡

 

 

 

 

このブログの読者になる

 


詳細はこちらから⇒ http://wwkentei.com/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-10 08:36:42

政府広報のコンサル内容

テーマ:ブログ

今回は、今年2月に内閣府政府広報から依頼を受け、

コンサルを行った内容についてお話します。

なぜ私が選ばれたかについては、次のような返事でした。

「Webマーケティング全般にご活躍されており、
Webライティングの方でも高いスキルを持たれているから」

私はコンサル系のサービスはあまり宣伝もしていないので、
よく見つけられたと思います。


結局、60分の予定を大幅に超えて、
90分の間、アドバイス、コンサルを行いました。

コンサル内容は事前に質問をもらっていたので、
それに沿ってお話をしました。
基本的に下記のサイトへのアドバイスです。
「政府広報オンライン」
http://www.gov-online.go.jp/

今回はそのとき私がアドバイスした内容を
ごく簡単にかいつまんでお話します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

最も重要なのは、サイトをどう改善するか、
という戦術ではなく、もっと根本的な戦略が重要。

それぞれのサービスの対象者が誰で、
その対象者がどういう生活をして、どういう
媒体を利用しているのかを知ること。

その上で、対象者に適切なタレントの起用、
媒体の利用、コピー文章、説明文などを作成するべき。

情報を届ける方法も「何気なく見ていて」と、
「知りたい人がすぐに見つかる」の両方を網羅するべき。

現在の内閣府が行っている政府広報オンライン、FB、ツイッター、

動画どれも、すべての情報をすべての対象者に送っている。

つまりすべてをすべての人に発信している。

これでは、誰も見ない・・・。


しかも、無味乾燥の定型文、
新聞のような文章では、膨大な情報の渦の中に
埋もれてしまうのは当然。
個性があり血の通ったリアリティのある投稿を
しなくては。

広告では最初に対象を特定して注意を引き、
そのうえで対象の刺さる言葉や表現方法を
使わなくてはなりません。

また、基本的にはサービス(情報)別で、サイトを作成するべき。
すべては無理にしても、対象者別で作成するのも良い。

そして1サービス1責任者として、すべての媒体を担当してもらい、
成果を見えるようにしてモチベーションを上げてもらう。

オーディションを行うなどして、
個性的な情報発信ができる人を起用したり、
「お笑い」の要素を入れるなど、「いつも見たくなる」
情報にする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、動画を利用しているにも関わらず、
海外のサービスの利用を控えていることから、
ユーチューブを利用していないとのこと!

強烈に突っ込みました!(笑)

現在数ある動画はすべて政府広報オンライン内の動画ページに
行かなくては見られないんだと。。。。

多くのSNSを絡ませることに関しては、
私が以前から使用している「芳川メソッド」の
「集客サイクル図」で相乗効果を出すアドバイスをしました。

これはHPを中心にして、

1,FB、ツイッター


2,ブログ


3,ユーチューブ

の3つを周りに絡ませて、それぞれの媒体同士で
人の流れを作るというもの。

非常に関心を持っていただきました!


さて、今回僕が政府関連の仕事を行ったことで
あなたが参考にできることは大きく分けて2つあると思います。


1つは、露出内容の重要性。

私は特別宣伝はしていないものの、
過去の実績や利用者の感想をたくさん掲載しています。

政府関連の方としては(大手企業もそうですが)
安全、安心を重視します。
いくらスキルが高くても、その後悪いことをして
問題になるようなことだけは避けなくてはなりません。

そのために特に重要なのが、
信頼できる「利用者の声」でしょう。


2つ目は、戦略の重要性。

人はどうしても今見えるものばかりに
注力しがちです。

しかし、その裏にもっと重要なことがあるものです。

今回、もしホームページのデザインやメニューの
改善程度の話だったら、ほとんど効果のないアドバイス
になったような気がします。

もっと根本的なサービス内容の洗い出しから
始めるべきなんです。

この情報過多の時代、あまり考えないで行うと、
誰にも届かない、存在がないに等しいものになります。

戦略を練って、細部にこだわった情報発信
だけが、多くの人の心を打つものになります!


ぜひそれを心がけて下さい!

 

 


今回も最後までお読みいただき感謝いたします!!

ではまた!!☆彡

 

 

 

 

このブログの読者になる

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-05 08:48:45

あなたは間違った”引用”をしてませんか?

テーマ:ブログ

先日、公益社団法人日本文藝家協会から、

「『引用』ってなに」

というタイトルの冊子が送られてきました。


あなたは引用の定義を調べる際に
何を調べますか?


ネットで調べると、辞典やウイキペディア、或いは
特定の個人が書いた文章が上位に出てきます。


「引用」のようにセンシティブな問題は、
やはり最も信頼性のある情報源をたどらなくてはなりません。

これ、非常に重要です!


辞典では表面的なことしかわかりません。
個人が書いたものは例え弁護士であっても
メインの参照元にするべきではありません。


そういう意味で、日本文藝家協会が発する情報は
非常に信頼性が高いと言えます。

なぜなら、日本文藝家協会は文芸を職業とする者の
職能団体として設立された公益社団法人で、
文芸の著作権を管理する最大の団体だからです。

社団法人時代は文化庁が所管しており、
 文芸家である会員と、著作権継承者である

準会員によって構成されています。


私に対しては、著作権者として、
著作権の支払い報告書や関連情報などが送られてきます。


さて、送られてきた冊子「『引用』ってなに」の内容ですが、
56ページにわたって引用について語られています。
いかに理解や解釈が難しいものであるかがわかりますね。


重要部分をまとめます。


まず、著作権法での規定は以下のとおりです。


(引用)
第32条
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、
その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その
他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。


(出所の明示)
第48条 

次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、
その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、
明示しなければならない。



日本文藝家協会の「協会見解」として、
「引用」が認められるための要件として、
以下の5つの要件が示してあります。


1)「引用」であること
⇒主従関係(引用が従)と明瞭区別性の2つが必要か?

2)引用される著作物は公表されたものに限られること

3)引用が「公正な慣行に合致する」こと

4)引用が「報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内」であること

5)第48条に定める「出所表示」を伴うこと



補足します。


1)の主従関係は、必ずしも量的な比較だけで判断されるものではなく、
それぞれの体裁や内容を含め、総合的な比較、判断がなされます。

ただし、「明瞭区別性」と「主従関係」に関しては、最近の裁判例では、
その言葉を使用することが少なくなり、

「公正な慣行」に合致するか、「目的上正当な範囲内」と評価できるか

などを判断するものが多くなりました。

例えば「パロディ」は「明瞭区別性」と「主従関係」の要件を満たしません。
この点、「公正な慣行」と「目的上正当な範囲内」を判断するうえでも困難さに
あまり変わりはありません。
従って、日本では現在までのところ、パロディについては、
作者は著作権侵害とされるリスクを覚悟して、

作品を創作せざるをえない状況です。
パロディの文化というものは表現の自由との関係もあり、

いずれの国においても重要なものといえるため、

今後日本文藝家協会として、継続的な研究が必要とのこと。


5)の出所明示は、次の内容です。

「著作者名を表示することを原則とし、場合によっては、作品名(書名)
なども表示することが望ましい」


この点について、作品名、書名が明示されなければ、出所がわらないという
批判があるが、短歌や俳句などで代表されるように、正確な出典を記載するのが
難しい場合があるため、この表現になっています。



<歌詞の引用について>
日本文藝家協会と、日本音楽著作権協会(JASRAC)
との間で結んだ覚え書きによれば、歌詞の一節以内であれば、
自由に引用できる
が、それを超えれば、JASRACが定めている
使用料を支払うことになっている。


<「引用」と「参考文献」>
「引用」という場合には、原則として引用される著作物の「表現」
そのまま自分の著作物の中に取り込むことをいうので、その場合に、
出所明示の必要がある。
これに対して、参考にしただけであれば、思想は借りたとしても、
表現を借りているわけではないので、著作権法上の「引用」に該当しない。




<要約による引用>
著作権での保護の対象となる「著作物」とは、表現を保護するものであり、
思想をのものを保護するものではない。
従って、他人の著作物からアイデアのみを拝借して自己の著作物に
利用しても、著作権の侵害になることはないし、引用を問題にするまでもない。



今回も最後までお読みいただき感謝いたします!!

ではまた!!☆彡

 

 

このブログの読者になる

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-28 06:40:35

小林麻央さんとブログ

テーマ:ブログ

小林麻央さんの他界は、日本中に驚きと悲しみをもたらしました。

その影響力は、単なる有名人の死という範疇をはるかに
超えるものでした。

彼女に向けられた国民の哀しみの大きさは歴史に残り、
いつまでも語り継がれるものと言って良いでしょう。


彼女を語るうえで、ブログの存在は欠かせません。

2016年9月1日に開設したブログは、
初日からものすごい反響がありました。



理由は、全国的な有名人であることに加えて、
がん患者であることを公表して始めた異例のものだったからです。


私はこの日、専門家の1人として、
ブログを注視していました。

PCの「更新マーク」を間を置かずクリックするたびに、
読者登録が数百~数千増えていくところを
目の当たりにしました。

「いいね!」やコメントの数も今まで見た事が
ない勢いで増え続けていました。

結局、翌日には読者登録が50万人に達していました!


単位が凄すぎて、今までの感覚と何ケタ違うのが、
指折り数えたのを覚えています。

個人を対象としたかなり頑張っている人気ブログでも
何年も運営して500あれば良いほう。

それの3ケタ上、
つまり1000倍を1日にして獲得したことになります。


数の多さは期待の大きさ。
とてつもない期待の大きさの中でスタートしたブログでした。

そんな中、期待に違わぬ、いや期待をはるかに超える
投稿を行ってくれたといって良いでしょう。

293日間で352回の投稿をしており、
読者数は最終的に200万人を超えていました。



彼女のブログは、がん患者だけでなく、
多くの病気と闘っている人たちに勇気と希望を与えました。

そして健康な人にも、
健康のありがたさ、大切さを実感させてくれました。
今悩んでいることがいかにちっぽけなものかとも。


普通であれば、自分の負の部分は見せたくないもの。
特にがんのステージ4という危機的な病状では、
情報を発信する余裕などないものでしょう。
闘病中の自分の顔写真を投稿するのも勇気が要るはずです。

さらには批判的なコメントや誹謗中傷にさらされることに
耐えなくてはなりません。

それだけに、極めて貴重な内容でした。


私は、彼女の投稿内容が素晴らしいと思うのは、
バランス感覚に優れている点です。

根底は常にポジティブであり、
ときに落ち込むようなことがあっても、隠すのではなく
伝えながらも、最後には「希望」や「救い」に変換していました。

それがすべての人のあるべき心のありようを
教えてくれているような気がします。

ユーザー目線でいっても、
決して気分が暗くならない、むしろ勇気づけられる
内容になっていることが大きな共感を呼びました。


その最も象徴的な投稿が、
「『34歳の若さで可哀想に』と思われたくありません」

さらに、

「2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、色どり豊かな人生。

だから、与えられた時間を、病気の色だけに支配されることは、やめました。
だって、人生は一度きりだから」


これは究極であり理想のポジティブ思考だと思います。


小林麻央さんは、
健康であることの大切さ、がん治療のあり方、
生きることの意味、家族や愛の素晴らしさ
など
たくさんのことを教えてくれました。

それを行った媒体がブログであり、
ブログ以外では十分にはできなかったことでしょう。

 

残された子供達への何よりの遺言にもなりました。

そういう意味で、ブログが持つ爆発的な
潜在的価値をも教えくれました



彼女は可哀想なのではなく、
素晴らしい人生を送り、素晴らしい影響力を
発揮した女性として捉えるべきであり、
それが彼女のためでもあると思います。

日本中が流した涙は、哀れみではなく、
精一杯生き抜いた感動と感謝の涙として。


生前も女神のような存在でしたが、
あの世では本物の女神として元気に
活躍して欲しいと思います。

心からご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 


今回も最後までお読みいただき感謝いたします!!

ではまた!!☆彡

 

 

 

 

 

このブログの読者になる

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。