名古屋でがんばるマーケティング・デザイン会社たなけん。集客のコツや考え方。アメブロカスタマイズや最新SEO対策など。

海外でグローバルに展開する数千人規模の企業さんから個人事業主さんまでWebを核に営業宣伝を変えるお手伝い会社。自営業の方はもちろん、起業予定の方。マーケティング知識は絶対にプラスに。こんな時代だからこそ、むしろ必須です。知らないとビジネスでは絶対に損ですよー

アメブロカスタマイズ名古屋


$アメブロカスタムなどで名古屋Webコンサル会社の売れる仕組み実現~社長のチョコっとした出来事-アメブロカスタマイズ制作事例


$名古屋でがんばるマーケティング・デザイン会社のブログ。集客のコツや考え方。アメブロカスタムとか。いろいろ。-制作実績ミニ画像



↓↓最近、業界の事真剣に考えて思う事。ちょっとだけ、コラム。

$アメブロカスタマイズで名古屋Webコンサル会社が売れる仕組み実現お手伝いブログ~-ikari


テーマ:
こんにちは。

たなけんです。

さてさて、以前から、
なんちゃってコンサル多すぎ。
もう、嫌い~と言ってるたなけん。

正直、自分自身、

20年以上、ビジネスを真剣に
やってきて、人の倍は努力して
それでも、コンサルと名乗るのに
おこがましく思いつつ

コンサルという言葉も
できれば、使いたくないけど
適切な言葉が見当たらないので
しぶしぶ使ってます。

コンサルって、他人の事業
そして、その事業に関わる人達の
人生そのものにも影響を与えるような
重要なお仕事です。

私は、経験が
20年以上あれど、
それでもおこがましく思い・・・
基本。ビジネスも
なんでもそうだけど
一生勉強だわ・・・
と。まあ。

そんな風におもってますし。

そもそも、
現場ってさ。

解決策は
ケースバイケースで。

何やるにも、やっぱり
全て、基本があっての

応用力!つまり

実力勝負よ!

そんな風に
常々思ってるのです。

そんな感じで、
なんかコンサルって
言葉しっくりきませんねん・・・


お話もどります笑

WEBサイトでよく見かけませんか?
何とか交流会とか
人づてでご紹介とかありませんか?

こんな方々・・・


「WEBで何百万儲かった!」

「WEBで売上げ
○○パーセントアップ!」

そんな実績のある
ノウハウあるコンサルの方。

まあ。
ごく一部の方は本物です。

でも、
ラッキーな交通事故の方々。

もしくは、
悪意をこっそり隠した
からくりマスターもいますので
要注意です。

(たとえば
売上げ何パーセントアップは、
そこだけみちゃダメです。
元の数字見てね。
 10万円を
200パーセントアップって
簡単でしょ?)



あと。

コンサル名乗る方のページを
よく見るとですね・・・・

かなりの確率で

みんな、おんなじパターンで
構成してるんですよね・・・
ためしに何人か比べてみてください。

webページで何回か
何百万と儲かりましたみたいな

なんだか秘密の
ノウハウがあるみたいな・・・
(この秘密のノウハウと誤解させるテク
のようなものは、
後でからくり種明かし
として書きます)


そして、お客様の声とか
何だか有名人みたいな
推薦者・・・・

今なら!特別価格で無料!とか
特典を何十万円つける!とか

自信の返金保障制度!とか


そして

「このパターンは、再現性がある!」

このビジネスモデルは早いもの勝ち!

みたいに・・・

あれあれ?

なんだかゲームの攻略法みたいな
感覚に聞こえてしまうような・・・


全員がそんな人ではなくて
ほんの一部なんですけどね・・・

そんな一部の
コンサルという方に

気軽に
カッコいいからとか

そんな安易に名乗って
ほしくないなぁと思ったり
してます。

まあ、世の中、コンサル業界に限らず、
どんな業界でも、やっぱり
色々な人いるので。




とりあえず、
コンサル利用するのも
結局は、自分の事業。
社長の
全部は自己責任ですから、


自社にノウハウがない場合、
ノウハウがあるコンサルを
うまく使うと大きなプラスに働きますから

そういう意味では、
コンサルの 見極め方や
コンサルのうまい使い方を

コツとして
覚えて頂くと、後々何かと便利です。

ただし、注意点で、コンサル利用で
誤解しがちなポイントが
一個だけ。

わかっていたはずなのに・・・みたいに

結構、多くの方が、陥りがちな
落とし穴。


ひとつ言えるのは
コンサルとの信頼関係は本当に大事。

でも、信頼しすぎて、
ケースバイケースで、
状況にもよりますが、

特に、経営上大事なことを

「あなたを信頼してますから、全部お任せで・・・みたいな」
そんな風に多くのことを
全部任せにすると
(ニュアンス的に意思決定も
丸投げという
感じでしょうか・・・)
それだけは、絶対やっちゃダメです。

社長は、経営が仕事。
決断が仕事。
決断の仕事の全責任は
社長にあります。

コンサルの意見を
採用するも不採用にするも
社長の仕事。

結果責任も社長の責任、

最近、起業ブームも
あいまって
同時にコンサルも増え

コンサルの言う通りにして
失敗した!
コンサルの責任だ!

そんな社長業の本質を
知らないまま経営者してしまってる
人もいる話も色んな所で聞きますし


逆に一生懸命社長業やってるのに

Webの事。難しいので
言われるがままに、
WEBコンサルお願いして
失敗という話もよく聞く話なので


知らないこと。

(特にWEBは難しいので。

普通は知らないことの

方が絶対多いんですよねー)


難しくてわかりにくいWEB関係のことの

相談相手として、

変なコンサルに当たる前に


そこのカラクリを

少し教えましょう。





誰もがWEBで売上を
上げる方法は

実は、

簡単なのです。



誰もがWebで売上を上げる
方法。それは
かんたん2ステップです。


ステップ1)

売るためのサイト
このページ見てもらえれば
まず、売れるでしょう!
自分がお客様だったら、
きっと買う!
そんな自信あるサイトを
しっかりつくります。

つまり、ランディングページと
いうものを作ります。


ステップ2)

その自信あるページに対して

WEB広告
Googleアドワーズとかへ
ドカーンと
月100万とか500万とか

広告費投入します。

つまり、露出の多い
アドワーズ広告から
誘導して
売ればいいだけのお話です。

少々アドワーズの知識や
経験
テクニックは必要ですけど

自分で頑張れば
やれないことも
ないでしょう。

もしも、自分でやって
操作方法などや
やり方などが
間違っても
広告予算が
余分にかかるだけの
お話です。

自分だけのそういう経験知識が
自分だけのノウハウとなるのです。


そうはいえど。
たなけん!
簡単にいうなよ!
そう思う方も多いでしょう。

でも

はっきりいいます。


WEBの世界で
10年以上やってて

10年前であれば
まだ、サイト作れば
売れる時代もありました。

でも、

今は
リアルの世界と
同じように
広告費投入
したものが
勝つという
スケールの時代が
本格化してます。


すでに
私が独立した
2007年の段階に
そんな時代に入ってきてました。

そして、
その後。
SEO対策が脚光を
浴び、予算あまりかけなくても
売れるのでは?という
WEBへの誤解(今となっては、幻想といえるかも)
が広がりましたが

(ちなみに最近、SEO会社って
あんまり聞かないでしょ?
時代変化で、前のやり方通用しなく
なって、カンフル剤的なSEOしかできなかった会社は
すでに消えました。

そして、現時点では、SEOの専門知識やオリジナルの
ノウハウがちゃんとあって今、
SEOできるといえる人が少ないのです。)


過去の2007-2010あたりでしょうか
当時のSEO対策でも

競争激しいキーワードでは
数百万かけてる企業なんて
たくさんありました。

つまり、WEBの世界も
すでに2007年から
スケールの時代。

前提としては、
広告費を投入できる
企業が勝つ時代に
入っているのです。


しかし、だからと言って
広告費かけれない企業が
勝てない訳では
ありません。

あくまで、前提なので、


実は
方法は色んなことがあります。

ただし、
経験に基づく感どころや

オリジナルの
ノウハウや経験が必要です。


そもそも、
ネット上に転がってる多くの情報は
すでに、古いもの。


例えばSEO。

色々検索すると情報は、今でも
たくさん検索結果でるでしょう。

本も売ってます。

例えば、

SEOの教科書みたいな本があります。

そのとおりにやれば、うまく行く時代も
ちょい前(そうですねぇ2007-2010くらいでしょうか)

それまでは、そんなケースも
ありましたが、


今、その教科書とおりに、
なるほど!
これが、SEOだ!!
みたいにやっても

場合によっては、
サイトへ
マイナスになります。

やるだけ時間の無駄。
費用の無駄。

そんな手法を
いまだに。
なんちゃって
コンサルとよべるような方の

一部の方々が言っていることが
問題なんですよねぇ・・・


「SEOわかってないなぁ」
「勘違いだなぁ」と

私が感じる代表的な言葉は、
ずばりこれ↓↓


「WORDPRESSは
SEOに強い!」



これね。
はっきりいいます。

まあ、世の中に蔓延する
代表的な勘違い。
誤解の例です。

(また、機会みて、
 その理由は書きます。
今回は割愛。)


お話もどります。


WORDPRESは、
SEOに強いとか言われるからと


意味もなく、あらゆるサイトを
WORDPRESSで制作します。

そして、

まあ、作ってみれば、結局、
そうそう集客できなかったり、
売れてこなかったり、そうなります。

で、困ったなぁと思います。


で、その方法が
わからないので



おまたせ
しました。
ようやく、
ここからが、
何百万
売りましたの
カラクリです。


なんちゃってコンサルは
自分のサイトの実績を作るため

数百万のアドワーズ広告を
投入し
1000万くらい売るのです。

そして、アドワーズの費用の
ことは、伏せて

このサイトで


数百万売った!!

凄いノウハウがある!

売上が、200パ~アップ!!
(↑もとの幾らに対して
アップなのよ・・・って
いつも思います。
10万が20万なのか
1億が2億なのか。
どっちも200パーでしょ?
でも、その価値は全然違うでしょ?
と・・・)


とか

こうやって数字の
マジックで
意図的に
錯覚させるのです。

ほとんど、悪意ですよねー

それを知らない人や
素直な人は

すげぇーーーと

思って

なんちゃってコンサルに

依頼しちゃうんですよねー


そもそものお話。

ここからが、
私のなんちゃって
コンサル嫌いの
理由のひとつでも
あるんですが。


Googleが
検索ロジックをここ数年
大幅にアップデートしました。


ペンギンアップデート
パンダアップデートという
言葉は

聞いたことある人もいるでしょう。


これは、適切な検索結果を
適切な人にいち早く表示するという

Googleの企業使命です。

しかし。

1時期、

アフィリエイターと言われ
今はなんちゃってコンサルに
なってる人たちも多くいますが、

この人たちが

自動サイトコピーとか
サイト大量制作自動ツールで
短期間にサイトを
もの凄い数を作って
ひと儲けし

それで、そのツールを
さらに一般市民へ
売りさばき
WEB上に意味のない
サイトが乱立してしまったのです。


当然。
サイト大量制作ツールで
作られたものは、Googleは
排除します。

だから、ツール買った人は
さっぱり効果でず
すぐに儲からなくなる
でも、知らないひとが
ツール買ってWEB上を
荒らしてゆく・・・

まるで、
マルチ商法被害みたいな
もんですよね。

そうやって
イタチごっこが
ずっと繰り広げられてきましたが

ついに、Googleが
2015年の4月時点で
このイタチごっこに終止符
を打ったといっても
過言ではないかと。


もちろん、Googleの勝利です。

はっきり言って
Googleの検索エンジン
詳しくかけませんけれど
ハンパなく
進化してます。

すでに人工知能
ロボットと例えれば
わかりやすいかもです。


安易な思いつきで
WEBの専門知識ない
アフィリエイターや
なんちゃってコンサルは

もう、手も足も出ない時代
なってます。


私のように専門知識あれば
予算かけずとも
なんとかしようとすれば
なんとかなる場合も
まだまだありますが、


基本。

すでに
アフィリエイター
なんちゃって
コンサルは

アドワーズ
広告だのみ


というか、

それしか。
 
方法がないのです。
 

 

だから、

タイトルにも
ありますが、

からくりの理由。



コンサル:  「このサイトで何百万売った!儲かった!」

私: 「じゃあ、いくらアドワーズ広告

投入したの?」 なんです。


この間も、1000万近く
売ったと聞きました。

でも、アドワーズに
やっぱり結構な

お金投じてました。

で、ランディングページは

SEOに弱いからなぁとも

言ってました。
(それも、ほんとは、半分ただしく、半分間違い。
ちょっと一部違うんですけどね・・・やり方はいくらでもあります。)



「ランディングページは
SEOに弱いからなぁ・・・」の話にもどります。


そりゃそうです。

ちゃんと専門知識で

サイト作ってなきゃ

SEOも何もあったもんじゃなく


★残された選択肢その1:★

アメブロフェイスブック
などSNSで集客
使う!

(まあ、露骨なフェイスブック
集客は個人的迷惑を感じてます)


★残された選択肢2:★

アドワーズ使う



はっきり言って、
  
WEBの専門知識が
 
なかったり、
ちゃんと作ってない場合。

 
集客するための
残された方法は
 
この2択しか
  
ないんですから・・・


だから、このサイトで

いくら売ったの話あったら

凄い人だ!!!

とは


思わずに



まず、

「へぇーじゃあアドワーズで
幾らかけたの?」


って聞いてみてください。

それ以外の

方法がもしあれば

それは

オリジナルの
ノウハウもってる
人とみてもいいかもです。


★結論:★

大前提として、

WEBの世界は、

通常の広告費投じて大企業と

勝負せざるを得ない時代に

当に入ってます。

つまり、

広告費にお金かければ

露出は増える。


それで、わかりやすく

サイトつくれば

とりあえず、売れる。

でも、専門知識ベースで
つくってないサイトは

検索エンジンでは、上にこない。

安いサイトとか、簡単に短納期で

つくりますよみたいな

ランディングページにWEBサイトも

検索エンジンで上位に来ないのは

当たり前。

見た目は、素人には一緒でも

検索エンジン。グーグルはちゃんと

専門知識等で見て判断してます。


まあ、安かろう悪かろうが氾濫してます笑

ちょっと迷惑です笑



でも、WEBの専門知識やトレンド見てれば

まだまだ、チャンスは

見える人には、見えます。

ただし、そんな情報は

ネットに転がってません。

一部の人の中にあります。


もしも、何か疑問やほんとのことどうなの?
私、結構な金額でコンサルやってるけど・・・
大丈夫かしら?みたいなお悩みがありましたら、

以前は、無料でやって、ものすごい件数が
全国から入ってしまい、業務が大変なことになってしまいましたので、
無料はやりません(笑)
ノウハウも無料ではないです(笑)

そんなわけで
こっそりと告知です。


一旦、 軽くメールなどで
内容お伺いして

多くの場合は、
有料になりますが、
WEBサイト診断も致します。

事前に状況をメールでお知らせ。
サイトURL等もご連絡頂ければ、

プロなので、サイトみれば
数分で簡易診断できますし

問題箇所や制作者のスキル、背景などいろんなことも
おおよそわかります。


その後、個別の内容をお伺いして
問題点のご提示や解決方法をご提示できます。

料金は、
電話で60分で、1万円(税抜)です。

このブログは、更新頻度が低めな時期もあり
少々、お返事にお時間かかる場合もあります。
なにとぞ
ご了承ください。

それと、同業の方やアフリの方、情報ビジネス系の方のご相談は
お断りしてます。













AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まあ、年金機構の問題。



国のセキュリティに対する意識
なんて所詮、こんなもんです。


問題発覚して、ずるずる時間たって
結局、報告が20日くらいたった後とか

まー普通の企業であればありえません。

報告20日たって、こんな問題起こせば
間違いなくクビです。


詳しくはこちらも是非ご参考に
※クラウディオメガによる年金機構への攻撃。
 そもそもどんな影響が?なんて事。詳しくのってます


ウチのオヤジも警察で
一応、公務員でしたが

まあ、ちょい一般公務員とは
堅気違うので一緒にはできませんし、
親父には敬意を表しています。

そして
多くの方々は普通の人です。




でもでも、世間の競争と隔離された世界で生きている以上
その閉鎖された世界で、なんらかの影響を受けて

当たり前基準というか感覚のずれ。

人は自分の置かれる環境に慣れてゆき、
少なからず影響を受けます。

私は公務員という特に事務系の仕事してる人の
当たり前の基準とかが、
昔から、大嫌いです。

たなけん。自営なのですが、
ひょっとしたら、そういう事務系のお役所から
お仕事依頼もあるかもです。


国とか役所系の仕事は、もしあっても
基本的にお断りしてきたので、
多分、
はっきり言っても全然大丈夫です。

もしも、これから私が市役所の仕事引き受けたら

たなけん。金の力に負けたな。。。と思ってください笑


でも、
前に務めてたシステム会社もどこかの市役所の
システムやってましたけど、
まあ、ホント担当は大変そうでしたねぇ


そんな訳で、事務職の公務員
もう半端なく嫌いです(笑)

あ、そのほかはの現場で戦う公務員さんは
好きです笑


昔は、よく市役所などで、
上から目線のものの言い方や
あからさまにめんどくさいと感じさせる応対。
その上、縦割り行政の弊害で、散々部署たらいまわしとか

まあ、色々けんかする事も多々ありました。


最近は、ようやく、普通になってきて
ついこの間も、友人と
「最近、お役所系にいろいろ行ってもだいぶまともになったよねぇ。」

と話してたところでした。


そういう意味で、あんまり頭にくるようなこと。
あんまりそういうことありませんでしたけれど

そういえば、
つい昨年8月にあまりにもおかしな対応する年金機構の職員に
ぶちきれました。というか、こんなに頭に血が上ったことは
過去に記憶がありません。

人の話を全く聞かず、
こちらが、論理的におだやかに普通に
話をしようとしてるのに
すぐに、人の言葉をさえぎる。

とにかく、人の話を聞かずに
言葉をさえぎって、自分の主張をかぶせてくる
態度が一番の理由でしたねぇ・・・

それは、最初の方はだいぶ我慢しましたよ。

でもでも、あまりにもそういう言い方するもんですから
全く持って我慢できませんでした。

学校の勉強がんばって、人とあまり関わらず
コミュニケーションの能力をしっかり磨かずに
社会人になって、

正直、人としてどうやねんと。


ああ、すみません。あの時のこと

思い出したら

つい怒りにまかせて愚痴っぽくなってしまいました(笑)


お話もどります。

今回の件の

ずさんな対応もあきれるばかりですが・・・

しかも、


現在、HPに脆弱性が見つかり
日本年金機構の
WEBサイト閉鎖中
らしく

↑リンクしてます。

国民からの問い合わせとかあるタイミングで閉鎖ってのは
どうなのよ?タイミングとして
本当に問題あるよなぁ。

それに、私。たなけん。WEBやシステムの専門家ですが、



まさか、
まさか・・・・



海外の凶悪なハッカーたちからも、


まず、一番の標的にされやすいような

重要な国WEBサイト。そんなレベルのものを

WordPressで作ってたってこと
ではないだろうか????


そうだったら、まずありえへん話だ・・・・
とも思ったりします。

(多分自分で新着情報とか
更新スタイルする構成のWEBサイトだった記憶があるので
なんらかのCMSだろうと思われます。

そうなると安易に流行にWordPressをWEB会社が作って
放り込んだ可能性が濃厚)


この緊急時にサイト閉鎖ってのは、
もしかしたら、セキュリティに関わる
何か重要なデータをサーバーにひょういと
置いていた可能性も???

つまり、急いでサイト更新しての、

証拠隠しなのか?そんな事思います。


まあ、WordPressが悪い訳でなく、
国の重要なサイト。

つまり、海外ハッカーの標的になりやすいサイトを、

OpenライセンスのCMS
※かんたんにいうと、設計図が一般公開されていて、
知識のある人が見ると誰でもどこに何のファイルがあって
そこにパスワードとか何何が記載されているとかわかるのです。そして
セキュリティ設定をちゃんとしてないと大変なことになります。


で作ってるとしたら、

これは狙われても仕方がないでしょうねー

もちろん、こんな事は、やりませんけれど、

どうやるか考えてみると、

多分、セキュリティの脆弱性を狙って

そこでサーバ情報引っこ抜いて、

あて先へ偽装したメールにプログラム仕込んでおくって、

サーバーにプログラム潜入させて

データ引っこ抜くという感じでしょうかねぇ。


安易にこんな想像がちょいとできるくらい理屈は簡単なんですよ。


しかも、役所系のパスワードとか

123456とか

passwordとか

passpassとか

もう、ありえないパスワード設定もありますからねぇ・・・


パスワードの基本は、
数字と記号文字のランダムな組み合わせが
基本です。


まあ、お役所の事務方のセキュリティ意識なんて

こんなもんです。



そもそも、競争社会、資本主義のルールから

逸脱している世界
です。


公務員になれさえすれば、人生安泰。

心のどこかで、少なからず、

そう思ってる人もいるのでは。


そんな意識で、国民の大事なお金を守る運用するという重要なことが

できるわけがないですよねぇ・・・


そもそも、いろいろ議論されてはいますが、

やっぱり公務員なんて

人数多すぎだと思います。

7割くらい削減して、

希望退職させて

多くを派遣社員に置き換えればいいのにと思います。

希望退職者で足りない部分も

70%くらい派遣スタイルの雇用契約に置き換えればいいのです。


そうすると、


派遣社員の全体の雇用口も増える。

いわば、公務員だった元役所出身の派遣社員と

一般の派遣社員の競争が始まるわけです。


もう、ゆっくりはできないはずです。

というか、それが、資本主義では当たり前ですから・・・笑



競争であるから、役所独自の資格的な必要になるでしょう。

そこで、一部の人は、講師的な仕事もできるでしょう。


なによりも、競争がなかった分野に、

世間との競争がおきます。


多くの方は、競争を嫌がります。

でもでも、考えてみてください。


競争のない大企業。


例えば、東電の原発の対応。

どうでしたか?

原子力何とか委員会。

3/11の一連の対応どうでしたか?

あまりにも国民を馬鹿にしてませんか?


例えば、今日のtwwiterで気づいたのですが。

東北の海洋汚染の様子。


↑その事実はこちらです。リンクしてます。



データを英語だけで海外には公表し、

日本には公表していないという事実を

見てみなさんはどう思いますか?

私には、役人が、

「どうせ国民なんて馬鹿だから英語なんて読めん!」

そんな言葉を言ってるシーンが想像できてしまいます。




あまりにも常識とかけ離れ、事実を隠蔽しようと

する体質。


業界を独裁してる会社やシェア独裁してる会社での

競争のない会社、それは年金機構も含め
公務員もしかり、


大手と呼ばれる会社での腐敗体質は

どの業界でも明らかです。


そうです。

たしかに、

彼らがその立場にたどり着くまでに努力したことは

認めましょう。


ただし、たどりついてゴールしたと、線路に乗ったと

それは勘違いです。ゆっくりしてて言い訳がありません。



高度経済成長をささえ、今の日本の平和を生み出したものは

競争社会です。

一部の競争したくない派が

そして、ゆとり教育など変なオブラートにつつまれた言葉で

競争を否定し、それらを蔓延させました。


のんびり平和な日本。


まあ、世界に日本だけしかない。
国の中で全て完結するスタイルならば

いいのですが、

例えば、すでに、もうインターネットの世界では

いつでもどこでも世界につながってるのです。

ゆったり、のんびりの国民。日本人なんて

はっきり言って外国からみれば

鴨がねぎしょって、ふらふらと群れで

熟睡してるように見えることでしょう。




だからこそ、今から忘れている人たちは、

改めて、競争意識を思い出さねばならないのです。




そして、人は死ぬまで、

自分の使命、役割をしっかり果たすために


自分の人生を100%生き抜くこと。


そりゃ、いいこともわるいこともあるでしょう。でもでも、


人生をぼやぁと
してる暇なんてない。



たとえば、私は自営号ですが、

決まった給料が確実に

どこかから、自動で

もらえる世界では

ありません。

だからこそ、その、たとえ、1万円でも1000円でも

1円でも、自分で稼いだお金というのは


本当に貴重なお金なのです。

文字どおり、命を削って稼いでるのです。

それが、本当のお金のありがたさです。


お金のありがたさ。

それは、サラリーマンやってるときには

絶対にわかりません。

私も決まった給料をもらえてたときは

給料が働きに割りに安いだのぶーぶーいってましたもん。

今思えば、それは間違いでした。

経営者としては、しっかりされてたんだなぁと

色んな会社みてきても思います。



ずいぶん長文になりましたが、

そんなことをいろいろ


セキュリティ
ゆったり
日本年金機構
さま

のことから思いました。


脱線の連続でしたが。


最後に

タイトルの内容にもどると

そもそも前回は年金使い込みとかも発覚してるし
そんなん忘れたわけではないぞ。

それをやり直すために名称変えたんじゃないのかと。


やっぱり、

これは、直訴しかないな・・・・


そういえば、


ありがたいことに

市や県の議員さんや懇意にしてる

国会議員秘書さんなどなどの

人脈もここ数年で色々できたので、


(いやぁ国会議員秘書の名刺ってすげぇなぁと
 以前、ちょっと困ったことあって
一緒に役所に行ってもらったら、役所の方々が平伏してたよ笑
国会議員の威光ってすげぇな・・・・うーん。ビバ!縦社会!)

って。またも脱線!

もう。言ってることがむちゃくちゃになってきました。


冗談はさておき、やっぱり、

ゆっくりしすぎた社会はいかんと思います。

公務員の数は

国家公務員が約64万人
地方公務員が約277万人いるそうです。

過去、
色々と公務員削減案はでていますし、

着々と削減もいろんな所で進んでいますが

是非いろんなところにお願いしたいです。


是非、
公務員の7割削減と
それ以上に
ゆったり撲滅を。


たしか、記憶曖昧ですが

ドラッカーの2000年ころの本に

ニュージーランドだったかどこかで

実際、国が債務超過に陥り、公務員の定数削減で

復活した話もあったような記憶が・・・


今日は、なんか猛烈に毒をはいてるブラックたなけんですが、

少なからず、自分で仕事してる方々には、共感いただける部分も

あるかと・・・


公務員さんには、猛反発でしょうが。笑










AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちわ。たなけんです。


WEBサイトやSNSなどはもはや、なくてはならない
集客の仕組みとして非常に大事なツールですね。

このツールをうまく活用できるかどうかは、
ビジネスの重要な要素でビジネスの成否を分けるといっても
言い過ぎではないです。

大事なのはわかる!でも、
そもそも、WEB集客ってどうするの?
何がいいの?


こんな疑問ありませんか?

実は、世の中の誰しもがそう思っています。

と、いうのも、理由はかんたん。

(みんながWEBで悩む理由その1)
WEBは難しい。横文字ばかり。

(みんながWEBで悩む理由その2)
変化がものすごく早い、覚えるの大変。




難しいから、最新の情報を常に仕入れている
私のようなWEB専門家には、
自分で何かWEBで行うとい場合、
凄くアドバンテージがあります。
多くのことがWEB周りも含めて
いろいろ自分で作れて
何でもできてしまいます(笑)


そして、WEB同業者に対しても、私自身
大きなアドバンテージがあります。

それは、
世の中のWEB関係やシステム関係者は、

「話す内容が横文字ばかりで全くもって難しい・・」



いやぁ。本当に、この業界横文字ばかりですからねぇ・・・


それで、その難しいことを
知らない方や予備知識ない方に、
わかりやすく簡単に話すことができる人が
案外すくない・・・という
独特の気質があること
なのです。


私自身は、営業やプレゼンもプロです。

正直、私が営業で結果を出せた大事な理由のひとつ。

それは、
難しいことを誰にでもわかりやすく話すことができるということ。
理解してもらえる=教えることがうまいということなのです。


そんな感じでお話は
得意な方なので、同業に対しても大きなアドバンテージが
あると自負しています。

------------------------------------
そこで、タイトルにある
WEBサイト運営について、かなり重要な
最新のお話をかんたんにお話しますね。
------------------------------------

そもそも
WEBの変化の早さはものすごく早いですね。

ちょっと油断するとすぐに情報が古くなるばかりか

実は、やってはいけないこと、
やるとマイナスになることもあります。



特に、
検索エンジン経由からの集客は
すごく大事
なのは誰しもがわかるお話です。



そして、

検索エンジンといえば、

誰もが知ってる「Google」です。

WEB業界の巨人です。
もう、WEBの中でやりたい放題です。笑

逆らうと大変なことになります笑

WEBの中で検索の最大手であり、
検索結果という結果を提供する
Googleは、
ビジネスにも大きな影響を与えます。

Googleのさじ加減しだいで
どうにでもなってしまうという現実があります。。

※ちなみにまだご存知ない方もまだまだ多いのですが、
 検索エンジンのyahooのウラ側で 動いてるのも
 googleの検索エンジンの仕組みです。
 もうかれこれ変わってから5年くらいたちます。
 




そして、ここから本題です。

------------------------------


昨年、2014年12月中旬に

googleは、

「スマホ対応ラベル」を登場させました。

具体的に何かというと、


スマホ経由で検索した
WEBサイトの検索結果に

スマホ対応しているWEBサイトのみ

下記のようにスマホ対応してますよーとラベルを表示するように
変更しました。


ちなみに下記は私の個人のサイトの例です。

「tanakkenji.com」 ですね。

スマホ経由で検索すると 

スマホ対応してWEBサイトには、
下記のように
スマホ対応とラベルがでます。

※【ここも大事】パソコン経由では、スマホ対応してても、
 ラベルは表示されません。


googleスマホ検索でスマホ対応してますか?

こんな風に

スマホ対応してると

検索結果内に、
ラベルが小さく今の段階では
でていますが、


そのウチ、

目立つように変更される予感です。

これが目立つようになると
当然、スマホ未対応のサイトは


閲覧者に

「なんだぁスマホ対応じゃないのかぁ・・・・」

と見られなくなる場合も増えてくるでしょう。






ただし、スマホ対応、未対応のどちらも検索結果の順位には、影響はそうないと

2014年12月の時点では、言われていましたが。


ついに、googleから正式発表がありまして、

2015年4月21日より、スマホの検索結果に関して

スマホ対応、スマホ未対応で

検索結果順位に影響を与えるというニュース



2015年2月27日に正式発表されました。

正式発表はこちらからリンク(※google発表なので全部英語です)



というわけで、


WEBサイトのスマホ対応が
まだできていないWEBサイトは

急ぎスマホ対応をしなければ
スマホの検索結果順位が落ちてしまう
可能性があるという事態
になってきました。


-----------------------------------------------------

★なぜスマホ対応が急ぎなのか?
★なぜgoogleがスマホ対応を検索結果に反映したのか?その理由


理由はすごく簡単です。


1. スマホ経由で見る人は全体の70%にも!

 まず、WEBサイトのアクセス状況がここ数年のスマホの爆発的普及により
 サイトアクセスのおおよそ、70%がスマホ経由でアクセスしているという現実になって
 います。パソコン経由は、30%もしくはそれ以下と認識してもらえれば間違いないです。

2. スマホの普及でWEB検索の機会大きく増加!

いや、それでも、「自分はそんなことない、いまだにパソコンから見るよ」という方。
 そうです。パソコンから見る機会が全部スマホに変わったのではなく、
 スマホから見る機会が爆発的に増えて、サイトへアクセスする全体の総数が間違いなく
 増えているのです。

 →パソコン開いてないとネットにつながらないので、面倒だなぁの人が
  スマホで気軽に調べるようになったということですね。

3.Googleは、ユーザに役立つサイトを結果上位に

  そういう事情を受けて、かんたんに言うと
  
  googleは、スマホで見るには、やっぱり見やすくないとね!と
  スマホ対応でサイトを作ることを数年前からオススメしておりました。

  それを今回、発展させて、

  「スマホ対応のサイトは、見やすいので、
  ユーザーさんのこと。ちゃんと考えてるなぁ。
  じゃあ。順位はなるべく、上に持っていくように
  検索結果のルールを追加しよう!」

まあ、すごく当たり前のながれで、特に数年前からスマホ対応を視野にいれてる
方には、検索結果の影響についrて、特にあわてる必要もないのですが、
自然な流れで、こうなったわけでした。


問題となるのは、数年前に製作してしまってそのままスマホ版とか
考えてないなぁと言うWEBサイトですね。


スマホ対応というのは、この3-4年、WEB業界の専門用語でいいますと

「レスポンシブデザイン」という 

画面を
パソコンでみたり、
タブレットでみたり
スマホでみたりしても、

その機種を自動判別して見やすいように
自動で表示できるように
製作されたデザインのことです。

ちなみに私が制作した実績の中から、
レスポンシブデザインの
一例を紹介しますね
こんな感じです。画像クリックするとサイトへリンクしてます。
↓↓↓


レスポンシブデザイン

パソコンでみた場合や
スマホ、タブレットでそれぞれの画面の幅に
ちょうど合うように自動調整される
専門技術で制作されたサイトですが、



制作するには、

高い専門知識が必要で、従来のWEB製作技術に
プラスアルファが必要で、

ちょっとWEBサイト制作技術としては、
技術のハードルがあがります。

上記のサイトは、ちなみに
2013年夏くらうに制作したもので自由自在ですが、


それに行き着くまでのさらに3年くらい前は
私も結構試行錯誤しましたので・・・
結構、当時は、大変だったような記憶があります。


まあ、かんたんに言うと、何年もプロとして
やってきたので、
そこそこは、
ぱぱっと、勉強すればできちゃいますが

ちょこっとホームページつくれるよーみたいな人には
きっと大変でしょうねぇということです。

つまり、
WEB業界に関わる人の中でも、
実はできる人、まだ勉強中の人、実際まだやったことない人

それぞれに技術的な差や経験の差が大きくわかれてきます。

多分、専門学校でたばかりで1年くらいWEB製作してますという制作者や
 趣味で、ホームページビルダーで自分でサイト作れますという方。
 WORDPRESSテンプレートでサイトを作りましたという方々には
 レスポンシブデザイン=スマホ対応サイトの制作は
 きっと大変でしょうねぇ・・・





★ついでに、最後に自分でできるスマホ対応かどうかを
診断するGoogle無料サービスのリンク


★それを紹介してる私のfacebookはこちら


スマホ対応してるかどうか確認するには、
上のURLへアクセスして、調べたい
URLをいれるとスマホ対応済かどうか
わかります。


結論として、

今後は、
スマホ未対応の場合は、
至急な対応が必要と考えていただいて間違いないです。



もしも、WEBサイトリニューアルで、ついでに
今の業者以外にどこかないかなぁとか

一番最後でも
良いので、一言。
たなけんまで、
試しにお声かけてみてくださいね。



最近、また気になってるのですが、
今だに3年しばり、5年しばりでローン組ませたりと
いう会社もあります。

だから、こんな業者でこの値段で考えてるんだけどという方は
契約してしまう前にちょっと待ってくださいね。

ウチでできない場合でも良い会社がまだたくさんありますし
ご紹介もできます。

実は、
先日も3年契約、月数万円を支払うサイト制作のローンくんだとか
顧客がWEBを詳しくないという事を理由に、
正直、ありえない契約のお話を

偶然、聞いてしまったばかりなので・・・・


社長がテレビにでてる有名な人がやってる某WEB会社でしたねぇ
詳しくは聞いてませんが、
おそらくは
結構な金額はらってしまって、100万単位のコストでしょうね。

で、できたデザインは、学生さんが制作したようなデザインで残念でしたねぇ。
きっと練習台になったんだろうなぁ・・・大手の時はできる人で
中小はあまり経験のない人デザイナーをつかったりするしなぁ・・・・ほんと。
もったいない・・・・


と、脱線しましたが。、

ウチに制作ご依頼はなくても、この会社大丈夫?の確認でもいいです。

変なWEB会社で、3年しばりとかされないようにしたいと
私。ほんとに願ってるのです・・・・



WEBサイトは通常制作費だけでいうと30-50万あれば
ものすごいサイトが作れます。

もっと予算落としても、全然普通にデザインが
きれいなよいサイトが制作できます。

それが例えば、

3年×36ヶ月でいくらになるんだ・・・・そう思います。
WEBで3年-5年しばりとか、周りがスマホなのに、
ガラケーをしぶしぶ使い続けなきゃ・・・とおんなじことが
起こりかねません。

結果、私のところで制作しなくても、ぜんぜんOKです。
(というか、全て制作のご依頼が一気にくると私パンクするので笑)


後は、
たなけん。なんかWEBもプロとか言ってるけど、
ホントかなぁと冷やかして見たい方(笑)


一番嬉しいのは、

一度、なにがなんでも。たなけんに相談してみたい!
こころより、たなけんに制作や相談をお願いしたい!

もう、LOVEです、みたいな、熱烈な方は大歓迎します笑




そこで、

特別無料電話相談のお知らせ。
-------------------------

通常のWEBサイト診断10000円
(サイト診断、競合分析などをWEBを見てその報告するサービス)

テスト的に
2015年5月末までの2ヶ月間、
電話相談60分を
月10名さま上限で無料

行うことに致しました。

※ただし、無料の為、通常有料版のレポートベースの資料作成は
省略させていただき、電話での口頭でのご報告
足りない部分などに関しては、簡単な資料添付メール送付のみと
なります。
-----------------------------------------------------


お気軽に下記より
お問合せください。

とりあえず、きいてみたい方も真剣に考えてる方も
一度、期間限定で無料相談を実施いたしますので
、お気軽にどうぞ。


お客様の状況をまずしっかり理解した上で、
今のお客様にぴったり合う
ベストなWEB運用企画や
今後どのような感じで進めればよいのかなどの
ご提案をご提案できると思います。


まず、他のWEB会社のなんとかコンサルタントさんの
提案という名前ばかりのどこでも同じテンプレートの
パターン的なお話とは、全然違ってくると思います。
その上で、
私、たなけんが、ちょっと他のコンサルと名乗る方々とは
アプローチそのものから、ひとあじ違うと実感できると思いますし、
その自信が私にはあります。



無料相談のご提案などでは、

デザイン制作など含めて、
何も全部の仕事を私にと言う訳では
ありません。

むしろ、今の業者さんも含め良いところを生かしたいと
思います。

重要なのは、全体の方向性です。
(いわゆるコンセプトという奴ですね。)

その方向で、お客様がビジネスを進めてゆく上で
今のWEB会社さん含めて、業者さんなどが
よさそうであればそのまま制作依頼して、

「この辺を注意して今後は先方にご依頼くださいねー」

とお伝えしたりすることも結構な頻度でありますし、
問題あれば指摘して、
改善するにはどうすればいいか。

その上で、他の会社さんではできないこと。
たなけんならではの部分は
コンセプトに沿って実現のお手伝いをしてゆく

そんなイメージです。

いわゆる、交通整理含めた
全体のプランニングのご相談とご提案
になります。

いろいろ他の業者さんが言わない、
お客様が知らなかった業者の本音の所。
含めて、お伝えできると思います。


たなけんお問合せボタン


あ、最後に
冷やかしでなくて、できればWEBを本気で
活用できるように変えたいなぁと考えてる方、歓迎です。
たなけんLOVEな方はもっと歓迎です・・・笑



















AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。