WordpressはYahooのSEOで不利でしょうか?

答えはNOです。
ワードプレスで十分戦えます。
WorePressというのは、独自ドメインでブログサイトを作る時に使うソフトウェアです。

皆さんもホームページよりもブログのほうがコンテンツの管理がし易いと感じているのではないでしょうか?
HP作成ソフトには、ドリームウィーバーやExpression Web 3やホームページビルダーなどがありますが、ブログに比べるとコンテンツ管理は楽ではありません。
記事一本を投稿するのでも、それなりの手間が掛かります。
しかし、ブログの場合は管理に最少の手間しか掛かりません。

それを独自ドメインでも実現するためのソフトウェア(正確にはCMS〈コンテンツマネジメントシステム〉)がWordpressです。
で、このWordpressはYahooのSEOでは不利だと一般的に言われております。
しかし、そんな事はありません。
Wordpressというのは、普及してからそれほど期間が経っているCMSでは無いので、Wordpress利用サイトにはドメイン年齢の低い若いサイトが多いです。
ドメイン年齢を重視するYahoo検索では、ドメイン年齢の低い若いドメインサイトは不利です。
特に外部Seoを施さないのであれば、ドメイン年齢の高いオールドサイトより順位が上がらないのは当然の事です。

Wordpressサイトだから順位がYahooで順位が上がらないのでは無く、「ドメイン年齢が低いサイト」「サイト自体の年齢が低い」から順位が上がりづらいだけの話です。
しかし、適切な外部被リンク対策を施せば、若いWordpressサイトであろうと検索順位は上がっていきます。

ですから、WordPressサイトであろうと心配する必要は無いのです。
トンちゃんは、Wordpressはとても便利なCMSなのでお奨めしております。
Wordpressならホームページもブログも作れますし管理が楽です。
独自ドメインを取ったら、WordpressでHPやBlogを作ることをオススメします。
SEOでも有利な戦いが出来ますので。

SEOコンサルタント トンちゃん
AD
YahooのSEO対策人は、定期的にブラウザの検索履歴を消去し、ヤフー検索で正確な検索順位を表示させるように心がけるとよいと思います。
Yahoo検索では、ブラウザの検索履歴が貴方のPC上に勝手に蓄積されてしまうため、それらのデータを元にYahooはあなた専用の検索結果を返します。

貴方が、「Yahoo SEO」と検索ボックスに入力しても他の人が見ている検索結果と同じ検索結果が貴方の画面に表示されるわけではありません。
貴方が定期的に自分のブラウザの検索履歴を消去しているなら、パーソナライズド(個人化)された検索結果が画面に表示される事はありませんが、ブラウザの検索履歴を消去していないならば他の人とは違う検索結果画面が表示されているのです。
貴方の過去の検索履歴から、「これが最適な検索結果だろう」とYahooが考える検索結果を貴方に返します。

「Yahoo SEO」と検索しても、普段からSEO関連のページをよく見ている人の検索結果と、全くのSEO関連ページを見る事の無いSEO素人の検索結果では表示されるサイトが異なるのです。
ですので、自分のサイトの正確な順位を知りたいならば、ブラウザの検索履歴を定期的に消去せねばなりません。
そうしないと、本当の検索順位が分かりません。
パーソナライズド(個人化)された検索結果を見て、上位表示された!と喜んでいても、実は50位台や60位台という事もよくあるのです。

ブラウザ上での検索履歴は、Firefoxであれば、「ツール」⇒「最近の履歴を消去」をクリックして履歴を消すことが出来ます。
IEでもツールの中に履歴消去のオプションがあります。

Yahooのパーソナライズド検索は、Yahoo IDにログインしているかしていないかは関係ありません。
ログインしていなくても、検索履歴は蓄積されます。

By SEOコンサルタント トンちゃん
AD
リスクのある中古ドメインでは無く、評価無しの新ドメインでヤフーSEOを行うのも手です。
Yahoo検索はドメイン年齢を高く評価することで知られてします。
どれくらいのドメイン年齢だとYahooに評価されるかですが、平均するとドメイン取得後7年以上のドメインであればYahooから高い評価が得られます。

それ以下だと、評価がかなり落ちると思っていただけたらと思います。
となると、YahooのSEO対策においては中古ドメインの購入をしたほうが競争で有利に立てるという事になります。
しかし、中古ドメインの全てがYahooで高評価を得ているわけではないという点は覚えておく必要があります。
Yahooでサイトのインデックスすら、あまり進まない評価の低い中古ドメインもありますので、中古ドメイン購入にはリスクが伴うのです。

新ドメインを取得した場合は、Yahooでの評価が何も付いていない状態ですから、その後のSEO対策次第でYahooから高い評価を得る事が可能です。
ただし、やり過ぎのSEOを施してしまうと新ドメインはあっという間に評価を落とし、検索順位も1000位圏外まで吹き飛んでしまいます。
そして、その後もいくら待てども順位が回復しないということもあるのです。

新ドメインそのものにはリスクは一切ありませんが、その後のSEO対策の施し方次第でリスクを背負うことになります。
特に、YahooのSEOではそうです。
YahooのSEOでは被リンクを付け過ぎない事がポイントの一つになります。

中古ドメインの見極めが付かないならば、新ドメインでYahooのSEO対策をする事になりますが、被リンクの付け方には特に注意をしましょう。
サイトの順位を落とすも上げるも、被リンクの付け方次第です。
特にYahoo検索は。
AD
記事を一定期間書かずにいると、モチベーションが大きく下がります。
記事を書かずにいればいるほど、どんどん記事を書くモチベーションが下がっていきます。
今まで苦でも何でもなかった記事投稿が面倒に感じるようになります。
そして、そのまま更新をやめてサイトは廃墟と化すのです。

下がったモチベーションを回復する方法はあるのでしょうか?
あります。
記事を一定期間書かずにいたために下がったモチベーションは、記事を書けばまた上がってきます。
モチベーションを回復するには、何でもいいので適当に幾つか記事を書けばいいのです。
そうしている内に、過去のリズムが戻ってきます。

良い記事を書こう等とは思わない事です。
何でもいいので、思いついた事を適当にドンドン書いていけばいいのです。
そうやって適当な記事で一定量をこなすと記事を書く感覚が戻ってきます。
トンちゃんはSEO業者ですから記事を沢山書きますが、それでも一定期間全く書かない事があります。
そうすると、やはりトンちゃんも記事を書くモチベーションがガタ落ちになります。
記事を書かない事が習慣化してしまうと、記事を書くことがとても重荷になるのです。

これは、他のどんな分野でも同じです。
たとえば、営業です。
営業も一定期間やらずにいると、遣らない事が習慣化されてしまうため、訪問営業や電話営業をする気が失せてしまいます。
今まで何でも無かった営業活動が重荷になるのです。
このモチベーションガタ落ち状態を回復するには、とにかく営業をするしかありません。
最初はリハビリだと思って適当にやればいいのです。
適当というと、営業をされた方に怒られそうですが、モチベーションを無理なく上げるにはそれしか方法が無いです。
営業する事がまた習慣化されるまでは、電話営業も訪問営業も苦痛極まりないのですが、やるしかモチベーションを回復する方法が無いのです。
慣れて感覚が戻ってくるまでは、淡々と適当に営業をやるしかないのです。
モチベーション回復時は完ぺきを目指さない事が大事です。
とにかく「やればいい」のです。
やらないと、遣らない事が習慣化し固定化されてしまうので、ドンドン悪循環にはまっていきます。

By SEOコンサルタント トンちゃん

歯をみがいてもみがいても虫歯になる人と、全くみがかなくても虫歯にならない人がいます。
私は、かなり時間をかけて丁寧にみがいてますが、それでも虫歯になります。
私が思うに、それは体質だけで決まるのでは無くストレスが関係しているのだと思います。
ストレスで免疫機能が弱くなりが口内細菌の増殖を許しているのだと思います。
調査してみないと分かりませんが、歯磨きなしでも虫歯にならない方はストレスがあまり無い人ではないかと考えております。
おそらく当たっているのではないでしょうか?
私は経営者なのでストレスと無縁というわけには中々行きません^^;。
あと数年から十年前後にストレスと無縁の状態になるよう、色々経営上の手は打っておりますが、当面はストレスとの戦いです。
熊谷市歯科医院磨
立石歯科医
新小岩歯科院
船橋市行田歯科者
鳩ヶ谷市歯科衛
八潮市歯科生
港区矯正士
与野歯医者客

集客コンテンツは新規サイト(集客サイト)に置かないほうが良いです。
集客コンテンツというのは、ターゲット読者に「おお!すごい!」と思わせられるような力のあるコンテンツの事です。
集客コンテンツをサイトに投入すれば当然、読者は集まります。

しかし、集客コンテンツをサテライトサイトや新規のサイトにおいても、その強力なコンテンツは十分に生かされません。
もっと人の目に触れる機会が多い、既存サイト(収益サイト)に集客コンテンツを置くべきです。

たとえば、ワタクシSEO職人トンちゃんがメインSEOブログなどの収益サイトで一本記事を書くと、少なくとも一本はSEOサービスの問い合わせや申し込みが入ります。
なぜでしょうか?
そう、集客コンテンツを既存の収益サイトに配置したからです。
集客コンテンツを仮にこのブログに配置した場合はどうなるでしょうか?
答えは、分かり切っています。
このブログで一本記事を投稿してもそれで最低でも1本のSEOサービスの申込みや問い合わせが来る事は、まずありません。

ですので、力のある集客コンテンツはメインビジネスブログやメインビジネスホームページに置くべきなのです。
といっても、それ以外の新規サイトやサテライトサイトでの記事に手を抜けと言っているわけではありません。
サテライトサイトや新規サイトでも魂を込めて記事を書いた方が良いです。
しかし、書いた結果、良い記事が出来上がったならそれは、収益サイトに回すようにしましょう。
その方が売上が上がります。