SEO対策定額

SEO対策の「トンちゃん」です。毎月定額のSEO対策サービス。詳細はサイドバーをご覧ください。役立ちそうなSEO情報をピックアップして掲載しております。ご自身のSEO対策(検索エンジン集客)にお役立てください。


テーマ:

一時的上位表示・一時的一位表示という一時的な天下取りでよろしければ豊富秀吉のように無理やり強引にホトトギスを鳴かせれば良いですが、「安定1位」「安定上位」「不動の1位」という中長期で天下維持を目標とするのであれば、ホトトギスが鳴くまで辛抱強く待たねばなりません。
「中長期での天下維持」が目的ならば豊富秀吉のような短期志向でSEOに臨むのでは無く、徳川家康やGoogleの経営トップ3「エリックシュミット,ラリーページ,サーゲイブリン」のような「中長期志向」でSEOに臨む必要があります。
Google検索エンジンは、中長期志向のGoogle社の経営トップ3達が開発している検索エンジンロボットですので、「検索エンジンそのもの」も当然「中長期志向」です。

Google検索エンジンはGoogle社経営トップ同様に、「中長期志向」の検索エンジンアルゴリズムです。
Google検索エンジンは、被リンク対策を行ってすぐに順位が上がり、そのまま上位固定するような「短期志向」のアルゴリズムにはなっておりません。
貴社がすぐに結果を求める気持ちは分かりますが、Google検索は短期志向で成功できるような検索アルゴリズムではありませんので短期志向は捨てて頂けたらと思います。

中長期志向のGoogle検索エンジンで通用するのは中長期志向のSEO対策のみです。
中長期志向のGoogle検索エンジンで成功し続けるのは「中長期志向」の「サイト管理者」のみです。
短期志向のサイト管理者方が行う短期志向SEO対策も「一時的」ではありますがGoogle検索エンジンで通用します。

一時的に上位表示や1位表示され数か月後には圏外へと消えて行きます。
そしてその後、上位に戻ってくることは「殆ど」ありません。

2000年代から今に至るまでずっとこれは変わっておりません。
弊所は昔から安定してSEO集客のみで新規開拓しSEO事業を営んでおりますが、それは弊所が「中長期志向のSEO対策」を行っているからです。
「中長期志向」のGoogle検索アルゴリズムには「中長期志向」のSEO対策で相対する、それが「Google SEO対策」です。

「中長期志向」のGoogle検索アルゴリズムに「短期志向」のSEO対策で臨んでも、それはGoogle SEO対策とは呼びません。
短期的に上位や1位を獲得しても、其の後永久圏外行きになるだけですので「Google逆SEO対策」と呼んでも差支えないかと思います。

被リンク対策に関しては今のままで問題ありません。
方向転換は必要ありません。

貴サイト内部で行っている内部対策に関しては、コンテンツKJDでひっかかる部分があれば修正して頂ければと思います。
コンテンツKJDの全てを完璧に満たした上で、現「低負荷被リンク対策」で「順位が落ちたり」「圏外に飛ぶ」のであれば、それは特に問題ありません。
内部対策を確り満たしていないのであれば、それを満たす必要があります。

満たした上で圏外に飛ぶのであれば、「圏外に飛ばしておけば良い」のです。
それで良いのです。
それが「Google SEO対策」です。

by SEO職人 トンちゃん

 Google上位表示  EC集客  トンちゃんSEO

マッサージ店HP、名古屋
マッサージ 名古屋

羽毛布団サイト
羽毛布団

FC塾経営ホームページ
FC塾
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

検索ロボットは先ず第一に各URLのコンテンツを独自に分析します。
被リンクの分析は「その後」行うイメージです。
検索エンジンロボットは「URLのコンテンツ分析」⇒「URLの被リンク分析」の順番で分析を進めてURLにSEOスコアを付けて行きます。

まず検索ロボットはURLのコンテンツを分析をして「コンテンツの主たるキーワード」を独自に割り出します。
その「コンテンツの主たるキーワード」が各URLのターゲットキーワードと合致していれば問題ありませんが、各URLのターゲットキーワードと検索エンジンロボットが各「コンテンツの主たるキーワード」と認識しているキーワードが「異なる」場合(不一致の場合)は、その後に行う被リンク対策の「効き」が大幅に落ちます。

検索ロボットがトップページURLのコンテンツを分析した結果、「コンテンツの主たるキーワード=ターゲットキーワード」となった場合は、外部サイト群から「ターゲットキーワード」入りのアンカーテキスト被リンクを供給して行くと「良く効き」ますが、「コンテンツの主たるキーワード=別の言葉」となった場合は、外部サイト群から供給する「ターゲットキーワード」入りのアンカーテキスト被リンクの「効き」は「大幅に落ちて」しまいます。
「このコンテンツ内容で『ターゲットキーワード』入りのアンカーテキスト被リンクばかり集まるはおかしい、不自然だ、SEOだけが目的の被リンクであろう」と検索エンジン人工知能(検索AI)に判断されてしまい供給被リンクの「効き」は大幅に低下してしまいます。

供給している被リンク自体が「有効な被リンク」「現・未来 検索アルゴリズムに強い被リンク」であっても「効かなく」なります。
2012年の初めに「Google SEOは『コンテンツSEO』⇒『被リンクSEO』の順番で進めて行く事が成功のコツ」といった内容のSEO記事を弊メインSEOブログで何回か執筆し公開しましたが、その意味するところは上述の解説からご理解いただけるのではないかと思います。
「コンテンツSEO」が出来ていないURLに供給する被リンクは全て「無駄」になりますので、「コンテンツSEO」の3要素「KJD」は完璧に満たして頂く方向で内部対策に取り組んで頂けたらと思います。

先ほど申し上げた通りでして「KJD」を「満たす・満たさない」の選択はお客様方がご自身で「決める」事でして、どうするかはお客様方の「自由」であります。
「自由」ではありますが、「安定上位」や「安定1位」の実現を目指すのであれば、「選択の余地」も「選択の自由」もありません。
必ず「満たす」必要があります。

by SEO職人 トンちゃん

ヤフー上位表示  Webショップ集客  とんけん

ヒーリング講座ページ
ヒーリング 講座


業務用清掃用品のネット通販サイト
業務用清掃用品
尿石除去剤
排水管洗浄剤
業務用ワックス
エアコン 洗浄剤
スイコーローリータンク

Iphone修理サービスサイト、名古屋
iphone 修理 名古屋

弁当配達サービス、名古屋市サイト
弁当 名古屋市
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

内部対策の中で突出して重要なのが「コンテンツSEO」です。
コンテンツ部分のSEOが確りできていない限り、安定上位も安定1位も「期待」できませんので、重要度が極めて高い内部対策に関しては「完璧に満たし」て頂く方向で調整 宜しくお願い致します。
重要度の高い内部対策を全て満たしても100%「安定上位」や「安定1位」が達成できるわけではありませんが、達成できる「確率」は大幅に上がります。
逆に重要な「内部対策」の一個一個を満たしていなければ、満たしていない「数」(かず)だけ「安定上位」「安定1位」達成の「確率が下がって行き」ます。

コンテンツSEOに関しては以前、対策URL・キーワード一覧の内部SEO状況のチェック段階で指摘させて頂いておりますが、ポイントをもう一度挙げさせて頂きます。
コンテンツSEOのKJD
1、「コンテンツ キーワード最適化」
2、「コンテンツ充実度」
3、「コンテンツ独自性」

上記では、「キーワード最適化」「充実度」「独自性」の「頭文字」を並べてKJDとしております。
弊所が考え出した「コンテンツSEO」の「フレームワーク」みたいなものです。
この「コンテンツKJD」を満たすと上位表示「確率」,安定上位「確率」,安定1位「確率」が大きく上がります。
なお、上記KJDは優先度の高い順に並んでおります。

「1」 の「コンテンツのキーワード最適化」は最優先で満たす必要があります。
その次が「コンテンツの充実度」、その次が「コンテンツの独自性」の順番です。
優先度の高い順に並べておりますが、最優先の「キーワード最適化」だけ満たせばOKというわけではありません。
どれも「コンテンツSEO」で欠かせない要素です。
ただ、「充実度」と「独自性」を満たしていても最優先の「キーワード最適化」が満たされていなければ「安定上位」も「安定1位」もほぼ実現不可能となりますので、「KJD」の順番で満たして行って頂く必要があります。

「コンテンツのキーワード最適化」は「コンテンツをターゲットキーワードに沿って初めから終わりまで確りまとめ上げる」事で満たされます。
その際に重要になるのが「実際」にコンテンツ内の「上段・中段・下段」にターゲットキーワードがバランス良く「十分な数」だけ「出現」している事です。
実際に「キーワードそのもの」が十分な数だけ「出現」している事がキーワード最適化では求められます。
複合キーワードで上位を狙う場合は「キーワード近接度」も高める必要があります。

複合キーワードの構成単語同士が近接して出現しているか、近接せず間隔を開けて出現しているか、で結果がかなり変わってしまいます。
単語と単語が近接しているほどキーワード近接度が高まりますが、複合キーワードで安定上位を狙う場合は、このキーワード近接度が高い状態で十分な数だけコンテンツ内にバランス良くキーワードが出現しているかどうかが重要になります。
内容的にコンテンツがターゲットキーワードに沿ってまとまっていても、それだけでは其の「コンテンツの主たるキーワード」は検索エンジンロボットに伝わりません。

検索エンジンロボットに対策URLの「コンテンツの主たるキーワード」を正確に伝えるには、「実際」にコンテンツ内の「上段・中段・下段」にターゲットキーワードをバランス良く「十分な数」だけ出現させねばなりません。
それを怠ってしまうと「コンテンツの主たるキーワード」が検索ロボットに正確に伝わらず「別の言葉」が「コンテンツの主たるキーワード」と認識されてしまい、その後行う被リンク対策により獲得した被リンク群から十分なSEO効果を引き出せなくなります。

by SEO職人 トンちゃん

Yahoo!上位表示  ネットショップ集客  トンケン

耐水紙の通販ショップ
耐水紙
光沢紙
トレーシング ペーパー
コート紙
エプソン ロール紙

ゴルフグリップの通販サイト
ゴルフ グリップ
パターグリップ
ゴルフ シャフト
キャディバッグ
ゴルフ ドライバー

占い池袋サイト
占い 池袋
ヒーリング 料金
占い 未来
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。