ウェブサイトにおいて、ローンチから1か月間経ったにも関わらず、Googleにインデックスされないという現象が起こっていました。

ドメインは今年の春先に取得したばかりでサイトに権威こそありませんが、Googleに推奨される記述方法を用いてサイトは作られています。すでにインデックスされたいくつものサイトからのバックリンクもあり、サイトマップやFetch As Google送信といった基本的な対策はとってきました。

しかし、このようなインデックス促進の努力を重ねても状況は好転しませんでした。この状況を不審に思い、Googleウェブマスターツールを利用してドメインの調査を依頼することにしました。そして…調査の依頼から1週間後、Googleから下記のような回答届き、無事にインデックスされました。

今回は、Googleから届いた回答を公開します。
なかなか検索にインデックスされないという悩みを持っている方の参考になれば幸いです。



件名:http://*****.***/ のウェブマスター様

http://******.***/ の Google のウェブマスター向けガイドラインへの準拠について、再審査リクエストを受け付けました。

このサイトは以前、Google の品質に関するガイドラインに違反しているとの判断に基づき、Google Webspam チームが手動で対応しましたが、お送りいただいた再審査リクエストを検討した結果、この処理を取り消しました。

なお、この処理の取り消し後、サイトが Google のインデックス登録と掲載順位システムに反映されるまで時間がかかる場合があります。Webspam チームが手動で対応していなくても、その他の問題がサイトの掲載順位に影響することがあります。

検索結果の掲載順位は、アルゴリズムと呼ばれる一連の数式を使用して Google のコンピュータが決定します。Google では毎年、検索アルゴリズムに多くの改良を加え、ページの掲載順位には 200 以上のさまざまな情報が反映されています。Google では常に最善の検索結果を提供するため常に更新を行っているため、Google のアルゴリズムが変わったり、ウェブ(サイトを含む)を変更したりすると掲載順位が変化する場合があります。

Google の検索結果でサイトの問題が解決しない場合は、こちらの記事をご覧になって問題の診断にお役立てください。

検索結果の品質向上にご協力いただきありがとうございます。
お手数をお掛けしますが、何卒ご理解とご協力賜りますようお願い申し上げます。

Google サーチ クオリティ チーム


記事の感想:

いかがでしたでしょうか。

ドメイン取得する前にオーナーがいたらしく(つまり中古ドメインだった)、しかも当時のサイトがgoogleからスパム判定を受けていたということです。取得したばかりのドメインが不幸にもスパム判定されていた場合、あなたはどうしますか?

諦めて別のドメインを取得するという方法こそ簡単ですが、せっかく取得した魅力的な名前のドメインを放棄することになってしまいます。そのような場合は、私たちと同じようにGoogleに再審査リクエストを送信してみましょう。Googleウェブマスターツールには再審査リクエストという機能があります。この機能を使って要望を送信するのですが、その際に「こちらで起きている状況、行った対策」などを細かく明記したことがポイントだと思います。
AD