2012年08月24日(金) 18時00分00秒

中国人の平均年収は、How mach?

テーマ:中国人攻略
■中国人の平均年収は、How mach?

まいど、おおきにさんです。コテコテのナニワ企業経営者、戸田大介です。

突然ですが、セブンイレブンで販売されているビール、グランドキリンをご存知ですか?

238円のプレミアムビールなんですが、尋常ではないぐらいのうまさで、これが本物のビールと言う飲み物なのかと感動します。


ところで、私がぼけていたのか、中国の七夕情人節は昨日だったみたいですね、ぷっ♪


さて、民間企業を除く、銀行等国有企業、公務員等政府関連の機関等に勤務している中国人の平均年収は、2011年の統計で、全国平均で42,452元(約551.876円)です。


これを細かく見てみると、以下のようになります。

東部:48,493元(約630,409円)

西部:37,923元(約492,999円)

中部:36,558元(約475,254円)

東北:36,000元(約468,000円)


民間企業も含めれば、おそらくこの金額はさらに跳ね上がるでしょう。

ただし、大多数の一般労働者の年収は平均以下だと認識しておく必要があります。


今回、22の省と4つの直轄都市の26の都市における、上記と同様に民間企業を除く、国有企業、公務員等政府関連の機関等に勤務している中国人の平均年収が発表されました。
$3分でわかる中国ビジネス攻略-2011年中国都市平均年収表


今回、上記の都市別の平均年収でTOPだった広州市、上記の年収57,473元を月平均にすると、4,789元です。

2011年の民間企業・その他企業の就業者の平均年収は、29,951元(約389,363円)、平均月収は2,496元(約32,448円)です。

このことからも、民間企業の一般労働者の平均年収は、上記の表の50~60%と考えるのが妥当な水準ではないでしょうか。

これが、省別になるとこちらこうなります。
$3分でわかる中国ビジネス攻略-2011年中国省別平均年収表


広東省、陝西省、重慶市、山東省、河北省、広西チワン族自治区のように、伸び幅が10%を切っている省もあります。

しかし、一般的に給与所得は毎年10%前後の伸び幅で増加しております。

ただ、一般の労働者は、年平均10%で所得が増加しても、物価の上昇に全く追い付いていないと感じているのが現実です。


これからの表を見ると、まだまだ中国人の年収は意外と少ないと感じるかもしれません。

しかし、実際に中国においての消費活動を見ていると、これらの数字以上のお金が消費されているように感じます。

また、日本とは物価も違うため一概に比較はできません。

内陸の地方都市であれば、住居の費用を含めず、自動車がないと仮定すれば、一家3人の生活費が2,000元(約26,000円)程度であることも珍しくないでしょう。


昔の日本のように、1億総中流のような、みんなが横並びに近いなんてことは中国社会ではありません。

中国では、中間層にも達していない低所得の労働者と、平均を大きく上げることに貢献している超富裕層が混在した、非常に格差の大きな社会が形成されています。

3分でわかる 中国 ビジネス 攻略

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
※画像を中国のサイトから引用しております。

コメント

[コメントをする]

1 ■年収のほかに

中国滞在時に聞いたのですが、中国人の社会では、賄賂という収入が、公務員・銀行員にあり、人によっては給与並み、給与以上あります。

2 ■Re:年収のほかに

>よしいささん
コメントありがとうございます。

公務員は役職によってはそう言うこともあります。

それ以外に役職が高ければ相当な経費もありますし、日本人のように単純に給与収入だけではない、グレーな収入があるのは仰る通りです。

コメント投稿


メルマガ購読・解除
 


FXを取扱い通貨ペア毎に比較!