大阪の片隅で何かをやらかしてる泉和鉄工所です。

 

まず、題名の話。

ちょと怖い題名にしましたが、南海トラフ大地震がいつ起きても不思議ではないと言われています。

私は地震の研究家や災害関係の知識人ではないので詳しくはわかりません。

ただ、阪神淡路大震災のような地震が来ることだけは知ってます。

僕らのような製造業って何か役に立つことってないの?って思います。

弊社の技術で。

いっぱい考えましたが、全く思い浮かばず。。。私の勉強不足で恥ずかしい話です。

 

もし、地震になったらどうする?

もちろん逃げます。弊社は海の横にありますので、津波対策として「逃げる」しかありません。

すぐ横に津波に耐えれる高台などありません。

何も考えずに必死で逃げることが一番の得策と思います。

避難所に指定されている体育館や公民館。

何も考えず必死で逃げてきた僕らは、この後どうしたらいいのか。

ボランティアの方もそうですけど、一番頼るのは役所の方々だと思います。

「ありがたい」という気持ちは当たり前ですが、それが日を増すごとに気持ちはどうなるでしょう。

暑ければ「暑い!扇風機とかないのか?」。寒ければ「暖房器具はないのか?」。

けども役所の方もがんばってくれてます。けど、そのがんばり、伝わらないかも知れません。

 

こんなときに何か空気を変えるものってないかな~?って思っています。
例えば、こんなマットとか。

 

これ、腰痛防止マットなんですよね。

こんなシートがあればどうでしょうか。
このシートに毛布を敷いて寝るだけで「よく眠れる」ってなるんじゃないかな~?って思います。
全員ってことは無理かも知れませんが、年寄りの方やケガをした方を優先にこのシートを配ることで

いただいた方やそのご家族は嬉しいし、感謝すると思います。

弊社では、これぐらいしかお役に立てません。
けど、安眠できるのは確かです。
安眠、大事ですよね。

AD

毎度お世話になります。泉和鉄工所の鳥取です。

 

どうも爪が痛い。。。キーボードを叩けば指が痛い。。。

今日は帰ろう!

 

んなことですが、先日の話・・・

 

僕が片側2車線の道路の走行車線(左車線)を走っていました。

前の信号の歩行者信号が赤になりそうでした。

少しスピードを出せば楽勝で行けると判断し、少しアクセルを踏みました。

まま、ちょうど黄色の状態で交差点に入ったぐらいでしたね。

するろ後ろから・・・

 

 

「白の車、停まってください」

 

 

白バイが!!!

けど・・・けど・・・俺は確実に黄色の自信がある。

青ではないが黄色。

そうや!ドライブレコーダーもあるぞ!

もし「赤信号でしたよね?」なんて言われたら「いや!黄色でした!」って言ってやる!

そう思い、ブレーキを踏んでスピードを落とすと・・・

 

 

「そちらではありません。右車線の車です」と。

 

 

んんん???

右車線に同じ白の車が走っており、それが赤信号やったみたいです。

まま、僕でギリ黄色やったんで確実に赤でしょう。

 

まま、なかなか経験できないことでしたねw

今日も安全運転でした!

AD

感じのいい人、いい感じの人

テーマ:

毎度お世話になります。

泉和鉄工所の鳥取です。

 

いつもながらに「大阪人」でございます。

鳥取県民ではありません。

 

今回の題名ですが、どっちで呼ばれると嬉しいですかね。

ただ、文字が逆になるだけで感じ方が変わる、日本語って面白いですね。

 

他によく似た言葉で「反省と後悔」なんかはどうでしょう。

私的な考えですが・・・

反省・・・自分の起こした行動を振り返り、次へつなげること

後悔・・・自分が起こさなかった行動を悔やむこと

僕はこう考えています。

だから「後悔するな、反省しろ」と言います。

自分が考え、行動したこと失敗した、だから「反省」することで次へつなげるチャンスができる。

みなさん!!!反省することはいいことです!
恥ずかしがらず、なんにでも挑戦して失敗し、反省して次の大きな一歩としたらいいんですよ。

 

「信頼と信用」これも同じような言葉って思いますよね~

けど、僕の中では全く違う内容になります。

「信頼してもらい、信用してもらうことが大事」と僕は言います。

「信用して・・・」ではありません。

言葉の意味は深いですから。

 

会社や学校などで相手に話すときに、ほんのちょっとだけ言葉を考えて話すようにしたら、お互いが気持ちよく会話ができると思います。

相手のことを思うって大事ですよね。「思う」とか「想う」のか。

相手は「思う」だと思います。

 

あくまでも僕の考えです^^;

AD

日産自動車

テーマ:

毎度お世話になります。

泉和鉄工所の鳥取です。

 

ん~ブログ書いてなかったね~

すまぬ。。。

 

んで、最近ニュースで騒がれている日産自動車の件を自分なりに考えてみた。

 

僕の前の職業は自動車整備士。んで、自動車検査員でもありました。

検査員の仕事は車検に合格してるかどうかを判断し、合格してると判断する仕事かな?

 

今回の日産自動車の件、簡単に言うと「決まりを守っていない」ってことですね。

簡単なことなんですよ。正式に決められた人が決められた内容を確認し、問題がないかを判断し、ハンコを押す。

たったこれだけ。

別に難しいことでもなんでもないと思います。

けど、守られていなかった。全部の工場で。

ってことは、これは「決まり」ではなかったってことなのか「決められた人じゃなくてもハンコを押してもいい」って決まりになったのか、ですかね。

 

僕らのような零細企業でも決められたことは決められたとうりにする。

当たり前です。けど、これが本当に当たり前なのか。

数年前まで弊社には「決まり」なんてありませんでした。

図面はどこにあるかわからない、品物もわからない、もちろん、納期?できたら送りますわ。みたいな感じでした。

それが少しずつですが「図面と品物は一緒に移動」「完成品、未完成品は確実に分かれるように置く」などなど。

少しずつですが決められたことを実行しています。

 

日産自動車とは反対ですね。

元は決まってたとはずです。決められた人が検査をしてハンコを押すって。

けど、いつからか変わったのでしょう。

それは人手不足や時間などもあると思います。思いますよ。

けど、アカンやん。

 

自動車はお客様の命を運ぶ乗り物です。

100%でないとダメです。

1%でもミスがあればお客様の命を奪うことになります。

私たちの仕事で直接、納入先の社員様が亡くなるようなことはないと思います。

けど、絶対はありませんからね。

弊社のような小さい会社ですが、がんばります。

0%を目指して。

製造業もサービス業

テーマ:

毎度ありがとうございます。

 

泉和鉄工所の鳥取です。

 

僕の前の仕事は自動車の整備士でした。

 

メーカーで製造した車を最前線でお客様の声を聞く部門と言ってもいいと思います。

 

お客様から「挨拶が気持ちいい」とは「丁寧に説明してくれるからわかりやすい」とのお声をいただいたこともあります。

 

その整備士の仕事は経験と知識がないとできません。

 

それは今の鉄工所の仕事と同じだと思います。

 

フライスを使用して部品加工するのにも経験と知識が無ければできない仕事です。

 

それじゃ、鉄工所もサービス業と一緒じゃない?と飛んだ考えをしています。

 

今から鉄工所という仕事で生き抜くためにはぶっ飛んだ考えが必要だと思います。

 

僕は「職人が偉い」なんて思ったことはありません。

 

仕事内容に「偉い」も何もないからです。

 

どの仕事でも目的は「お客様に喜んでもらう」ってことじゃないかな~?って思っています。

 

じゃ、やっぱり製造業もサービス業じゃないか!!!

 

お客様に喜んでもらえる「ものつくり」をこの先20年30年100年と続けていきたいと思っています。

 

泉和鉄工所

代表取締役 鳥取 隆

毎度ありがとうございます。

泉和鉄工所の鳥取です。

 

先日、知り合いの紹介で飲み会に誘われました。

ええ、僕はウーロン茶とコーラをガブガブ飲んでましたがw

そこで言われたのが「鳥取さんの会社はいいですね~。ちゃんと鳥取さんが継いでくれて安泰ですね」って。

安泰かどうかは不明ですが、どこも悩んでいるみたいです。

娘さんしかいない会社さんでは娘婿などに入ってもらったり、養子にきてもらったり。

けど、長く続かないとか・・・。

それで結局、廃業になるパターンが多いみたいです。

弊社は跡継ぎはいますが仕事が心配ですw

今年の9月に社長に就任し、今までより多くの方と出会う機会を増やしました。

そすると後継者の話を多く聞くことがあります。

「どうやったら息子が継いでくれるのか教えてもらわれへんか?」

ってなこともあります。

まま、息子さんも考えがあることだと思いますしね。
けど、息子さんが「継ぎたくない」という理由も聞くべきだと思います。

この先の仕事が安定してあるか、会社の負債などなど。
もし、この先、絶対に100年以上は安泰で食べていける仕事量があると言い切れるのであれば、必ず継いでくれるでしょう。

けど、そんな「絶対」ってありませんからね。

今の社員さんの将来も大事ですが、息子さん自分自身の将来も大事です。

そこをよく考えて話し合ってみてはどうでしょうか。

 

弊社は1個からの製作を得意としています。

たった1個だけなんですが・・・

こんなお問い合わせは大歓迎です^^

お気軽にお問い合わせください。

それと個人様からのご依頼も受け付けております。

 

http://www.senwa-corp.jp/

やっぱ、大事なのは人ですね

テーマ:

毎度ありがとうございます。

泉和鉄工所の鳥取です。

 

何度も何度も思うこと。

それは「人ありき」ってことですよね。

誰も一人では生きていけないし、会社なんて一人で商売ができることなんてない。

ものを作っても誰もいなくては誰も買ってくれませんからね。

困ったときに手を差し伸べてくれるのも人です。

日ごろから当たり前のことを当たり前にしていれば、悲しいときに一緒に泣いてくれる、嬉しいときには一緒に喜んでくれる、困ったときには一緒に悩んでくれる。

そういうのが人ですよね。

弊社も私個人でも困ることは多いです。

そのときに「あ、あの人なら・・・」って思える人も多くいます。

逆に僕に相談してくれる人も多くいます。

 

やっぱり生きてて良かったって感じる今日です。

 

 

弊社なら可能です

テーマ:

毎度ありがとうございます。

泉和鉄工所の鳥取です。

 

昨日は事業継承で簡単に書きました。

けど、本当に技術を持ちながら継承できず、廃業する会社さんも多いのは事実です。

弊社なんかより、もっともっとすごい技術を持ちながら「跡継ぎがいない」との理由で廃業。

社員さんが困るのはもちろん、得意先様も困ります。

今まで慣れてきたところに出していた仕事を新しく開拓し、ゼロから説明をしなくてはいけません。

それがすぐに出来るようなことであれば問題はありませんが、この業界では「カン」が大事な部分も多くあります。

そのカンをすぐに引き継ぎができて、問題なく新しく探した会社さんでできればいいんですけどね・・・

弊社もそうはならずに苦労したことがあります。

 

もし、今の外注先さんが高齢で跡継ぎがいないと思っている会社様があればご連絡ください。

いきなり全部を請けることはできませんが、何年にもかけて少しづつしていけば現在の外注先さんにも問題なく引き継ぎができると思います。

 

弊社も困ったことがあるので、同じように困っている会社さんも多いと思います。

ぜひ、一度ご連絡ください。

 

お待ちしています。

 

事業継承

テーマ:

毎度ありがとうございます。

泉和鉄工所の鳥取です。

 

私は今年の9月に社長に就任しました。

それまでは専務として会社を支えてきました。

 

が、表題にも書いてますが「事業継承」をする零細企業さんが少なくなっていると聞きます。

ま、確かに難しいと思います。

弊社もそうですが、仕事量の激減などにより売り上げが安定しない、社内設備の投資金額が増えてくるなどなどで課題は多くあります。

その課題を息子などに背負わせたくないという親心はわかります。

ただ、残された社員さんはどうするの?となりますよね。。。

他の誰かが代表となって続けてもらえればいいのですが、それも難しい。

かと言って、どこかの会社に吸収されて・・・ってことは零細企業には考えにくいことです。

それと、銀行などからの借金もありますよね。。。

無借金でやられている会社様には関係ないことですが、零細企業さんでは銀行さんに借金をしてなんとかつないでいる会社さんも多いと思います。

弊社もそうです^^;

苦しい時代になってくると思います。
もしかしたら倒産する零細企業さんも増えてくるかも知れません。

弊社もそうです。

けど、続く会社さんってどんなんかな?って思ったら・・・

① 前社長は確実に引いている

② 新社長がとにかく明るい

この2点が感じました。

 

弊社も見習ってとにかく明るくいます!

 

現在、社内(とくに現場)を変えています。

みんなの参考になれる会社を目指します。

忘れてたことが多い。。。

テーマ:

いつもお世話になります!泉和鉄工所の鳥取です!

 

おかげさまで忙しくさせてもらっています。

 

それと、社長に就任することになり、バタバタ状態が続いています。

 

こちらから挨拶に行くのはもちろん、挨拶に来てくれる会社様も多くあり、ありがたく思います。

 

そこで、このブログの表題も「専務日記」から「社長日記」に変更しました。

 

あとはホームページの内容も少し変更してアップします。

 

ハンコの変更から書類の変更なんかが以外に多くあり、バタバタしています。

 

少し落ち着いたら他の企業様へも伺いに行きます!

 

大阪から遠く離れた企業様や、ブログやFACEBOOKなどでつながった会社様へも挨拶に伺いたいと思っています。

 

せっかくに機会なんで、大阪のおバカ社長を宣伝してきます!

 

今後もよろしくお願いします。

 

有限会社 泉和鉄工所

代表取締役 鳥取 隆