昨日の将棋電王戦第1局。結果はPONANZAの圧勝だった。現役名人、前年度最優秀棋士がここまで叩きのめされるのを目撃し、超トップ棋士ですらどうにもならないくらい天界に行ってしまったのね・・・と今更ながら再認識せずにはおられない。こうしてみると第1回電王戦の時はまだまだ叩き合いが演じられており、隔世の感がある。

 

 昨日の将棋の衝撃は佐藤名人敗北という事実だけではなく、その将棋の内容からも感じている。初手▲3八金に「は?」となる。この初手を咎めにかかろうとすると2手目は△3四歩の方が本譜△8四歩よりも遥かによいはずだが、とにもかくにも佐藤天彦は飛車先の歩を突いた。さらに3手目は▲7八金。角道を開けないのか。以前のソフトであれば、癖とかバグを衝く指し方もできなくはなかったのだろうが、これだけ序盤作戦を散らされると、もはや実力で勝つしかない。しかし、ソフトは疲れない、動揺しない。なるほど電王戦を今回限りにする訳である。

 

 戻って2手目で振飛車志向を私なら考えてみたい。特に中飛車を。恐らくそうなったらそうなったで、PONANZAは何かしら合理的な対応を編み出すのだろうな。その内、プロたちがこの将棋の評論をするはずだから、待ちたい。

 

 

 

 以後、相係りになるが、佐藤天彦は飛車で3六歩を奪う。3五→8五→8四と飛車の撤収に3手必要となり、その間に先手は駒を盛り上げていく。

 

 不思議な手がなかったわけではない。▲9六歩は自分から突くのか?と意表であった。歩得を主張するしかない佐藤天彦は端から行く。このまま中央で戦っても分が悪い。先手の6七銀+4六銀の厚みには勝ち目が薄い。

 

 前掛かりになり始めたところで▲6五歩が入る。△同銀▲7七桂△5四銀とするしかないのではないかと思うが、それも桂馬に逃げられ、やる気がしないか。こうなるのであれば飛車は8四ではなく8二に位置する方がよかったか。銀を7三に押し返されては手損がひどすぎて頽勢を覆い隠せない。

 

 

 盤面左の佐藤天彦の攻勢に逆ねじを食わせて、盤面右側の戦力を動かすことなく、最短で勝ち切る強さ。このソフトを使いこなせれば、人類は将棋の可能性をさらに深く触れることも可能になるのではないか。そんなことすら考えてしまいました。

AD

コメント(4)