囲碁:井山裕太、DeepZenGoに敗退

テーマ:

 将棋では人工頭脳がリアルトップ棋士と戦うまでに何年かかったか分からないくらい時間がかかったのに、囲碁は人工知能がリアルトップレベルになって1年程度で日本の最強棋士と対決ですか。負けたのは残念だけれど、必勝というわけにもいかないし、勝負を求めた姿勢には素直に感心します。

 

 国際棋戦を通じて自己の実力の相対化が進んでいるからですかね。負けも「あり得る事象」と納得しているように思える。将棋では納得しないまま今日に至っているわけで、この差はAIへの対応に留まらず、物事への接し方として含意があるように感じます。言い切ってしまえば、器の違いというべきか。

 

 将棋連盟では競技ルールを棋士で煮詰めていくらしいけれど、とりあえず国際チェス大会のルールの援用でいいのではないか? 援用しながらPDCAをまわして消化してくれればいいのでは、未熟なまま考慮をしても仕方がないのではないか、といったことを考えてしまうところです。 

AD

コメント(6)