三浦復帰戦:終盤で失速

テーマ:

 先日の竜王戦羽生-三浦の棋譜をみることができた。その日の実況は全く聴けていないので手の善悪は分からないが、観戦記に出るはずなのでその時にでも自分の印象と照合しようと思う。  

 

 現時点での私の所見です。いつものことながら当てにはなりません。

 

 1図は三浦が仕掛けたところ。この後手の陣形は以前屋敷がやっていたもので、私も試したことがある。三浦は研究ができないといいつつ暖めていたのか、屋敷の棋譜を参照したか。飛車先の歩が伸びきっていないのが不思議だったが、進めていくと意図が分かった。

 

 

 羽生の応対方法はかなり強引で、全部引っ張り込むというもの。余程の腕力がないとダメとしたもので、こういう指し方をチーム戦の同僚がしていたら説教部屋6時間コースだ。▲7五歩と突いても飛車先の歩突きを保留した効果で桂馬が跳ねてくるので一手の意味がない。

 

△7七歩と垂らされては早くも先手陣に火がついている。受ける気もしないのだろうか、▲8六歩とさらに強引。桂馬を得してもここにと金ができてはとても勝ち目はなさそう。後手玉が遥かに遠い。

 

 

 さらに引っ張り込みは続き、▲3三歩~▲3四歩で後手の桂馬を4五に引っ張り出す。5六に垂歩があって居玉のままなのに・・・私には全く考えられない発想。とはいえ、三浦はっきり優勢だろう。しかし、形勢を維持できなかった。

 

 

 5七で精算した後の△5八歩はいい手なのかな? 単に△5六歩と叩いて▲同金に△4七銀と絡む方が分かりやすいように思う。本譜は玉が5八に移動したので角の逃げ道が5九に生じ、損ではないか。7八とを飛車で抜かれないための叩きだとは思うが、その余裕を与えず先手先手で攻め立てられそうではあった。

 

 

 本譜のように銀を打って敵の拠点の3四歩を払うのも発想だろうが、▲2六桂には△3五銀の方が△4六銀をみて含みがあるように感じる。3筋、5筋で駒の精算があってから三浦は攻め手を失い△4四歩と一息。先手の桂馬を2五に引っ張り出しながらこれでは指し手の一貫性がない。ここで緩んでしまえば、羽生の総反撃がやってくるのは明白。体が入れ替わって、寄せ切られてしまった。

 

 

 恐らく後手の勝ち筋は数多あったはずだが、数少ない敗北ルートに入り込んでしまったのか? 三浦は片鱗は見せたと思う。

AD