スマホ不正疑惑(2)

テーマ:

 将棋連盟HPをみにいった。

 

 竜王戦挑戦者変更については記載があるが、出場停止処分はその記載の中に含まれているだけで独立した表題になっていない。普通の企業の発想なら「三浦九段の出場停止処分について」がまずあり、「竜王戦出場者交代について」で別稿起こすところ。この広報だと出場停止の背景が分からない。将棋連盟のこの辺りが組織として未熟だな・・・と思うところだ。

 
 三浦は取材には対応しているようだが、速やかに記者会見を開き、潔白と処分の不当を主張するべき。そうしないとスマホカンニングが既成事実化する。(もし事実無根であるなら・・だ) リスク管理の初歩である。ついている弁護士は何をしているのだろうか。このままだと社会的に抹殺されてしまうよ。
 
 三浦は夏以降、特に勝っているという印象はないのだが。。。竜王戦の第2局、3局は丸山が勝手に転んだだけで終盤力は不要。順位戦の対渡辺戦も仕掛け一発で優位に立ち、ソフトが欲しくなる局面はなかったと思う。むしろ負けた将棋で使っていたのだろうか。控室が三浦の着手とソフトの候補手の近似性を指摘していたというし、対戦相手が不審に感じていたともいうが、将棋連盟はこの辺りを詳らかにしないといけない。三浦が処分不当で訴訟した時にもたなくなる。連盟は確たる証拠があるのだろうか。将棋連盟にも弁護士に相談する等の知恵はあってしかるべきだが、今回の処分の理由(休場届を出さなかったから)は変だと思うし、どこかに遺漏があるのではないかと心配になる。
 
 丸山のコメント(将棋連盟の対応に疑問)も気になる。これが記者取材でメディアに掲載されたのではなく、連盟HPにそのまま掲載されるのもある意味凄い。処分の不当を感じる棋士がいるということか。
 
 当分フォローします。
AD

コメント(2)