クリスマスのお昼ご飯

テーマ:


Cocoにお昼ご飯のリクエストを聞きました。
「“ちゅるちゅる”ラーメンがいい」とのこと。
クリスマスに豪華なお子様ランチなんぞ、どこ吹く風。
Cocoにとっては、いつもの日曜日と変わらないようです(o^-')b

でも・・・・カレンダーでサンタさんが来る日を毎日確認していたし、昨日もおもちゃやさんの広告を見ながら、「これがいい!」と選んでおりました・・・。最近は、ままごと遊びのお店屋さんごっこの時にも、お金を払う時にママの財布から現金を持ってくるようになったし・・・(((( ;°Д°))))こんなタクマシイ娘の所にサンタさんはやってくるのかなぁ???

AD
ピタゴラ装置 DVDブック 1
¥2,100


よく友達や職場でも話題になる、あの素敵な仕掛け(装置)がDVDになりました!

子どもの頃はドミノを工夫しながら、あれやこれやと試行錯誤していましたが、これは別次元のMONO。

色々な装置にも名称がついているんですねー。

「コンベア」とか「走る路」。「るつぼ」や「桃太郎」等々、聞いただけでもワクワク感が大きくなります。

大学のとっても頭の良い方々が考えているんですよね。

一見の価値有り◎!!


でも、DVD見ながら「あ、これはオレの方が先にやってたわ。小さい頃に。」とか言っちゃうんだろうなぁ。

♪ピタゴーラースイッチ!

AD

邦画・邦画Ⅱ

テーマ:

クリスマス前で、ニギヤカですね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

今週は忘年会続きでした。ようやく年賀状のプリントも終わり、後は一言メッセージを書くのみ。

毎年、前の年に年賀状何枚買ったか忘れちゃうんですよねー。それで、いつも足りなくなっちゃって。

でも、今年は大幅に枚数を削減しました。すっかり会っていない人とか、どこから削っていくか迷う所なんですけどね・・・。

でも、このままだと枚数が増えるばかりなので・・・。


さて、先週見たDVDを2つ。

1つは、「THE有頂天ホテル」

THE 有頂天ホテル スタンダード エディション

これも、ずっと見たかった作品です。

一度、借りたものの見ないまま返したという事があり、「いつかまた借りるぞ」とは思っているものの、こういう事があると、何となく優先順位が落ちちゃったりして、借りそびれておりましたが、ようやく鑑賞することができました。

面白かったです。確かに面白かった。面白い作品です。

でも、やっぱり期待値が高かっただけに、ストーリーにもう一ひねり、二ひねりくらい欲しかった・・・と思っちゃいました。

王様のレストラン好きな館長としては、役所さん演じる新堂副支配人を松本幸四郎さんがやるとどうなったのか想像しちゃいました。千石さんですね(*゜▽゜ノノ゛☆


お次は、期待してた以上に面白かった!


約三十の嘘 特別版/椎名桔平

¥3,160
ストーリー
3年ぶりに“仕事”を始める6人の詐欺師たち。新リーダー久津内(田辺誠一)、
のど飴中毒の元リーダー・志方(椎名桔平)。女詐欺師の宝田(中谷美紀)。元
アル中の佐々木(妻夫木聡)。宝田が連れてきた新参者の横山(八嶋智人)。彼
らは、3年前に須藤という男に、詐欺で得た金を持ち逃げされた過去があった。
豪華寝台特急トワイライトエクスプレス内で久々の仕事の準備をする5人。そこ
に、かつて須藤を連れてきた今井(伴杏里)が加わる。見事に北海道で大金を得
た6人だが、帰りの列車内で売上金を詰めたスーツケースを紛失してしまい……。

ストーリーの内容としては、満足度は高くないものの・・・セリフのやり取りが面白い。

スリリングな展開ではないものの、一人ひとりのキャラクター設定がしっかりしていて、

会話のやり取りを通して、一人ひとりの関係性がハッキリしてくるのは面白いデス。

しかも、中谷美紀がめちゃカワイイっす。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

何にも見たい作品がない!暇だ!時間だけはある!という方は見てくださいな。

個人的には好きな作品です。


AD

邦画・邦画・邦画

テーマ:

先週から、ちょっと時間がある毎に見ていなかった映画をDVDで借りてきていました。

ずっと見たかった作品、忘れていた作品、棚をあれこれと探していると「これも。あっ、これも」という感じで、たくさんになってしまいました。

今年のお正月映画も邦画強し!といった見出しの記事をよく見かけますが、たくさんの作品がありますね。

今回借りてきた作品も、殆どが邦画でした。古い作品、「まだ見てなかったの??」と同僚から言われるものばかりでしたが、たくさん見ちゃいました。

博士の愛した数式
¥4,230

「博士の愛した数式」

見たかった作品の1つです。

原作が素晴らしいとの声が多く、どんなものかと期待していました!

80分しか記憶が保てない数学博士とシングルマザーの親子から生まれるストーリー。

「君の靴のサイズはいくつかね?」

「24です。」

「実に潔い数字だ。4の階乗だ。」

毎日、こんなやり取りで始まる2人のお話。数字の楽しさ・奥深さと人間愛が、とてもうまく調和した作品でした。
ただ、ちょっと期待感が強すぎたせいか、少々物足りなかった感はありましたが、なかなかの作品。
映像も美しかったです。

大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)/豊川悦司
¥3,280
Amazon.co.jp

「大停電の夜に」
これは、忘れていた作品(*^o^*)
映画を見に行った時の予告で知った作品だったのですが、もう1年も前なんですねー。
「博士の愛した数式」が、ちょっと・・・だったので、あまり期待せずに拝見。

“クリスマス・イヴ。ラヴ・ストーリーが輝きだすのは、すべての光が消えた時。
停電の東京で、それぞれの胸に灯った“想い"が、いま、それぞれの光を放ち、走り出す。こんな夜だから、こんなイヴだからこそ、どうしても会いたくなる。いちばん大切な“あなた"に・・・”
「東京が一番輝く聖なる夜。すべての光が消えた。鼓動が高鳴るその時、真っ暗な中で、はじめて見える大切なこと、大切なひと」・・・素敵なコピー♪

俳優陣が豪華です。最初は、一人ひとりの登場人物にまつわるミニストーリーの切り替えのテンポにようやく追いついていましたが、後半になるにつれ面白くなってきます。

作中音楽も素敵ッス。キーワードが「忘れられない恋」なんていう映画は、押さえちゃいますよね。


ALWAYS 三丁目の夕日 (豪華版)
¥5,100

「ALWAYS 三丁目の夕日」

見たくて見たくて仕方の無かった作品です。

笑いあり、涙ありの素晴らしい作品でした。

めちゃめちゃ感動ッス。

来年秋には続編が決定しているとのこと。

それぞれ登場人物のキャラが光っているので、誰もが続編を期待する訳です。

今年見た作品の中じゃあ一番泣けました。

頼りない茶川とヒロミ、六ちゃんと鈴木一家のその後など、気になることばかり。

続編は、本作の4ヶ月後が舞台とのこと。うぅ~秋まで待てないッス。


焼酎

テーマ:

久しぶりに更新です。

気が付くと、12月も半ば。2,3日前までは暖かかったのに、また冷え込んでいます。

チロルの“きなこもち”がおいしい季節になりました。

何度も言いますけども、僕はチロルチョコの町に生まれ育ったので、チロル万歳です。


さて、久しぶりの更新なのにお酒です。

忘年会シーズン突入ということもあり、お酒を飲む機会も増えてきました。

そこで、館長オススメ焼酎。


1品目は「鳥飼」


torikai


現在、米焼酎のお膝元に住んでいることもあり、よく飲んでいます。

楽天の焼酎ランキングでも上位ランキングの常連さん。

なのに、それ程高くなく(まぁ、安くもありませんが)、とっても美味しい焼酎です。

東京では、高値で売り買いされている所もあるようですが、本当に美味しいです。

あまり焼酎っぽくないため、本当の焼酎好きには敬遠されがちですが、苦手な方でも飲める一本。

まずは、ここから焼酎道をスタートするのもいいかも知れません。

宣伝文句にもあるとおり、フルーティーで、爽やかな飲み口。

お酒と勘違いする人もいるらしいですよ。

2品目は「龍神蔵」


ryuujinnkura


国の登録有形文化財にも指定されているという、温度変化の少ない石蔵の仕込み蔵で手造りの芋焼酎を醸す、白金酒造さんの芋焼酎です。

 主力商品の「石蔵」が、大変な人気で出荷調整しなければならない状態ということで、今回この「龍神蔵」が発売されたそうです(なにやら、マンガやマスコミで取り上げられたためだとか!)ここの酒蔵は、あるある大辞典2でも取り上げられたそうな。

 仕込み水には、明治2年の創業以来、使用しています鹿児島の名水「龍ケ水」を使用し、麹は厳選された、黒こうじを使い、原料芋は、芋焼酎には最適と言われる黄金千貫(こがねせんがん)を用いました。またラベルを描かれたのは、タレントの片岡 鶴太郎さんです。

 やさしく甘みのある香りが、豊かに舞い上がってきます。口当たりは、ふくよかで芋らしい旨味たっぷりの味わいです。これは、先日遊びに来た友人からの頂き物です。


どこかで、ゆっくり温泉入って、お酒飲みたいなぁ・・・:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


きのちゃん、ありがとうです。