ぼくはくま

テーマ:

98年に15歳でデビューして以来、自ら詞曲を手がけた数々の曲でミリオンヒットを飛ばし続け、世界的にも活躍の場を広げている日本のポピュラーミュージック界屈指のミュージシャン、宇多田ヒカルが初登場。宇多田自身が片時も離さない大好きなクマのぬいぐるみをモチーフに、「みんなのうた」の為に実に素朴でユーモラスな異色曲を書きおろしました。日に日に肌寒くなる季節に、温もりに溢れるほのぼのとした1曲を送ります(NHK HPより)

ぼくはくま(DVD付)/宇多田ヒカル
¥1,200
Amazon.co.jp


館長、正直“宇多田ヒカル”ってあんまり聴いたことないんですが、この歌は“みんなのうた”で出逢いました。

Cocoが「大好き」と聞いては、ほうほうどんな曲ぞなもし・・・と見てみると(録画してあったので)、良いです。

ホントにほのぼの感が漂っておりまして、PVもいいです。初めて、宇多田ヒカルさんのCD買っちゃうかも。

まぁ、Cocoが欲しがれば・・・ですけどね。

でも、是非一度聴いてくださいませ。


館長のお薦めはコレです↓

ELEVEN FIRE CRACKERS/ELLEGARDEN
¥2,520
Amazon.co.jp

ELEVEN FIRE CRACKERS/ELLEGARDEN
¥2,520
Amazon.co.jp

AD

続・愛人な気分 

テーマ:

隣になったその老人。

カウンターに座って、僕らのお酒がテーブルに来ると一言。

老「この酒は、オレからの奢りでいいから・・・」


館「えぇー、いやぁいただけませんよ、そんな」


老「いいから、飲みなさい」


館「いただきます」我ながら、変わり身の早さが恥ずかしい・・・。


その後、話を続けると、どうやら今時の若い者(30のオッサンでも、80のおじいさまからすれば若者だ!)にしては、お店に入る時の挨拶が良かったので、気分が良くなったとのこと。

ほえぇー、でもそれくらいでご馳走になってしまってすみません・・・といった感じの話が終わると、仕事の話に・・。


館長たちの身分を明かし、仕事の話を始めてすぐに・・・

「気に入った!」∑(゚Д゚)


えっ??なんですと??

「気に入った!」(繰り返し)

はぁ・・そうですか・・・って何がでしょう。


またまた話を続けると、このおじいさん、熊本では超が付く程のお金持ちで有名人((((((ノ゚⊿゚)ノ!!

家系には教師をしている人も多く、たまたま隣り合わせた僕らが教師だったこと、住んでる所が近かったこと等々、接点が多かったことから気に入られたらしいのです。

名刺を頂くと、確かに取締役社長とかかれた会社が4つ・・・5つ・・・5つぅ!!!(@_@)

これまた名刺が出てくる財布が厚いこと厚いこと。

その日は、仲介役をやってきたらしく、その利益が180万!!

仲介しただけで180万!!スゲーーー。

その後も、息子を国会議員にするためにビルを売った話、市議会議員とのパイプを作るために会社を売った話し等々、僕らにはこの先ご縁のなさそーな話が延々と続きました。コレはコレで面白かったのですが、話が一段落したところでお酒もちょうど無くなったので、帰ろうかと話をしていたら、その社長がデーンと出してきたのです。

カウンターから大きなボトルを。そして、コレに名前を書け・・・と。つまりボトルを入れろ・・・と。もちろん、支払いは社長!太っ腹!!「いいです、いいです」と遠慮しながらも2分後には、しっかり館長たちの名前が入ったニューボトルが(●´ω`●)ゞそこから2時間、飲めや歌えの大宴会ッス~~!


このおじいさん、奥様には先立たれて久しいらしいのですが、たーくさん2号、3号さんがいらっしゃるそうで、いつもかんな感じで太っ腹なんだそうな。←後で、ママさんに聞きました♪

「じゃあ、先に帰るから」とお店を先に出る社長を見送り、更に1時間の大宴会。

支払いがいくらになったのかは分かりませぬが、かなりの金額なのは間違いない・・・。

少しだけ反省しつつ、館長たちは、さらに熊本の夜に消えていったのでした・・・。


☆翌日のお話

もちろん、名刺の連絡先にきちんとお礼をさせて頂きました♪

すると、今度は忘年会のお誘いが♪♪キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

みなさんも、カウンターで一緒になったお隣さんと仲良くなると良いことあるかもしれませんよん♪

AD

随分久しぶりの更新になってしまいましたA=´、`=)ゞ

タイトル通り、嘔吐下痢症に襲われました。一家全員で・・・。


去年、ウイルス性胃腸炎にはかかったものの、今回もきつかった。

まずはCocoが突然嘔吐。最初は、ギョーザの食べ過ぎ?(卒乳してからめちゃめちゃ飯くらいになりました)とか話してたのですが翌日の朝からも嘔吐が続いたので、病院へ。続いて、その嘔吐の処理を担当していた副館長が、同じく嘔吐。

ヒョエー(((( ;°Д°))))

それが先週の金曜日のこと。それから土、日と館長の看病が続いていましたが、完全防備で看護に当たっていたため、土日と順調に回復していたのですが、看病のため休んでいた月曜日の13時10分!自宅で仕事をしていたら、モヤモヤと胸が苦しくなってきたではありませんか!

「これはキターーーーーーーー!!」

すぐに副館長から薬を貰い、寝る、寝るひたすら寝ました。とにかく物は食べず、体力温存。Cocoたちがダウンしている時に、ネットで嘔吐下痢症について調べまくっていたのが良かった。。。

でも、夕方から熱が上がり38度・・・(x_x;)


それでもポカリと林檎を友達に、ひたすらトイレとベットを行き来しながら約1日半!!驚異の復活劇を成し遂げたのであります!

普通は、5日間かかるってお医者さんから言われましたが、2日後には学校に行けたので、やっぱり「怪しいなぁ?」と思った時に安静にしていたのが良かったのかも・・・。

ちなみに嘔吐が主症状だった副館長は1週間以上経った今でも、完全復活していないので、この病気は本当に怖いッス。

これから、冬場は嘔吐下痢症や胃腸炎が流行るとのこと。大流行とのこと!!!

Cocoは、脱水症状となり、病院で点滴を打ってきましたが、小さい血管を見つけるために、何度も何度も注射針を出し入れされ、涙、涙の一幕もありました。

帰ってきたら、手洗い、うがい!

病気になるなら、自分で始末。一家で病気になると大変だぁ~!


AD

神様の宝石でできた島

テーマ:

あーーー!あーーー!本日は晴天ナリ。

スゴク眺めの良い場所を発見!

気分がいいので、一曲歌わせて頂きます~♪


さあ 目を閉じて 月が闇に逃げるまえに

少しだけ眠りなよ 僕もここにいるから

そう 僕らは急ぎすぎていただけだろう

言い訳を考えるヒマもないくらいに


満月の夜には きっと見えるだろう

遠く離れていても 世界のどこにいても


君と歩き 共に生きた かけがいのない時間だけが

今もなお 星を讃え 輝いているね

サヨナラは言わないで いつかまた会えるはずさ

神様の宝石でできた この島で


さあ 泣かないで 窓に透ける朝焼けが

君の涙に 映っては流れ落ちる

そう 僕らは ウソに慣れていただけだろう

言い訳を言う優しさもうすれていた


通り雨がきても きっと聞こえるだろう

遠く離れていても 世界のどこにいても


君と唄い 共に生きた かけがいのない想い出が

今もなお 星を讃え まばたいているね

サヨナラは言わないで いつかまた会えるはずさ

神様の宝石でできた この島で


君と歩き 共に生きた かけがいのない時間だけが

今もなお 星を讃え 輝いているね

サヨナラは言わないで いつかまた会えるはずさ

神様の宝石でできた この島で



君と会った島で・・・


君と会った島で・・・


作詞・曲/宮沢和史





愛人な気分

テーマ:

愛人とは、

愛するいとしい人。特別の関係にある異性。情婦。情夫。情人。

のことだそうです。


つい先日のこと。

久しぶりに会った後輩と飲みに出掛けました。

まずは居酒屋で軽く食事をして、次の店へ。

さぁ、どこへ行こう!

とりあえず、後輩の知り合いのお店へ。


ビルの二階へトントントン・・・。

ちょうど扉に開けようとした時、エレベーターから初老の男性。

ちょうどドアを開けた状態だったので「お先にどうぞ」と声を掛け、我々も一緒にお店の中へ。

お店の中はたくさんのお客さんで賑わっており、初老の男性と我々はカウンター席に座ることに。


この初老の男性と隣り合わせになったこと、

そして、入口で掛けた「お先にどうぞ」という挨拶が“愛人な気分”への扉を開く鍵となったのでした・・・。


つづく