ドイツ戦

テーマ:

サッカー見ました?

館長は後半から観戦しました。

この時間帯はちょっときついッスね。

でも、収穫有りのドイツ戦。

正直、2004年のドイツ戦の印象が強かったので、大丈夫かな?と心配していましたが、高原がやってくれました!やっぱりドイツを主戦場としているだけあり、気持ち的な余裕もあるんじゃないの?って感じてしまう程。練習の時のようなリラックスした動きが最高!2点目なんて、本当にビューティフル!でした(´∀`)


正直、勝ったな!と思った瞬間、立て続けに2点入れられてしまいガッカリした部分もありましたが、これだけやれれば本線でもいい戦いが期待できます。

中田、中村からトップへの繋ぎも確認できたのも大きな収穫でしょう。

ただ、気になるのはやっぱり高さに対応できていないこと。

オーストラリアの高層ビル級のFWをDFがどう押さえ込むか!?ここがキーポイントじゃあないでしょうか??


あーー、ヒディングの鼻の穴を空かしてやりたいわぁ~。

AD

記者さんありがとう。

テーマ:

一昨日は学校の運動会。

最近は、5月の、この時期に運動会やる所が増えているんですよねぇ。

なぜこの梅雨時期に?って思いません?

実際、一昨日も雨天時プログラムだったし、保護者の皆様からも毎年こういったご意見を頂きます。

でも、統計からすると10月の方が雨が多いらしいです。

ちゃんとした数値からも、5月のこの時期の方がいいのだとか。本当かなー?


さて、その運動会に新聞社の方が取材に来ておりました。

運動会に限らず、学校祭などにも取材に来られます。

でも、いつも記事にならないんですよねー。

なので、今回も期待していなかった・・・っていうか、忙しいプログラム進行の中、反対に取材がうっとーしいと感じてしまっていたとです。

それでも、今回の種目の設定理由(ワールドカップが題材なんですが)、子どもたちへの取材と記者さんはがんばっておられました。


その翌日の新聞に載ったのです。

子どもが豪快なシュートを決めている写真と共に、ブログでも紹介しているロベルトユニフォームを着て、横から見守る(?)館長の写真が!


おぉ!記者さん。あんなに素っ気ない態度をしたのに、記事にしてくれてありがとう。

取材を受けた子どももとても喜んでいましたよ。

そうだ、お礼の手紙とか書きましょうかねー。


ちなみに、うちの校長はジーコジャパンこと、日本代表巻選手が高校生の時に音楽を教えていたとか。この話題も記事になっていたけど、きっと巻選手は覚えてないんだろうなー。

AD

表参道国際未来空港

テーマ:

こないだのBLUTUSにも記事が載ってたんですけど、現在表参道にオープンしているこの未来空港。

Omotesando Future Airport


ここの巨大フライトボードに館長もメッセージ残しましたので、暇ならご覧くださいませ。

ちなみに、フライトFlight NO.はOFA-01707です。

まずは、カップ3杯の水に固形スープを入れて、沸騰させます。本当はカップ2杯でいいんですけど、きっとスープが無くなってしまうと思われるので、多めにスープを作っておきましょう。スープができたら、弱火でスープの温度を一定に保っておきます。


①オリーブオイルで、玉葱(みじん切り)が透き通るまで炒める。

②炒めたら、洗わないでお米を投入。洗っちゃうと、スープが染みこまないようです。

③お米が油に馴染んだら、トマト(2個分の粗みじん)と白ワイン大さじ2杯を入れます。←ここで、タイマーをスイッチ。

18分でアルデンテ。でも、日本人なら25分。小さいお子さまがいるなら28分くらいはかかりますよ。

④ワインを入れたら、スープをお玉1杯半入れ、水気が無くなるまで“へら”で混ぜ続けます。

⑤水気が無くなったら、また④と同じ作業を行います。後は、時間がくるまでひたすらかき混ぜ続けます。


途中からはねっとり、モチモチしてくるので、かき混ぜるにも一苦労ですけど頑張ってください。

時間がきて、お米の固さを味見してみてくだしさい。OKなら、バター10gとパルメザンチーズをお好み量入れれば完成。熱々をどうぞ。


あっ、お米は3/4カップ、玉葱は1/4個で大丈夫のようです。

我が家は2人+チビちゃんの分なので、お米1カップで作りましたよ。

GWに帰省して以来、イタリアンに目覚めまして、休日の夕食を担当しております。

ちなみに、先週はキャベツとベーコンのパスタ。

そして、昨日はボンゴレ・ビアンカとチーズのリゾット。


基本的には、料理のテキストを見ながら調理するので、失敗はないと思われるのですが、

昨日のリゾットは不評。

テキストには「アルデンテ」。ご存じの通り、歯ごたえがある程度の煮加減と書いてあったのですが、

リゾットのアルデンテとはお米の歯ごたえ。

館長は、気にならなかったのですが、副館長は、米の芯があるとあんまり・・・と今ひとつの反応。


そこで、今晩も再トライ。まぁ、二晩続けてリゾット食べさせられる方も辛いと思いましたけど(´∀`;)


今日はトマトとパルメザンチーズのリゾット。

リゾット作ったことあります?男子諸君。

リゾットってめちゃめちゃ時間がかかってます。

特に、芯が無くなるまでに仕上げようと思ったら30分は、木べらを回し続けないといけません。

スープが無くなったら、スープを継ぎ足し、かき混ぜる。

また、スープが無くなったら、継ぎ足し、混ぜる・・・、30分この繰り返し。


いやぁ、よほどの料理好きか、愛情がないと作れません。

最近、愛が冷めていると感じているアナタ。

ぜひ、リゾットをつくってもらいましょう。

おいしく仕上がっていれば、あなたへの愛情は間違いなし。

味が薄ければ、それだけアナタへの愛情が薄いという証拠!?

とにかくスープを継ぎ足した回数だけ、生米にスープの旨味が染みこんでいきますからね。

適当な気持ちで、相手に作っていれば適当さが味に出てしまいます。


ちなみに、今日のリゾットは美味しかったヽ(゚◇゚ )ノ

我が家は、愛情ではなく、副館長へのリベンジの一心だけでしたけど・・・(´∀`;)

今日の格言

「愛があるなら、リゾットをつくろう」

大好きな場所

テーマ:

今日、書店に立ち寄って時に目にとまった雑誌「BRUTUS」6/1号。

“ブルータス国際空港~世界一のエアポートはどこ?~”


あぁ、思い出した。

館長は空港が大好きなのです。

特に飛行機が大好きなわけではありません。

あの空港の雰囲気が好きなのです。

父親が会社勤めしていた時は、よく空港まで家族で迎えに行っていたのですが、小さい頃から大好きでした。旅行や出張などでいろいろな空港を利用しましたが、やっぱりno.1は福岡空港。

一番よく通った空港だからでしょうか。


これからどこかに向かう人々。それを見送る人。

旅行?出張?

どこからか帰ってくる人。それを迎える人。

家族?恋人?お客さん?


列車(駅)よりも、「遠くに行ってしまう」感(つまり、旅立つ感!?)が断然強く、駅よりもドラマを感じます。

今は、空港を利用する機会もメッキリ減ってしまったので、余計に空港への思いが強くなっているのかもしれません。


寝る時に聴くFMも「ジェットストリーム」(´∀`)でした。←今は、副館長が聴かせてくれないので(´Д⊂


さて、世界一のエアポートはどこなんでしょう?

楽しみ♪


サッカーいよいよドイツワールドカップに向けて、代表メンバーの発表が行われました。

学校で、子どもたちを送り出した後ネットでチェック!

すると・・・ドラゴン久保が落選。

ジーコ曰く、ポテンシャルは高く評価するものの、調子が今ひとつ上がってこないことが落選の理由とか。

確かにケガが多いしので、何とも言えませんけど・・・。

個人的には柳沢よりも久保の方が期待度高かったんで残念。


まぁ、館長が代表監督なら中田英ヒデはとりあえず落としてるかなぁ←辛口でスイマセン。

その分で、松井か久保を招集したかなー。


フランスW杯のカズ、北沢の落選。

日韓W杯での中村俊輔の落選。

そして、今回の久保の落選。

晴れやかなピッチに立つことのできる誇りと、落選した選手達のためにも、全力でボールを追いかける選手の姿を期待したいです。

とりあえず、熊本 大津高校出身 巻選手を応援しましょう!!!


Sings Back Through the Years: A Centennial Celebration

Louis Armstrong

louis


雑誌を読んでいたら、シネカノン社長 李鳳宇さんの部屋が紹介されてまして。そしたら、部屋の壁にレイ・チャールズの大きなポスターが貼ってあるんですよ。

そしたら、急に。

レイ・チャールズじゃなくて、ルイ・アームストロングが聴きたくなって。

久しぶりに聴いてます。

La Vie En Rose♪

誰もが バラ色の 人生を

明日から 素敵な1週間となりますよう・・・。(腰の痛みが、無くなりますよう)