Lv.0

たいじゅう:9㎏ぜんご

しんちょう:69.1せんち

ぶき:まえば(したのは)、つめ、キラキラえがお

ぼうぐ:ぬののふく、よだれかけ

とくぎ:ハイハイ、かみつき、バイバイ、じょうずじょうず(りょうてをパチパチ)、イヤイヤ(くびふり

(赤字は、新規に取得した大技)

つぎのレベルまで:あと2かげつ


あと2ヶ月もすると、満1歳。早いですねぇー(´∀`)

最近、教育テレビの「いないいないばぁ」をよく見ています。

親子そろって“ぐるぐるどっかーん”と体操をやっています♪


AD

エンタでショー!

テーマ:

すいません、ベタな題名で。

でも、これって今日見てきた吉本若手の舞台のタイトルなんです。完全にエンタの神様のパクリでしたけど(´∀`)ちなみに、後援はTBS系列局なんですけどね。

とにかく面白かったー。次回もあれば、絶っ対行きたい!


出演者、感想は以下です。出演順です。


①ロバート

トップバッターからロバート。秋山は北九州出身ということもあり、言葉訛りも耳馴染みよいので好きです。

さすが、ゴールデンに出ていることもあり、客イジリもウマイし、沸かせ方も知ってます(´∀`)ただ、客層は若い女性だけではなかったので、お年を召した方々には、ややウケだったかも。コントも、よく知られたCDショップネタ「トゥルルル確かに~♪」だったので、新しいネタ見たかったなぁー。でも、面白かった。


②イシバシハザマ

オンエアバトルにも出てる“バシハザ”は得意の六分咲き笑いのショートコントが盛り上がりました。やっぱり生で見ると、コントとコントの間が大事ですね~。間をどう生かすか!?でコントの締まりが決まってきます!うーん、評論ぽいッスねぇ。


③とろサーモン

おもしろい。おもしろい。本人たち的にはグダグダだったですが、お客さんに対するブラックなイジリは面白かった。ボケの久保田なんかは、舞台に出てきただけで笑いが起こりましたからね(´∀`)あれだけ笑いを誘う顔は・・・・フットボールの岩尾の次くらいじゃあないですか!結構、固定ファンも多く、初めてじっくりと漫才してるのを見ましたが、面白かったですよー。もっと見てみたいッスね。得意のボケのすかし漫才も炸裂してましたからね。


④博多華丸・大吉

正直、今回のMVP!間違いないでしょう。もちろん、R-1の優勝をかっさらった“児玉清あいうえお作文”をはじめ、熊本県民にはうれしい“ばってん荒川版あいうえお作文(ハ行)”“川平慈英版あいうえお作文”なんかは最高!春先には、細かすぎて伝わらないモノマネ選手権に三度登場するらしく、その時には川平慈英に会えるかも!?その後の、ネタも言うこと無し。関東在住の皆さんが羨ましいですなぁ。ルミネに行けば、こんな面白コントが見れるなんて・・・くぅ。


⑤中川家

トリは、M-1チャンピォン中川家。ネタは、何度か見たことのあるタクシーの運転手ネタでしたが、若手と言うよりは、もうベテランですね。NGKでも、何百回と舞台に出ていると言うこともあり、余裕すら感じ・・・・逆に、その余裕が“慣れ”という風に見えてしまうこともあり・・・。やっぱり芸人さんは一生懸命が一番。忙しくなってくると、難しくなるんでしょうねー。ネタ作りの時間も無いだろうし。

その点、やっぱり華大は、今が頑張り所なんで、脂が乗ってます。面白い!!

もちろんひいき目はありますが(´∀`)TVで見かけたら、是非一度じっくりねたを見ていただけたら・・・。

AD

いやぁ~名言でしたね。NHKの刈屋アナの実況。

ネットで調べてみると、この刈屋アナは、長野五輪以来、ずっと荒川選手を追い続けいたそうですね。

昨年末に荒川選手の代表が決まると、「スルツカヤと金を争うのは荒川!」と断言していたそうな。

ショートプログラムが終わった後に、用意されていたというこの名文句。いつまでも語り継がれそうですね。


館長的には、やっぱり「イナバウアー!」

イナバウアーって何??って感じでしたが、キレイですよね。

ちょっと調べてみると・・・

イナバウアーとは、


片足の膝を曲げ、もう片方の足は後ろに引いて伸ばした姿勢で
両足のトウを外側に大きく開いて横に滑るもの


だそうで、特に背中を反る必要はないようです。荒川選手のイナバウアーがかなり反っているので、なんか反り技っていうイメージがありますよね♪

技の開発者「イナバウアー」さんの元祖イナバウアーを見てみたいです!


今日は、アルペン男子回転の“佐々木明”応援しましょう!

AD

辛いッス。

テーマ:

ここの所、更新できず・・・。

その理由は、4日程前より嘔吐下痢症になっちまいました

なんか寝る目から、胸がムカムカし始め、「変だな?」とは思いつつも、就寝。

すると、2時過ぎには腹痛で目が覚め、ゴロゴロとビミョーな腹痛と戦っていると・・・

急に吐き気が・・・

トイレに駆け込み・・・・

それからは、腹痛も収まり、何とか就寝・・・

しかし!また、翌朝には腹痛が酷くなり、そのまま病院に直行!すぐに休ませてもらい、点滴に痛み止めを混ぜてもらい、なんとか峠を越しました


でも、食事はできないし、お医者さんからはまめに水分を取ってくださいとのことだったので、ポカリスエットを購入し、チビチビと飲んでおります。


いやぁ、食事ができない時に飲むと、ポカリスエットの甘さが引き立ちます。

「ポカリって、こんなに甘いものだったのか・・・←これは、感動の涙」

家族が、「酸っぱくて食べれない!」と冷蔵庫に片付けていたリンゴをすり下ろして食べると・・・

「うわぁ、リンゴってこんなに甘い果物だったんだ・・・←感動の涙(再)」


食事に関しては、何の苦労もしたことのないので、病気した時にしか、食事のありがたみを実感することがありません。「食育」に対する注目は年々、いや日増しに高まっています。私も、一人の子どもの父親となり、この「食育」について考えなければならない時期なのかも知れません。


ちなみに、「ラクトアイス」は、パルプ系の材料物質を再利用しているという講演を聴いてから、我が家では一切食べないようにしていますよ!この間も、食育に関する講演に行った先生からお話を伺ったのですが、身の回りにある食べ物で安全な物は殆ど無いとのこと。正しい知識が子どもの成長に大きく影響してきます。Cocoが健康であるためにも、ちょっと勉強しなくちゃ!

ここの所、アメブロの調子が悪い!!

何度書いても消え、書いては消え・・・(#`д´)

すっかり更新意欲が失せていましたが、頑張るゾー!


最近のこと①

先週末から、バスツアーでスノボに行って来ました。さすがに9年ぶりのバス内泊には参りましたが、楽しかったです。瑞穂ハイランドは、結構斜面がキツかった。でも、とっても楽しかったです。ここまで来ると、本当に来年は北海道行ってみたいなぁ。

驚いたのは、ゴンドラの中でのこと。館長は、すぐに相席で乗り込める一人用に並んでいたので、団体用に並んでいた3人組と一緒のゴンドラに。男子2名、女子1名。何気ない挨拶を交わし、色々と話していると・・・何と!館長出身地のお隣の市からのご来客!こんな偶然!!こんな出逢いもあるんですねー(´∀`)やっぱり縁ですよ、縁。


最近のこと②

井上陽水の歌碑が日本に初めて建立されるとの新聞記事。その建立される町は、館長の生まれ故郷!!今は、お祭り広場と呼ばれていますが、役場広報のコメントでは「自然発生的に『陽水公園』と呼ばれれば・・・」とのこと。館長と陽水さんは、同じ町出身なのです!全国ニュースで、我が町が紹介されたことなんてあったかなぁ・・・・あ、あった!白いウルフ“益荒男”(関取)全盛の頃、あったなぁ・・・。分かるアナタは相撲通ですよん♪


最近のこと③

博多華丸R-1優勝。これでもう全国区ですね。これからどんなブレイクの道を辿るのか・・・。いやぁ、明太子マンやってたころが懐かしい・・・。今週末はライブに行くので、その時の様子は、またレポートさせて頂きます(´∀`)


最近のこと④

我が家のアイドルcocoに“じんましん”が・・・。なにかのアレルギーの疑いもあるとのことでしたが、血液検査が必要とのこと。ところがどっこい、我が家のアイドルはおデブさんなので、血管がどこにあるのかハッキリと分からないため検査できなかったとのこと(´∀`)プニプリは元気な証拠ですが、太りすぎはちょっと・・・ですね(´∀`;)



ピン芸人の笑いの祭典R-1グランプリ決勝に博多華丸が進出!!

今日のめざましTVでは、目立った扱いは無かったものの、実力はお墨付き!

決勝も頑張ってほしい!そして、その決勝の翌々日は熊本でのライブ。

優勝の報告を聞きたいです~!頑張れ華ちゃん!

一泊二日高知の旅。

テーマ:

ただいま~です。

岡山に着いた頃までは元気だったのですが、さすがに移動時間10時間ともなると、高知入りした頃にはヘオヘトでした・・・

ここで、一気に高知の旅、思い出ベスト5!!


第5位

「瀬戸大橋からの眺めはキレイ!」

ちょうど夕方だったので、きれいな景色を見るにはギリギリでしたが、青い海と緑の島々の風景は壮観!これで、ビールがあれば最高!だったんですけどね♪


第4位

「JR四国の到着音はアンパンマン」

新幹線が駅に到着する直前に流れるメロディーは「いい日旅立ち」♪ですよねー。

四国での到着音は「アンパンマンマーチ」♪でした。これって有名??作者のやなせさんが高知出身ということからだそうです。電車もあるらしいですよ。


第3位

「高知は美味しい物がいっぱい

高知と言えばカツオのタタキですが、他にも美味しい物がたくさんありました。鰯の稚魚を生でいただく“どろめ”や穴子の稚魚バージョン“のれそれ”、チャンバラ貝など、魚貝類が美味しいのです!でも、やっぱりカツオのタタキが一番でしょうーが!


第2位

「旅先での縁」

今回の旅でも、新しい出逢いがたくさんありました。

高知大学の学生さん(最近の大学生は名刺を持っているんですね!驚いた~)や、食事をしたお店の女将さん、新幹線で隣になった学生さん。気軽に話ができるようになったのは、年をとったせい!?これさえできれば、一人旅も楽しい!?


第1位

「深夜2時の

なんとか熊本に着いたのはもう12時過ぎ。ホテルに到着した後はバタンキュー。

しかし!疲れすぎたせいか、なかなか眠れない・・・(´Д⊂やっっと眠りそうになった頃、どこからか電話音が。何事!?と思いながら受話器を取るとフロントからでした。

「隣の部屋から、水の音がうるさいと苦情がきているので止めてください」とのこと。


「水なんか、出してないんじゃーーーーーー(#`д´)!!!!!!」


受話器を置き、再びベットに入るも、今度は、そのどこからか聞こえる水の音らしき音が気になって眠れない・・・。明け方まで、ゴロゴロしながら寝付けませんでした・・・。

旅の締めくくりは、こんなです。


翌日も1日しっかり研修を受け、頑張った3日間なのでした。

こんどは、ゆっくり旅してみたい高知でしたー(´∀`)