年末。

テーマ:
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
我が家は実家に戻り、のんび~りしております。少々暇を持て余しているので、どこかに出掛けようかと話は出ても…インフルエンザが大流行しているので、人混みを避けて自宅でゆっくり…(^-^;
明日は、いよいよ大晦日!いろいろなテレビ番組が目白押し(^-^)
格闘技系番組の結果はもちろんですが、紅白で“グループ魂”がどんなパフォーマンスをするのかとっても気になるのは、私だけでしょーか?
AD

HOME

テーマ:

いよいよ年末ですね。今日は仕事納めでした♪

明日から実家のある福岡に帰省します。ブログも、しばらくはケイタイブログになるかとおもいますが、よろしくお願いいたします~。

やっぱり、実家に戻るとホッとします(*´∀`)

“ふるさと”って言葉はあまり好きではありませんでしたが、近頃感じ方が変わってきました。これって・・・歳のせい!?


HOME  アンジェラ・アキ


繊細な糸で素朴な町に縛り付けられてた頃
見上げる度に空は映した、遥かに遠い世界を
小さな場所を後にしてから どれくらいもう経つのだろう
Home is calling


ふるさと 心の中で今でも優しく響いてる
寂しさが染み付いた夢の無い夜には あなたを呼んでいる


都会の空に夢を託して 心を犠牲にしてる
野心と愛の調和がとれず 誰もが彷徨っている
飾らなかった誠実な日々 この頃何故か恋しく想う
Home is calling


ふるさと 絶えずに愛してくれたそんな人の顔を
もう一度見てみたい、郷愁にかられ あなたを呼んでいる


過去と今の間のとばりをそっと開いてみると
空の割れ目から零れる光が巡る時代を差していた
Home is calling


ふるさと 心の中で今でも優しく響くよ
とどまる事を知らない希望に身を任せていても
寂しさが染み付いた夢の無い夜には あなたを呼んでいる
Home is always calling out my name


寂しさが染み付いた夢の無い夜には
あなたを呼んでいる
ふるさとを呼んでいる

anje2

めざましTVに出てましたね♪来月にもリリースを控え、多忙な日々のようですよん。

AD

教師にできること

テーマ:

ここの所、めっきり冷え込んでいましたが、今日はやや温かかった(´∀`)

今日から冬休みということで、ノンビリした1日でした。子どもがいないと、随分ゆったりとしています(^^;)


さて、養護学校には、「交流学習」というものがあります。簡単に言うと、「普通小学校の児童と、色々な学習体験を共にし、触れ合いながら、お互いの理解を深めあう」といったものです。

例えば、夏には一緒にプール遊びをしたり、冬には発表会にお招きして、お互いの発表をしあう・・・。そうした交流を通して、養護学校にいる子どもたちのことを知ってもらい、同じ地域で生活する仲間として、お互いに認め合ってほしい・・・といったような願いも含まれています。


うちの学校は、この交流学習が盛んで年間10校以上と交流をしてるのですが、先日、こんなことがありました。


とある小学校の子どもが、養護学校(本校)の子どもに「指が短い」といって笑ったり、ちょっとしたケンカになったときに「養護学校のくせに、何をするんだ!」といった発言があったり・・・。

これを聞いた、養護学校の子どもたちは深く傷ついてしまいました。


その交流学習が終わった後の反省会では、本校職員の怒り爆発!!

「なんちゅー学校じゃ!」「どういう学級経営を、担任はやってるんじゃー!」等々、私を含め、職員全員がこんな交流学習やって意味があるの??というふうに感じていました。


・・・・・でも、少し冷静になって考えてみると、ちょっと違う見方もできるのでは??と思いました。


今の子どもたちを取り巻く環境は、自分たちが子どもの頃と比べて恐ろしく変化しています。例えば、両親共働きで愛情に飢えている子どもなんて珍しいことではありません。そんな環境の中で、「思いやりのある心」がしっかりと育まれていなければ、こういったことは起きて当たり前のことなのかも知れません。「指が短い」と笑った子ども、「養護学校のくせに」となじった子どもも、感じたことをストレートに表現しただけかもしれません。


じゃあ、そんな子どもたちは、このままでいいのか??


そうではありません。

でも、これは、良いきっかけになるんじゃないかと思いました。

なぜなら、今回の発言で、養護学校の子どもたちが、どんな風に傷ついたのか、なぜ傷ついているのか、どうすれば良かったのか、子どもたちと話し合う事ができるでしょう。そんなやり取りの中から、先日の自分たちの行為を反省し、「思いやる心」の芽が出てくるかもしれません。そうすれば、次の交流の時、違った触れ合いが生まれるかも知れません。

一番、怖いのは「何だ、あの子どもは!」と「あの子は、思いやりのない子ども」というレッテルだけを貼られてしまい、その子が、そのまま放置されてしまうことじゃないでしょうか・・・。


養護学校の子どもたちだって、私たちと同じように傷つくことだってあります。そんなところだけ特別扱いされなくてもいいんです!傷つくことから学ぶことだって、たくさんあるんです。


普通小学校の子どもたちは、最初に会った時に「うわぁ、なんか怖い」って感じるかも知れません。最初は、それで良いんです。上辺だけで、仲良くされて、裏でこっそりバカにされるよりも、ずっといい。

そこを出発点として、どうやって「思いやりの心」を育んでいけるか・・・そこが教師の役割なんじゃないかと感じています。


普段、生活している中でも、その人の一部分だけを見て、自分の中でレッテル付けしていることが多々あります。今回の出来事を通して、また子どもたちから「教師として大切なこと」を学んだ気がしています。


一部分だけではなく、もっと深く、もっともっと深くまで、「あなたのことを分かりたい」と思う気持ちが大切なのではないでしょうか?

友達、恋人、同僚、そして家族・・・・・・誰に対しても同じですね♪

AD
P505iS0019595510.jpg

l、akyuh77uyuhj78,b,.....,,,m,m,,


奥様の実家にて、初めてのパソコン に挑戦。ふくらんだホッペを更にふくらませながら、クリスマスカード??作っていました(´∀`)

一応、文字設定は「仏語」になっていましたが・・・・。

レッスンの成果!!

テーマ:

今日は、お楽しみ会!

いよいよ2週間の練習の成果が試されました!

昨日は、近所のお店のお客さん相手に歌&ダンスを披露!!

ウケは上々!!気分も上々!!!


いざっ!ステージ立ってみると、子どもたちの視線が気になるぅ・・・(´Д⊂

でも、音楽は流れてくるし・・・えーいっ!ままよっ!!

約5分間のオンステージ。

最後は、子どもたちもステージに上がって、一緒にダンス!

お楽しみ会が終わった後に、児童がトコトコ。

「先生、この曲気に入った。テープに入れとってー」って(´∀`)

頑張った甲斐がありました。


それと、このダンスのおかげで忘年会の出し物が増えたしね♪

明日は終業式&忘年会です!!!

飲むゾー


おかえり(´∀`)

テーマ:

お昼過ぎに奥さんからメールが。

「今日、そっちに帰ります」とのこと!!

約2週間ぶりに、風邪の療養が終わり、自宅へと帰ってくることになったCoco。

週末には会っていましたが、やっぱり自宅で一緒に過ごすのとは随分違いますからね~。


早速仕事が終わって、急いで家に帰ってみると、ちょうど食事中。

後ろから「Coco!(´∀`)」と声を掛けると、チラッと振り返り・・・・・(#`д´)

「ワタシ、食事中ダシ、アナタ・・・・ダレ?」

「えっ!?」

2週間以上も離れていると、もーうすっかり父親が誰であるかは忘れております(ToT)

大好きだった歌も、大好きだった「イナイイナイばぁ」も通用せず・・・撃沈(´Д⊂

まぁ、多少は予測していたので凹んでいる暇はない!


おもちゃで遊んだり、本を読んだりしていると、次第に「アァ、ソウイエバ、コンナ人ガイタッケナァ?」って感じで思い出してくれたようでした♪


2週間も会っていないと、いろんな変化がすぐに分かります。

①話し言葉が変わってた♪

②歯が生えてた♪

③おもちゃの遊び方が変わってた♪

④髪の毛がフッサフサになってる♪


特に③は全然変わってました。いつもは、おもちゃをすぐに口に持っていっていましたが、大人がどうやって遊んでいるかをよーく観察して、同じように遊ぼうとしています。フリフリして音を鳴らすおもちゃであれば、自分でもフリフリしたりして。


いやぁ~、いいッス(´∀`)

邦画2本立て

テーマ:

先日、遅ればせながら「笑の大学」と「バーバー吉野」を見ました。

waraioaigak

「笑の大学」出演:役所広司、稲垣吾郎

 面白かったです。以前、リンゴさんのブログで紹介されていたのを読んで、早く見たいなぁ・・・と思っていました。いつもレンタル中だったので。戦時下の昭和15年。喜劇作家の椿一に、検閲官向坂が無理難題の脚本の書き直しを要求する。そのやり取りを通して、二人の間には奇妙な信頼関係が・・・。

三谷さんらしい笑いのツボを押さえた二人のやり取りにププッと笑い、戦時下という悲しい現実に涙を流す。ただ面白おかしいだけではなく、時代背景を踏まえた切ない部分を含んだストーリー。2時間という時間を感じさせない程引き込まれました。

 最後のエンドロールを見てビックリ!何と木梨ノリさんと加藤あいちゃんが出ているではありませんか!!

再度見直して、確認・・・。う~ん二度オイシイ(´∀`)

baba

「バーバー吉野」出演:もたいまさこ 他

やっと見れました!これも面白かった。設定が、実にバカバカしいのですが、これは「和製スタンド・バイ・ミー」です!ちょっと言い過ぎ??

この町に住む子どもたちはみんな同じ髪型。その名も「吉野刈り」。

そこに、東京からお洒落な転校生坂上君が!主人公の慶太と仲良し4人組は、坂上君の茶髪!カッコイイ髪型!に、最初は違和感を感じながらも、「どうして、吉野刈りにしなくちゃいけないの?」という坂上君の一言をきっかけに、疑問を感じ始める。

俺達もカッコよくなりたい!と決意をして、カッコよくなるまで家には戻らない!と5人で家出・・・。

ちょっとした所に笑いがあり、自分の小学校時代を思い返すシーンがたくさんありました。

両者、甲乙つけ難し!

数あるバラエティ番組の中で、自分でもやってみたい!参加してみたい!!と思うような企画はありませんか??これからの忘年会シーズン、いろいろな飲み会があると思いますが、この「絶対に美味い!」シリーズは、一度はやってみたい飲み会です。


これは「ガキの使いやあらへんで」での人気企画で、これまでの発想を覆すような食材を使って、新しい味を作り出すという楽しい企画!!

ちなみに、最新版では「天ぷら」をテーマにチョイス。

ココリコ田中は「イチゴ大福」「菊の花束」

遠藤は「ブドウ」「フリスク」

山ちゃんは「どんぶり(カレー丼、麻婆丼、親子丼)」「ゼーリービーンズ」

浜ちゃん「とろろこんぶ」「コーンポタージュに浸した食パン」

松ちゃん「ピザ」「ガリガリ君(アイスキャンデー)」「蜂の巣」


この中では、美味い!!と評されたのは「どんぶり」「食パン」「ピザ」の3品。

不味い!!と評されたのは「花束」「フリスク」ガリガリ君」の3品。

浜ちゃんのパンをポタージュに浸したものは本当に美味しそうでしたー。

逆に遠藤の「フリスク」は毎回登場してきますが、毎回酷評されていますよね(ウゲェ~)


この企画一度はやってみたい!!片付けは大変そうですが・・・。

前回は餅だったかなぁ?とにかくいろいろな食材にチャレンジするんです。楽しそう・・・。


以前、友人10人くらいで、「ゴチになります!」をやったのですが、面白かったですよ~。

最後に、1位と最下位に並んでもらい、最下位の人の肩を叩く時が一番盛り上がりました!!

まぁ、お店探しと、準備はかなり大変でしたけど・・・・。この「絶対に美味い」企画、楽しみだなぁ~(´∀`)