次長課長

テーマ:

今日の朝からめざましTV出てましたけど、面白いですね。

ネタ作りの様子も流れていましたが、ネタの決定には井上さんの方が主導権を持っているとは・・・。

ちなみに、この二人、以前はボケとツッコミが反対だったそうな・・・。

今は、河本(ボケ)井上(ツッコミ)ですけど、見た感じもそうだろうなぁ・・・と勝手に納得してました(笑)


河本のツボをついた物真似は最高!

この間の爆笑ヒットパレード見逃してしまったのが悔やまれます・・・。


次課長もそうですが、もう一人いました。

話術の神様こと、「たむらけんじ」!!!!!!!!!!!!!!!!!

2,3週間前に「めちゃイケ」に出てましたよね。前回の笑わず嫌い王への出演から更にパワーアップしてました(^^)

もっと見たいお笑い芸人no.1は、今のところ「たむけん」かもしれません。


AD

生涯初!

テーマ:

山下達郎のCDを手に取りました。

sono


外出先から帰る車の中、FMから聞こえてきたのが山下達郎。

日曜日の午後2時と言えば、この人がパーソナリティーをつとめる番組は有名。

なんとなく気になり、そのままCDショップへ。

天気のよい日にゆっくり聴きたいCDでした。

ちょっとビックリしたのは、Kinkiに提供した「Kissからはじまるミステリー」をセルフカバーしているのですが、ケツメイシのRYOをフィーチャーして、全然違った仕上がりになっています♪

なかなか良い。

AD

ブログを書く前に、ネットをゆうゆうと泳いでいると、yahoo!のニュース欄に「人世、宇宙、全ての答え=42」の見出しが。

これは気になります。

早速読んでみると、Googleの電卓機能の強化で、こんな質問にも答えてくれるようになったのだとか・・・。

これは面白い!と思って、挑戦するもうまくいかず・・・。

でも、どうしても答えの「42」という数字が気になり、調べてみると・・・


銀河ヒッチハイク・ガイド は、イギリスの脚本家ダグラス・アダムスが書いたSFシリーズ。またその第一作のタイトルであり、作中に出てくる電子本の名前でもある。

イギリス・ジョークを満載したこのシリーズは、大元のラジオドラマがスタートした当初から人気があり、小説版はベストセラーになり、30ヶ国語以上に翻訳され、いまなおカルト的な人気を誇る。

イギリス・BBCのラジオ4が放送したラジオドラマからスタートし、その後これを基に小説版、ゲーム、舞台、テレビドラマなどが作られ、2005年にはついに映画化されたそうな・・・。


そして、その作中に、この質問の答えが「42」と出ているそうなんです。

なーんだ小説での話か・・・・、と思いつつも、この「銀河ヒッチハイク・ガイド」かなり気になりませんか?

タイトル名も、館長的にはかなり「ツボ」な感じです♪

スペースシャトル

テーマ:

乗ってきました。仕事の一環として・・・。

これは、その証拠写真です・・・・。

syatoru

もちろん、今回初めてシャトルに乗船したのですが、船内に入ってみてビックリ・・・。

意外と、船内は狭く、シンプルな設計でした。

しかも、船体の上部(屋根の部分)が、結構カラフルなもので・・・。

karafru

パイロット達の気持ちをリラックスさせるためでしょうか、太陽の光を浴びて、とてもキレイでした。

奥の方に見えているのが、シャトルのコックピット、そして窓です。

へぇへぇ、中はこんな風になっているのか・・・・と感心しながら見学していると、後ろの方から

「火災発生!!後ろの脱出ポットからにげろ!!」と言う声が!

急いで、後ろを振り返ってみると、確かにうちのクラスの子どもたちが血相を変えて逃げてきています。

「どこから、逃げるんだろう??」と焦っていると、その子どもたちが「先生、何してんの!早く、そこから逃げなよ!」との声。再び、前方に視界を戻すと、そこには小さな子どもが通る程の穴が・・・。

「入るかなぁ・・・・」などと考えているうちにも、後ろからドンドン人が押してきて、船内はパニック状態!!!

「ようし!」と思い切って外に飛び出してみました・・・・。

syatoru2

そこは、子どもたちの大好きな宇宙ランド(公園)でした♪

でも、よくできてるでしょう??

うちのクラスでは、来週まで秋の季節感を満喫し、思い切り体を動かすことを目的に、近くの公園に遊びに出掛けています♪


教師には、こんな子どもたちの空想の世界にドップリ付き合う『役者魂』も必要なのです!!


登頂してみて

テーマ:

行って参りました市房山。

標高1722m。熊本で一番標高が高いそうです。いやぁ、正直しんどかった。

途中で、死にそうになったことか・・・。

でも、登った人全員が、登り終えた後に「登って良かった!」って言ってたって事はそれだけの充実感があったってことかな?


それでは、市房山をご紹介します。

morning

これは、出発前の朝焼けがキレイだったので、写したものです。市房山ではございません。

sugi

市房山には、樹齢700~1000年くらいの杉がゴロゴロしています。

まず、登り始めてみて、この根の力強さに感動しました。まさに、宮崎アニメの世界そのもの。この無数に伸びた根っこが、市房山では階段になり、登山者を導いてくれています。

ところが・・・・、感動できるのは5合目くらいまで。6合目以降になって、かなりキツくなってくると、この根っこに足を取られたり、つまずいたりで恨んだことも・・・(笑)

topview

頂上からは、こんな素晴らしい景色が!!

デジカメのバッテリー不足のため、まともな写真は撮れませんでしたが(TT)

紅葉も始まっており、とてもキレイでした。こんなに天気がいいと、阿蘇はもちろん雲仙、霧島まで見えるんだそうです。どれがどれなのかは分かりませんでしたが、とっても遠くまで山々が見えました♪

kokoromi

これが「心見の橋」。試みではなく、心見と書くんだそうです。

偶然、頂上付近に出来たもの。この下は、急な崖なんですよ。

一歩足を踏み外せば・・・・亡くなった人もいるそうです。


始めての登山を終え、学んだことはたくさんありました。

まず、登りと下りで体の部位を使うところが全然違うこと!!

のぼりは心肺、股関節、太腿などに疲労感たっぷり。

特に6合目以降は、つぎのポイントまでの異様に長く感じました。

7合目を過ぎ、8合目がなかなか出てこない。すると、人間とは都合のいいもので、「もしかすると、8合目の看板は作ってなくて、次は9合目なんじゃないか!」とか・・・。

そんなはずもなく、しばらくすると見えてきたのは「8合目」と記された看板・・・。

あの時は、さすがに心が折れそうになりましたね(笑)

そして下りは、膝から下が疲れる!!!

思うように動かなくなり、何度滑って転んだことか・・・・。


次に、靴の大切さと装備の大切さ。

靴は、やっぱりトレッキングシューズが良いと思います。スニーカーでも良いんでしょうが、トレッキングシューズを履くと随分違うんだそうです。私は、スニーカーを履いていきましたが、おもいっきりマメができました(泣)あと、装備はよーく考えないと。必要な物は絶対持っていかないといけないし、必要以上に持っていくと荷物になるだけで、とっても重いし・・・。これは勉強になりました。


最後に、登山最高!!!

メチャメチャきつかった!でも、登り終えた後の達成感は、久しぶりに味わうものでした。

それに、登山を終えた後の温泉とビールと言ったら・・・・・。


追記:ちょうど私たちが下山しようとした頃、下から一組の家族が。子どもは、とっても小さくて小学校2年生くらい。こんな小さな子どもが平然と登ってきて、その後カップラーメン食べてるなんて・・・・。しかも、還りに車のナンバーを見ると、そこには「練馬」の文字が・・・。関東の子どもはモヤシっ子ばかりと聞いていたけど、なかなかやるじゃないか・・・・。見直したよ・・・・。

登山!!!

テーマ:

しちゃいます!!!

しかも、明後日24日に!!

明日は学校のお祭りがあり、夜はその打ち上げ。

以前ブログにも書いた、名スナック「ボストンⅡ」で、覚え立てのWANDSの歌を歌うことでしょう。

あぁ、歌うでしょうよ。


そして、その翌日7時には出発。

ハードじゃないですか??

あまりにも突然じゃあーないですか。


でも、突然のお誘いにも、少しだけ興味もあるのです。

なぜなら、小学校6年以来登山した記憶がないのです。

今回登る山は、市房山。桜の名所でも有名な市房ダムの近くにある山らしいです。

頂上付近には「試みの橋」なる、大きな岩が偶然連なってできた橋らしき名所があるとか。

もしろん、岩の下は300メートルの絶壁・・・・。怖えぇぇぇ・・・・。

そこを渡る勇気があるかどうかを試す、ということで「試みの橋」というそうな・・・。

そんなアドベンチャーは逸話を聞かせられれば、嫌でもテンションが上がって来るというもの。

登ってやろうじゃあないか!市房山!

待ってろ!試みの橋!!!!


後日のレポートをお楽しみに。


「縁」って・・・。

テーマ:

このブログを始めようと!思ったきっかけでもあり、いつも大切にしようと思っているものです。

この「縁」って、本当に不思議なものなんですよねぇ。

狭い世の中で、必ず誰かと、どこかで繋がっている・・・そう考えると、楽しくて仕方ありません。

このブログを通しても、たくさんの方との出会いがありました。これも1つの「縁」の形ですよね。


そして、このブログを書こうと決心したのは素樹さんのブログを読んでから・・・。

その素樹さんを知ったのは、千葉の幕張の書店で「上海の西、デリーの東」を偶然手に取ったことから・・・。

その千葉にいたのは、以前勤めていた会社が、たまたま幕張に本部があったから・・・。

その会社に勤めたのは、たまたま亡くなった伯父が問題意識を持って取り組んでいた事業に関連する仕事だったから・・・。

なんで、伯父とそんな話をしたのか・・・・・・・・と考えていると、とても自分の意思だけで、ここまで「縁」が広がったとは思えないのです。


何をするのか、決めるのは私自身。でも、そこに一人じゃない、誰かの気持ちが働いているからこそ、今の「幸せ」があるのかも知れません。


なーんて、人恋しくなる秋空を見てたら、思っちゃいました。似合わねー。

Jam Films S

テーマ:

昨日レンタルしてきたDVD。

7泊8日のつもりで借りたDVD・・・。

2泊3日だったことに驚いたのは、昨日書きましたが、中身見てビックリ!!

借りるDVD間違えてました(TT)

借りたのは「Jam Films S」

借りたかったのは「Jam Films」・・最後の「S」が無いのです。

このショートムービーシリーズには「2」とこの「S]があったのですが、うっかり「S」を借りてしまっていました・・・。


中身は・・・最初の何本かは・・・「?」「??」「???」という感じでしたが、

ようやく石原さとみが主演している「すべり台」という作品は面白かったです。

ちょい役で山崎まさよしも出てましたし、作品の季節が夏、舞台は主人公が行き慣れた公園・・・といった設定に、とても親近感が持てました。どこか「月とキャベツ」の雰囲気を感じてしまったのは、私だけでしょうか・・・。


もし、もし、時間があって、借りたい作品も無い・・・という場合に借りることをオススメします。

他には、小雪や綾瀬はるか、スネオヘアーなんかが出てるのにはちょっとオドロキですが。

jam

レンタル

テーマ:

仕事帰りにCDとDVD借りてきちゃいました・・・。


CD「WANDS BEST」と「渡辺美里 Sweet15thDiamond」

えっ??今更??

そうなんです・・・。なんか、最近中・高校生時代、大学生時代に聞いていたものが無性に聞きたく、そして歌いたくなるとです・・・。

ちなみに、「T-BOLAN」のベストも借りたかったんですけど、こちらはレンタル中。やっぱり同じように感じてる人がいるって事ですよね♪仲間仲間♪

渡辺美里さんの方は、「恋いしたっていいじゃない」が入ってなかったのは残念でした(涙)


DVD「マッハ!!!!!」「JamFilmsS」

「マッハ」は、何となく。「Jam・・・」は、山崎まさよしアニィ主演ものがあったので・・・。


本当は、もたいまさこ主演!?の「バーバー吉野」が見たかったんですけど・・・。

レンタル中でした。

町中の子どもたちが、バーバー吉野で散髪して、みんな同じ髪型。そこに、どこかからお洒落な転校生がやってくる・・・。どうなることやら・・・!?って、かなりバカバカしい設定に惚れたぁ!見たい度120点デス。


うぉ!!・・・って言うか、「Jam・・・」は7泊8日じゃなくて、2泊3日じゃん!!うわぁ・・・。