台風

テーマ:

またまた台風がやってきているようですね。

このまま西に逸れてくれるといいのですが・・・。


ところで、この台風という言葉の語源ご存じですか?

ちょっと気になったので調べてみました。


正確な語源は未詳とのことです。


1.台湾や中国福建省で、激しい風のことを「大風(タイフーン)」といい、それがヨーロッパ諸国で音写され「typhoon」となり、それが再び中国や台湾へ入り、「颱風」という字を当てはめた。
また、中国福建省あたりでは、もともと「台湾付近の風」という意味で、「颱風」が使われていたという説もある。
2.アラビア語で、ぐるぐる回る意味の「tufan」が、「typhoon」となり「颱風」となった。
9~10世紀にはインド経由の西アジアと中国の交易が盛んであったことや、宋や元の時代にはイスラム船が頻繁に中国に来航していたことから、台風の影響を受けたアラブ人の言葉が転じたという説は最もらしい。
3.ギリシャ神話の風の神「typhon(テュフォン)」が、「typhoon」となり、「颱風」となった。
「typhon」も航海からと考えれば、自然な語源説である。


等々、語源調べ辞典には、こんな解説がされていました。

面白いですね~。

本当のところはどれなんでしょうね??


AD

この歌の題名、歌詞、一切分かりません。

ただ、小学2年生の時に歌っていた歌が、フッと甦ってきたそうな。


♪ほっぺの赤い 弟は 

  ひなたで 日記書いている

 心配性なものだから 100日後まで 念入りに あーあ念入りに

こんな歌詞です。

こうして文章化してみると、余計にかわいらしさが伝わってくる歌詞じゃないですか?

ご存じの方、是非教えてください・・・って無理か??

AD

「大丈夫」

テーマ:

離れていても そばにいても

君を見てる 君を見てる

きれいだと思う 空はそこにあるかい

僕はいつも空を見てる


ねぇ


僕の出番がない想い出が増えたことを

悲しいことだなんて思わないで

君の空は君が広げるんだ


どんなに風が冷たくても 大丈夫

君の空は僕が見てる

君の願いはきっとかなうさ 大丈夫

君のために今できることは歌うことだけだよ


大きな声で君を呼んだ時の

うれしそうなあの顔が好きだよ

小さかった僕らの上の空が

今 二人包むために広がる

一人じゃない 離れていても

同じ空の下いるから


「会いたい」という言葉の代わりに「大丈夫」

なぐさめるよりも勇気づけたい

僕はいつでも笑って言うよ「大丈夫」

君のために 僕のために

AD

静かな夜

テーマ:

キリィ・・・パツッ。キリィ・・・パツッ。



キリィ・・・パツッ。キリィ・・・パツッ。



隣の部屋から聞こえてきます。

きっとうちの奥さんが爪を切っているのでしょう・・・。


そういえば、今住んでいる場所へ越してきてから、とても静かな夜を過ごすことができています。


以前は、道路を往来する人々の声、車やバイクの行き交う音、電車が駅に停まる音・・・。

いろいろな音が夜遅くまで聞こえてきました。


特に、Cocoが生まれてからは、テレビを見ない時間が多くなっていることも影響しているかもしれません。


虫の声や蛙の鳴き声を聞くのが当たり前になっていますが、よくよく考えると、こんな夜を過ごすのは贅沢なのかもしれませんね。

one more time , one more chance

テーマ:

山崎まさよしのベストが出た。

「YAMAZAKI MASAYOSHI the BEST/BLUE PERIOD」

yamasaki

欲しい。欲しい。欲しい。


でも、お金もあんまり使えない・・・。

だって、10月は軽井沢で結婚式。11月は福岡と佐世保で結婚式。1月は神戸で結婚式・・・。

先週は後輩の結婚式・・・。

めでたいこと続きなのですが、やっぱり祝儀ビンボーなのです!!


・・・ということで、職場の誰かが買うだろうー!と、いつものように早速レンタルで済ませる気マンマンな訳ですが、やっぱりこれからの季節、切なくなる季節には山崎さんの歌声が沁みます。


ラジオを聞いていると、ベスト盤発売を記念したリクエスト特集が。

その1位が「One more time、One more chance」でした。

まぁ、誰もが予想できる順位ではありますが、それ程の名曲であります!

「月とキャベツ」を見た人なら、やっぱり名曲と言わざるを得ない!!


他にも「ツバメ」とかもベスト10に入ってました♪(※今回のベストには入っていませんけどね。)

「8月のクリスマス」も楽しみですなぁ。

またまた

テーマ:

漫画読んでます。

今週は、「のだめカンタービレ」13巻、「秘密」1,2巻、プライド1~4巻、天使なんかじゃない完全版1~4巻。

今週は帰りも遅く、殆ど読む暇がなかったので、昨日一気に読んでしまいました。

どれも面白かったです。


「プライド」は有閑倶楽部の作者さんなんですが、はじめは「絵がちょっと・・・」という感が強かったのですが、読んでいく内にストーリーにどっぷりハマってしまいました。かなり、続きが気になります。ストーリー的には、昼ドラのような感じなんでしょうが。


「秘密」は、近未来の話。全ての人の脳にチップが埋め込まれ、亡くなる直前までの視覚を通した映像が、チップから再現できるような時代になっています。そこで、殺人などの事件で、そのシステムを活用し、犯行の謎や真犯人を追いつめていくというストーリー。面白かったです。


「のだめ」は言うこと無し。スゴイ人気みたいですね。ドラマ化の話が無くなったそうですが、ドラマ化しなくてもよかったんじゃ??と個人的には思ってます。


「天使・・・」は、よく知られている矢沢あい作品。10年前なら、高校生のバイブルとまで言われていたそうな。略して「天ない」・・・らしいです。無理に略さなくても・・・。

面白かったです。NANAのようにドロドロしてなくて、対象年齢が低いってこともあると思いますが。


今度は、浦沢直樹の「マスターキートン」を借りる予定なんです。これも、かなり面白いですよね~♪

“うんこりん”

テーマ:

まだまだ残暑厳しいですね。

私が住んでいる地方は、九州の中でも特に残暑が厳しく、毎日楽に30℃を越えています。


でも、時折山から吹いてくる風は、日々冷たくなり始め、心地よさを感じることも・・・。


昨日、久しぶりに子どもたちと運動場に遊びに出掛けました。

「築山」と呼ばれる、運動場の土を盛っただけの小さな山があるのですが、その子の指定席は、築山を貫通している土管の上。そこで、大好きな木の枝を探したり、飛び跳ねたり。

いつものように、彼が一人遊びしている姿を見ていると、どこからか「パサッ」と音が・・・。

何だろう?と思い辺りを見渡しても何もありません。

でも、また暫くすると「パサッ」という音が。


音の正体は「ドングリ」でした。

ドングリが木から落ちて、落ち葉に辿り着いた音でした。

残暑の厳しさで、「秋」を感じるのは、まだまだ先だろうと思いこんでいましたが、すでに足音は聞こえていたようです。


そのドングリを拾って子どもたちに渡すと、ある子どもがドングリを握りしめ教室に走り出しました。

後を追ってみると、別の先生にドングリを手渡して「ほらぁ、“うんこりん”!!」。

確かに、聞きようによっては、そう聞こえますからね♪


HAPPY!×3

テーマ:

昨日、18日は中秋の名月だったんですよね。

結婚式の二次会が終わった後、とあるビルから月を見上げてみました。

街中の雑踏から見上げる月とは違い、視界に入るのは月だけ。

とってもキレイでした。


昔から、一度で良いので「草千里に寝転がって満月を見上げてみたい」と想い続けています・・・。

いつでも叶えられることなのですけどね。


でも、本当にキレイでした。

HAPPY!×1

テーマ:

先日のブログで発表したとおり、昨日は学校の同僚スタジアムの結婚式に出席してきました。

やっぱり、何度出席しても結婚式はよいものです・・・。


いつもはニヤけた先生の顔が引き締まり、最後には一家の主として、しっかりとした挨拶を。

やっぱり家族になるってことは、すごいことなんだなぁ・・・と改めて思っちゃいました。


結婚式の後、二次会までちょっと時間があったので、友人宅へ。

その友人には、去年自分の結婚披露宴のビデオを編集して貰っていたので、そちらを拝見。

やっぱり自分の時も、結構まともな挨拶してました(^^)

結婚したことで、自分が変わったことは自分では分かりませんが、これからのスタジアムの様子を見ながら、家族になることの素晴らしさなんかをじっくり勉強していきたいと思います。


ナニハトモアレ貴ちゃん、ハルさん末永~くお幸せに♪♪