親子とは・・・?

テーマ:

最近、物騒な事件が続いています。

未成年の凶悪事件が続く中、今後の教育界はどう変わっていくのか・・・?

教育界だけの問題ではなく、日本社会が、この問題についてどう捉えていくのか??

一部のメディアや教育専門家の考えを聞くだけでなく、1人1人が考えなければいけない時期なのかも知れません。


今日のお題は「親子関係とは・・・?」。

先日、研修で出張した後、少しだけ時間があったので、大型ショッピングモールの本屋さんに寄った時のこと。

雑誌に目を通していると、後ろの方から何やら大きな声が・・・。

声がする方を見てみると、マンガの単行本コーナーにいる中学生くらいの男の子と母親がいました。

母「ほらぁ、この本なんじゃあないの?」

子「違うんだよ!」

母「そうなの?よく似てるわぁ・・・」

子「うるせえなぁ。てめぇに分かるわけないんだよー。うぜえなぁ、ホント・・・」

最近では、そう珍しくない親子の関係なのかも知れません。


そりゃあ、誰しも反抗期はあります。

悪さもしたし、学校に親を呼ばれたこともあるでしょう。

でも、心のどこかには、かならず「悪いことしたなぁ・・・。」って、親に対する申し訳なさと自分に対する不甲斐なさを感じていなかったでしょうか?

自分に対する親からの愛情を分かっていながら、バカやった自分に反省してたような・・・。


私も、この中学生が発した言葉と同じような発言をしてたかもしれません。

でも、その言葉を発した時の親の表情を見て、心のどこかに「強烈な苦々しさ」を嫌と言うほど味わい、そこから人を傷つける痛みを学んだのかも知れません。

まぁ、うちの場合、このセリフの後には、泣きながら突進してくる母親と取っ組み合いになっていましたが・・・(笑)


この親子に愛情がないと言うわけではありません。

でも、このやり取りがあった後、子供の後ろを追いかける母親の姿を見ながら「親子って・・・何だろう??」と考え込んでしまいました。


人が100人いれば、きっと考え方も100通りあるのでしょう。このお母さんにも、なにか考えがあってのことかも知れないし、今までの経過があるのかもしれません・・・。


親子って何でしょう・・・。


追記:今日、親しい友人に女の子が生まれました。

    こんな風に、毎日たくさんの親子が生まれているんですね。


AD

雨が降ったり、晴れ間が出たりの繰り返し。なんだか変な天気が続いています。

蒸し暑かったり、涼しかったり・・・、気温の変化も大きいような・・。

おかげで、すっかり風邪を引いてしまいました。春先にやっと治療して治った中耳炎が再発気味・・・。

早く治療せねば。


さて、今日のお題は「18年間ありがとう」。

これでピンと来たあなた!結構テレビっ子ですな。フフッ。

水曜夜9時といえば・・・そう今夜は「はぐれ刑事純情派」の最終回でした。

そんな、いつも番組改編で終わっては、また復活してるじゃん!とか言ってると、大火傷しちゃいます。

何せ、今夜はシリーズの最終回。つまり、もう安っさんに会えなくなるのです。

このテレ朝系水曜夜9時と言えば、はぐれ刑事、さすらい刑事、はみだし刑事・・・といったシリーズ物が有名でしたが、さすらい、はみだしとシリーズが終了する中、最後まで人気シリーズだったのが、このはぐれ刑事シリーズ。

正直、毎回欠かさず見ていたわけではありませんが、時々他の番組がつまらない時はチェックしていました。18年と言えば、僕ら世代は12歳。小学校じゃあないですか!?めちゃめちゃ長寿番組だったんですねー。2,3年前の正月特番スペシャルでは、熊本を舞台として撮影されたりと、特番では必ず、どこか県外がらみのストーリーって言うのも、良かったんじゃ??


そして、この手の番組のお約束が殉職刑事。

全員が殉職した訳じゃあないのですが、はぐれ刑事でも古くは吉田栄作、西島秀俊(Dollsに出てた)、ケイン・コスギ、そして忘れてならないのが、TOKIOリーダー城島茂!刑事として、また安っさんの娘さんの恋人として、最後は殉職してしまいましたが、ジャニーズ系タレントとしては初!?レギュラーで、かなり頑張っていました。ちなみに、最終シリーズは、少年隊の植草カッチャンが出てましたが、たいした活躍もなく、終わってまいました・・・。


誰もが一度は「はぐれ刑事って言うけど、全然はぐれてないじゃん!」とか言った経験はあると思います。

18年も続いた名作「はぐれ刑事」をお忘れなく!!


って書いときながら、「ガキの使い」「エンジン最終回」のビデオを見てたら、最後の5分くらいしか見ることができませんでした・・・。


追記:先日、テレビで初めて「海猿」を見ました。あまり伊藤英明?でしたっけ?が好きじゃなかったので、見ていなかったのですが、結構面白かったです。今度、ドラマも始まるみたいなので見てみようかな・・・。

AD

明日で2ヶ月!

テーマ:

昨日の晴天から一転。今日は朝から雨が降っています。

昨日のブログを書いた後、夕方から駐車場で洗車に再トライ。駐車場にも蛇口がないので、一苦労でしたが、何とかキレイになりました・・・・って、翌日が雨とは。ホントについてないッスわ・・・(涙)


さてさて、今日のお題は「明日で2ヶ月!」。

我が家の姫君も、明日で2ヶ月を迎えます。

毎日、母上のおっぱいだけでは飲み足りないようで、ミルクの追加注文をしてばかり。そのおかげもあってか、ちょっぴり小さめで生まれてきた姫君も4㎏半近くまで大きくなりました。そういえば、顔の方もぷっくりしてきたような・・・。

我が家は、大きなお風呂に入れるのが、まだちょっとコワイので、ベビーバスを使っているのですが、体重も増し、体の動きも大きくなってきてからは、風呂に入れるのも一苦労。体のサイズも、ベビーバスからはみ出しそうだし、なにより片手で支えるのが、段々と辛くなってきました・・・。

もしかすると来週には“ビオレママデビュー”するかもしれません・・・。


首の方も、少しずつ据わってきているようです。縦抱きをしていると、自分で首を支えて周りを見渡したりしています。今までの、寝た状態から見上げる天井だけの世界から、360°見渡せる世界が新鮮な様子で、色々な物に興味を示し、目をキラキラさせています。色々な刺激を吸収しているのかも知れません。

ここで、余計なお世話話ですが、この間の研修で、育児とテレビの話があったのですが、だいたい2歳になるくらいまでは、あまりテレビの前などに赤ちゃんを置いておかない方がいいそうですよ。テレビの発する光や音刺激が、赤ちゃんの脳の発育には、あまり良い影響を与えないそうで・・・。


あとは、よく話をするようになってきています。「あぁ」「ふぁ」「ううぅ」「へはぁ」とか。毎日喃語を連発するようになってきました。特に、絵本を読み聞かせている時が多いんです。書店には、赤ちゃん用の絵本が山のように積んであります。童謡の絵本とか、挨拶の絵本とか。それを、機嫌が良い時なんかに、一緒に読むようにしています。ただ読み聞かせるだけよりも、内容を問いかけてみたり、一緒に歌うことを誘ってみたり・・・。すると、不思議なくらい声を出して喜んでいます。Cocoは、童謡本が好きみたいです。こう言う時に、恥ずかしがるようじゃあ、まだまだパパ段位低いですぜ!前の校長先生から「教師たるもの、役者じゃあないといかん!」と言われましたが、絵本の世界にどっぷりはまり込んで、読むようにしないと(笑)!


「内容が分かっているの??」という質問があるかも知れません。これについちゃあ、よく分かりません。人間発達科学的には、「そんな理解ができる発達段階ではない!」と一蹴されるかも知れません。

でも、いいんです。そんな問題じゃあないんです。

もし、同じような質問を皆さんが聞かれたら、声高にこう言ってやろうじゃあありませんかっ!


『「内容が伝わる・伝わらない」とかいう小さな問題じゃあなく、

 僕たち・私たちは、子供と熱~かコミュニケーションば、取りよっとですよ!!』・・・・と。

(直訳:子どもたちと熱いコミュニケーションを取っているんですよ!あなたは、そんなことも分からないおバカさんなんですか!)


Cocoは日に日に大きくなっています。

今週末には、初めての外泊計画もあります。これは、奥さんの結婚式出席でやむを得ず外泊することになったのですが、しっかり準備をして、せっかく出掛けるのだから、楽しく過ごしたいと思っています!!


「熱さ」は実る! byスヤスヤ育児予備校





AD

今日は昼から真夏日になるらしいですね。

さっきまで外に出ていたのですが、その暑さには参りました。

うちは2階建ての2階に住んでいるのですが、1階の子どもたちが、小さなプールをテラスに出して水浴びをしています。まだ梅雨(だと思う、きっと)なのに、こんな風景。

そろそろ浴衣も良い季節になってきました。タンスにしまい込んだ浴衣をそろそろ出さなきゃ。


今日のお題は『unkindness「car wash」』です。

これは、直訳通り「不親切な洗車場」ということです。

いやあぁぁぁ、ここの所あまり良くないことが続いていますが、今日の私も、なかなかの不運ぶりですわー。

ここのところ、愛車を洗車していなかったので、今日は天気もいいし、洗車しようと思い、洗車場へ。

住んでいる街は、結構な田舎町なので、洗車場なんかも少なくて、ココは、同僚から教えてもらった唯一の洗車場でした。看板にも「○○町初!コイン洗車場オープン!」とか書いてあって・・・。

私が今まで利用した洗車場は、洗車スペースが10台分くらい在り、洗車後のフキフキスペースも在り、ゆっくり洗車できる環境でした。

そこは、洗車スペース1台!!しかも、国道沿いのコインランドリーの裏スペースの小さな小さな洗車場でした。

その光景を見た私は、「まぁまぁまぁ、こういう洗車場もあるわいな」・・・と、たいして気にもしていませんでした。車を降り、ここへ来る途中に買ってきた洗車道具を車から降ろし、さぁ準備万端。

さぁ、バケツに水を汲んでこようと辺りを見回すと・・・・あれぇ?水道蛇口がどこにも見つからない。

ここはガン式の洗車(鉄砲型の持ち手から、強烈な水が飛び出すタイプ)なので、洗剤を薄めるための水が必要です。しばらく蛇口を探しましたが、見つからず、仕方なく車へ戻りました。

「まぁまぁまぁ、何とか強烈に出てくる水を、バケツに集めよう」と自分を落ち着かせ、コイン投入口へ(この時点で、イライラ度数は30~40)。

すると、水洗車は300円。しかし、財布にはあいにく千円札しかなかったので、表のコインランドリーに両替に行くことに。中にはいると、誰も使っていないランドリー器が雑然と並び・・・「両替機は・・・・どこに・・・あるのか・・・」と約1分。「はぁぁぁぁぁ!?両替機が無いだとぅ!」

普通はありますよね!?ありませんか??イヤ、あるはずです。今まで、いろんなコインランドリーや洗車場に行きましたが、必ず両替機はありました。なのに、ココにはー(怒)

そして、更に怒りの火に油を注いだのが、計算されたかのように出口横に設置されたジュースの自販機。

「小銭がない人はジュース買ってね♪」みたいな、お客様不満足度100%経営者のイヤらしい笑顔を象徴したかのような自販機がぁぁぁ・・・(怒)この時点で、すでにイライラ度数は60~70くらいには達していましたね。しかし!悲劇はまだまだ始まったばかり・・・。

「まぁまぁまぁ、この暑さだし、ジュース買ってもいいわいな・・・」と自分を落ち着かせ、千円札を入れると・・・よくある、何回入れてもお札が返ってくるのです。3回、5回、7回・・・と回数が重なるごとに怒り度数は1ずつ上昇・・・。「あぁぁぁぁ!なんで入んないんだよぉ!」と無理矢理押し込んでいると、スーッと入っていくじゃあありませんか!「よっしゃー!」と思った瞬間、「ビーッツ」という音が。ハッと自販機を見ると、無理矢理押し込もうとした左肘で、飲みたくもないコーヒーのボタンを押しているじゃあありませんか!

「くうぅ・・・・っ」とイライラ度数85を越える自分を三度落ち着かせ、コインを握りしめて、洗車場に戻りました。


水洗車コース300円を選択し、ようやく水が吹き出してきました。「ようし」としばらく水を拭きかける・・・しばらくして、バケツに水を入れないといけないことを思い出し、荒れ狂う吹き出し口をバケツの方へ。

「ブフワワワァァァウオオオゥウオオオオォオ」とものすごい音を出しながら、水を吹き出しているので、恐る恐るバケツに口を向けると、案の定、水は全然たまらずに、勢いよくバケツの底から跳ね返り、バケツの外に・・・。もはやイライラ度数100を越え、制御装置の狂っていた私は、「このぉ!溜まりやがれい!」と吹き出し口をバケツの中に無理矢理押し込むと・・・・・。

バシャシャシャと、素晴らしい勢いの水がぜんーぶ自分に跳ね返り、全身ビショビショに・・・。

怒りを通り越し、そこんは爽やかな笑いが・・・・。

「アッハッハッハッハ・・・↓」・・・・。

力無く笑いながら、空を見上げると、もう夏雲・・・。

だって、見上げないと涙がこぼれてきちゃうぜ・・・。


こんな日は、ジッとおとなしくしていよう・・・・。

自分基準

テーマ:

今日は、とある研修会に出席しました。

そこで出逢った講師の方は、福岡にあるとある私学の校長先生。そこは親戚の娘さん通っていた学校なので、「へぇ~縁があるなぁ」とおもっていたら、経歴を聞いてまたビックリ!我が母校TAGAWA高校の教壇に立たれていたとのこと。更に驚きなのは、その親戚の娘さんのお母さん(つまり親戚ね)が母校に通っていた頃の教壇ですと!!熊本の、とある研修会で出逢うとは・・・。ゆっくりお話ししたかったのですが、講演の後も研修は続き、お話しできず。む~ん、残念。


さて、今日のお題は「自分基準」。

今日、出席した研修は「人権問題」についての研修でした。

その中で、この校長先生が「迷信」についてのお話がありました。

人権問題について触れる時、「迷信や風習についても科学的な見地から物事を見ることが大切」という見方があります。今回も、そういった類の話なのですが、自分たちが育ってきた中で、何となく知り、それが何となく当たり前の事になっている事ってありませんか?

今日の話では、例えば「仏滅」や「友引」についての解釈。本来は「物滅」、「共引」と書くそうな。

明治に入り、どこかの物書きが「これは面白い!」と文字ってから、物滅に結婚するのは縁起が悪い!等の考え方が定着したとのこと。

その他にも、「喪中につき、年末年始の挨拶を遠慮させていただきます」っていう葉書。あれって、どういう起源なの?って調べた時、ハッキリしたことは分からないとのこと。

この先生曰く、どこかの洒落た人が始めたことが、一般化し、そのまま習慣化されてしまったのではないかとのこと。喪中だったら、なんで挨拶を控えないといけないのか?

今までは、「そうか喪中なのか・・・」と受け取っていましたが、「死」とは汚れたものではないはず。清める必要はあるはずもなく、亡くなって仏様になった人のために、何を受け入れ、何を控えているのか?

宗教に関することで言えば、亡くなった後のことは、いろいろな考え方があるとは思いますが、この話を聞きながら、確かに自分の身の回りにも、今まで何となく耳から入り、そのまま自分の考え方の基準になっている事ってたくさんあります。


やっぱり大切なのは、自分の感覚を通して自分の中に入れることではないでしょうか?

本から、色々な情報を吸収することはとても大切だと思います。でも、欲を言えば、その情報を実践したり、確かめることで、人の見方ではなく、自分の見方を養うことも大切なのかなぁ・・・と感じました。


この情報化社会の中で、調べることはとっても簡単。

でも、調べたことで満足してしまっていませんか?


追伸:この校長先生は、もともと県立学校の先生で、リタイアされた後に現在の学校に赴任されています。住んでる所が、実家とすごく近いって事もあり、聞き慣れた方言を聞くと、妙に心地よく、昨年亡くした伯父を思い出しました。亡くなった人と、「もう一度会いたいなぁ」と思ったのは、心の底から感じたのは、初めてのことかも知れません。今日はとってもいい日でした。

3月9日

テーマ:

今日は学校のプール掃除でした。

1年間使っていないプールは恐怖・・。床面はドロドロ、ヌルヌル。

それを職員全員でデッキブラシを使って、延々とゴシゴシ・・・・。来週はいよいよプール開き。

子どもたちもすごく楽しみにしているようです。どんな授業もプールには勝てない!?


きょうのお題は「3月9日」。

先日に引き続き、よい曲紹介。っていうか、ネタがないってこともあるかも(笑)

この曲はレミオロメンです。春に出た「ether」というアルバムに収録されています。

レミオロメンに初めて出逢ったのは、スペースシャワーTVで「雨上がり」がPOWERPUSHされた頃。

「いいなぁ・・・。」と思ってCDを購入。その後、ジワリジワリとチャートを上がってきて、3月9日や南風なんかで、いよいよ本格的に花が咲いてきました。


この曲は、友人の結婚式で歌うために作られた曲だそうですが、コブクロの「永遠にともに」同様、友人の結婚にあてた曲には名曲多し!!


流れる季節の真ん中で

ふと日の長さを感じます

せわしく過ぎる日々の中に

私とあなたで夢を描く

3月の風に想いをのせて

桜のつぼみは春へとつづきます

溢れ出す光の粒が

少しずつ朝を暖めます

大きなあくびをした後で

少し照れてるあなたの横で

新たな世界の入口に立ち

気づいたことは1人じゃないってこと

瞳を閉じればあなたが

まぶたのうらにいることで

どれほど強くなれたでしょう

あなたにとって私もそうでありたい

大切な人に対する想いがストレートに伝わってきます。

家族、恋人、片想いの相手等々・・・。

頭の中に想い描きながら、この曲を聴くと、本当に涙がじんわりと出てきます・・・。

特に♪瞳を閉じれば~の部分は共感できる人も多いはず!?

この曲や南風が収録されているアルバム「ether」はオススメです!

南風なんかは、ジメっとした、この季節に、爽やかな感じがナイスナーイス!!


そういえば、我らがシガキマサキくんの新曲もとってもいい曲でした。

シガキ君の番組「黄昏フリーク」で流れてました。すぐに「良い曲!」ってメールしたら、まだ発売されるかどうかは分かんないって言ってたけど・・・。

二次会で「大丈夫」を歌ってもらって、もうすぐ1年か・・・。

早いものですなぁ・・・。


髪を切る

テーマ:

お休み日曜日ももう後半戦終盤。休みは毎週来るものの、「充実したなぁ」っていう休み方をしてるのか??

休みの過ごし方って結構難しい。何も考えずに、のんびりダラダラするのもいい。どこかに出掛けるのもいい。でも、朝起きて、「今日は○○する日にしよう」って決めることが大切だと感じるなぁ。ダラダラするなら、今日は一日ダラダラする日にしよう!なんて。


さてさて、今日のお題は「髪を切る」。

以前なら当たり前のように月に一度は切っていたのに、こっちに越してきてからは、なかなか切れなくなってきています。

まぁ、今住んでいる所で探せばいいのだけど、なかなか腰が上がらなくて。結構、こういう人居ますよね??熊本市内のお店まで、片道、高速飛ばして1時間40分。髪の毛を切るだけで、その時間、高速代、ガス代を費やすのは惜しい。何か、市内で用事がある時に「ついで切り」をしていましたが、Cocoが生まれてからというもの、そういった時間もなかなか無いので、3月に友人の結婚式に時に切ったまま、伸ばしたい放題でした。

さすがに、この季節、むさ苦しくなり、切りたいなぁ・・・と。今週末市内まで出掛ける予定があったけど、ボツになったので、仕方なくうちの相方さんに切ってもらうことに。


以前購入したはずの梳きばさみが見つからず、結局普通のはさみで。

鏡を見ながら、「そこはこうやって」「横は、1㎝くらい切って」・・・と相方さんの奮闘を見守りつつ(?)小一時間。

時折、失敗したのを見ながらクスクス・・・。

オイオイそこは!そういう切り方じゃあないでしょう!!!!!

バッサリ切って、キレイにそろった髪を見てゲラゲラ・・・。

まぁ、いいか・・・。


やむなくやってもらった散髪屋さん。結構、いい感じ。

こういう時間もいいかも・・・と感じたお休みでした。

でも、この散髪屋さんがしばらく続くのはどうだろう・・・???


追伸:

①いやぁ、Cocoが生まれて初めての父の日ですよ。遠く離れた友人にメールを出し、その返信にそのことが書いてあったので「あぁ!」と思い出しました。今まで、自分の父親を祝ったことなんかあんまり無いけど、やっぱり自分が父親になってみて、お祝いされるとうれしいだろうなぁ、ありがとうって言われるだけでもうれしいんだろうなぁ・・・って思いました。そういえば、去年はアロハシャツをプレゼントしたなぁ。皆さん、お父さんお母さんを大切にしましょうね。

②大学時代からの友達に男児が誕生!!入院から僅か5時間で出産とは超、超安産ですなぁ。まずは、おめでとう。今からが夫婦としてのセカンドステージですぜ!

時雨-しぐれ-

テーマ:

もう土曜日も終わりに近づいていますな。

みなさんは、この週末いかがお過ごしでしょうか?

館長は、今日冷蔵庫を買いに行って来ました。家族が増え、大学入学時に購入した冷蔵庫では、3人分の食料を保存できないという嫁さんの主張が認められた訳ですが、まぁ色々な種類があるようで・・・。

店員さんは、えらく自動製氷器付きの冷蔵庫をオススメしていましたが、内心「いや、あんまり自動製氷器には拘っていないんですが・・・」と思いつつ・・・・結局その冷蔵庫を買ってしまいました。買い物って難しい。


さて、今日のお題は「時雨-しぐれ-」です。

まぁ、世間一般で、そんなに頻繁に聞く言葉ではありませんが、一度は耳にしたことのある言葉です。

私は、なぜかこの「しぐれ」という言葉の響きが気に入っております。

CDのジャケ買い(CDジャケットを気に入って、中身度外視で購入すること)と同じ?ような感じ。その言葉の意味に何かを感じるのではなく、響きが気に入っておるのです。


この時雨の意味・・・皆さんご存じでしょうか?

辞書で調べてみると・・・

「秋の末から冬の初めにかけて、ぱらぱらと通り雨のように降る雨」。だそうな。

雨という文字が入っているため、雨だろうとは知りつつも、秋から冬と季節限定でくるとは・・。

なかなかお主やりますな・・・時雨!

いつも雨なのは、さすがにキツイですが、時々サーッと降ってくれる雨はいいですね。

スコールのように、気持ちの良い雨。何度でも来いって感じです。


夕方に降る時雨・・・夕時雨。これまた良い響き。

しぐれ煮・・・これは美味しい。

時雨って本当に侮れない言葉。


しかも!この時雨には、かくされたもう一つの意味が!それは・・・

涙ぐむこと。涙を落とすこと。また、その涙。

という意味が・・・。これまた素晴らしい!

こんな言葉遊びたまには面白いかも。


「夕時雨 あの人思ひ また時雨」


6月も、もう半ば・・・。早い、早い。アッという間に、7月。プールで浮かれているうちに、通知表書き。そんでもって1学期終了・・・。夏を満喫できるっていう人たち。そのコツを教えておくれ。


最近ビックリしたこと。

1.愛車のドアが閉まらなくなったこと!

2.Cocoの目から鼻から、ミルクが噴き出したこと!

3.うちのクラスの子供にぎょう虫がいたこと!

4.仲の良い先生の遠距離中の彼女がエノモトカナコ似の美人さんだったこと!

5.う~ん・・・・・・最近ビックリしたことが、意外に少ないこと!!


もっと毎日頑張らねば!!

自分を変える

テーマ:

ようやく公開研が終わりましたが、今週は教育実習生の研究授業。今回の教育実習生は京都から。

明るく、元気な学生さんです。熊本では有名なバレー名門校の出身者で。体育会系出身者ならではの底抜けの明るさと、バイタリティー溢れる若人です。自分の教育実習の頃が懐かしい・・・。

うちのクラスで実習しているので、頑張らねば!!


さて、今日のお題は「自分を変える」。

自分の性格や考え方を変えるのは凄く難しい。髪型や洋服を変えるように簡単なものではない。

でも、自分を変えることが必要な時。

例えば、自分の考え方を大きく異なる人と一緒に過ごす、仕事をする、スポーツをする等々・・・。

学生の頃は、ちょっと苦手だなぁ・・・と感じれば、自分から距離をとって相手にしないようにする。

そうすれば、色々と考えなくて済んだ。


でも、社会に出てからはそうはいかなくなった!

仕事する上で、1人で仕事をやっていくことなんか、驚くほどに少なかった。

例えば、職人さんの世界なら、自分にこだわって、最後まで自分の信念を貫くことができるかもしれない・・・。

仕事の上で、自分がこうだ!って考えてても、相手がそうじゃなくてこっち!って言ってくれば、やっぱり少し考える。そこで、お互いが納得できるまで話し合い、その上で結論を出すならいいけど、意見を押しつけてくる人や自分がこうだと決めたら、頑として意見を受け付けない人もいる・・・。

やり辛いなぁ・・・と感じてしまうと、後は坂道を転がるように、その人のことが苦手になってしまう・・・。

きっと、今までなら、そこから逃げ出して、楽な選択をしていただろう。

でも、これからの長い人生、そんな人と何人出会っていくだろう。

10人、いや100人・・・もっとか??


「自分を変えてみよう」

もっと相手のことを見てみよう。

もっと話をしてみよう。

もっと、もっと頑張ってみよう。

そしたら、何かが変わるかも。

変わらないかも知れない。でも、変化を期待せずにいるよりは、変化を期待して、自分が頑張るほうが毎日楽しい・・・と思う。


大学を出てから、もう7年が過ぎました。

この7年間で、ちょっとは変われたでしょうか??