久々にキャンプ行くぞ

テーマ:
{44212904-A5F6-4843-8872-24B3727A96AD}
ってことでベーコンの仕込み。
{5F7B8CA5-AE51-4970-827B-F6CC6EE88940}
こーゆースジや余分な脂は
綺麗にお掃除♪
{FDAF30EB-8021-4BB9-844A-AD1F885D0604}
このスパイスたちを〜
ちゃんと肉のヒダまで
すり込むべし!
{83032615-5E31-47B1-974C-B9B011C1AB40}
計算したら、
これまでに400kg以上、
なんと3000本のベーコンを
作ってきてた!
{7F421054-A4DB-4CB6-A162-19D3CE7E510E}
今回のはいつものより長さ半分ね。
毎日揉んで染み込ませます。
塩抜きが一番難しい。
美味しく出来ますように
{BF479979-074C-4497-AC07-7EF0AEC8C382}
こんな大自然のキャンプ場。
{A0A7C8BF-0C92-4269-9FEE-B8CB7BB910A3}
敷地内のカフェ。

20人用のコテージで
定員に余裕があります。
今週末、お天気は晴れや曇りで
上々ですね。
参加したい方、連絡してね。

マモさんは麻雀牌持っていくそうな。
困るなぁもぅ。

AD

中板橋 泉寿司

テーマ:
台風が3つも来襲したあと、
さらに戻ってきてる!
そんな仕入れ状況で、
寿司屋に行くほうが間違ってると
思うけど、
ここでこの界隈のお寿司屋さん
コンプリートだったので、
敢行。
こちらで店を構えて30年以上と言う。
大将がしきりにネタが少ないことを謝ってくれる。
あるもので刺し盛りをお願いして、
クラッシックラガー(チェイサー)と
月山で乾杯。
{FB8DE451-5CDA-4612-8DAC-DBCA37E7EFFF}
即席でイカの肝を溶いて
つけだれを作ってくださったり、
漆とガラスで出来たおちょこを
セレクトしてくれたり、
{0790C3D1-1B67-4453-AB7C-97F08C632E18}
一見の私たち夫婦に
とても親切にしてくださった。
イカ、タイ、ホタテの3点盛りのほか、
{01976D13-ED83-4702-9BC0-C62791EDCFEB}
ギョクのつまみと、
にぎりで赤貝とアナゴ。
{3AB59E18-3817-4114-9798-8B91FF6BB28F}

{3B3CEF2D-B567-4EFE-A362-C3075E09D3E4}
シャリうまい、
元寿司屋に居たマモさん曰く、
にぎりの技術もいい。
お会計2人で
4500円はかなり良心的。
今度は海が時化ってない時に
来よう!
だって美味しかったし、
上にぎり2000円以下、
コースも3000円からあって、
お得感満載。
{F9FE8AF8-FFF2-4731-90CF-6D01630898DF}

{EE11397C-8EB7-4B05-B858-046C71C87022}

泉寿司
板橋区弥生町34-1
03-3972-2308
火曜定休



AD

蒲田の角打ち

テーマ:
占いのお客様のMちゃんに紹介した
角打ち店でここだけ店名と詳細を
伝えられなかったので、
別サイトで以前書いたレビューを
転載しておきます。

阪口酒店
(さかぐちさけてん)
大田区南蒲田1-6-15
{5D0B433E-B6FF-42E5-91B2-667FE3C0667B}

{D9A1A0A3-D404-4C20-A440-C34087B51B3F}

{D9534DB3-CE71-4E0D-AF11-B3CAA25E6B2D}

京急蒲田で所用ができた瞬間に、
駅近の角打ちって事で、
ここに行こうと決めて、
早くこの日が来ないかな、と
心待ちにしていた。
角打ち大先輩のレビューで、
たこ焼きが有るのを知り、
生ビールでくじが引けるとの
情報を得て、
かまし焼きなる
名物メニューの由来を聞いてみようと、
目的をたくさん持って来店。
店頭にパラソル付き
ガーデンテーブルセットがあって、
思ったより小洒落てる?
蚊取り線香の匂いが
懐かしい。
おばあちゃんちの庭先の縁台に座っているようで、
気持ち良い夜風に
角打ちだという事を
すっかり忘れてしまった。
缶チューハイは
店頭価格にプラス50円で。
私はもちろん生ビール!
くじはうっそー?
惜しくもウーソウで外れでした。
当たると生ビール2杯だったらしい。
蕎麦を食べてきた後なので、
お目当のカマシ焼きを
3人で一枚お願いした。
甘めのソースがたっぷりかかった
トロトロのお好み焼き。
ちょっと富士宮のお好み焼きに似てる。
具が面白い。
イカ、タコ、ウィンナー、
魚肉ソーセージ、
ちくわ、エビ、キャベツ、
揚げ玉、
なんでもかんでもぶっ込んで
カマしちゃえ、と
競艇用語から名付けたそう。

満足満足。
気の良い店主にも惚れましたよ。

でもなんでここいらの角打ちでは
常連さんが店主の事を
「社長」と呼ぶのだろう。
そんな掛け合いも微笑ましくて、
居心地最高に良かったです。
次は焼きそば入りの
「大カマシ焼き」を食べに来よう。

AD