選手対談インタビュー from マネージャー

関東学院大学 硬式野球部


テーマ:


こんにちは!
第三回選手対談をお届けしますニコニコ

第三回の対談は、
【学生コーチ × マネージャー対談】

左から、
学生コーチ佐々木龍太郎(4年・盛岡中央)
学生コーチ清水仁(4年・岡山理大附)
マネージャー泉圭(4年・興南)

{E2016FC8-9B95-4A6F-BF9A-1F454937EE94:01}


(以降の表記、
清 : 清水仁、佐 : 佐々木龍太郎、泉 : 泉圭)



オープン戦で、A戦では清水さん、B戦では佐々木さんがベンチに入っていますが、学生コーチ目線でチームの雰囲気などはどうですか?

佐 : みんな頑張ってるのが伝わってくる!頑張ってるからこそ、結果を出してほしいなっていう気持ちが強いかな。
清 : そうだね!頑張ってほしいっていうのもあるけど、俺はベンチに入ってるとどうやったら勝てるかっていう組織的なところに目がいくかな。


マネージャーとして、気を付けていることはありますか?

泉 : チームが楽にスムーズに練習が出来て試合を進められる、こういったスケジュールを組むのがマネージャーの仕事だと思う。選手に余計な負担を与えずに、練習も試合もやっていってもらえたらなって思う。
清 : マネージャーは本当に良く仕事をしてくれるよね!
泉 : いやぁ学生コーチには頭が上がりません!笑


学生コーチとして、ベンチに入っているときに気を付けていることはありますか?

清 : とにかく選手が見えない情報を選手に出すことかな!その情報をもって、選手が戦いやすいように意識してる。


選手を見ていて、選手の意識は変わってきていますか?

佐 : 練習メニューをこなす前までは、口ではキツイーとか無理ーとか言うけど、やる時はちゃんとやるよね!
清 : それは誰が言うの?
佐 : んー。特に3年生かな。笑
清 : 4年生は?
佐 : 4年生はあまりそういうことは言わないな。自覚が出てきたのかな?
清 : ひっぱるっていう気持ちがね!
佐 : うん!自分たちがやらないと、後輩たちがやらないっていう気持ちがあるんだと思う。


男子マネージャーは6人いますが、それぞれ役割りはありますか?

泉 : 下の学年への引き継ぎへ入ってやることが分かれてきて、1人1人が自覚を持って、それぞれの仕事をやっているかな。上下関係もあまりなく、サポートしあって上手く6人でやってる。


リーグ戦では、どのような気持ちで一緒に戦っていますか?

佐 : 俺はスタンドで応援してる時、選手と同じ目線に立っている。例えばピンチだったら一緒に守ってるつもりだし、バッターだったら自分もバッターボックスに立ってる気持ちになって、そこでの緊張感を一緒に味わってる。
清 : めっちゃ緊張するよね!笑
佐 : めっちゃする!笑
清 : 俺はベンチに入ってるけど、ベンチで見てられないもん!ピンチの時とかは、本当に見れないくらい緊張するから、ベンチ裏に隠れたりとか!笑 だけど、自分が練習をやらせているわけだから、しっかり選手が戦ってる姿を見ようと思って、見届けるようにしてる。それはマネージャーも一緒だよね!
泉 : そうだね!


オフの日は、何をして過ごしていますか?

清 : 俺はこの間焼肉食べに行った!他の大学の野球部の人と、正木(2年・筑陽学園)と!あとはウィンドウショッピングとか。
佐 : 俺は勉強かな!笑 工学部は勉強が大変だからね。


良く一緒にご飯に行くメンバーは誰ですか?

泉 : オフの日で学校がある日は、大学の友達と行くことが多い!
佐 : 俺は4年生が多いかな!例えば、篠原(4年・日大藤沢)、今崎(4年・駒大苫小牧)、和田(4年・北海)とか。


それでは最後に、秋季リーグ戦の意気込みをお願いします!

清 : 最高目標は、やっぱり日本一だよね!けどまずはリーグ戦優勝して、関東地区、全日本に出たい。
佐 : うん、そこからだよね!まずはリーグ戦優勝!
泉 : 大学での野球生活は高校と比べると大変な事ばかりだったけど、四年間共にした仲間がいたからここまでこれたなって思う!だからこそ、最後のリーグ戦絶対優勝して、全日本に出たい!

ありがとうございました!




対談をしてみて、チームに対するそれぞれの熱い思いが伝わってきました。
学生コーチとマネージャーという裏でのサポートがあってこそのチームなのだと改めて感じました。


それでは、次回の対談をお楽しみに!☆



インタビュー : 3年マネージャー高島



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

関東学院大学硬式野球部さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。