1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-11 00:54:54

9月の羅針盤情報

テーマ:羅針盤情報 by 五行チャネラー

9月7日丙申年丁酉月「白露」からの
五行チャネラー的羅針盤情報です。

 

~~~~~~
 

9月:

map

8月=「丙申年丙申月」でした。
年の干支と月の干支が同じで、どちらも「陽の干支」の並び。

 

そして9月は「丙申年丁酉月」。
年の干支と月の干支は同じ「火と金」の組み合わせですが、

 

「年=陽の干支、月=陰の干支」
 

という裏表の組み合わせ。

 

「自分の欲する方向に進んでいくモチベーションが高まるが、
 単に表面上行動的になるだけではなく、
 精神的な内側の充実感も伴って、
 外側も内側も自分の進みたい方向に舵を切っていく。」

 

そんな状況が生まれやすいのが、今月9月です。

 

むやみに欲しがるだけではなく、

「どうして、それが欲しいのか?」
「それを手に入れたなら、自分はどのように変わるのか?」

 

そんな、
「精神的な成長の糧」につながることも生まれやすくなります。

 

そして、9月のエネルギーの強さは、
「心地よい程度のプラスの強さ」
なのです。

 

+++++     +++++

 

考えてみれば、
2016年も残りあと4ヶ月程度。

 

残りわずかとなった2016年をより充実したものにするために、
「9月に一歩でも先に進めておくこと」
は、賢い在り方かも知れません。

 

誰かのせいにすることはできません。

 

誰かが決めてくれるのを待つばかりでは、
せっかく自分で磨くことのできる
「主体性」は、
くもってばかりで光り輝くチャンスを逃してしまいます。

 

自分が考え、自分で決めて、
そして自分から行動を起す。

 

そんな姿勢は、
いつだって心惹かれるオーラを纏うものなのです。

 

~~~~~

 

Smart Spiritual is My life.
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-08-08 00:51:36

8月の羅針盤情報

テーマ:羅針盤情報 by 五行チャネラー
8月7日丙申年丙申月「立秋」からの
五行チャネラー的羅針盤情報です。

~~~~~~
8月:

map


7月は、
ホッと一息つけるような「五行のバランスが整う時期」でした。
明けて「立秋」の8月は、
ふたたび「五行のバランスが偏る時期」になります。

8月=「丙申年丙申月」
年の干支と月の干支がまるっきり同じ。


ストレートに、分かりやすく、
物事の変化が起こりやすくなっていきます。

体調の変化には、くれぐれもご注意を。
特に、ご自身の四柱の中に、
五行の「火」の干支=丙、丁、巳、午
を持っている方々にとっては、
5月や6月と同じような体調面での注意が必要です。
(これは、私自身にも当てはまるのですが・・・。)

暑く、熱くなったら、クールダウンを速やかに。
傷口が広がり出血が激しくなる前に、冷して傷口の血管を収縮させて、
少しでも食い止めましょう。

軌道修正は、即座に、速やかに。

「さらに状況を確認して・・・」なんて言ってる間に、
取り返しがつかない位まで事態が進んでしまうのです。

「迷わずに一直線に、それが欲求する方向に向かっていく」
そんな
「大胆で熱いエネルギーの流れが発生する」
のが、この8月なのです。


+++++     +++++

ここまで書いてきて、ふと思いました。
「今上天皇の生前退位」
に関することです。

「天皇のお気持ち」という形での発表は、
「8月8日 15時」とのこと。
おそらく、
何らかの計算が働いた上での
「8月8日 15時の発表」が決定されたことは言うまでもありません。

「政治的、社会的」というタイミングの計算があるにせよ、
それよりも「暦的」なものを重要視したのではないかと思うのです。

「絶妙なタイミングで公表して、速やかに生前退位の方法を決定し、
 今上天皇の負担を軽減したい」
そのような宮内運営側の意図があるようでなりません。

+++++     +++++

いずれにしろ、
「年月の五行のエネルギーが一直線にそろい、変化に向かって進み出す」
ことには変わりがありません。

自分の感覚を頼りに、
自分が望む方向にハンドルを切ってください。
前をしっかり向いて。


後ろは振り返るのではなく、
「バックミラーをチラ見」
で充分なのです。


~~~~~

Smart Spiritual is My life.
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-10 01:23:36

7月の羅針盤情報

テーマ:羅針盤情報 by 五行チャネラー
7月7日丙申年乙未月「小暑」からの
五行チャネラー的羅針盤情報です。

~~~~~~
7月:

map

今年の5月と6月は
5月=「丙申年癸巳月」
6月=「丙申年甲午月」
となり、
「年の干支の五行」と「月の干支の五行」に
「火」
が重なって現れる2ヶ月間でした。


「火」が重なって現れるときなど、
もともと自分自身の生まれ持った四柱の中に「火」が多いと、
五行の「火」が大過することになり、
それによる影響が少なからず出てきます。

実は私は、
自分の四柱の中に「火」の要素をすごく多く持っています。
ですので、5月と6月は自分の体調の面で、
これまでになくキツイ状況になりました。

それには、年齢的なものも関係してくるとは思います。
今までは、
何とか自分のカラダの調節機能でカバーできていたものが、
調整機能の範囲を超えてくるようになってきたようです。

+++++     +++++

五行の「木・火・土・金・水」のどこかに
それらの要素を3つ以上自分自身の四柱に持っている人は、
巡ってくる年月の五行の要素により、
それらが大過することになります。

その大過する五行が自分自身の変通のどれにあたるのか?

これによっても、影響度が違ってくるようです。
「比肩」や「官」に大過するのか、
それとも「財」や「印」、「食傷」なのか・・・。

カラダに「外科的」な変化が現れるのは
「比肩」や「官」です。
その反対に「内科的」な変化は「印」。

+++++     +++++

私のカラダを例にすると次のようになります。

「火の比肩」に星が固まっているので、
火に関係する「血液」や「心臓」に要注意となります。
それに、「火」が強くなるので、
剋する「金」=「肺」や「腸」にも注意が必要です。

心臓がバクバクするような動悸、息苦しさ。
息苦しさは肺を剋することにも関係しているのかも知れません。
そして、
「血液」が肛門周辺にうっ血する=痔を発症。

もちろん、このようになってしまうのは、
今までの生活習慣にも関係することは確かです。

発症するタイミングやカラダの部位と変化の種類。

これらが総合されて、
確実に体調の変化として現れてくるのです。

+++++     +++++

そんな6月を何とか乗り切って、
7月は「乙未月=木・土」という
絶妙な五行のバランスとなります。


そして、その月のエネルギーも
「穏やかさの中にも明るく陽気な雰囲気が漂う」
という、これも絶妙な十二運が重なります。


こんな7月は、
「自分自身のココロとカラダのメンテナンス」
にしっかり宛てたいですね。


ストレスが溜まって爆発してしまう前に、
うまく息抜きすることは、長い人生の道のりの中で
やっぱり重要なことなのです。

~~~~~

Smart Spiritual is My life.


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。