2005-10-06

140.待ち合わせ

テーマ:彼女じゃない恋愛

早起きをした土曜日、彼と12時に京都駅改札で待ち合わせるため余裕もって準備を始める。

だけど私は1分遅刻魔。

どんなに余裕があったって、何故か出かける時にはギリギリバタバタだ。

最寄り駅まで走るが目の前で電車の扉は閉まる。

「あ・・・・」

彼に電話をすると、間に合わないと思ったら間に合わないかもしれないという連絡を入れろと怒っている。

普段、そんな連絡をしない人に言われたかない。

私がさっき見送った電車に乗れなかった所為で、彼の電車の乗り継ぎが上手く行かなくなったらしい。

ま、これは、彼の待ちたくない精神が大いに働いている結果なのだけど。

A型男が念入りに立てた計画が、バラバラと崩れていく音がする。

「とりあえず、30分くらい待てる?」

そう言われ、京都駅改札で待つことになった。


電車を降り人の流れに流されながら改札を出る。

目的の場所まで行きたかったのだけど、オチビの私は人の流れから出れずに分けの解からない所まで流された。

到着早々、迷子である。

次の電車が来る前に、改札へと急ぐ。

周りを見渡すと、1本の柱につき2人が携帯を弄りながら待っている。

キヨスク前に立っていた私も、あの柱が欲しいと思ったが定員オーバーのようだ。

そのまま彼を待つことにする。

あと、20分。

人を待つ人を観察して、真似をしてみようと思った。

必死で打ち続けるあのメールには何が書かれているのだろうか。

すると抱きかかえる鞄がブルブルと震えた。

<今から乗り継ぎ。あと10分くらいでつくよ>

彼からのメールだった。

みんなこんな状況確認しているんだろうか。

待ってる間もこうやって会話出来るって、やっぱメールすげぇーと感動。

が、電車に乗っているであろう彼からはそれから1通も連絡はなかった。

あぁ、彼って真面目だなと凹みながら再確認した。


ボーっと人を観察するのも飽き始めた。

心の中ではあるタイマン勝負が繰り広げられている。

あいつの相方より、彼が先に来る、絶対。

あんなに焦って貧乏ゆすりしてる奴になんかに負けるかなどと、勝手に彼を応援する。

彼は知りもしないでゆったり電車に揺られているだけだろうが。


「おぃ!ごめんな」

勝った。

遠くから彼の声が聞こえる。

だけど私はそんな彼の言葉を無視する。

「おぃ!怒ってんの?せのりさん?」

「待った?はないの?」

「本気でやるん?」

「うん」

「・・・・ごめん、待った?」

「うぅん、今来たとこ」

「・・・・いや、俺、お前が30分待ってんの知ってるんやけど」

「うぅん、今来たとこ」

「はぃはぃ、ほら、いくぞ!バスの時間あるから」

私の寸劇は幕を閉じ、手を引かれ連れて行かれた。


「バス乗るの?」

「うん、ほら、時間ない、ちょっと早歩きできるか?」

急いでバス乗り場に向かうと、また目の前でドアは閉められバスは通り過ぎていった。

「お前の所為や」

「マジでか!?」

「ま、いいや、ゆっくり行こか」

喫煙場所まで移動し次のバスを待つことにした。

煙草を吸いながら、彼は私の髪型を直したり服のズレも直していた。

迎えでも待ち合わせでも彼は、まず私のチェックをしないと気がすまないらしい。

「何?お前キモイくらいテンション高くない?」

「ん?楽しいよ」

「電車乗り遅れてバス乗り遅れて楽しいか?」

「楽しい」

「変な奴、俺は最悪や」

「一緒に居れて嬉しい」

「そうやな」


多分、初めての待ち合わせは私にとって最高の時間だった。

時間ばかり気にする彼のタイミングを崩して私に目を向けさせるのも楽しい。

決してわざとではないけれど、計画通りに行かないと私を見てくれるから嬉しい。

「お前の所為やぞ」って言われても、嬉しい。


次のバスが来た。

バスに乗り込み二人がけの席に座る。

男の人と座ると席が狭いって事、初めて知った。

半分身体が席からはみ出ている彼を見て何だかくすぐったかった。

「ねぇ、これから何処行くの?」

「ん?お寺さん」

「ふーん、楽しい?」

「さぁ、どうかな。俺はそこ行くの4回目かな」

「いっぱい行ってるんやね」

「ちょっと遠いけど頑張るんやで」

「うん」

何処へ連れて行かれるのか…。

ワクワク、ドキドキで、私のテンションは最高潮だ。



← 139 ]  [ 目次 ]  [ 141 →
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■> tallmochaさん

この記事書くのはちょっと不安でした。ほら、昭和の人丸出しじゃないですか。この台詞の有効期限は中学の頃に切れてましたからね…。あの頃出来ずにいた念願でした。学生恋愛をしてきた彼にとっては今更の恥ずかしいものだったように思います。
今もこんな寸劇をするカップルっているんでしょうかね?私はまだまだこういうのやってたいんですけどね。本当共感してもらえると嬉しいかも。

3 ■> miumiu-0302さん

待ち合わせだけでここまで引っ張る記事になるとは自分でも思いませんでした。本当は次の記事と一緒に書くつもりだったんですが、あまりに思い出深いものだったんで…。
私もM仲間っすよ!偶に、Sにもなりますが、結局立場逆転して苛められてます。…って何の話っすか!?(笑)

2 ■「待った?」「今来たとこ」

近いことやったことあります。
てか、いつも私が待たされた(@神田川の世界)ので男が発するから可愛くないんですけど…。
やっぱり、みんなやりたいと思うものなのかな、と少し嬉しくなったり。

1 ■かわいい!

何かメッチャ想像できる光景です☆
せのりさんカワイイ!!!
私もよく遅刻するんですがその度に
お前の所為!って言われるのが何か
嬉しかったです。
私かなりのMなんで・・・。ww

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。