2005-08-23

110.笑顔に会いたい

テーマ:彼女じゃない恋愛

性格だろうか。
人は幸せを手にしようとする時、大きく分けて2手に分かれると思う。
1つは、自らを向上させる者。
1つは、相手を蹴落とす者。
私は今どうすることで幸せを感じられるのかが解からなかった。


彼は不定期にメールをくれた。
いずれも疲れているようだった。
そんな彼を見て何故か腹立たしかったのだ。
私も仕事で疲れていると言ってやりたかった。
先に言われてしまうと、励ますしかないもの。
あまり連絡のない彼に、先に私が言えるチャンスは幾らでもあったが、私は言わなかったんだ。
言わなかったのだから腹を立てるのは筋違いなのだけれど、腹立たしかった。


もっと、話せる事があると思っていたから。


沢山聞きたい事があって、沢山知りたい事があって、だけど疲れているという理由で答えは返ってこない。
話したくないのだろうかと捻くれた。
ため息一つで諦められた。
そうこれは知る必要なんて何処にもなかったと。


<疲れたー。毎日ベッドから仕事場への往復。死にそう>
<死ねばいい>
<死んだら抱きしめられなくなる>
<生きてても抱きしめられないじゃん>
<生きてたらいつだって抱きしめられるよ>
<オヤスミ、寝るんでしょ>
<冷たいね>
<オヤスミ>
<オヤスミ>


彼に冷たく当たった。
癒されようなんて考えるなボケ。
そんな風に私は思うようになっていった。


<やっと仕事終わった。毎日家帰ったら蛙のようにひっくり返ってるよ>
<あっそ、鳴いてみれば>
<ゲロゲロ…オヤスミ>


何故か彼は、そんな私に文句を言わなくなっていた。
そして不定期のようで規則性を感じさせるメールを彼はくれた。
毎日ではない、二日に1回でもない、何とも不思議な感覚で。
それがまた私の機嫌をそこねたのだけど。


<元気か?>
また私を見透かしたように彼は聞いてくる。
<元気>
<それはよかった。俺は元気じゃないんやけど>
<お疲れさま>
<早くお前を抱きしめたいよ>
<そう思うなら今すぐくればいい>
<ごめん、怒ってるか?>
<怒ってない>
<側に居てやれなくてごめんな>
<別に大丈夫>
<俺は寂しいよ。せのりが元気で居てほしい>
<元気>
<そうか。ずっとお前のこと想ってるよ>
<そう>
<感じてくれてる?>
<解からん>
<俺、めっちゃ元気になるねん>
<元気ないんじゃないの?>
<もう1ヶ月出してないから元気でしゃぁない。ふにゃチン解禁!違う!?>
<馬鹿じゃん?>
<お前のこと考えてるよ。寂しくなる>
彼とのメールで心に温かさが戻るのを感じる。
<私も、寂しかった>
<早く会いたい>


彼も同じ様に苦しめばいいと思った。
私でなくても癒させる人は居るそんな風に思った。
彼が元気になると腹が立った。
誰に癒されたのかと問いたかった。
私は誰にも癒されず、こうして我慢しているのにと思った。
彼が本当に苦しそうだとホッとした。
だけど、どこかでまた苦しさが訪れた。
だからもっと彼を苦しめた。


彼の笑顔がみたい。


心のぬくもりでやっと気付けた幸せの光。
だけど、やっぱりちょっとまだ寂しくて、私は彼を困らすのだ。
元気になれなくて、彼の笑顔がみれなかった。
元気になりたかったけど、彼の元気がみれなかった。
彼に元気がないからだろうか、私に元気がないからだろうか。
元気の源はどこなのだろうか。


キューっと胸が痛くなる。
寂しさが幸せをつかみそこねる。
幸せは難しい。


私は、寂しさを抱えたまま眠った。
彼は、どんな想いで目を閉じたのだろう。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■> キンキンさん

でも、そんなあまのじゃくも自分の今まで安全な防衛策だった、よね。
「素直」は万人には受け入れられなくて、トラブルを避ける術だった。
素直な全てを受け入れてくれる人が側にいるのに、信じられていないのかな・・・。
自分のあまのじゃくに笑ってくれなくて、幸せのがしちゃったよ・・・。

思い込みかもしれないけど、怖いもんね、やっぱり。

それ、すごい解かる気がします。
その「どこまで」ってところ、私も煮詰まるくらい考えますもん。
彼の気持ちは聞かなきゃ解からなくて、聞いても本当なのかと信じられなくて・・・。
「私、彼女みたいじゃん」なんて、一歩下がったところから自分眺めて、境界線引いてる。
私はね、踏み込みどころは自分で決めてる。
たとえ彼が彼女じゃない自分に彼女みたいな許しを与えたとしても、踏み込まないって思ってます。
彼女になってから・・・そう思っています。
偶に不意に踏み込んで落ち込んだりしちゃうんだけどね。
また逆もあって、浮かれたりしちゃうんだけどね。
気まぐれかな、自分の境界線を越えたらまた戻ります。
ポリシーってわけじゃないけど、そう決めてます。

3 ■> hitomiさん

これが、彼に出会うまでの私ってところなのかな。
ずっと、こんなでした。
こんな性格で10年以上生きてきて、彼と出会って数年で一気に変わった。
本当、偶に昔の自分が出てくるんですよね。困ったものです。
どっちが本当の自分か解からないけれど、私も素直な自分が気に入っているので、素直な自分ってのを確かな本物にしたいと思ってます。
あぁ~、でもコントロールできなくて可愛くない自分が出てきちゃうんだよね~。
相当根深い性格かも・・・。

2 ■あまのじゃく

みたいに、ホントのことと逆のこと
よくやっちゃいます(-_-+
好きな人の笑顔1回見たら、それまでのマイナス、全部チャラ!

そんだけで幸せ!!

「あたしばっかり」って思ってたけど
それって自分の単なる押し付けやったんかも。と思うこともしばしば。

ミスチル兄さんの生活に、
あたしは踏み込んじゃいけないな、
あたしの知らないミスチル兄さんの世界には
入っちゃいけないなって思うことの方が多くて
どこからどこまであたしがいていいのか
わからないって感じでした。。。

1 ■無題

もぉー。素直になってあげなきゃ。
私も、元彼には結構偽ってるけどね。でも、冷たい態度はとってないよ。戻ってきて欲しいから…元彼の求める人になりたいから。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。