2005-05-15

3.嫉妬

テーマ:彼女じゃない恋愛

私は男友達が好き。

バーテンダーの彼に言ったところで、何が変わるわけでもなかった。

誰かが協力してくれるわけでもなく、ましてや私の心の中の熱い気持ちが大きくなるわけでもない。

ところで、その熱い気持ちとやらは私の中に存在しているのか・・・。

ただ、嫉妬というわけの解からない感情のみがソコにはあった。


いつものように、親友と二人カウンタに座る夜。

こうして過ごす夜も段々楽しくなくなってきた。

親友に紹介するの早まったかな・・・。

車の話、お酒の話、ブランドの話、私には全く興味がない。

くそー、仲間はずれの気分だぜ。

「なぁ、どんな車好き?」

私に聞くか?

その質問を私にするか?

「うーん、ごっついの」

「ごっついって言うても、色々あるやん」

「うーん、いかつくなくて、頼れる系?」

「ジープとかそんなん?」

「え!?」

「だめだめ、この子に車の名前はわからんよ」

あは、あははは、あははははは。

笑っとけ、笑っとけ!

あはははは、あはははは、あは、帰りたい。


親友は楽しいんだろうな。

一向に帰りたがらないな。

電車なくなっちゃったよ。

おーい。

つまらない。

っていうか、今何の話題で盛り上がってんだ?

あんまり聞き取れないな。

あ、この映画知ってる。

つまらないんだよね。

店のスクリーンに映し出された映画は、音もなく誰にも見られることなく進んでゆく。

つまらない、音のない映画を見終えてしまった。

どのくらいの時間、私は会話にも入らずこのスクリーンを眺めてたんだろう。

このスクリーンから目を外して元に戻すのが怖いな。


「俺、上がりやからそろそろ帰ろうか」

帰る!?

うんうん、帰ろう。

早く帰ろう。

「おぃおぃ、ちょっと待てって。そろそろやけど、まだやから・・・」

早く、終わらせな、私は外で待ってるよ。

店を出る私の背後から「変な子」って言う言葉が聞こえてきたけど気にしない。

親友さえついてこなかったことも気にしない。


あ、出てきた。

男友達と親友が並んで歩いている。

走れよ。

ムカツク。

「何か用事あったんか?」

「別に」

楽しくないだけだよ。

車の鍵が開く音がする。

私は直ぐに後部座席に乗り込んだ。

男友達が運転席のドアを開け、荷物を私に手渡しいた。

親友は助手席のドアを開ける。

私はいつも思う。

なんで、私の隣ではなく、助手席に座るわけ?

私はいつもいつも、二人の背中を眺めてた。


バーの映画のようだ。

二人の会話が聞こえない。

確かに、目の前に居るのは私の友達なのに。

左は中学からの親友で、右はカッコいいからって私が逆ナンした男。

そんな関係のない二人の笑い声だけが聞こえてくる。

この車の椅子気持ちが良いな。

目をつむったら眠ってしまいそうだ。


家の前まで送ってもらって、早々と自分の部屋へと駆け込んだ。

携帯がなる。

「ごめん、やっぱ用事あったろ?」

男友達からだった。

「別にって」

「何か怒ってたっぽいし」

「別に。今度遊びに行かへん?」

「二人で?」

「何か問題でも?」

「え!?」

「この間のデートの子とうまくいってんの?」

「ま、ぁ・・・まぁかな」

「よかったやん。応援してるで。別に友達同士が遊びに行ったって問題ないやろ」

「まぁな、じゃぁ今度の休みに映画にでもいくか」

「うん」


ひょんなことから、男友達と遊びに行くことになった。

とことん私は意味が解からない。

何がしたいんだろう・・・。

恋とかそういうんじゃない、ただ、私の友達なんだってこと。

親友に取られたくない、そう思った。




← 2 ]  [ 目次 ]  [ 4 →
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。