岡山県井原・笠岡・浅口・矢掛の就業規則が得意な社労士せのじむのなせば成る

100人以下の会社向けに就業規則の作成や給与計算、採用面接のアドバイスなどをしている社会保険労務士の妹尾悟です。どうぞよろしくお願いいたします。

「社長さん、月に一度は『経営の点検日』と決めて、

仕事の手を休めて、自社の経営を見直してみませんか?」


井原・笠岡・福山地区で唯一、経営の原理原則を学べる場

(ランチェスター経営株式会社 公認)


「ふくやま・いばら戦略★社長塾」



岡山県井原市、広島県福山市で毎月1回、

小規模会社・起業志望者向けの勉強会を好評開催中


平成28年4~11月のテーマは、

「ランチェスター法則を応用した経営の8大戦略をマスターする」です。


詳細はこちら↓


   http://senojimu.net/category/seminar


お申込みは、こちらからどうぞ↓


   https://ssl.form-mailer.jp/fms/e8251f17117149





テーマ:
皆さん、おはようございます。
せのじむこと社労士の妹尾です。

雨がよく降りますね。
お出かけの際は、くれぐれもお気を付けください。

よく、人生をかえる3つの方法として、
次のことがあげられています。

・ 住む場所をかえる

・ 時間をかえる

・ つきあう人をかえる

このうち、住む場所やつきあう人をかえるのは、
諸事情があってすぐには難しいですが、
(だから、人生をかえることができるのかもしれません
時間をかえることだけは、すぐにできそうです。

「概して、早起き者は長生きし、より出世する」
というベンジャミン・フランクリンの言葉に感化された
フランク・ベドガーは、毎朝5時に起きるようにし、

・仕事に役立ちそうな読み物を学習

・その日にやろうとしている仕事の見直し

・その日に合う顧客ごとにどんな会話をするのか考える

ようにしました。

また、

・毎週土曜日の朝8時から午後1時までをを
「自己管理日」として、

・ 仕事の記録をすべて見直し

・ 最新情報に更新し、分析

・ 次の一週間の計画を立てる

ようにし、「自己管理日」はどのようなことがあっても、
決して動かすことのない時間としたそうです。

「時間をかえる」とは、

どんな状況下であっても、自分の時間として使う信念をもつこと

であると、思います。

私も、早速やってみようと思います。

それでは今日も一日、元気にいきましょう。


私はこうして全米ナンバーワンの営業マンになった―経験ゼロの「落ちこぼれ大リーガー」が極めたセー.../イーストプレス
¥1,404
Amazon.co.jp

★本日も最後までお読みいただき有難うございます。m(__)m
ペタしてね  

↓事務所のホームページです↓
 せのお行政書士・社会保険労務士事務所  

↓医療・介護・福祉が得意な社労士事務所です↓

  せのお社会保険労務サポート事務所  


  にほんブログ村


   にほんブログ村  


↓竹田ランチェスター戦略で経営の原理原則を勉強する会↓

 いばら・ふくやま戦略社長塾

↓井原・笠岡・福山・浅口・矢掛で社労士・行政書士をお探しなら↓

 せのお社会保険労務士・行政書士事務所  

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、おはようございます。
せのじむこと社労士の妹尾です。

暑い日が続きますね。
熱中症にかからないよう、水分補給は
しっかりとってください。

さて、我々、社労士の「夏」といえば、
年度更新と算定基礎届の作成と提出作業です。

年度更新は、先週までになんとか終わらせましたので、
今週からいよいよ「算定基礎届」の仕上げに入ります。

「算定基礎届」とは、
健康保険・厚生年金に加入している人の
実際の報酬と標準報酬月額との間に大きな差が生じないよう
4~6月に支払った給与をもとに、
年1回、標準報酬月額を決定するものです。

健康保険・厚生年金の保険料は、
「標準報酬月額」という、給与の幅で決定しています。

たとえば、

195,000円以上から210,000円未満は、200,000円の
標準報酬月額にしましょう、ということ。

決められた幅から大きく異なった実際の給与額について、
修正をかける作業が「算定基礎届」なのですね。

今日も、一日、元気でいきましょう。

★本日も最後までお読みいただき有難うございます。m(__)m

ペタしてね  

↓事務所のホームページです↓
 せのお行政書士・社会保険労務士事務所  

↓医療・介護・福祉が得意な社労士事務所です↓

  せのお社会保険労務サポート事務所  


  にほんブログ村


   にほんブログ村  


↓竹田ランチェスター戦略で経営の原理原則を勉強する会↓

 いばら・ふくやま戦略社長塾

↓井原・笠岡・福山・浅口・矢掛で社労士・行政書士をお探しなら↓

 せのお社会保険労務士・行政書士事務所  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、おはようございます。
せのじむこと社労士の妹尾です。

新しい週が始まりました。
今週の私は、講習講師や打ち合わせ、書類作成など
盛りだくさんの週を過ごす予定です。

さて、
日曜日は、雨の降るなか、特別史跡旧閑谷学校で開催された
「日曜論語学校」へ行ってきました。

 

 

旧閑谷学校とは、
1670年、岡山藩主池田光政が創建した、日本で初めての
「庶民のための学校」です。

旧閑谷学校が岡山県内にあったことまでは
知っていましたが、どのような取り組みをされていたのかまで
まったく知りませんでした。

今回、初めて旧閑谷学校の授業へ参加させていただきましたが、
昔の勉強方法は、ひたすら師匠の言ったことを唱和し、暗唱する
方法で行われていたそうです。

旧閑谷学校の「講堂学習」も、そのような、
昔の勉強方法で行っているようです。

初めは意味などわかりません
テキストもないし、メモもとれません。

つまり、目で見て、耳で聞いて、体で覚えるしかない、
そのような方法で勉強になるのかと、思ってしまいますが、
学んだことを会得するためには、習い、実践しなければいけません。

紙に記録するだけでなく、
「学び習うこと」
それを本当の「学習」といいます。

 

・ 皆さんは、学んだことを習い、身につけるようにしていますか?

★本日も最後までお読みいただき有難うございます。m(__)m

ペタしてね  

↓事務所のホームページです↓
 せのお行政書士・社会保険労務士事務所  

↓医療・介護・福祉が得意な社労士事務所です↓

  せのお社会保険労務サポート事務所  


  にほんブログ村


   にほんブログ村  


↓竹田ランチェスター戦略で経営の原理原則を勉強する会↓

 いばら・ふくやま戦略社長塾

↓井原・笠岡・福山・浅口・矢掛で社労士・行政書士をお探しなら↓

 せのお社会保険労務士・行政書士事務所  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さん、おはようございます。
社労士のせのじむです。

毎年、この時期になると、同業の先生方やお客さんから、
「大変ですね」「がんばってください」と、
まるで、私自身受験生になったかのうよな、
お声かけをいただきます。顔文字

と、いうのも、私たち社労士の多くが、この時期、
「年度更新」と「算定基礎届」の2つの業務にかかわって
いるからです。

「年度更新」
労働保険料の支払い額の確定と概算の支払い額を決める

「算定基礎届」
今年9月から1年間の個々人の社会保険料の額を決める

という、お客さまの会社にとって、非常に大事な作業になりますので、
間違いが許されません。

間違わないためには、

・あらためて(素人になったつもりで)
 一から作業の基本を確認

・法改正がないかの確認

・計算対象者、計算対象額(物)の確認

・単純計算ミスの確認

などなど

とにかく「確認」をすることにつきます。

事務所内にも、私の似顔絵つきで、
「とにかく確認しましょう!」
と掲示しているぐらいです。

ということで、今日も合言葉は「確認」で
頑張りたいと思います。

・ 皆さんはお仕事の中で、毎回、確認作業はしていますか

・ もれなく、ミスなくするためにチェックリスト等を活用していますか

★本日も最後までお読みいただき有難うございます。m(__)m
ペタしてね  

↓事務所のホームページです↓
 せのお行政書士・社会保険労務士事務所  

↓医療・介護・福祉が得意な社労士事務所です↓

  せのお社会保険労務サポート事務所  


  にほんブログ村


   にほんブログ村  


↓竹田ランチェスター戦略で経営の原理原則を勉強する会↓

 いばら・ふくやま戦略社長塾

↓井原・笠岡・福山・浅口・矢掛で社労士・行政書士をお探しなら↓

 せのお社会保険労務士・行政書士事務所  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さん、おはようございます。
せのじむこと社労士の妹尾です。

今週も週末に近づきました。
今日は、お客さま訪問1件、出張相談が1件あります。

今日も一日、元気で頑張りましょう。

さて、

その昔、紙がなかった時代、
師匠の教えを弟子たちは、
目で見て、耳で聞いて、体で感じて、
一つも漏らさまいとしていました。

教わる方も真剣であったなら、
教える方も真剣であったに違いありません。

部下から、一挙手一投足をじっと見られている
わけですから。

「部下は、3日で上司を見抜くが、
上司は、部下の能力を見極めるのに3ヵ月かかる」
という言葉があります。

それぐらい、上司は部下から見られており、
逆にいうと、上司は部下に対し無頓着、
とまでは言わないでも、
上司が部下を見る時間が少ない、余裕がない、
ということでしょうか。

人を育てるということは、目で見せて、耳に聞かせて、
体で感じさせて(やってみせ、やらせて)というのが、
古(いにしえ)から現代まで変わらぬ普遍の原理原則
のようです。

教える方、教わる方、どちらも謙虚でいるでしょうか。

★本日も最後までお読みいただき有難うございます。m(__)m
ペタしてね  

↓事務所のホームページです↓
 せのお行政書士・社会保険労務士事務所  

↓医療・介護・福祉が得意な社労士事務所です↓

  せのお社会保険労務サポート事務所  


  にほんブログ村


   にほんブログ村  


↓竹田ランチェスター戦略で経営の原理原則を勉強する会↓

 いばら・ふくやま戦略社長塾

↓井原・笠岡・福山・浅口・矢掛で社労士・行政書士をお探しなら↓

 せのお社会保険労務士・行政書士事務所  

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん、おはようございます。
せのじむこと社労士の妹尾です。

朝晩は寒い日もありますね。
長袖がまだ欠かせません。

ところで、

当事務所のニュースレターは、今月で98号に
なりました。

自己満足かもしれませんが、
開業当初から続けてきたニュースレターが
100号になるまで事業を続ける
という、一応の目標を立てました。

あと2号で達成することができますが、
この目標は、一つの通過点に過ぎません。

私たちの目標は、いかにお客さまに満足して
いただくかにあります。

これからも、ニュースレターともども、
よろしくお願いいたします。

ニュースレターのダウンロードは、
こちらからどうぞ ↓

 http://senojimu.net/category/newsletter

★本日も最後までお読みいただき有難うございます。m(__)m
ペタしてね  

↓事務所のホームページです↓
 せのお行政書士・社会保険労務士事務所  

↓医療・介護・福祉が得意な社労士事務所です↓

  せのお社会保険労務サポート事務所  


  にほんブログ村


   にほんブログ村  


↓竹田ランチェスター戦略で経営の原理原則を勉強する会↓

 いばら・ふくやま戦略社長塾

↓井原・笠岡・福山・浅口・矢掛で社労士・行政書士をお探しなら↓

 せのお社会保険労務士・行政書士事務所  

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん、おはようございます。
せのじむこと社労士の妹尾です。

当事務所では先週から所内で勉強会を始めました。
勉強会の目的は、当スタッフのスキルアップのため、
ひいては、お客様へのサービスの質を高め、
もっと満足していただける事務所になるためです。

この勉強会には、もう1つ副産物があります。

「教えることは二度、学ぶこと」とは、
ジョセフ・ジューベルさんという フランスの文学者の言葉。
(だそうです)

まさに、スタッフに教えながら「二度、学んでいる」私自身ですが、
このような素晴らしい事を独り占めせず、
これを所内のスタッフにも広げていきたいと思います。

★本日も最後までお読みいただき有難うございます。m(__)m
ペタしてね  

↓事務所のホームページです↓
 せのお行政書士・社会保険労務士事務所  

↓医療・介護・福祉が得意な社労士事務所です↓

  せのお社会保険労務サポート事務所  


  にほんブログ村


   にほんブログ村  


↓竹田ランチェスター戦略で経営の原理原則を勉強する会↓

 いばら・ふくやま戦略社長塾

↓井原・笠岡・福山・浅口・矢掛で社労士・行政書士をお探しなら↓

 せのお社会保険労務士・行政書士事務所  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。
せのじむこと社労士の妹尾です。

昨日は子どもの運動会の日でした。
よい天気に恵まれ、感謝です。

さて、今日は私が好きな野球選手の一人、
野村克也さんの著書から。

「人間の最大の罪は鈍感である」

一流選手はみな修正能力にすぐれている。
同じ失敗は繰り返さない。

「小事は大事を生む」という。

些細なことに気づくことが変化を生み、
その変化が大きな進歩を招くのである。

気づく選手は絶対に伸びる。

長年プロの世界に身を置いてきた私の経験から
導き出された真理である。

だから私は


「監督とは気づかせ屋である」

と常々いっているわけだ。

(「弱者の兵法 野村流必勝の人材育成論・組織論」
アスペクト 野村克也著より)

選手=社員、

監督=管理職、リーダー

と置き換えると、
そのままビジネスにもあてはまる言葉ですね。

気づく社員は伸びる。
リーダーとは「気づかせ屋」である。

私自身、成長が止まっていると感じるときは、
周囲や環境のせいにしているときです。

・どうしてそう思ったのか
・何が原因なのか
・どうすれば原因を課題とすることができるのか
・課題を解決するために何をしていくのか

そのように考えていくと、
気づく力を養うことができるのではないでしょうか。

★本日も最後までお読みいただき有難うございます。m(__)m
ペタしてね  

↓事務所のホームページです↓
 せのお行政書士・社会保険労務士事務所  

↓医療・介護・福祉が得意な社労士事務所です↓

  せのお社会保険労務サポート事務所  


  にほんブログ村


   にほんブログ村  


↓竹田ランチェスター戦略で経営の原理原則を勉強する会↓

 いばら・ふくやま戦略社長塾

↓井原・笠岡・福山・浅口・矢掛で社労士・行政書士をお探しなら↓

 せのお社会保険労務士・行政書士事務所  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさん、おはようございます。
せのじむこと社労士の妹尾です。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしに
なられましたか?

私は仕事、休日、仕事、休日とマイペースで
ぜいたくな時間を過ごさせていただきました。

さて、今週も「中庸(ちゅうよう)」より

「人一たびして之(これ)を能(よ)くすれば、己之を百たびし、

人十たびして之を能くすれば、己之を千たびす。

果たして此の道を能くすれば、

愚なりと雖(いえど)も必ず明らかに、

柔なりと雖も必ず強し」

(中庸 第20章より)

「他人が一回でできることが、自分にはなかなかできなければ
私はこれを繰り返し百回行い、

他人が十回でできることが、自分にはなかなかできなければ
私はこれを繰り返し千回努力する

このように努力して、この道を修得すれば、
たとえ愚かな者であっても必ず聡明に

物事をはっきり知ることができる
柔弱で弱々しい人であっても必ず強くなる。」

(「中庸に学ぶ」致知出版社 伊與田覚著)

私の経営の師匠・竹田陽一先生も、学習効果を
次の図式で表しています。

学習効果 = 素質 × 教材の質 × 学習回数

(「プロ★社長」中経出版 竹田陽一著より)

1回でできなければ10回やる
10回でできなければ100回やる。
100回でできなければ1000回やる。

小学生のとき、初めて見る漢字は、ノートに何度も何度も
書き写して覚える努力をしましたよね。

できなかったからといって、簡単にあきらめない。

そのことを先人たちは教えてくれています。

私たちは、少しできなかっただけで、
もう無理だとあきらめていませんか。

私自身も、この言葉を胸に問いかけて、
しぶとくいきますよ。

★本日も最後までお読みいただき有難うございます。m(__)m
ペタしてね  

↓事務所のホームページです↓
 せのお行政書士・社会保険労務士事務所  

↓医療・介護・福祉が得意な社労士事務所です↓

  せのお社会保険労務サポート事務所  


  にほんブログ村


   にほんブログ村  


↓竹田ランチェスター戦略で経営の原理原則を勉強する会↓

 いばら・ふくやま戦略社長塾

↓井原・笠岡・福山・浅口・矢掛で社労士・行政書士をお探しなら↓

 せのお社会保険労務士・行政書士事務所  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんにちは。
せのじむこと社労士の妹尾です。

「至誠(しせい)は息(や)む無し」

以前にもご紹介しました、
孔子の孫である子思が書いた
「中庸」第二十六章にある言葉です。

「至誠は息む無し

息まざれば則(すなわち)ち久しく、

久しければ則ち徴(しるし)あり

徴あれば則ち悠遠(ゆうえん)なり」

至誠とは「聖人の心」という意味だそうです。
(「中庸に学ぶ」致知出版社 伊與田覚著より)

聖人でなくても「本気になって取り組む」ことは
できます。

「本気になって取り組むこと」が「聖人の心」に
近いとすれば、

つまり、

「至誠は息む無し(=休む時がないくらい)」とは、

「本気だから久しく続くことができる

という意味であると解釈できます。

寝食を忘れるぐらい物事に本気で取り組むと、
ある日、雲の隙間から覗く、日の光を見ることが
できる状態にいたることがあります。

それを徴(しるし)というのでしょう。

いったん、徴が見えてくると、
さらにやってみよう、
もっとやってみようという欲が生まれます。

つまり、逆に考えると、

物事で成果を出すためには、
何かコツを会得するまで続けなければならない

そのためには、なんとしても達成したいという
「本気」になる必要がある


そのようなことを
この「中庸」の一節は教えてくれているように思います。

私たちは、何か本気で取り組んでいることが
あるでしょうか。

そして、途中止めせず、継続しているでしょうか。

★本日も最後までお読みいただき有難うございます。m(__)m

ペタしてね  

↓事務所のホームページです↓
 せのお行政書士・社会保険労務士事務所  

↓医療・介護・福祉が得意な社労士事務所です↓

  せのお社会保険労務サポート事務所  


  にほんブログ村


   にほんブログ村  


↓竹田ランチェスター戦略で経営の原理原則を勉強する会↓

 いばら・ふくやま戦略社長塾

↓井原・笠岡・福山・浅口・矢掛で社労士・行政書士をお探しなら↓

 せのお社会保険労務士・行政書士事務所  

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。