大阪 泉南市 心理セラピスト 古田しほ

生き辛さで悩んでいる人 パニックを抱えている人
死にたい、消えてしまいたいと時々ふと思う人 
漠然と生まれて来てごめんなさいと思う人
何度も何度もセラピーやヒーリングを受けてみたけれど
人に対する怖さがなくならい そんな方の悩みを解決

人間関係の悩みを解決するセラピーを得意とする
一般社団法人 日本NLP心理セラピー協会 公認セラピスト
古田志保

チェック人付き合いが苦手
チェック人が恐い
チェック集団が苦手
チェック人と話すがの苦手
チェック人の目が気になる。
チェック自分の事を話すのが苦手
チェック人間関係でトラブルが多い

恐怖症、不安症、対人恐怖、上がり症、 うつ、抑うつ症状、各種依存症、摂食障害、パニック障害、愛着障害、PTSD、トラウマ体験、バーストラウマ、喪失体験


●個人セッション


リトリーブサイコセラピー

 90分~120分

一般 30,000円
ユアエクセレンス NLP心理セラピー各コース参加者 25,000円



初回カウンセリング

 90分 10,000円
 
チャネリング

 60分15,000円

バーストラウマ→ニューボーンセラピー

 90分~120分 25,000円


テーマ:

こんにちは、

大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 心理セラピー

を行っています、古田しほです^^

 


 

自分の行きたい人生。

進んで行きたい場所や

夢を叶える為には、必ずやらなければならない事があります。

 

それは、

「自分の為に人生を使う」「自分の為に生きる事」

これは、

人生の主人公が自分で、自分で決める決意も決断も必要になります。

 

 

自分が中心となって生きる

というと

自分が中心になって周りをコントロールする

それって我儘じゃないですか?

とよく勘違いをされますが、

そうじゃないです。

 

自分が中心となって自分を動かすということです。

 

幸せになりたいと期待をしながら、

周りの人が幸せにしてくれる待っている人がとっても多いの

 

多分それ、幸せになれません。

だってみんな自分が幸せになりたいし。

 

自分の幸せの為に苦しんでいる人をみて

それでも「私幸せ♡」って心から思えないですよね。

罪悪感がバンバン沸いてでてきます。

 

そして、もうヒトツも大切。

 

他人が中心となって自分が動く生き方をしている

 

自分の人生をの主人公が、自分ではない。

自分の人生の方向性を自分が決めるのではなく

「自分以外の誰か」

 

自分で自分の人生について考えて動かないと

本当の意味で満たされ。豊かになる事はできないです。

 

常に誰かの指示を受けるという事は、

本当はコントロール、支配をされている状態なんです。

だけど、

指示してくれる人が居てくれる

私は、ひとりじゃない、

誰かが一緒にいてくれるそんな支配が安心なんです。

 

それに、たとえ間違えたり失敗したとしても

教えてくれた人が間違えている。

私にはできなかったんだ。

って言い訳ができるんですよね。

 

 

 

いつになっても私は幸せになれない・・・・・
そう思った時

幸せになる為には「生き方」を変えなければなりません。

 

生き方を変える時。

「頑張る生き方」を選ぶ人がとても多いです。

それは

幸せになる為に苦しみ

結果、、、、幸せって何・・・・・なんで幸せになれないの?

って・・・・・

 

幸せになれないのは努力が足りないからでもなくて、

 

幸せになる生き方の

「理想」と「現実」のギャップがあるのあるのかもしれません。
「理想」と「現実」にギャップ幅が広いとそれだけ私たちの悩みの数は増えます。

 

じゃぁどうしたら幸せになれるの?

 

私たちの体って心が動かしています。

 

幸せになりたいと思っているのに、

心が本当に思っていないと幸せにはなれません。

 

幸せになることが我儘だと思っていたり

支配が安心と思い違っていたり

はたまた、

自分の想像を絶するような勘違いを起こしている

事があります。

 

じゃぁどうやったら幸せになれるの?

 

ここでその疑問が解決すると思います。

「願望実現について!そして、心理セラピーとの関係性」

についてカズ姐さんがしゃべります。

 

先日沖縄で開催されました。
 

次は大阪で開催です。残席残り僅かだそうです!
幸せになりたい。

でも体が動かない。。。。という方

ぜひ、

大阪は残り僅かです!

大阪1DAY心理学&オープンセッション

★札幌は6月3日です!

札幌1DAY心理学&オープンセッション

 


■リトリーブ・サイコセラピー基礎コース■

 
★感動と涙の「人生激変コース」と呼ばれるこのコース。
心理学やNLP、心理セラピーをより深く学ぶことに特化した、
新しい心理セラピーを学ぶ10日間コースです。

 

 

 

ジュエリー☆セッションの予約受付日をみる
5月のセッション予約可能な日

※4月のセッション枠は全て満席になりました。
ありがとうございました。

ジュエリー☆過去のセッションの感想を読む
■ お客様から頂いた感想 目次


ジュエリー☆セッションを申し込む
■ セッションのお申し込みフォーム


ジュエリー☆セッションについて問い合わせ
■ お問い合わせフォーム

直接電話でのお申し込み、お問い合わせは 090-5641-4169
 

ジュエリー☆ happiness Facebook ページ

https://www.facebook.com/osakatherapyhappiness

心理の事以外にセルフセラピーカードメッセージなどお伝えしていきます★(不定期)
いいね!クリックで応援してくださいませ~グッド!



ペタしてね 読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、

大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 心理セラピー

を行っています、古田しほです^^

 

前回のブログ

「私たちが幸せになれないと感じている時、3つの恐怖に支配されているからです」

「人生」という流れでもっとも抱えやすい問題や悩み

テーマがあります。その根本には「恐怖」という感情があります。

その恐怖が強いと

 

常に「悩みや問題」がある

次々とトラブルに巻き込まれる。

心休まる暇がない

恋愛や結婚が楽しめない

趣味を楽しむ事ができない

人生の夢や目標を叶える事ができない

人とコミュニケーションをとるのがしんどい

大切な人に近づけない

嫌いな人と別れられない

 

というトラブルがとっても多くなります。

 

その中で1つ目について書かせていただきました。

 

今日は、残り2つについて書かせていただきたいと思います。

私たちがどうしても「怖い」と無意識に思ってしまう事です。

 

それは 

 

ひとりぼっちになってしまう。 孤独の恐怖 

死んでしまいそうな。 死の恐怖 です。

 

この2つの恐怖を同時に抱えている人がとっても多いのです。

 

この2つの恐怖が強いと、トラウマの恐怖と同じように

 

体が震え、

呼吸ができない過呼吸になったり

心臓が体中を鳴り響かせ

冷静を立つにはほど遠い状態になります。

(PTSDと同じような状態になります)

 

トラウマの恐怖と違うところは、

この恐怖はほとんどが「幼少期」に感じた恐怖なんです。

 孤独の恐怖 はひとりぼっち、誰もいなくなる恐怖

親に見捨てられる恐怖です。

 

親が子どもに頼りすぎてしまい。成長をしても子どもが親から離れられないケースもあります。

親を見捨て、親を孤独にする恐怖です。

 

 

最近は実は「親に見捨てられる恐怖」を感じている方より

親を見捨てて、親を孤独にする恐怖」に苦しめられている人が多いのです。

 

親に見捨てられる恐怖が強いタイプの方は

自分の事が信じられなく

自分はなにもできないダメな人間だ。と潜在的に感じています。

 

自分は何も出来ないから人に頼って生きる。

という生き方を選びやすくあります。

 

その為「自分はできない」という劣等感を強く持ちます。

 

自分は何も成し遂げた事がない

私が選んだ事は大体間違えている

自分で何かを考えて行動する事を苦痛に感る

という思いを持っています。

 

このタイプのメリットは

頼まれたり、指示、始動があると完璧にこなす事ができます。

 

 

親は、
「親の言う事を聞きなさい。

親の言う事が聞けなかったらでていけ!!!」

という言葉を言っていたりしますが

子どもが「出来る」ということを歓迎できず。
「まだ足らない!まだまだ!!!」と出来ていない部分をフォーカスしやすく

 

何歳になっても親の「子ども」役を続ける事が多いです。

 

親自身も劣等感を持っています。

 

親を見捨てる恐怖が強いタイプの方は

 

人の事を信じることができず。

人は頼りにならない存在だ。と潜在的に感じています。

 

人に過剰にお世話をする生き方を選びやすくあります。

 

人のお世話をする側になるタイプが多く

一見面倒見が良く、「いい子、良い人」タイプですが、

人に尽くしすぎてしまう為人と居る事が疲れます。

 

いい子、良い人の仮面をかぶり、お世話をする事を無意識に選んでいるのです。

 

気がつけば母親変わり、母親役をしている事が多く

一生懸命やらなければならない。

でないと私には価値がないと感じやすく

ついつい完璧を目指して疲れてしまう。

「ちゃんとやれ!」と責めてらえているような感覚を感じている

人も多いです。

 

出来ない事が許されないので、罪悪感がとっても強くなります。

 

このタイプの方のメリットは

人の顔色をみる事に長けています。

 

親自身が子どもっぽく

どこか子どもを頼りにしているように

「あなたは出来る」「やればできる」「頑張ればできる」

と子どもにプレッシャーを与える事が多いです。

 

子どもが親の「親」役を任される事が多いです。

 

親に見捨てられる恐怖

親を見捨てる恐怖

 

共通しているのは、親の言いつけを守ってる状態になります。

 

親との見えないやくそくがある。

 

 

両方が手を離してしまったら

猛烈な孤独感が襲ってきます。

 

 

そんな恐怖を感じる事も恐怖なんです。

 

親の言う通りに生きる事に繋がり

 

自分らしさがわからない。

自分がわからない。

 

という感覚をもちやすいです。

 

ひとりぼっちになる恐怖。孤独の恐怖は

身が引き裂かれ、自分が壊れてしまいそうな痛みは

 死の恐怖 ような感覚を感じます。

 

孤独の恐怖は死の恐怖も連れてくる。

そう思うと

ダブルでガクブルになってしまいます。

 

私たちが幸せになる事を選ぶ事は、

親を見捨てることでも

親に見捨てられることでもないのですが。

 

親の言う通りじゃない。親の期待から反することをする

という事は

「孤独になる感覚」が出てくるわけです。

 

誰かの顔色をみて、その顔色に付き添って生きる事は

恐怖を感じなくて済むし

今までの馴染みのある安全な場所

そこは居心地がよく、

なじんでしまうので

 

気がついたらその状態に戻ってしまうのです。

 

幸せになろうとすると

今までの辛い出来事を思い出す

 トラウマの恐怖 

人を裏切ってしまいそうな 孤独の恐怖 

その両方の感覚を感じてしまうと

自分が壊れてしまう 死の恐怖 

に支配されているのです。

 

恐怖という感情は無くそうとすればするほど、

苦しくなります。

 

私がどれほど怖かったか。感じないようにすればするほど、

「頑張る生き方」から抜け出す事ができず、

幸せな人生を送りたいという

真逆の方向にむかってしまいます。

 

幸せに生きたいと思った時

慣れた感覚を手放す必要があります。

 

慣れた感覚に戻るというのは、今のまま。変わらないところに戻るということ

それは本当にあなたの幸せに繋がる場所なのかどうか

振り返ってみると良いかもしれません。

 

カズ姐さんがしゃべります!!

 

大阪は残り僅かです!

大阪1DAY心理学&オープンセッション

★札幌は6月3日です!

札幌1DAY心理学&オープンセッション

 


■リトリーブ・サイコセラピー基礎コース■

 
★感動と涙の「人生激変コース」と呼ばれるこのコース。
心理学やNLP、心理セラピーをより深く学ぶことに特化した、
新しい心理セラピーを学ぶ10日間コースです。

 

 

 

ジュエリー☆セッションの予約受付日をみる
5月のセッション予約可能な日

※4月のセッション枠は全て満席になりました。
ありがとうございました。

ジュエリー☆過去のセッションの感想を読む
■ お客様から頂いた感想 目次


ジュエリー☆セッションを申し込む
■ セッションのお申し込みフォーム


ジュエリー☆セッションについて問い合わせ
■ お問い合わせフォーム

直接電話でのお申し込み、お問い合わせは 090-5641-4169
 

ジュエリー☆ happiness Facebook ページ

https://www.facebook.com/osakatherapyhappiness

心理の事以外にセルフセラピーカードメッセージなどお伝えしていきます★(不定期)
いいね!クリックで応援してくださいませ~グッド!



ペタしてね 読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、

大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 心理セラピー

を行っています、古田しほです^^


 

今日は

「人生」という流れでもっとも抱えやすい問題や悩み

テーマがあります。その根本には「恐怖」という感情があります。

その恐怖が強いと

 

常に「悩みや問題」がある

次々とトラブルに巻き込まれる。

心休まる暇がない

恋愛や結婚が楽しめない

趣味を楽しむ事ができない

人生の夢や目標を叶える事ができない

人とコミュニケーションをとるのがしんどい

大切な人に近づけない

嫌いな人と別れられない

 

というトラブルがとっても多くなります。

 

 

実は、ここには3つの恐怖が潜んでいるんです。

 

この3つの恐怖を抱えていると、

自由に生きるる事ができず
人生を楽しむ事ができない

身動きの取りにくい人生にさせてしまいます。

 

簡単に言いますと・・・・・

この3つの恐怖を抱えていると

幸せにはなれない

のです。

 

今日は私たちを幸せから遠ざける3つの恐怖についてのお話です。

 

私たちはどんな恐怖を抱えていると思いますか?

 

では、まず1つ目です。

それは、

 トラウマの恐怖 

です。

 

トラウマは、

その記憶を突然思い出し(フラッシュバック)

 

体が震え、

呼吸ができない過呼吸になったり

心臓が体中を鳴り響かせ

冷静を立つにはほど遠い状態になります。

(PTSDと言われるものです)

 

トラウマは、

暴力や性的虐待、震災などだけで抱えるというイメージが強く。

トラウマを抱えているのに、

「自分にはない」と感じている人が多いのです。

 

トラウマで大切な事は「出来事」ではなく

心が破壊されてしまいそうな感覚を感じた記憶がトラウマになるのです。

 

最近多いのは、

幼少期の家庭内での無視、ネグレクト

です。

 

両親が忙しく、構ってもらえなかった子

母親が父親に殴られるのを見て来た子

狭い部屋に閉じ込められた子

別の部屋で両親が壁を殴り、お皿が割れる音を聞いて来た子

 

自分が殴られたわけじぇないけれど、

家族が殴られるのを目の当たりにするのは

心が崩壊しそうな恐怖や悲しみを抱えます。

 


もう二度と、
あんな心が破壊され、壊れるような体験をしたくない。
思い出したくない。。触れたくもない。。。。。。

そうすると、無意識に人は「笑い」ます。
恐怖を隠す笑顔です。。。。。


よく耐えて来たね。。。。と話すと

私は大丈夫です。
と笑顔で答えますが、
それは笑顔というよりも、凍り付いた笑顔

人を責める事をしない
のがトラウマを抱える人の特徴でもあります。

 

 

 

私が悪い。

私がいけなかった・・・・・

人を責めずに、自分を責める。

 

まったく人を責めないかというとそういうわけではありません。

 

ご主人がひどい!!!

お母さんがひどい!!!!

相手が悪い!!!!!!

そう思う事はあります。

 

一通り相手を責めた後。

 

でも結局は、

 

自分が一番悪い・・・・・・・

と最後は自分を責めて終わる。

 

 

本当は、凄く怖い体験をしたのに。

それを「怖い」と言えない理由もあります。

 

怖いと言ってしまう事と記憶に触れてしまう

思い出してしまって「怖い」と言えない

 

私よりも「怖い」思いをしている人がいる。

私が「怖い」なんて言っちゃいけない。

 

「怖い」というと、もっと『怖い目」にあう。

だから「怖い」なんて言えない

 

私は人を守らなければならない。

守る私が「怖い」と言っちゃいけない。

 

心が壊れそうな恐怖に、

もうどうしていいかわからなくなってしまい。

心を凍らせて

我慢する事を選ぶ


トラウマを抱えている人の多くは
「人を心から信用する事ができない」
だって。人によって傷つけられたから

素直に「怖い!!助けて!!」と助けを求められない。

人は私を助けてくれる生き物ではなく
人は私を傷つける。。。。。。

そんな図式がトラウマによって出来上がっているのです。

そして最初に話したPTSDの様に
過呼吸になったり、
全身が震えて
体全体が言葉の変わりになって「助けて」を言っているのです。


虐待や性的虐待、ネグレクトの
トラウマの傷を癒すのはとても時間がかかりますが

リトリーブサイコセラピーを受けて
劇的に変化し
別人のようになった人も沢山います。

セッションを通して、変化していった方々は
人を信じる力を取り戻し
誰かを責める・自分を責める
という凍り付いた笑顔から
元気をゆっくりと取り戻し、
周りの人とも素直に関わる事ができるようになっていきました。

今日は長くなったので、この辺りで。

幸せになれない3つの恐怖 一つ目は「トラウマの恐怖」でした。
次回は、残りの恐怖について書いて行きます。

 

 

 

 

カズ姐さんがしゃべります!!

 

 

沖縄1DAY心理学&オープンセッショ

 

大阪1DAY心理学&オープンセッション

★札幌は6月3日です!

札幌1DAY心理学&オープンセッション


沖縄と大阪は全席の残り僅かです!

 


■リトリーブ・サイコセラピー基礎コース■

 
★感動と涙の「人生激変コース」と呼ばれるこのコース。
心理学やNLP、心理セラピーをより深く学ぶことに特化した、
新しい心理セラピーを学ぶ10日間コースです。

 

 

 

 

 

 

 

ジュエリー☆セッションの予約受付日をみる
5月のセッション予約可能な日

※4月のセッション枠は全て満席になりました。
ありがとうございました。

ジュエリー☆過去のセッションの感想を読む
■ お客様から頂いた感想 目次


ジュエリー☆セッションを申し込む
■ セッションのお申し込みフォーム


ジュエリー☆セッションについて問い合わせ
■ お問い合わせフォーム

直接電話でのお申し込み、お問い合わせは 090-5641-4169
 

ジュエリー☆ happiness Facebook ページ

https://www.facebook.com/osakatherapyhappiness

心理の事以外にセルフセラピーカードメッセージなどお伝えしていきます★(不定期)
いいね!クリックで応援してくださいませ~グッド!



ペタしてね 読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、

大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 心理セラピー

を行っています、古田しほです^^

 

皆さんGWいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は、山梨県の八ヶ岳で富士山を見ながら

 

リトリーブサイコセラピーの心理セラピストを

目指して修行中の仲間達が

北海道から沖縄まで総勢20名が集結する

 

鬼が島合宿に参加しておりました。

 

GW中とっても天気がよくて、毎日富士山が見れるそんな素敵な場所ですが。

 

私たち日本NLP 心理セラピストの公認講師達は

外にである事も無く。缶詰状態。トホホ。。。。

毎日この景色だけおがんでおりました。

 

さてさて、リトリーブサイコセラピーはとっても難しい心理セラピーと言われています。

 

それは、「技術を覚えてできる」セラピーではないからです。

技術ではなく。

大切なのは技術ではなく、「在り方」

 

技術より難しいのは「在り方」人を思う心です。
「人を思う心」と言っても、「人を思う心」だけではセラピーはできない。

大切なのは、「人」がセッションをするということです。

人=自分。

その自分の在り方が
「誰かに認めれてもらいたい」

「ダメな自分から役に立つ自分になりたい」

「セラピストになって誰かに有能者だと見せつけたい」

そんな自分勝手な思いを一切捨てること

 

誰しも人の中には「認められたり」という思いは抱いています。

 

だけど、誰かに認められたからと言って、クライアントさんが良くなるわけではないのです。

誰かに認められても、

クライアントさんが苦しんでい居れば

意味が無い。

 

セラピストとしての「在り方」というのは

正解がないのです。

 

誰かが教えてくれた答えでセラピーを行っても、

セラピストの個性や思いがなければ、形だけのセッションになります。

 

そんなこと頭でわかっていても。。。。。体が追いつかない

毎日鬼のようなフィードバックを繰り返す

公認セラピスト達の言葉に「痛いところを」つかれ

毎日、涙。涙。

けれども、4日間の合宿誰一人脱落者を出す事なく

逃げ出さず

「自分」という存在と向き合った20名

本当にすばらしい。

 

最終日は、あんなに泣いてたみんなが笑顔になりました。

 

それは、

「ひとり」で頑張ったのではなく

「みんな」と頑張れた自分を発見したから。

 

喜びも涙もみんなで分かち合えた4日間

こんなに情緒を不安定にして(笑

泣いたり笑ったり、感情的になれる時間

 

「泣いて」「笑って」「悔しがって」

みんな子どもの頃に戻っていたように見えました。

 

そんな4日間の後

ユアエクセレンスの推薦セラピスト

日本NLP心理セラピスト公認セラピストが誕生しました。

 

福満多岐子さん

私のセッションのアシスタントにも積極的に入った彼女です。

お逢いしたことある方も多いと思います♡

 

彼女は2日目まで「私は何を目指していたんだろう」と

悶絶していました。

でも3日目彼女の中で『セラピスト福満多岐子」としての在り方に気づいた時。

セッションが激変しました。


彼女が推薦セラピストに合格した瞬間、私の涙腺は崩壊でした♡
おめでとう、たきこ!!!
これから一緒に大阪を盛り上げて行こう!!!

 

そして、もうひとりは、

日本NLP心理セラピスト協会の公認セラピストに

垣内ますみさん

ユアエクセレンスの秘書をつとめ

みんなと一緒に公認セラピストを目指した彼女

石川県、金沢市で活躍していきます。

彼女も2日目

「心理セラピスト無理かもしれん」と泣いていました。が

4日目はこのスマイルです。

ますみ、これからも一緒にがんばろうね!!

 

4日間撃沈したメンバーもいました。

これからの課題の大きさに心折れそうになったメンバーもいました。

今日もそんなメンバーの独りのセッションを行っていました。

「セラピストへの道のり」は人それぞれの距離があります。

 

大切なのは「早い」や「遅い」ではなく。

素晴らしいセラピストになることではなく、

独りの個性溢れるセラピストが、日本を変える力になると思います。

 

この日本には色々な個性を持った人がいます。

 

自分の個性がわからない人

そもそも自分がなにものかわからない人

 

そんな方々が「自分の個性」を生きる為には、

素晴らしいセラピストではなく

個性的なセラピストが必要とされる時代なんだと思います。

 

個性が個性が活かす。

個性が人を活かす。

4日間

リトリーブサイコセラピーを目指すセラピストとふれあった時

これほど「個性的なメンバーが集まる」

キャラの濃い団体は他にあるんだろうかと

 

代表(カズ姐さん)がキャラ立ち過ぎ

 

実感した4日間でもありました。

 

来年のGWも開催されます。

私たちは、来年のGWも休み無しで働くのだ!!
今からめっちゃ楽しみです。

 

成長したみんなに会える事

まだ見ぬセラピストの修行僧達と会える事を楽しみにしています

 

みんなおつかれさま!!!!

 

 


■リトリーブ・サイコセラピー基礎コース■

 
★感動と涙の「人生激変コース」と呼ばれるこのコース。
心理学やNLP、心理セラピーをより深く学ぶことに特化した、
新しい心理セラピーを学ぶ10日間コースです。

 

 

 

 

 

 

ジュエリー☆セッションの予約受付日をみる
5月のセッション予約可能な日

※4月のセッション枠は全て満席になりました。
ありがとうございました。

ジュエリー☆過去のセッションの感想を読む
■ お客様から頂いた感想 目次


ジュエリー☆セッションを申し込む
■ セッションのお申し込みフォーム


ジュエリー☆セッションについて問い合わせ
■ お問い合わせフォーム

直接電話でのお申し込み、お問い合わせは 090-5641-4169
 

ジュエリー☆ happiness Facebook ページ

https://www.facebook.com/osakatherapyhappiness

心理の事以外にセルフセラピーカードメッセージなどお伝えしていきます★(不定期)
いいね!クリックで応援してくださいませ~グッド!



ペタしてね 読者登録してね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、

大阪泉南市でリトリーブサイコセラピー® 心理セラピー

を行っています、古田しほです^^

 

4月23日に金沢で行いました。
金沢初開催!!苦しまずに愛情を感じられる方法
オープンセッションのご感想をいただきました。


私自身金沢でオープンセッションをさせていただくのが初めてでした。

 

午前中は、松本美奈子さんと二人で、

「愛情」を受けるために「努力」や「我慢」をしているんだよーーーとお話しさせていただきました。

 

「努力」や「我慢」をしているから

愛情って苦しいと思うし。

 

愛されるために、自己犠牲となり

愛されるために人をまず、愛そうとしてる。そんな無意識に行われている愛情争奪戦

 

愛情の理想と現実のギャップ。

 

あたたかな愛情を与えられるようになりたい。

そう願っているのに

現実は愛情が欲しくて欲しくて、飢えてる。

 

与えたいけど与える前に欲しい。

 

そんな葛藤についてお話ししました。

 

 

そして、受講生の皆さんからの質疑応答しながら進めさていただきました。

 

 

受講生の方々が抱えてこられた、愛情への疑問、疑い。

に答えさせていただきました。

 

 

頂いたご感想です。

 

 

K.Mさん

改めて子供の頃の親との関係が、現在の人間関係や心の在り方について
大きな影響を与えているんだなと感じました。
また、親子問題で同じ感情・思考を連鎖しているなと思いました。

おだんごワーク。自分軸をしっかり持ち、自分のエネルギーをしっかり
自覚する事で周りのエネルギーに巻き込まれなくて済むことがヒントとして
得られました。

今度、バーストラウマについて学んでみたいです。

久しぶりに学んで、いろいろ再確認ができました。
オープンを見ても、自分と重なる部分があって自分の事を客観的に見れたような
感じがしました。何より、北陸で開催してもらえたことが嬉しかったです。
また、開催してほしいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

H.Kさん

 

これまで、自分がしてきた恋愛・結婚・子育ては「私がこれだけしてあげたんだから、だから
わたしを愛して」という人との接し方をしてきたことに気がつきました。
人探しもしてきたな・・・と「お金=愛の大きさ」というルールがいつの間にか
出来上がっていた事。自分の中にある認知の歪みにいろいろ気がつきました。

使った金額の大きさ=愛の大きさではないこと
愛=お金を受け取ってはいけないことにも、向き合ってみたいと思います。

夫婦関係・人間関係・お金について学んでみたいです。

難しい内容が分かりやすかったです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

T.Oさん

相手に期待してしまうのは、自分が愛情に飢えていることに気がつきました。
愛情の感じ方は人それぞれで、違うということに納得というか気づきました。

恋愛関係で共依存を仕掛けることが多い事に気づいたので、試すことを自分から
やめるようにSTOPしたいと思います。

とても勉強になりました。
話を聞いているだけですが、自分のことについて本当にいろいろ気づけました。
ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小杉さやかさん

いつも自分の都合の良いように選択している。
自分の意志の選択の不安が和らいだ。
自分の心地よい、選びたいものを選択する時に言い訳をしない。

とにかく今は、自分と向き合う向き合い方。
親との関係・共依存を深く知ってみたいです。

現実をきちんと受け止めることができた。(見たくなかったけれど)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

セミナーではご自身の抱えている「愛情」というものは

一体何だったんだろう。。。

 

と「愛情」について様々な気づきをお持ち帰りいただけました。

 

私たちの抱えている問題を解決するファーストステップは

 

「疑問を持つ事」

 

なんです。

 

私が苦しいのは、仕方ない事。当たり前。普通。

 

そう思っている時って、苦しくても問題はなかなか解決しません。

 

本当にこれって愛情やったん?

こんなにも、我慢しなきゃいけ事やったん?

これって受け入れないとアカン事やったん?

 

そんな疑問を持った時、

人は悩みます。そして葛藤もします。

 

だって、そうしなアカンかったやん。

それ以外選択肢なかったやん。

 

そんな葛藤の後、自分の気持ちが出てくる。

 

それって悲しい事やん

 

問題で大切なのは出来事や、物事の経緯じゃなくて。

 

あなた自身が、凍りついている感情や気持ちを表現する事

 

表現すると

問題は自然と解決へと繋がっていきます。

 

私たちはあの悲しみを二度と体験しないように

悲しみを避け続けて生きようとしているから。

 

悲しみを避けたり、逃げたりするから

問題やトラブルは起こってくるからです。

 

 

次のオープンセッションは

 

一年ぶりになります。

私のホームグラウンド大阪です❤️

 

詳細が決まりしだいお知らせしますね^^

 

 


■リトリーブ・サイコセラピー基礎コース■

 
★感動と涙の「人生激変コース」と呼ばれるこのコース。
心理学やNLP、心理セラピーをより深く学ぶことに特化した、
新しい心理セラピーを学ぶ10日間コースです。

 

 

 

 

 

 

ジュエリー☆セッションの予約受付日をみる
5月のセッション予約可能な日

※4月のセッション枠は全て満席になりました。
ありがとうございました。

ジュエリー☆過去のセッションの感想を読む
■ お客様から頂いた感想 目次


ジュエリー☆セッションを申し込む
■ セッションのお申し込みフォーム


ジュエリー☆セッションについて問い合わせ
■ お問い合わせフォーム

直接電話でのお申し込み、お問い合わせは 090-5641-4169
 

ジュエリー☆ happiness Facebook ページ

https://www.facebook.com/osakatherapyhappiness

心理の事以外にセルフセラピーカードメッセージなどお伝えしていきます★(不定期)
いいね!クリックで応援してくださいませ~グッド!



ペタしてね 読者登録してね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)