北九州整体院の院長とファンのブログ(お客様の声やビフォー・アフターがいっぱい

北九州整体院です
2017年1月からお客様の声やビフォー・アフターをUPしていきます。院長から

ブログの中の人は主にアダチです。(´▽`)ノ


テーマ:
整体師の田村です。
最近の若い女性はひざ下O脚が多くなっていると思うのは私だけでしょうか?
 
ヒントはここにもあります。↓
------------ココから「整体の朱鯨亭」HPから引用-----------
下腿(かたい、ひざより下)の外側にある腓骨(ひこつ)という細い骨は全身に与える影響が大きい骨です。
 
重心が外になるにつれ腓骨の下がる現象があります。
逆に腓骨が下がるにつれて重心が外へズレて行くというべきかもしれません。

仰向けに寝てみてください。膝の膝蓋骨(しつがいこつ、お皿)がちょうど上に来るように調節します。そうして内踝(うちくるぶし)と外踝(そとくるぶし)の一番とがっているところに左右の手の指先を当ててみます。

 

どうですか。

床から左右の指までの高さは同じくらいでしょうか。

 

たいていの人は外側の指(外踝に当てた指)が内側の指(内踝に当てた指)よりも床からの高さが低いでしょう。

 

数ミリ低い程度なら問題はありません。

ところが1センチも低いとなれば問題が潜んでいると考えた方がよい。

 

外踝は腓骨の下の端です。腓骨が後ろへ回っている可能性があります。

腓骨が「後ろへ回っている」と言われてイメージがお分かりですか。

 

下腿には腓骨だけでなく太い脛骨(けいこつ)があって体重を支えています。

二本の骨が少し捻(ねじ)れると足首が内外へ回ります。

 

------------ココまで「整体の朱鯨亭」HPから引用-----------

 

最近の若い女性は腓骨の捻じれ多くないですか?

 

①脚の底屈もできにくい。しゃがむとかかとが床につかない。

 

②反り腰、内股で姿勢も悪い。立位では足先が内を向いている。

 

僕はO脚矯正で来られるお客さんへは上記①②をまず確認。

 

そしてO脚のメカニズムを伝えます。

 

それから施術とストレッチ、歩き方・立ち方の指導と訓練。

 

 

おだいじに~
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 +-------------------------------------------+
 【Facebookページ】
あなたの『いいね』お待ちしてマス!
⇒ https://www.facebook.com/masami.tamura.77
 +-------------------------------------------+
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
カラダと心を楽にする整体
北九州整体院 090-8621-9624
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

北九州整体院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

同じテーマ 「O脚」 の記事