3月に入ってから忙しい日々を過ごしている、仙台桃太郎クリニック認定看護コーチの木村です。

 

何が忙しいのか・・嬉しい忙しさです。

 

3月16日(金)ZOOMで参加する看護コーチングの部屋は、5名の参加者とスタッフで計9名で楽しくあっという間の1時間を過ごしました。

ゼロから始めることの大変さもありましたが、色々な準備をし、参加してくださる方に何をお持ち帰りしてもらいたいのか考えると、ワクワクドキドキの日々を過ごしました。

「参加してよかった」「もっと話を聴きたい」「次も是非参加したい」などのお声をいただき、2回目を計画中です。

 

3月18日(日)は、看護コーチトレーニング(NCT)仙台の最終日。

当院からも看護師が1名参加していました。多くの学びを6か月間頑張ってきました。

修了で終わりではなく、この学びを現場にどう活かすのか。患者様、スタッフに還元していく番です。

それをサポートしていくのも私の役割なんだな・・と思うと、皆の笑顔を見るのが楽しみになります。

 

昨日、3月25日(日)は、看護コーチトレーニング(NCT)横浜のDay3でした。

スタッフ参加でしたが、期が違うと同じ内容でも切り口が違い、参加している方からの言葉で進むトレーニングは、ジェットコースターに乗っているかのようにワクワクドキドキあっという間の1日です。

このNCTが第5期仙台で6月開催されます。

その前に、コーチングって何?という入門編から、実際にコーチングセッションを体験したり、トレーニングの内容を聞いたり、卒業生の認定看護コーチから実際の現場での活用などを聞き、ざっくばらんにお話しもできる無料の体験会が開催されます。

4月22日(日)、お気軽にご参加ください。

 

お申込み、詳細は↓↓↓↓↓

4月22日(日)NCT無料体験会

http://www.nursecoach.or.jp/modules/piCal/index.php?action=View&event_id=0000000041

 

5月20日(日)NCT無料体験会

http://www.nursecoach.or.jp/modules/piCal/index.php?action=View&event_id=0000000042

 

NCT5期仙台

http://www.nursecoach.or.jp/modules/info/index.php?content_id=8#NCT_Schedule

 

継続した研修

テーマ:

仙台桃太郎クリニック認定看護コーチの木村です。

 

当院は、今年開業12年目に入ります。干支でいうと一回りです。

毎月行っている研修も、震災のあった7年前の3月を除いて毎月実施してきました。

はじめは、教養講座のような形で始めたのですが、

徐々に患者様のアンケートから何が必要とされているのか読み取り、

研修計画を立ててきました。

 

 

本当に様々な内容です。

日常生活でのマナー、冠婚葬祭のマナー、江戸から学ぶ組織、

保険の話し、コミュニケーション各種、接遇、話し方、ストレッチ、

コーチング、マニュアル・・・・・

株式会社セールスリンクの 佐藤なな子さんは、登壇が多い講師です。

 

 

 

今年は、どんなことを身に付けたいかな?

スタッフに講師になってもらうのも楽しいかもしれない。

 

学びを深め、自分を磨く

テーマ:

今年は1月からインプットをしました。

1月~2月にかけて、「話し方実践セミナー」へ参加しました。

 

人前で話す機会はまあまああるのですが、まだまだ緊張します。

緊張すると、頭と口が連動しないというか、口が勝手に話してしまうような感覚に陥ることがあります。

今回は、基本から学んでみようと、以前からお知り合いの志伯曉子さんの講座へ参加しました。

「レクチャーを受け、話す」の繰り返しで、話すことへの構えが少なくなりました。

「急なスピーチが回ってきたらどうするか」なんて誰にも教えてもらったことはありませんから、

目からうろこ、これを知っていれば安心という材料が増えました。

限られた時間で、伝えたいことを伝えるというのは難しくないんだとわかると、

話すことは楽しいことと思えます。

 

今日から二日間は、6時間×2で「講師養成塾」へ参加します。

こちらも、講師歴34年の志伯曉子さんから、これまでご自身が体得してきたものを踏まえて、

さまざまなことを教えていただき、実践してきます。

4月からの自分の話す力、伝える力の一助になることと思います。

 

昨夜も、認定看護コーチの仲間と、新たな取り組みの打ち合わせをしました。

形はどうであれ、その先にある自分が、どんな軌跡をたどってきたのか残せるような人生にしたいと思う今日です。

2年前にコーチングに出会い、看護コーチトレーニング(NCT)を受講し、認定看護コーチの資格を取得し、

日々の業務や生活にコーチングを意識して過ごしています。

 

そんな仲間で、私たちの今までの歩みや、これからの思いを話したい。

今、悩んだり立ち停まっている看護師に、一つの選択肢として看護コーチングを紹介したい。

ずっと前向きに進んでいる看護師に、一度立ち停まって今までの看護人生を振り返る場にしてほしい。

何よりも日々頑張っている看護師に、自信をもって患者さんとコミュニケーションを図り、素敵な人生を送ってほしい。

さまざまな思いが湧き上がってきました。結果、このイベントを企画しました。

 

ZOOMというインターネットの会議システムも、コーチングの練習会に参加して初めて知ったものです。

世の中には、知らなければそのまま通り過ぎてしまっているものがたくさんあります。

でも、一度しかない人生、様々なことにチャレンジしてみようと思います。

 

今回の「看護コーチングの部屋」では、NCTに参加した2名で、なぜ私たちがこのトレーニングに参加したのか。

看護コーチングを知るきっかけや、トレーニングを終えて、今どんな気持ちで日々過ごしているのか。

これからの思いなどをお話ししながら、参加者の皆さんと楽しく対話をしていきたいと思います。

その中では、コーチングデモセッションという、日々の対話とはちょっと違う、

質問で思考を深め広げていく会話をご紹介します。

 

4月、新しいスタッフを迎える時期、また、環境が変わる看護師さんもいらっしゃると思います。

是非、夜の1時間、私たちとお話ししてみませんか?

 

 

日時:平成30年3月16日(金)   21:30~22:30
形式:ZOOM(オンライン会議システムを利用します。参加の方は、PC、ipad、スマートフォンなどインターネット環境が必須です。)
定員:5名
参加費:無料
お申込み:詳細は、Facebookのイベントページからお願いします。

         https://www.facebook.com/events/869767136538393/
    
受付返信と共に、ZOOMの使用方法についてご案内させていただきます。

 

仙台桃太郎クリニック 認定看護コーチの木村陽子です。

 

今日は、プライベートの話を。

 

長男が、今日、明日、国家試験を受験しています。

これを目標に小学生の時から頑張ってきたので、最後の応援です。

思えば、自分に様々な制限もかけながら頑張ってきたと思います。

コツコツ型で、過去問もかなり遡って解いたことと思います。
(センター入試の時は、入手できる年限をすべて解いていました😲)

昨年からは一人暮らしも始めたので、身の回りのことも自分でやりながら、

勉強もしながら頑張っていました。

本当に成長したな・・と思っています。

 

子育てを始めたときに、「子供は社会からの預かりもの。安心して社会で活躍できるように手助けをするのが子育て」

という一文を何かで読んで、とても感銘を受け、24年間ずっと心の中にありました。

間もなく、社会に出ていく長男を前に、私も一息つけそうです。

子育てをしたことで学んだこと。

それは、命の危険に関わることは、率先して正しいことを教えること。

自分の常識ではない、社会の常識を教えること。

子供が目標を持てるような関わりで、そのために親ができることを見つけること。

困ったときはいつでも待ってるよ。という存在でいること。

親が、常に明るく笑顔でいること。

 

私も、頑張ったな😊