こんにちは、世界日報 応援団長です。
この記事は、ご紹介しようかどうか迷いました。なぜなら、賛否両論あるからです。

でも、私自身この執筆者と同意見なので、敢えてご紹介します。

記事ここから--------------------

 私は、同性婚に明確に反対する者である。世論調査を見ても、同性婚に反対する意見は、まだ3割を超えている。同性婚容認派の多くは、マスコミや左翼系文化人の宣伝で「なんとなく、賛成」と言っているだけであるから、同性婚反対派が本気で世論を啓発すれば、今の状況を逆転させることも可能だと思う。

 残念ながら、若い世代において、明確に同性婚への反対を訴えることには、多大な勇気を要する。私もネット上で「差別主義者」のレッテルを貼られることもしばしばであった。しかし、私は決して感情的にLGBTへの嫌悪感を持っているから同性婚に反対している、というわけではない。明確な論理をもって同性婚容認という暴挙に反対しているのである。

続きを読みたい方はこちら>>>


AD

コメント(1)