2005年04月20日 15時50分30秒

小学生で初体験/1万人のうち39人

テーマ:教育―行き過ぎた性教育

有害情報・性教育で好奇心煽られる
全高P連「高校生の性」調査

 未成年者の人工妊娠中絶が一九九五年以降、急激に増加している中、子供たちを性感染症や望まない妊娠から守っていこうと、(社)全国高等学校PTA連合会(藤井久丈会長)と木原雅子・京都大学大学院助教授を代表とするグループが昨年秋、全国一万人の高校生を対象に性に関する意識・実態調査を実施した。その結果から、携帯電話の所持や「出会い系サイト」の利用、家族との会話の有無、性への警戒度などが大きく性行動に反映している実態が明らかになった。合わせて調査結果は高校生の一部ではあるが、小学生時代にすでに初体験を行っている事実も浮き彫りにしている。(鴨野 守)

 

 アンケートから、すでに性体験をしたと答えたのは高一年男子11・7%、同女子15・1%、高二年男子19・6%、同女子28・5%、高三年男子29・7%、同女子38・6%。全学年とも、女子の方が高いのが特徴だ。女子は高校三年で三割以上が年長者と交際。高校二、三年になると、その相手の総数が二人以上という回答が50%を超えており、「エイズやその他の性病感染のリスクが高まる」と調査を担当した木原助教授は指摘している。

 

 まだ年齢が低い時期に、性情報に曝(さら)されてしまう実態も明らかになった。性描写のある漫画を小学生時代で男子が四割、女子が三割見ており、中学生では男子七割、女子が半数を超える。インターネットのアダルトサイトにも、中一男子で四割が接続。

 

 小学生時代にエッチな漫画やインターネットのアダルトサイトなど有害情報に触れた経験のある生徒は、そうでない生徒よりも男子で二・七倍、女子で一・七倍、「性関係を持っても構わないと思う」と答えている。調査報告書は、性情報に早くから曝されることで、子供たちが性行動を早める傾向がある、と警告する。

 

 これに関連して、初体験は何年生の時だったか、という設問に、小学生時代と答えた生徒が高校一年男子で七人、同女子で八人。二年男子で二人、同女子で七人。三年男子で十二人、同女子で三人いる。約一万人の高校生のうち小学校時代に性体験をした数は合計三十九人(0・39%)となる。

 

 この調査を実施した平成十六年度の高校の在学者総数は、国公私立合計して、約三百八十一万人(文部科学省調査)。前述の調査データの割合を、全国に当てはめると、平成十六年度の高校生のうち、実に一万四千八百五十九人が小学校時代に性体験をしたという計算となる


■この記事には続きがあります。希望される方は、メールにて続きを送信させていただきます。件名に「 記事希望 」とし、下記までメール送信してください。

メールアドレス:info@senichi-club.com

 

////////////////////////////////////////////////////////

☆ この記事は大変参考になった! という方ご協力お願い
  します。
 ⇒人気ブログランキング参加中!

 

☆ 世界日報10日間試読キャンペーン中!
 ⇒世界日報試読受付センター

///////////////////////////////////////////////////////

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。