テーマ:
皆さんこんにちは。
コンタンです。
いつもお世話になっております。

4月15日の午前中にコンタンの操体セミナーを開催させて頂きました。
今回もたくさんの方にご参加頂きました。

参加された皆様ありがとうございました!

今月のテーマは「想」という部分についてでした。

・○○を共感する
・○○を共有する
・病気って何だろう?

事前にいろんなことを練って練って作り込んでいきました。

しかし当日になると、
そうそう予定通りにはいきません。

実はコンタンセミナーの前日に、知り合いの女性から
「翌日(日曜日)にバスケの全国大会の出場をかけた決勝戦があるのですが
身体の調子が良くなくて。私とチームメイト1人を診て頂けませんか」という連絡が入りました。

翌日はちょうど午前中コンタンセミナーが開催される予定があったので
断ろうと思ったのですが、これも何かのご縁。
必要があって連絡がきてると思ってあえてOKを出しました。

今回のコンタンセミナーは
女性クライアント(バスケ選手)2名を実際に施術し、
どのような形で施術に入るのか実際に診て頂くところから始まりました。

アキレス腱、股関節、手首の痛みがひどく
思ったように身体が動かないようです。

なんとなく、踵周りや前腕が気になったので
天城流湯治法の錬堂先生から教わった剥がしを応用し
アキレス腱の痛み、股関節の痛み、手首の痛みは半分以上楽になった様でした。

今回のコンタンセミナーは実際にクライアントさんの身体を、
参加された方と一緒に施術していくという
前代未聞の内容になり、これまでにないスペシャルセミナーになりました。

予定と違った内容になってしまって
戸惑ってしまった方もいらっしゃったんではないかと思います。m(__)m汗コ゛メンナサイ。

そして翌日にクライアントさんから
「お陰様で優勝しました!!全国大会出場が決まりました!!」と
とても嬉しいご報告を頂きました(^^♪

参加された皆様のハカライがあって
とても素晴らしい結果が生まれました。

ありがとうございました(^^♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今畠です。

4月16日の報告を行います。

・頭のふらつきについて
咀嚼が少ないと咬筋や側頭筋が硬くなりやすいため、咬筋の剥し(筋を横に切るまたは筋を縦に切るなど)や側頭筋の剥しを行う
咬筋や僧帽筋等の剥しを実施。

私は今回体験の方にいろいろと剥しを行いました。
・動診・視診を行い、右股関節の詰まりやすさがあり、痛みが出るとのこと。
・触診を行い、両下腿部のハリがみられる。
・足指の圧痛、末節骨剥し、第一中足骨の剥しなどを行い、上げやすさ痛みの軽減見られる。
一番効果が表れたのは、脛骨内側付近の剥しで改善がみられる。
・動作のしやすさや筋のハリ感、痛みの軽減はみられたが、最後の一押しが足りないような気がしたため、コンタン先生に動作を見ていただきました。
・コンタン先生は耳が気になったらしく、耳を触るとハリがみられました。問診を行いながら、咀嚼不足等もあり、咬筋の剥しを行うと、最後の痛みがなくなりました。
・症状部位にとらわれないことと、ハリ感がなぜあるのかを考えながら、問診を行うことで、その方の生活習慣や癖を把握し、相手の気づきや動作の改善等のアドバイスを行うことができ、痛みや動作の改善につながる。


・肋骨の骨操法+皮膚操法
?前面に関しては胸肋関節に圧をかける。(圧のかけ方は胸骨に対して肋骨をまっすぐ圧をかけるような感じで行う。)
?後面に関しては、肋椎関節に圧をかける。(圧は肋骨頭関節に対してかける。方向は斜め前にかけるような感じ)
圧の強さ等は相手に相談しながらでよいが、あまり強くかけすぎないようにする。

以上です

今先生・コンタン先生・一緒に受講された皆さんありがとうございました。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

テッキュウです。

4月4日間コース4日目の授業に参加させて頂きましたので報告します。

・テッキュウさんの3日目の施術の続き。

頚部の硬結は大分消えていた。
前日同様、氷操法を実施。昨日はしばらく冷やしても気持ち良さがあったが、次の日は気持ち良さはすぐに無くなり氷嚢を移動したくなりました。

※3日目の授業参加報告では言い忘れましたが、咬筋周囲のコリもほとんど無くなっていました。

・腹部の調整

慣れていない場合、腹部は大切な場所なのであまり触らない方が良い。

・もしそれでもやりたい場合

鎖骨下の剥がし、胸骨下端(剣状突起)から左右の肋骨弓の剥がし、腸骨稜の剥がしなど

・足の冷え→足趾の剥がしなど

【肋骨の骨操法】
胸骨部は自身で出来るので背部からの骨操法
・関節を閉じるイメージ
コツは背中の硬い場所や気持ちの良い場所を探して肋骨の走行をイメージし気持ち良い方に圧をかける。

操法の後、呼吸がし易くなっていれば成功している。

肘や肩の骨操法も行いました。

肘の操法

前腕骨(橈骨、尺骨)を保持、反対で上腕骨を保持し肘関節に圧をかける。

肩の骨操法

気持ちの良い方に圧をかける。
上腕骨頭が内側下部に落ちている場合、引き抜く感じに圧をかけた方が気持ち良い。
関節窩に圧をかける場合もやや前方が良いか後方が良いか聞きながら行う。

以上です。

今先生、コンタン先生、ご一緒させて頂いた皆さんありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今畠です

4月15日の授業報告を行います。

受講生の中に、頭がフラフラする感じがするという方がおられたため、操法を実施。
触診・問診・動診を行う。

・頭がフラフラするということは、熱をもっているのではないかとのことで、氷操体を実施。
(氷の作り方などは以前のレポートを参照ください)
当てたい所にあてたほうが良いが、当てていると、気持ちよい場所が変わってくるため、自分の感覚に従いながら、当てる場所を変えていく。
人間の体で熱があることが一番怖いため、炎症が起こっている部分に関しては氷操体を行う必要がある。(氷が熱を吸い取る)
反対に寒がりなど、冷やして嫌な時は、温めるとよい。

・触診時は頸部の筋緊張が高いため、剥しを実施。僧帽筋の付着部を横に切るように剥したり、筋と筋の間を縦に切るように剥したりと、剥す方向や圧の強さを変えていく必要があり、それは相手と相談してから行う必要がある。

実施後は症状も軽減されておりました。


その後各自自主訓練

・最近は魂の世界に浸っていることが多く(なんか泣くキャラが定着しつつあります)今回も足揺らし等を行っていただきながら、魂の世界に浸っておりました。あまり揺らそうと考えずに行ことがポイントだとのことです。

以上です

今先生・コンタン先生・一緒に受講された皆さんありがとうございました。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


奥田(テッキュウ)です。

4日間コース3日目の授業を参加させて頂きましたので報告します。

テッキュウさんが最近、授業中や何か集中していると頭がボーっとしてきて身体がフラフラしたり目の前が船に乗って揺れている感じがする、呑みたいけどお酒がすすまないという事で実際に今先生に施術をして頂きました。(笑)

・問診、触診、動診

・問診

今先生の問い掛けで気付きましたが、頭が熱い感じがする事に気付きました。

・触診

首にコリが存在しており、実際テッキュウさんも自身でコリを触り確認しました。

・動診

両手をグーパーをゆっくり動診し、開くのに不快を感じました。

操法の実施

氷操法

頭や首の下に氷嚢を置き、気持ち良さがなくなるまで実施、満足したら移動させるの繰り返し。

※分からない時は冷たい手と暖かい手で受け手の首や頭に触れ、冷たい方が良い場合は氷操法をしたほうが良い。

途中、側頭部の皮膚操法や首の剥がしなども実施

結果、フラフラやボーっとする感じも無くなり、お酒もたくさん呑めるようになったとの事でした。

勉強のやり過ぎか、呑み過ぎか、
原因は分かりません。
以上です。

今先生、コンタン先生、ご一緒させて頂いた皆様、ありがとうございました。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今畠です。

4月14日の報告を行います。

・手のしびれについて
頸部を見ることが多いが、頚椎がずれていることもあるし、末梢で神経が圧迫されていることもあるため、中枢を末梢もきちんとみていく。

13日の続きで圧痛操法・剥し(上肢)を実施
・前腕の触診
総指伸筋を触り、圧をかけると指が伸展してくる。うまく触れていないと指は動かないため触診の練習になる。
押さえ方や圧のかけ方は13日の報告と同じです。

・腱鞘炎について
受講生の中に小指側の手首が痛い方がおり、動診を行うどの方向に動かしても痛いとのこと。今先生が触診を行うと、肘下の外側あたりの筋緊張が高いとのことで、剥しを行う(内側に剥す)と、痛くないとのこと。その他いろいろな場所を触診して剥しても、痛みの軽減はあるが痛みは残っているとのこと。今先生はやはり肘下の外側が気になるとのことで、今度は外側に剥してみると、痛快とのこと。実施後は痛みも消失しておりました。(詳細は今先生のFBをご参照ください。)
ここで感じたのは、剥す方向によっても結果は違うし、手の圧や、剥す場所によっても違うため、相手に相談しながら実施する必要がある。
またこの方は剥しの練習の際に、尺骨外側に負担がかかるような剥し方を行っていたため、自分の操法の仕方等も考慮して(体に負担のかからないように仕方)行う。

その他各自自主訓練を行う。

以上です。

今先生・コンタン先生・一緒に受講された皆さんありがとうございました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今畠です。

4月13日の報告を行います。

・圧痛操法、剥しについて
骨の付着部位(筋の起始・停止等)が別の付着部についていると、筋が硬くなってしまい動きを制限していることが多いので、剥しを行った方が動きはよくなってくることが多い。
触診等を行い、触ってみて硬い所を見つけ、付着部を爪で剥すような感じで行う。
特に膝裏の触診は大切である。
コリをつぶすのではなく、見つけたらコリの谷間に指を入れ、それを剥すように行う。
場所は、足裏、足の末節骨、距骨下関節の周辺、第1中足骨外側等を触診して、硬い所を剥していく。
指の力で剥すのではなく、コリの谷間に圧をかけていきながら、肩や肘の動きを使いながら剥していくようなイメージで行うとよい。(指の力のみで行うと、いやな感じがしてしまう。)あとは本人に聞きながら、効果がありそうな痛みなのかを聞きながら行う。(嫌な感じがするときは行わない方がよいか、指の圧力が強いかである。)


・骨操法について
足関節の操法
距腿関節(脛骨、腓骨、距骨により構成)の圧を高める。
片方は脛骨と腓骨を持ち、もう片方はかかとの上を持ち、圧をかけていく。
脛骨と腓骨を締めるように圧をかけながら下の方、かかと側は内反、外反どちらがいいのかを聞きながら上の方に圧をかけていく。
圧は踵側6、脛骨、腓骨側は4割でかけていき、6割中2割は股関節に圧をかけていく
ようなイメージで行っていく。
骨の操法に関しても、圧痛操法や剥しと同じで本人の気持ちよさ等を聞きながら行うとよい。(関節の動きとしては、底屈、背屈、内反、外反、うち返し、そと返し等の動きがあるため、どの方向で気持ちいいのかを聞きながら行う。)行っていくうちに気持ちよさや方向が変わってくるため、その都度確認をして方向を変えていく。
気持ちいい場所になると、筋肉がゆるんだり脈診が触れたりする。

以上です。

今先生・コンタン先生・一緒に受講された皆さんありがとうございました。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

テッキュウです。

4月4日間コースの1日目2日目の授業に

参加させて頂きましたのでご報告します。

内容
・下肢の剥がし
・前腕部から手指の剥がし
・足関節の骨操法

剥がしについて

スポーツ選手などオーバーユースにより本来の筋付着部だけではなく、他の部分まで付着してしまう。(軽く触れると痛みがあったりガチガチに凝っている)

剥がしの実技練習

膝裏の圧痛剥がし、脛骨粗面周囲から足趾までの剥がしや前腕の剥がしなど、動診、視診、触診などをしてから剥がした後の身体の変形を見ながら実施。

剥がしのコツ

嫌な感じの痛みが出る方向ではなく痛くてもやってほしい感じの方向でコリを押し潰すのではなく丁寧に一つ一つの筋の谷間から剥がす。

骨操法「足関節」

腓骨遠位端部よりやや上(脛腓関節)を保持、もう片方の手で足底部を保持し受けてに聞きながら気持ちの良い方に圧をかける。

骨操法のコツ

痛み、不快箇所の関節の構造をイメージし、圧をかける。

腓骨を締めるように圧をかける際、ほとんどの場合は下がっている事が多いが、受け手に腓骨を上げた方が良いか、下げた方が良いか聞く。

他にも内反気味が良いか、外反気味が良いか、一瞬一瞬変化して行くので受けてに聞きながら実施する。そして気持ち良さを味わってもらい満足したら徐々に手を離す。

以上です。

今先生、コンタン先生、ご一緒させて頂いた皆様ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今畠です

 

48日の授業報告を行います。

・剥し、骨操体

三角筋の剥しは前面を外側方向に剥す。指の力で剥すのではなく腕全体で剥すイメージ。

肩関節の骨操体は、三角筋の緊張を抜かした状態で圧をかける。

 

コンタン先生のMLにもありましたが、今回はこちらメインで書きます。

ちょうどコンタン先生と小山さんで剥しの練習をしており、ひと段落した時点で、なんとなく行ってほしいと思い、小山さんにお願いして行ってもらいました。

触れられた瞬間に、全体がオーラに包まれるような感じがしてすごいと感じました。

(何がすごかったのかは文章で表せないくらいすごかったです。)

 

その後つま先上げをしていただきましたが、つま先の上に手を載せているだけなのですが、自然と涙が出てきました。なんで涙が出ていたのかもわかりません。悲しかったわけではあしません。ただただ自然と涙が出てくるのです。その時感覚としては草原にいるような感覚でした。(人によって感じ方は違うと思いますが)あったかくて心地のいいものに包まれているような感覚です。コンタン先生のおっしゃる魂に伝わるということは間違いなくこのことだと思いました。終わった後の感動は今でも忘れません。

 

小山さんとはこれまでも何度か一緒に練習させていただきましたが、その時は柔らかい手だなぁとただ単に思いました。そのときは上記のような感覚はなかったのですが、今回初めてこの感覚がわかり、コンタン先生のおっしゃるようにこの感覚がわかると自分の中での操体のイメージが変わり、もっと楽しくなってきます。

 

僕はまだコンタン先生のような鋭い感覚はないのですが、自分でいうのもなんですが、たぶんある程度感覚が上達してこないとこの感覚はわからないような気がします。(僕も少しは成長出来ているのかなぁ(笑))この感覚は人それぞれ違うと思いますが、その中から何かを感じ取ることができると操法を上達すると思います。間違いなくお金では絶対買うことのできないものです。

コンタン先生・小山さん本当に貴重な体験ありがとうございました。

 

この日の授業は終始感動により号泣していたため、私はほとんど実技をしておりません。しかし今回の経験は今まで以上に操体法に必要な大切なことを勉強させていただきました。今先生やコンタン先生の伝えていただいたものを、触れて自分で感じたからこそ得るものが多かったのだと思います。これからも感覚はもちろん技術も頑張って磨いていきたいです。

 

以上です。

 

今先生・コンタン先生・一緒に受講された皆さんありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今畠です

 

46日の授業報告を行います。

 

・呼吸について

 呼吸がしにくい場合は、鎖骨下のコリを剥したり、胸部のコリを剥すとよい。

 

・想の操体

生まれただけで素晴らしいと思える世界。鎖骨下にコリがある場合は、感情を吐き出させて思いがあっている場合は、コリが消える。

 

・ダイエット操体

 食事をうまく噛めていなかったり、唾液の分泌が悪かったりするため、耳下腺、顎下腺、舌下線、粘液線(舌下線の横にある)を中指で刺激するとよい。

 脂肪を排出するための蛇口場所が2か所ある。

 足指の中足骨と基節骨の間と上前腸骨棘の横を刺激する。

 その後脂肪をつかみ、絞っていく。

(脂肪は水の入った風船みたいなものなので、脂肪を絞ると大腿や下腿周径が変わる)

 

・顎関節症は首の痛みに対して

 大体ふくらはぎが硬いことが多いため、ふくらはぎから見ていくとよい。

 

今回は体験の方が3名見えていました。受講生は僕一人でみなさんお休みでした。ふくらはぎの触診や剥しなどを振られることがあり、とても緊張しました。

今回の授業は自分の中で何かが変わったような気がした回でした。受講前に酸素を押している方がいて、今日の授業は呼吸のことを聞きたいなぁと思っていました。体験の方が多かったので、体験の方の行いたいことを行って授業を受けようと思っていたら、何も言ってないのに、呼吸の内容を今先生が話してくれました。その時に何かわからないけどすごいと思いました。

 

また最近は想の操体を見ることが多く、私が剥しを体験の方に行っている際に、今先生が体験の方に家族構成を聞いたり、家族の話を行ったりしました。すると、ふくらはぎのコリやハリがなくなっていき、ふくらはぎの筋肉がゆるんでいきました。今先生に「なんで家族の話聞いたんですか??」と聞いたときに、今先生はなんとなくと答えてくれました。想の操体って本当に頭で考えるのではなく、心から出てくるものだと思い、感動しました。

 

 授業が終わって「今日の授業はほんとすごかったです」と反省会の時もずっと言っていました。(コンタン先生から今日もって言われました(笑))

あんまり授業終わりにこういうことを言うことはなかったのですが、なんでずっと言ってたのかなぁ??と家に帰るときにずっと考えていました。たぶん前述でも上げたように自分の中で何か変わることがあったのだと思いました。

 

 しかし何が変わったのかは自分でもよくわかりません。なんとなく自分の感覚でなにか変わったような気がしたのです。だから今日の授業はすごかったんだと自分で思ったのではないかと思います。たぶん毎回の授業の中で、人それぞれ大きく変わることがあると思います。それは技術なのか、考え方なのか、触れ方なのか、声のかけ方なのかはわかりませんが、絶対にあると思います。だから医学院の授業はいつもすごいんです。改めて実感しました。

 

 12時くらいまで、相談も含めいろいろお話させていただき本当にありがとうございます。(内容は言えませんが(笑))

以上です。

 

今回は授業内容と自分の感じた内容を書いております。

 

今先生・コンタン先生・一緒に受講された皆さんありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。