東北桜界を代表する、南の横綱・白石川堤一目千本桜が花吹雪となって散ってから10日、

早くも、北の横綱・弘前公園のサクラが土俵入りしてきました。

 

 

人ごみの苦手なわたし、この時期、週末に弘前に近寄りたくなかったのですが、この日を逃すとお天気は下り坂。となれば日の出からのお花見しかありません(笑)

 

日中はボートで埋まる西濠。人のいない早朝にはカヌーが浮かびます。

 

 

お花見どきの日曜日とはいえ、午前7時の弘前城内は、まだ人もまばらです。

 

 

朝のうち、津軽富士・岩木山はやや霞んでいたものの、その端麗な姿を見せてくれました。

 

 

早起きお花見をすると、もうひとつ、もらえることのあるごほうびがこれ↓。

日の出直後、風が息を整えるマジックアワーに、お城のお濠は水鏡に変わります。

加えて、この日みたいな青空だと最高の水鏡が見られますね!

 

 

この日の発表では、外濠は満開、公園内と西濠は七分咲き。

 

 

城外に出て、外濠沿いにひとまわり。

 

 

お城をぐるっと水鏡が囲んでいます。

 

 

極めつけはここ。外濠の北東隅から見る逆さ岩木山&逆さ桜並木です。

(午後は逆光になるので、午前中、それも早い時間帯がおすすめです。)

 

 

サクラの頃の弘前公園内では、必ずと言っていいほど、オシドリに出会います。

首を縮めて泳いでいることが多いのですが、首を伸ばすとザンバラ髪でなんだかお茶目(笑)

 

 

城内に戻って、サクラの下でシートを敷いてお花見してたら、いつのまにかスヤスヤ。

目覚めたころには、お城にどんどん、お花見客がやってきていました。

(サクラの期間は休日も市役所屋上が開放されています。)

 

 

そんなときでも、西濠沿いの道はわりと空いているんで結構好きです。

 

 

お昼前ともなれば西濠は貸ボートで埋まります。

 

 

そして、四の丸広場は…(;'∀')

 

 

城内は広く、ほぼ全域でビニールシートOKですので、静かにお花見できる場所はいっぱいあるのですが、四の丸の混みかたは別格、やっぱり「花より団子」?(笑)

 

 

この日は、夜桜までねばるつもりだったのですが、この人ごみに戦意喪失。

月曜日の予報もになったので、翌日もう一度来ることにして、いったん引きあげです。

 

 

※この記事の写真は4/22に撮影したものです。

(この稿おわり)

秋田県西木村(現在は仙北市)のカタクリ群生の郷、いよいよ開花しました。

 

 

この村の特産は大粒の西明寺栗。総面積40haの栗畑にカタクリの花が群生します。

 

 

群生地は数か所あって、開花の早いところと遅いところでは数日の差が出ます。

 

 

比較的早めに開花した鎌足コースの№5茂佐ェ門群生地。これでまだ三分咲きだというんですから、満開を迎えたら…

 

 

金曜日(4/20)あたりから一気に開花が進んだそうです。

開いたばかりの花が初々しい。

 

 

カタクリの花はすぐに白斑が出て劣化してしまいますが、生まれたての花は瑞々しくてきよらかです。

 

 

カタクリと言えばつきもののように咲く、キクザキイチゲもいっぱいです。

 

 

八津中心コースの№9、10はこれからといった感じ。

 

 

それ以外の群生地は残雪もあり、まだまだつぼみでした。

 

 

昨年は鎌足コースは4/22頃に満開。4月中に見ごろは終わり、5/3で閉園しました。

今年もほぼ同じ開花なので、GW前半あたりまでが見ごろかな?お急ぎください。

 

 

今年もカタクリの白花は見つけられず。でも、こんな薄紫のカタクリも可愛いな(*´▽`*)

 

 

※この記事の写真は4/21に撮影したものです。

(この稿おわり)

昨日(4/14)、白石川堤一目千本桜はついに葉桜となりました。3/31に開花し、4/5に満開、4/11~12の花吹雪で散っていくまで、一目千本桜を追いかけた2週間の総集編です。

 

3/30、大河原町の標準木で開花を確認、いつもの「勝手に開花宣言」からスタートです。

(公式には朝の時点での観測なので、観光協会発表では3/31開花)

 

 

4/3には三分咲き。南側の枝から開花が進んできます。

 

 

4/5には青空の下で満開を迎えました。

 

私のおすすめポイントがここ↓。白石川左岸(北岸)の「ひとめ最多の千本桜」。

花見客のほとんどは大河原駅~船岡駅間の右岸堤防しか歩かないので、ここまで足を延ばす人はわずか。静かにお花見を楽しめます。

 

 

この日は蔵王連峰も青空の下でくっきり、桜並木に映えました。

 

 

サクラスイーツを狙って、ヒヨドリが花から花へ飛び回ります。

 

 

ちびっこたちも、お花見だんごを配ってもらって嬉しそう( ^)o(^ )

 

 

4/8は満開の週末とあって今季最多の人出。

 

 

サクラの海の中をスロープカーで登っていけば、

 

 

船岡城址公園の観音様はサクラをまとい、

 

 

白石川の両岸には、見渡す限りどこまでもサクラの縁どりが続きます。

 

 

満開となってから風の強い日が続いたのですが、サクラが散り始めた4/10には風もおさまり、穏やかな朝になりました。

 

 

こんなお天気の日、日の出から間もなく、韮神堰に訪れる奇跡の時間。

 

 

川の流れが、ふと時を止め、川面に滑らかな水鏡を作り出します。

水鏡に映る、逆さ蔵王や逆さ桜並木はひとときだけの絶景。わずかに風が吹き、川面に波が立ち、写し絵を壊してしまうまでの自然のキャンバスです。

(今春は4/5、4/9、4/10の朝の3回、蔵王と桜並木を映す水鏡ができたようです。)

 

 

この日の午後から天気は下り坂。

 

 

4/11から4/12にかけて吹き荒れた春の嵐は、花散らしの風となりました。

 

 

一目千本桜は、ほとんどがソメイヨシノだけの桜並木。

花期がそろい、短い時間の中で、一斉に花開き、一斉に花吹雪となって散っていく。

もの哀しくはあっても、その潔さに清々しさを感じます。

 

 

今春は雨が少なく、一目千本桜には、3/29のつぼみの頃から10日間、通いました。

こじゃれた飲食店があるわけでもない、延長8km、1,200本の桜並木の散歩道。

静かに花を愛でたい方には自信をもっておすすめできるサクラです。

 

来春こそは、白石川堤一目千本桜であなたとお会いできますことを(^^♪

 

※この記事の写真は3/29~4/12に撮影したものです。

(この稿おわり)