「鍵盤ハーモニカ」は鍵盤楽器と吹奏楽器の特性を両方併せ持つ〈身近な楽器〉として小学校の音楽の授業で広く普及しています。
分類としては「リード楽器」。吹き口から息を吹き込み金属のリードを震わせて音を出します。鍵盤と連動したバルブを開閉して、特定のリードに空気を送ります。

ヤマハの鍵盤ハーモニカ「ピアニカ」の小学生向けの機種(32鍵盤)が30年ぶりにモデルチェンジします。

新モデル「P-32E(ブルー)」「P-32EP(ピンク)」は2014年10月1日発売予定。
「P-32D(ブルー)」「P-32DP(ピンク)」の後継機種になります。

ピアニカ - ヤマハ株式会社
ピアニカ製品一覧

より身近に感じられる楽器を目指し、使いやすさと演奏性を追求
学校普及モデルが30年ぶりのモデルチェンジ
ヤマハ ピアニカR 『P-32E』『P-32EP』
2014年10月1日(水)発売 ?

学校普及モデルが30年ぶりのモデルチェンジ ヤマハ ピアニカ 『P-32E』『P-32EP』 - ニュースリリース - ヤマハ株式会社
(報道資料)

■新モデルの主な改良点。

☆演奏用パイプを改良
新しい演奏用パイプの差し込み口にはパイプを巻いて留めておける「パイプクリップ」(特許出願中)がついています。手持ち時の演奏や卓奏の待機時などにとても便利です。

☆演奏しやすい設計の本体
立奏で本体を持つ際に子どもの手にフィットして持ちやすいように、本体を丸みをおびた形状に改良。音質は損なわずに本体を50g軽量化し、演奏しやすくなりました。

☆ケースの改良
使いやすさを第一に考えたデザイン。ケースの持ち手は子どもの手にフィットしやすい形状に改良。ケースの背面と横面に名前シールを貼れるスペースを設置。



私が小学校に入学したとき(昭和51年入学・愛知県)に、学校で購入した鍵盤ハーモニカはスズキのメロディオンでした。数年後に市内の別の小学校に転校したら、その学校はピアニカを使っていました。
私より2学年上の兄のときは、ハーモニカを使っていました。
昭和50年ぐらい(1975年ごろ)が、音楽の授業で鍵盤ハーモニカを使い始めた世代かな。




《関連記事》
夏貸文庫>音楽室
楽器、楽譜特集

ピアニカ〈ヤマハ〉鍵盤ハーモニカ@夏貸文庫本格おもちゃ楽器玩具




YAMAHA ヤマハ PIANICA ピアニカ 32鍵 ブルー P-32E/ヤマハ(YAMAHA)

¥7,128
Amazon.co.jp


YAMAHA ヤマハ PIANICA ピアニカ 32鍵 ブルー P-32E
【アマゾン】

YAMAHA ヤマハ PIANICA ピアニカ 32鍵 ピンク P-32EP
【アマゾン】

AD
2014年9月20日(土)放送のNHK Eテレ「ららら♪クラシック」はアメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」を取り上げます。

マンガ『のだめカンタービレ』にて、桃ヶ丘音大学園祭でSオケがオーケストラ版を上演。のだめがマングースの着ぐるみでピアニカ(鍵盤ハモニカ)を演奏した曲です。コミックスでは4巻。
テレビドラマではエンディングテーマに使われました。

フィギュアスケートでは、1998年長野オリンピック男子シングル金メダルのイリヤ・クーリック(Ilia Kulik)さんがフリープログラムに使用した曲です。黄色の柄シャツがキリンみたいに見える衣装の演技です。



Ilia Kulik (RUS) - 1998 Nagano, Figure Skating, Men - Free Skate - YouTube



番組名:ららら♪クラシック「ガーシュウィンの“ラプソディー・イン・ブルー”」
チャンネル:NHK Eテレ(地上波放送)全国放送
放送日時:2014年9月20日(土) 21時30分~22時00分
ジャンル:音楽番組(クラシック教養)

>今回はガーシュウィンの「ラプソディー・イン・ブルー」。彼の初めてのオーケストラ作品ながらも爆発的な人気を得た曲である。ミュージカル界で活躍していた頃に舞い込んだ風変わりな作曲依頼にも関わらず、1920年代アメリカという時代の空気を読み取ったガーシュウィンの名曲である。当時の流行を巧みに取り入れ、クラシックやジャズ、ポップスなどジャンルの枠を超えてアメリカで愛されたニューヨーク生まれの名曲をひも解く

▽曲目:
「ラプソディー・イン・ブルー」Rhapsody in Blue
作曲:ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin)
演奏:指揮者…山下一史,ピアニスト…松永貴志,管弦楽…東京フィルハーモニー交響楽団,

▽出演者
司会:石田衣良、加羽沢美濃
ゲスト:ユージ、野本由紀夫(音楽学者)
語り:服部伴蔵門

ららら♪クラシック - NHK
(番組公式サイト)

「ららら♪クラシック」は、NHK Eテレ(教育テレビ)で放送されているクラシック音楽教養番組。
毎回クラシックの名曲を1曲とりあげ、クラシック初心者のゲストとトークしながら作曲者や作品の背景を知り音楽の魅力を探る。
2013年4月から放送。

▽放送予定(チャンネル:Eテレ)
2014年9月20日(土) 21時30分~22時00分
2014年9月22日(月) 10時25分~10時55分(再放送)

《関連記事》
NHK Eテレ「ららら♪クラシック」オペラ〈魔笛〉モーツァルト「夜の女王のアリア」◇2014年6月28日

夏貸文庫>音楽室
楽器、楽譜特集



のだめカンタービレ マングースマスコット 鍵盤ハモニカVer./バンダイ

¥1,080
Amazon.co.jp

のだめカンタービレ マングースマスコット 鍵盤ハモニカVer.
【アマゾン】


ガーシュウィン ラプソディインブルー (zen-on piano library)
全音楽譜出版社(全音)ピアノソロ楽譜(廻 由美子 校訂)
【アマゾン】

AD
2014年9月のNHK「名曲アルバム」で、小松亮太さんバンドネオン演奏の「わが懐かしのブエノスアイレス」が放送されます。(初放送は2009年)

「わが懐かしのブエノスアイレス」(Mi Buenos Aires querido)は、アルゼンチンのカルロス・ガルデル(Carlos Gardel)作曲のタンゴ。1934年発表。



番組名:名曲アルバム「わが懐かしのブエノスアイレス」
チャンネル:NHK Eテレ(地上波放送)全国放送
放送日時:2014年9月4日(木) 10時25分~10時30分
ジャンル:音楽番組(ラテン音楽、タンゴ)

◇「わが懐かしの ブエノスアイレス」
作曲:カルロス・ガルデル
編曲:小松 亮太
演奏:小松 亮太(バンドネオン)、
   金 聖響(指揮)、東京フィルハーモニー交響楽団
映像:ブエノスアイレス(アルゼンチン)

▽「わが懐かしの ブエノスアイレス」2014年9月の放送予定(全国)
9月4日(木)10:25-10:30 NHK Eテレ
9月16日(火)06:20-06:25 NHK Eテレ

>ブエノスアイレスの小さな港ボカ。かつて多くの移民がここから新天地アルゼンチンに足を踏み入れ、この界隈でタンゴが生まれた。「わが懐かしのブエノスアイレス」は土地の人々が愛してやまないブエノスアイレス賛歌。伝説の名歌手ガルデルがタンゴに初めて歌詞を付けて歌い、以来タンゴは人々の気持ちを代弁するものとなった。

NHK『名曲アルバム』
(番組公式サイト)

小松亮太(RYOTA KOMATSU)
小松亮太公式サイト




小松亮太ピアソラ・ベスト/ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

¥3,024
Amazon.co.jp

AD