大滝詠一
NIAGARA CALENDAR

『NIAGARA CALENDAR(ナイアガラ・カレンダー)』大滝詠一〈ソニーミュージックエンタテインメント〉(1996/03/21)

前回の『ジス・イズ・ミスター・トニー谷』から大滝詠一(大瀧詠一)とクリスマスつながりで。
1978年にアナログLPレコードで発表されたアルバムです。これはオリジナル盤ではなく、1981年のリミックスバージョンの廉価盤。
月ごとにテーマを設定し、それにあわせて作られた12曲を収録。全曲大滝さんの作詞作曲。ご本人曰く「最高傑作」のアルバムです。
大笑いできる歌、くすっと笑える歌、それに少しのセンチメンタリズムと日本人の叙情性。言葉遊びの秀逸さは『ジス・イズ・ミスター・トニー谷』をプロデュースしただけのことはあります。曲調もポップス、ロック、音頭と大滝さんの作風の幅広さを味わえます。
怪作「クリスマス音頭」はナイアガラファンの人気も高い逸品です。ラストは唱歌「お正月」へ繋がる見事な構成になっています。
各曲のVocalの名前がまた笑えます。「多羅尾 "Rock'n Roller" 伴内」「ちぇるしぃ」「遠山 "桜吹雪" 金五郎」「ミズホの大滝(背番号16)」「Bill "The Rainmaker" メロメロ」「大滝パパ」「宿霧 "Borris" 十軒」「パック・大滝」「国定公園(股旅さうんど愛好会会長)」「二宮損損」「我田引水 "哀愁さうんど、歌謡曲同好会会長"」「苦労巣三太」「坂本八、トランク短井」。最後の2つは坂本九とフランク永井のもじりですね。
それぞれの曲に「dedication(献呈の辞)」がついていますが、松尾芭蕉だの子門正人だの大正製薬だのあって、何に感謝しているのか考えるのも一興です。
ところで大滝さんの苗字、漢字が「大滝」と「大瀧」と表記が二通りあります。CDジャケットは「大滝」で統一しているようですが、作曲者名では「大瀧」、ライナーノートは「大滝」「大瀧」両方使っています。とりあえずジャケットに合わせて「大滝」でいきます。

《曲目リスト》
1.ロックンロールお年玉
2.ブルー・ヴァレンタインズ・デイ
3.お花見メレンゲ
4.ベースボール・クレイジー
5.五月雨
6.青空のように
7.泳げカナヅチ君
8.真夏の昼の夢
9.名月赤坂マンション
10.座 読書
11.想い出は霧の中
12.クリスマス音頭~お正月
AD
トニー谷
ジス・イズ・ミスター・トニー谷
『ジス・イズ・ミスター・トニー谷』トニー谷〈ビクターエンタテインメント〉(2005/07/21)

トニー谷は昭和30年代に人気絶頂だった司会者、ボードビリアン(通俗軽演劇役者)。ソロバンを手にして「あなたのおなまえ何ァんてェの」「レディス&ヂェントルメン&おとっさん、おっかさん」「さいざんす」などのギャグを残した、フォックス眼鏡をかけたキザで嫌味なおじさんです。
1987年7月に亡くなりましたが、彼の翌日に亡くなった石原裕次郎と違い、ひっそりとした扱いの死でした。
トニー谷の絶頂期に出たEPレコードの音源を集めて、その年に大瀧詠一が追悼盤CDをプロデュースしました。インチキ英語交じりの造語と毒舌が売りの、アクの強いコミックソング全12曲入りです。
プロデュースと曲目解説は厚家羅漢こと大瀧詠一。トニー谷についての解説は小林信彦。ジャケットデザインは平野甲賀。
現在流通しているのは2005年に復刻されたものですが、1987年盤と内容は同じのようです。(私が持っているのは1987年盤

街角で「ジングルベル」が流れると思い出すのが7曲目の「サンタクロース・アイ・アム・橇(ソーリ)」。トニー谷・宮川哲夫:作詞/多忠修:編曲で「ジングルベル」のメロディに「きよしこのよる」を間奏にはさみ、終盤にタンゴの名曲「キッス・オブ・ファイア」をからめたミュージカル仕立てのクリスマスソングです。聞き終わった後「あかいぼうし、あかいこーと、ちょっといいざんしょ」とノリのいいトニイングリッシュが頭にこびりつきます。

《曲目リスト》
1.さいざんす・マンボ
2.チャンバラ・マンボ
3.ブクブク・マンボ(Bukubuku-Mambo)
4.馬鹿ぢゃなかろか
5.あゝ家庭の事!
6.こんなに變るものかしら
7.サンタクロース・アイ・アム・橇(ソーリ)(ジングル・ベル)
8.オッパポロポン節
9.そろばんチャチャチャ
10.ガッポリ節
11.あんたのおなまえ何ァんてェの
12.レディス&ヂェントルメン&おとっさん,おっかさん(ユー・ビロング・トゥ・ミー)
AD
オムニバス, サラ・ブライトマン, リベラ, amin, 鈴木慶江, 押尾コータロー, saigenji
feel Christmas
オムニバス, ケニー・G, タック・アンドレス, ジェイムズ・“ブラ”・パヒヌイ, ジョージ・ウィンストン, ジョン・ピザレリ, ハリー・アレン
フィーノ~フォー・クリスマス
『feel Christmas』オムニバス〈東芝EMI〉(2004/11/10)
『フィーノ~フォー・クリスマス』オムニバス〈BMGファンハウス〉(2003/11/26)

ヒーリング・なごみ系のコンピレーションアルバムシリーズのクリスマスバージョン2点。クリスマスソングをアコースティックな美しい演奏でお聴き下さい。
『feel』は日本人中心で新しい曲、ポップスあり、『フィーノ』は洋楽オンリーでスタンダードなクリスマスナンバーです。
前回紹介の『クリスマスソング(2)』にも収録されていた「グリーンスリーヴス(グリーンスリーブス/Greensleeves)」。もとはイギリス民謡でロマンティックな恋歌です。讃美歌第2編216の「What Child Is This?(み使いうたいて/このみどり子は誰なるぞ)」という歌詞をつけたものがクリスマスキャロル(祝歌)として良く歌われます。薬のCMに使われたことがあるので聞き覚えがあると言う方も多いでしょう。私は三原順の『はみだしっ子』(白泉社文庫全6巻)を思い出します。アンジーがバイオリンで弾けた唯一の曲ですね。

『feel Christmas』《曲目リスト》(【 】内は歌手・演奏)
1.アヴェ・マリア【サラ・ブライトマン】
2.ステイ・ウィズ・ミー【リベラ】
3.星に願いを【amin】
4.G線上のアリア ~君は花のごとく~【鈴木慶江】
5.ラスト・クリスマス【押尾コータロー】
6.アマ・ポーラ【saigenji】
7.ホワイト・クリスマス【小野リサ】
8.戦場のメリークリスマス【マキシム】
9.アヴェ・マリア【千住真理子】
10.ザ・クリスマス・ソング【小林 桂】
11.クリスマスの夜に (sketchpiano Ver.)【千住 明】
12.ロンリー・クリスマス【寺井尚子】
13.クリスマスを我が家で【ホリー・コール】
14.A Happy New Year【武部聡志】
15.聖夜の祭詩【姫神】
16.アメイジング・グレイス【チェン・ミン】

『フィーノ~フォー・クリスマス』《曲目リスト》(【 】内は歌手・演奏)
1.ホワイト・クリスマス【ケニー・G)
2.きよしこの夜【タック・アンドレス)
3.アウェイ・イン・ア・マンジェ(神の御子のイエスさまは)【ジェイムス“ブラ”・パヒヌイ)
4.クリスマス・タイム・イズ・ヒア【ジョージ・ウィンストン】
5.そりすべり【ジョン・ピザレリ】
6.ウィンター・ワーンダーランド【ハリー・アレン】
7.メリー・リトル・クリスマス【ブライアン・キーン】
8.ファースト・ノエル(牧人ひつじを)【ジム・ブリックマン】
9.メドレー;あめには栄え
10.われらはきたりぬ(三人の博士)【バーバラ・ヒグビー】
11.アヴェ・マリア【ウィリアム・ギャリソン,トニーニョ・オルタ】
12.ミラクルズ【ウォルター・アファナシエフ】
13.リトル・ドラマー・ボーイ【ジョージ・カフモクJr.】
14.グリーンスリーヴス【リズ・ストーリー】
15.オ・ホーリー・ナイト【リチャード・ストルツマン】
AD