『METAMOR-FORCE “BARI"ATION』第1弾!

マシンロボ クロノスの大逆襲 バイカンフー


本日3月1日(水)より、予約案内開始!!

 

時を超えて、

次元を超えて
珠玉のバイカンフー、ここに誕生!

 

千値練と大張正己氏のコラボレーション企画、
METAMOR-FORCE “BARI"ATION!

 

その第1弾となるバイカンフーの原型製作には

現在イベント等で大活躍の3Dモデリング集団『digitarian』代表、

池田哲也(オリジン)氏を起用!

大張氏の徹底監修による、拘りの頭部再現はもちろん、

千値練製トイとしての『パイルフォーメーション』と『アクション(可動)』を

可能な限り突き詰めた意欲作!

 

今回は、バイカンフー本体はもちろんのこと、ロム、ケンリュウ、

多重合身ギミックに至るまで徹底レビュー!

 

 

また、ブログ担当が張り切りすぎて(?)
掲載する写真の枚数が膨大になってしまっているので、
前後編に分けてボリューミーにお届け!


WF終了直後にフラフラになりながらも、
みなさまにお届けするために「燃える心」を持ち続けて撮影に臨みました・・・・!

 

???「そう。嵐にも消えぬ火・・・・人、それを『情熱』という・・・・!」

ブログ担当「一応聞いてやる!誰だ!?」

 

 


???「貴様に名乗る名はない!」

 

 

 

・・・・というわけで、まず最初に紹介するのは・・・・

 

 

主人公にして天空宙心拳継承者、「ロム・ストール」

皆様ご存知な我らがロム兄さんが約90mmの極小サイズにて立体化!

 

合身時にはケンリュウおよびバイカンフーの内部に収納されますが、

単体で見ても整ったプロポーションでとにかくかっこいい仕上がり!

 

頭部は戦闘時のマスクが閉じた状態を再現し、

目つきもシャープな出来栄えとなっています!

 

小さいながらも広い可動域。

そして交換用ハンドパーツに手刀、平手なども付属します。

ハンドパーツの根元にはスイング軸を搭載。

上の方で紹介した通り、腕組みポーズも抜かりなく再現可能となっているので

アクションフィギュア感覚で

劇中の天空宙心拳をイメージしたポージングを再現してお楽しみいただけます!

 

ロム愛用の「剣狼」も付属!

 

さらにガルディ・ストールの剣、「流星(ながせ)」も付属!

この二つの剣が付属するということは・・・・!

 

そう!最終回で見せた「天空真剣極意・二刀一刃」!

こちらを再現できる剣狼と流星が一つになった状態も付属します!

 

この構えがたまらなくかっこいい!

 

 

 

それではどんどん行きましょう!

続いてはこちら・・・・!

 

『光のエネルギーが頂点に達すると、

剣狼は次元の壁を越えてケンリュウを呼び寄せるのである』(速水奨さんの素敵なお声で脳内再生してください)

 

 

 

 

『ロムはケンリュウと合身することにより、

その力を数十倍に発揮することができるようになるのだ』

 

 

『闇ある所、光あり・・・・悪ある所、正義あり!』

『天空よりの使者、ケンリュウ参上!』

 

というわけで、気合入りまくりな劇中再現イメージとともにケンリュウ参上!

ケンリュウはもちろんロムを内部に収納して合身可能となっています!

詳細は後編にて!

 

内部にロムが入っているとは到底思えないような

マッシブかつスマートなスタイリング。

そして関節の間からチラッと見える赤いパーツは

ロムが合身して収納されている証でもあります。

 

もちろん、ケンリュウ用の剣狼と

さきほどお見せした専用のパイルガード(盾)が付属!

内部にロムを収納しながらも、

アクションが可能となっているのもポイントとなっています。

また、表情豊かなハンドパーツも付属!

 

 

 

さて、それではいよいよアレの出番です・・・・!

 

 


天よ地よ・・・・

火よ水よ・・・・

我に力を与えたまえ!


パァアアアアアイル

フォオオウメイション!!

 

(♪あのBGM)

 

 

「ロムの意思を受け、剣狼が空中で光となると」

 

「時を超え、次元を超え」

 

「パイルフォーメーションは完成する」

 

 

「バイカンフーは地上全てのエネルギーとシンクロし」

 

 

 

「自然現象さえも変えるパワーを出す事が可能となるのだ」

 

 

 

 

「バァアアイ!」 


「カンフー!!」

 

(ヴァルカンログの記事書いてる頃からこれをずっとやりたかった・・・・!!)

 

 

さて、パイルフォーメーションが完成したところで前編は終了!

後編ではバイカンフーの造形や可動、

そして多重合身ギミックについてご紹介いたします!

 

 

※当ブログで掲載している一部画像は加工されたものも含まれます。

※実際の商品とはサイズや彩色が異なる場合がございます。

 

 

© PRODUCTION REED 1986 映像制作 (株)プロダクションリード