C3 香港&中国工場レポ

テーマ:
こんにちわ。
千値練 開発担当さきっちょです。

花粉で思考力低下して、使い物になりません。
そんな杉花粉から逃げるように先週は”C3日本動玩博覽2013”に参加する為に香港へ行ってまいりました。

3月15日~17日まで香港コンベンション&エキシビション・センター(HKCEC)で開催された
日本のアニメキャラクターをテーマにした展示会で、初日はなんと夜9時までオープンという何とも香港っぽいイベントでした。

弊社は香港でのディストリビューターである、ELITE TOYSのブースにて
ロボ系中心にガッツリと展示をおこないました。


展示前風景。恐れ多くも海洋堂さまの隣・・・・



メカメカしい、千値練ゾーン。


バイヤーさんのお話だと香港の玩具好きはカッコイイ系が好きな模様。

そら、HOTTOYSやthreeAが生まれる土壌ですからね・・・

最近だとメカ系の合金可動フィギュアを中心に展開するAction Toysもあるので「負けてられない」と火がつきました。

個人的に気になったのは、BANDAI×ThreeZEROのB/3でしょうか!
な・・・なんと第1弾は大河原邦男先生デザインのパワードスーツを立体化!!!
1/12のフィギュアが乗れる仕様になるそうです。
日本風で着物をイメージした縫製部分とthreeZERO得意の美汚塗装!!!
いくらになるんだ!?・・・買いますが。


あと展示されてた、作例?モリモリで情報量とんでもないことになってますが凄く好みな感じです。

そして、金曜日は香港を後にして・・・・中国工場入り。


もろもろと進捗状況を確認してきました。

去年末にデータを送った、機動歩兵やジェフティも絶賛金型切削中です!

これは金型を彫る放電加工の通電コマです。

放電時に金型との接点に火花が出て切削する為に表面が黒くなります。
ということは写真のパーツはもう金型が出来ているということです。

探してみたら、テストショット発見。
先ほどの通電コマの部分が金型になり、機動歩兵のテストショットが完成してます。
成型色が違うのは素材が違っていたり、腕や足で金型を分けているからです。

これは機動歩兵の腕のテストショットです。
下腕のアーマーはスライドして着脱可能で内部が見れるようになっているのですが
ABSの肌色部分だけだと強度がないので、所々ダイキャストを採用してます。
写真の灰色のパーツがダイキャストです。

本当はその金型の写真もあれば良かったのですが、成型機にセットされていたので撮影できませんでした。

っていうか、この内容マニアックですね・・・
まぁご要望あれば、またこういった玩具生産の紹介などしていきたいと思います。

ということで受注・発売に向けて色々な商品が着々と進行中です!

ベスト オブ 香港飯は「排骨飯」で決定!

でわまた。