2011-04-27 12:15:00

【ギルティ】 審判別の成績を調べてみたら西村はそんなに悪くない審判だった 【ノット・ギルティ】

テーマ:ガンバ大阪

ガンバ

先の(´・ω・`)ω・`)ω・`)な広島戦でも「西村して」『替えて、あの審判』という叫びを伝え聞き、「また西村か」と僕も思ってしまったんだけど、「果たして西村はホントにしてなのか?」「してならしてと言えるだけのファクトが欲しい」ってことで、審判別の成績をエイヤと集計してみることに。

 

とりあえず傾向として使えると思った今年の2試合含めた過去3年、08年までの国内の公式戦(リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯、ゼロックス杯)で集計。外国人が裁くACLやCWCなどは除いた数は130試合。当然1試合しか裁いてない審判もいるので、まずは5試合以上裁いてる審判を抜き出してみた。

 

■試合数5試合を超える審判別成績抜粋
蒼い攻め達磨-審判別成績
合計は130試合で67勝(51.5%) 24分(18.5%) 39敗(30.0%)。感覚的にもう少し勝ってるかな?と思ったけど、08年はACLでリーグ戦ボロボロだったしなってことでこんなもんかと。

 

◇んで、西村はしてなのか?

意外にもしてではなかった。何と西村は過去3年でもっともガンバの試合を裁いてる審判であり、その数は12試合にもなる。成績傾向は130試合のそれとほぼ変わらず、まあ言ってしまえばガンバ的には毒にも薬にもならない審判だったw

 

【判決】ノット・ギルティ

 

◇みんな気になるイエモッツは…

ガンバサポならイエモッツ降臨祭りの被害をあまり受けた記憶がないことは周知の事実。データ的にもそれは裏付けられた。負け試合の2試合もボロボロの08年リーグ戦のもので、ここ2年に限れば4勝3分。「イエモッツ」どころか無敗の「家本さん」だったのだw

 

【判決】ノット・ギルティ

 

◇ありがとう、ありがとう

相性のいい審判は松村とジョージ。ともに8割を超える驚異的な勝率を誇るありがたーい審判。特にジョージは相手を血祭りにあげる試合も多く、3ゴル4ゴルの大盤振る舞いの確率も高い。ジョージの試合では平均ゴルが2.8。これは楽しい。

 

勝率的には高山も130試合のそれを上回っており、悪くない審判のひとり。佐藤は引き分けが多いものの、ここ3年無敗。このあたりを松村・ジョージクラスに育てたいw

 

あとこの表には載せていないけど、4戦4勝フルマークの廣瀬は今後期待したい審判の筆頭。内容も4試合で13得点4失点とガンバサポが好物な出入りの激しいもの。まだ対強豪相手の試合を裁いてるわけではないけど、大事にしたい。

 

【判決】 \勝訴/

 

◇アホな審判

一方で相性が悪い審判は確実に存在する。扇谷、ジャスティス、吉田、東城はガンバ的には「アホな審判四天王」とでもいうべき呪われた審判。実際にゴル裏から「アホな審判」を食らわせた記憶も新しい。東城を除く3人では負け率が50%を超え、扇谷とジャスティスは130試合勝率の半分程度、2割台の勝率に落ち込む。まったくもってアホであるw

 

しかしながらジャスティスは昨季限りでの引退を発表、四天王の一角は既に崩れた。これは朗報といっていいw

 

【判決】ギルティ (但しジャスティスは恩赦)

 

 

■おまとめ

ま、特に意図はなしにやってみた割には結構面白い結果が出たように思う。ファクトの整理は重要だしね。相性が悪い審判にはより大きな声で「アホな審判」を食らわせようw 暇な他サポは一度調べてみると面白い傾向が出るかも。

 

しかし…クラブによっちゃ「東城さん」とか「扇谷さん」ってとこもあるんだよな…信じられんw

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

上級大将さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。