東大生サランの受験勉強応援ブログ

現在東大文2の2年生です
受験勉強を応援する記事を書いていきます!


テーマ:
はいどうもサランです(・ω・)ノ
 
忙しい…(´Д` )
疲れる…(´Д` )
書き溜めしておいてよかったです(笑)
シリーズ記事は書き溜めとかないとダメですね。
 
最後は世界史・日本史です!
◯世界史・日本史
東大志望の人は2次試験まで2科目使います。
(論述で2科目課すなんて正気の沙汰じゃないとか高校時代は言ってた気がします笑)
2次試験で2科目使う人は、まずどちらか1科目の通史をざっと終わらせましょう。
語句を覚えるという意識ではなく、範囲を一旦見通して全体の流れを大きく把握しておくくらいの意識で十分です。
3年生のGWくらいまでに1科目の全体を1周、3年生の夏休みが終わるまでにもう1科目の方も全体を1周、くらいの気持ちでいてください。
 
他の論述を出す大学は1科目だけですから、通史に関しては東大ほど急がなくても大丈夫だと思いますが、今から独学で進めるに越したことはないでしょう。
私大で1科目使う人も通史を始めちゃいましょう。
地歴に限っては国公立より細かい知識が要求されてしまうので、大枠を入れる作業は早いに越したことはありません。
 
また国公立にせよ私大にせよ、論述を課す大学を受ける人は、習ったところからでいいので論述をチマチマ始めておきましょう。
中小論述のストックを貯めていきましょう。
 
センターだけの人は地歴はまだ焦らなくても大丈夫です。
授業で終わった範囲から確実に復習をしていきましょう。
 
 
◯通史
・通史を自分で進めたい!
世界史
 
日本史
 
僕がいたような公立高校では、学校の授業で通史が終わるのが高3の10〜11月で、終わったと思えばすぐにセンター対策に入る、みたいなことが起こります。
僕がいるサークルの関係上公立高校の諸事情をよく聞くのですが、どこの公立高校でも同じような状況のはずです。
そのような状況ですから、2次試験・私大一般入試まで地歴を使う人は独学で通史を進めるべきです。
 
独学で使うなら教科書よりも講義調の参考書が断然オススメです。
読みやすさが段違いです。
どうしても文字がいやなら漫画でもいいでしょう。
 
通史の参考書はほとんどが分冊で、最低でも2冊で完結するタイプが多いのですが、1冊で完結しないとやる気が続かないという人には『教科書よりやさしい』シリーズをオススメします。
ただ、教科書や授業等で知識を埋めないと足りないでしょうね。
 
もう一方の『ナビゲーター』『日本史実況中継』は詳しく書いてある上に有名どころという感じでオススメしています。
他にも通史の参考書はあるので、自分で見てみてください!
 
 
◯論述
・論述の準備を始めたい!
世界史
 
日本史
 
入試に論述がある人は、ちょっとずつでもいいので論述問題に触れておきましょう。
 
どれも基本的な語句の説明などの小論述の問題集です。
世界史も日本史も、基本的な語句や事態を30〜90字程度で説明する小論述から論述を始めましょう。
特に東大世界史の大論述には、この小論述のストックが大事です。
 
僕がやっていたやり方は、
問題を見る
→必要なポイントを思い浮かべる
→解答(解説)を見て必須ポイントを確認
→設問と必須ポイントをセットでインプット
という感じです。
解答の丸暗記は不要です。
「これを問われたら、これが説明の要素として必要だ」というのを学ぶ感じです。
文章の暗記なら教科書の記述で行いましょう。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)
同じテーマ 「地歴」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。