2010-05-24 19:55:11

Appia(アッピア)広尾

テーマ:ごはん
“Seligkeit”-CA390034.JPG

つい先日、27歳の誕生日を迎えました音譜


当日は広尾の「Appia」でディナー。

相方の仕事が遅くなりそうだったので、

途中までは、「今日は諦めて明日ゆっくりと・・・」と思っていたのですが

頑張って仕事を切り上げてくれ、このお店に連れて行ってくれました。


Thanks!


場所は天現寺の程近く、フランス大使館がある通りの地下1階にあります。

この界隈では有名な(?)イタリアンで、有名人・業界人がよく訪れるそうです。

(この日も、目の前に元プロ野球選手の方がいらっしゃいました)



「Appia」は、目の前にずらりと食材が並ぶワゴンスタイル。

年配のメートルさんに、ひとつひとつの食材について教えてもらいながら

「何」を「どう」食べるか、相談しながら決めていくスタイルです。

“Seligkeit”-CA390036.JPG “Seligkeit”-CA390037001.JPG

“Seligkeit”-CA390038.JPG “Seligkeit”-CA390040001.JPG


前菜は、海老と蟹のテリーヌ、牛肉のオイル漬けカルパッチョ、野菜ソテーの3品と

白舞茸をバターでソテーしたものをオーダー。

ワインはすっきりとしたシャルドネを合わせました。

“Seligkeit”-CA390039001.JPG “Seligkeit”-CA390041002.JPG

パスタは3種のチーズを使ったものと、バジリコパスタを。


メインは(↑のような感じで色々出てきたので)迷ったのですが

最終的にはオニカサゴをチョイス!うお座

かりっとソテーしたカサゴは甘みがあり、トマトソースの酸味がよく合います。

調理の方法も、シェフと相談した上で提案していただけたので

はじめて食べるお魚でしたが、とてもおいしくいただく事が出来ました。


デザートが出てきた時には、すでに満腹状態。。。

ずらっと並んだワゴンの上のSweets達には申し訳ないけど、

さっぱりとフルーツの盛り合わせで食事を〆ました。


お会計を済ませ外に出て、「美味しかったね」とか話しながら

少し後ろ髪を引かれる思いで振り返ると

スタッフの方がまだドアの前で見送って下さっていました。

ちょっとした事ですが、嬉しいですね。



こんな若い(お金も経験もない)客に対しても気持ちの良い接客をしてくれ、

こちらが恐縮したり、恥ずかしくならないようにしてくれる。

「Appia」は、ホスピタリティという言葉がしっくりくる素敵なレストランです。


確かに、決してお安くはないですが、

背伸びせずに楽しめるこういうお店なら、月に1回は行きたい。

とても、良いプレゼント(経験)をいただきました。



連れて行ってくれて、どうもありがとう。




▼Appia(アッピア)

 東京都港区南麻布4-11-35 インペリアル広尾 B101

 ※18:00~翌1:00(L.O)

 ※日曜営業

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-11 22:41:50

ElevageというBar

テーマ:お酒

“Seligkeit”-CA390001.JPG 西麻布。外苑西通り沿いの路地を

 ちょっと入ったところにこのBarはある。
 薄暗い小道に浮かび上がる、
青い看板が目印。


 階段横の壁には、「本日のワイン」が書かれたボード。

 とても状態の良い(&レアな)ワインをグラス(!)で

 提供してくれる稀有な店。

 ドアを開けると、オーナーの吉田氏が迎えてくれる。

 訪れるたびにユーモアと幅広い分野への造詣の深さに

 驚嘆する。おもしろメルマガも魅力(?)のひとつだ。


 金曜の仕事帰り、遅い時間に飲む一杯。

 めいっぱい食べた後、もう少しだけ飲みたい、そんな夜。

 私はエレバージュをおすすめしたいと思う。


Elevage(エレヴァージュ)

東京都港区西麻布4-2-13 八幡ビル 2F

※カウンター席とテーブル席(2席)

※夜21:00~翌4:00

※完全禁煙




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-28 20:31:02

avengers in sci-fi

テーマ:音楽

“Seligkeit”-アヴェンズ

最近のお気に入り。


avengers in sci-fi (アヴェンジャーズ・イン・サイファイ)

昨年、渋谷のタワレコ(だったかな)で視聴して、久々にCD購入したアーティスト。


CDのみならず、LIVEにまで参戦したくらいw


巷では『ロックの宇宙船』とか言われているらしいですが、

購入したアルバムも確かに、これでもかっ!という勢いで

“宇宙”的なイメージの音や言葉で溢れています。


LIVEでは、打ち込み電子系音楽にありがちな「クール」さよりも

大量のエフェクターを駆使したパフォーマンスに

かなり熱い「ロック」を感じました。そして、ガンガン踊れる!!!


ライヴハウス(LIQIDROOMでした)が一体になる感じ?

あれは癖になりますなw


これからも注目していきたいアーティストでございます。


jupiter jupiter/avengers in sci-fi
彼らのメジャーデビューアルバム也。ユニバ~ ユニバ~~♪

http://avengers.jp/index1.html


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-27 18:15:59

DE DE MOUSE ― A journey to freedom ―

テーマ:気になる




“Seligkeit”-A journey to freedom


先週末、新宿のタワレコへ行ってきたんですが、そのとき思わずジャケ買いしそうになったアップ

だって、リスペクトしているSQEX吉田 明彦氏の美麗なイ、、イラストが・・・・・
しかし、ジャンルが『CLUB/DJ』のところに置いてあったので、
購入にはいたらず・・・(だって、音楽は保守派なんですもの)

それでも気になったので、色々調べてみると
エレクトロニカ?テクノ?的な感じ?
電子系は結構好きなほうですが、このお方のスタイルはちょっと特殊だそうな。
ボイスサンプリングや民族音楽を多用するのが特徴のようです。

一応、PVらしきものをみつけたのですが、
avex様に削除されていたので、つべにあったスポットCM ver.を貼っときます。

おそらく、買っちゃうと思う 笑


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-26 22:48:08

シノン クロ・ド・ヌイィ 2001

テーマ:お酒


“Seligkeit”-CA390023.JPG


土曜夜の晩酌用に、近所の成城石井にて購入。
グラス一杯分残ってたので、今日もワイン
3日目ですがまだいけます。

ロワールの
珍しいカベルネ・フラン100%。

クロ・ド・ヌイィは、所有する15haの畑のうちたった3haのみ、

しかも60年以上の古木から収穫したものだけで生産されるのだそう。

色合いは濃いルビー色から
縁に向けてレンガ色のグラデーション。
開けたては、スミレの花の香りと湿った土の匂い、
あとは若干の青っぽさ。

私は結構カベルネ・フランが好きなので、
フラン100%で造られるロワールの赤がお気に入り。
以前飲んだブルグイユのものよりも、
青臭さが少なくて飲みやすいかな?
カベルネ・ソーヴィニヨンほど重くなく、
ピノほど軽くなくタンニンもこなれていて
バランスの良い味わいです。

青カビのロックフォールをお供に。

CHINON Clos de Neuilly 2001

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-23 18:43:37

アリス・イン・ワンダーランド

テーマ:映画

“Seligkeit”-アリスインワンダーランド ※あらすじ(長いけど・・・)

 父が存命の頃を思い出す。まだちいさな頃のことだ。
 いつものように悪夢にうなされるアリス。不思議な世界に迷い込んでしまう夢。

 私は頭がおかしくなっちゃったのかしら・・・?

   『確かにお前は少しおかしいかもしれない。

   だが、優れている人は、みな頭がおかしいものさ』


 そんなとき、いつでもベッドの横でこう言って安心させてくれた。

 だが、現実の世界はそんなに甘くはなかった。



“Seligkeit”-(C)DisneyEnterprises,Inc.Allrightsreserved.

19歳に成長したアリスには許婚がいた。

 父が他界した後、会社を救ってくれた貴族の子息。
アリスはその現実をどこか受け入れることができないでいた。

貴族のしきたりに縛られた世界。表面上の「幸せ」を守るための虚構。
「自分」を置き去りにして勝手に進んでいく世界。


『集中しなさい!』

目に見えないものを想像することは、即ち悪である。
自分の知らないところで、勝手に仕組まれた「プロポーズ」。
YES. 以外の答えは用意されていない。


『私には時間が必要なの!』

アリスは「答え」から逃げ出した。
チョッキを着た奇妙なウサギの後を追って。

白いウサギが潜った大きな穴は、不思議への入り口。
覗き込んだ途端、アリスは「アンダーランド」へと落ちていく。

上は下。右は左。過去はイマ。あなたは私。
迷い込んだ所は、パラドックスと不条理と非現実のおかしな世界。

そこで待っていたのは、おかしな住人。
赤の女王から世界を救う「救世主・アリス」を待っていたという。
これは、私の見ている「夢」?なぜみんな、「私」を知っているの?
でも、「私」は「救世主」なんかじゃない!

いつまでも覚めない悪い夢。
いつしかアリスは過酷な運命の歯車に翻弄されていく。

その時アリスが下す決断とは・・・?




不朽の名作を、ティム・バートンが、ジョニー・デップと、3Dで。
それだけでもう、期待するなと言う方が「マトモジャナイ」。
公開初日に観て来ました感想です。無駄に長いです。


以下、ネタバレ。

・・・


今回ティム・バートンが撮ったのは、真っ当なディズニー映画だった。

貴族社会のしきたりに馴染めず、
周囲の期待や、自分の置かれた現実を受け止めきれない
どこかふわふわしたひとりの少女が、
様々な困難を乗り越え、自分の意志の力によって
不確かな「夢」を「現実」へと変えていく。

少女性からの脱却。
ワンダーランドからの卒業。
そんな真っ当なお話。

これを、どう捉えるべきか?

原作の世界観をベースに、
主人公とワンダーランドのその後を描くという大胆な発想の割には
「アリス」という題材に対する斬新な解釈や、
突拍子もないシナリオ展開はひとつも感じられなかった。
無難に再構築された感じ。

いつものバートン節はどこへやら?

ただ、映像は文句なしに素晴らしく
それを楽しむためだけにこの映画を見るのもやぶさかでない。
彼の衣装や小道具のディテールへのこだわりや、
まるで本当に見て来ことがあるかのように
不思議な世界を「創造」してしまう力にはいつも感服する。

(しかし美しい色彩は3Dメガネのおかげで台無しだったが)


でも、
やっぱり私は
ティム・バートンの
おかしな世界のおかしな者たちの描き方に
今回は納得がいかなかったのである。

色々と挙げていくときりがないが、
特に気になったのは


の女王」と「の女王」


の対比。


美しい容姿を持ち、誰からも愛される妹と
大きな頭にコンプレックスをもつ、激しい性格の姉。
ティム・バートンといえば
「シザーハンズ」があまりにも有名であるが、
彼は、姿形の美醜(特異さ、おぞましさ含む)というものの
人間の精神・感情に及ぼす影響を理解しつつ、
「異形」の者たちを、その悲哀を
たっぷりの愛情をこめて描いてくれる数少ない監督なのだ。


なのに、赤の女王に対する「救い」は用意されていなかった。


ジャバウォッキーとの戦いを終えたあと、
アンダーランドの統治権は白の女王に渡った。
そして「慈悲深い」妹は、姉に対しを下す。
そのシーンで、善=白の女王、悪=赤の女王という
対比構造が、ひっくり返ったような気がした。
それくらい、「救い」がなかったのだ。


「数あるファンタジーの世界と同じで、このアンダーランドにも善と悪が混在する。
でもここの面白いところは、
あらゆることがほんのちょっとだけズレているところなんだ。善人であってもね!」 

というバートンの言葉は、
こんな、悲しい「ズレ」を表していたのか・・・?

今回、アリスの敵は怪物ジャバウォッキーだった。
(現実とのリンクという構造で考えると、ジャバ=婚約者だし)
赤の女王は、確かに横暴で残忍でどうしようもない人間だが、
その生まれ育った環境や、コンプレックス、
ひとりの「女」として愛されたいと願うまっすぐな心、
そういった点で、彼女は「救い」を与えられるべきだったのではないかと思った。
もしくは、
その「偽善」を住人に見抜かれ、姉妹共に断罪されるべきなのではないか。

(もしバートンが、観客がこんな風に彼女に対して「同情」や「憐情」を感じるように
仕組んでいたのだとしたら、それはそれで、少し悲しい。。。)



結論。
この映画、私にとっての救いは、
相変わらずヘレナ・ボナム・カーターの演技が素晴らしかったこと。
バートン監督は、彼女には良い役を与えているなぁと思う(良い意味で。)
あと、ジョニー・デップは、主役を喰っちゃってた(笑
期待していた演技ではなかったように思う。

※見終わった後、色々と考えてみたり、他の人のレビューやブログを読んでみて
当たり前だが、人それぞれにお話の解釈の仕方が違っていて面白かった。
そして、もう一度見直してみようかと思った。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-23 23:41:16

南麻布 きらく亭

テーマ:ごはん
相方の誕生日祝いということで、
月曜日は「きらく亭」にて夕食。

この界隈では金竜山や焼肉ジャンボと並ぶ有名店とのこと。
駅から少し離れているのになかなかの賑わいでした。

とりあえずビール!と、
店員さんオススメのネギ塩ロース、
特選盛り合わせ、コプチャン、
サイドでレバ刺し、キムチをオーダー。

“Seligkeit”-CA390018001.JPG
ネギ塩ロースは
「片面焼きでどうぞ~」とのこと。
ネギとレモンがお肉の優しい油と相まって…
とてもおいしいですニコニコ

“Seligkeit”-CA390019.JPG
特選盛り合わせはかなり分厚い系ビックリマーク
厚切りタン塩、厚切りイチボ、厚切りハラミ、和牛ヒレ、特選カルビ、特選ロース焼きしゃぶ。
ハラミやイチボなどの厚切り肉は
十分な分厚さで、贅沢な食べごたえ。
どのお肉も咀嚼するうちに柔らかくほぐれて
良質の油が口の中に広がります。
付けダレが3種あるのも嬉しい。

一名分にしておいて良かった…
かなりボリュ~ミ~ですビックリマーク

きらく亭はレバ刺しも厚切りで、
サラダなどのサイドも盛りが良心的。
大変満足度の高いお店でした。

お会計は二人で15K弱。
お酒をあまり飲んでいないとは言え
こんなに食べたのに!?
と逆にビックリでした。
また再訪したいと思えるお店です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-15 12:50:48

にく~

テーマ:ごはん
“Seligkeit”-CA390017.JPG

昨日胃袋におさめたアウトバックのお肉様~。
さすがに完食はできませんでしたが…

ステーキって、焼肉よりも「肉喰ってる」感がある。
量なら断然焼肉のほうが食べれてしまうのに。
不思議だ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-04 19:19:35

ついったーはじめました

テーマ:ブログ

適当にはじめてみました!

まだフォローしてもフォローされてもいません爆弾

まだつぶやいてもいないんですが!


初のつぶやきは、何にしようか。。。。


(とか考えるからだめなんだってね~)


もし気が向いたらフォローよろしくです。


Follow Seligkeit_D433 on Twitter  
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-21 20:44:36

モスクラやけ食い!

テーマ:ブログ
“Seligkeit”-CA390011.JPG

神楽坂のMOS BURGER Classicにて。
どうしょうもなくツラくて
泣きそうな気持ちになって、
ストレス解消につい…
やけ食いあせる

(priceもcalorieも)お高いけど、
お・い・し・ぃ

気付けば前回の更新から3ヶ月。
随分ほったらかしてました。
またちょい②書いてきますか~。

“Seligkeit”-CA390010.JPG
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。