「何のためにこれをやっているのか?」



これを自分自身で握れていること。

ここができているのとそうでないのと、
結果に大きな差がつくものです。




大学での講師をしていて、
学生を見ているとよく分かります。


これは何のためにやっているのか?


これを自分なりに考えて取り組む学生と、
そうでない学生では、
出てくる言葉が違います。


一つ一つを理解して、
自分なりの解釈を経て言葉にしていると、

やはり相手に伝わるんですよね。


プレゼンのノウハウとか、
文章の構成とかが多少つたなくても、

核の部分はしっかり伝わる。



伝わるってことは、
相手に理解してもらいやすくなる。


自分がこう考えている、
自分はこういう人間だ、

それが伝わるということは、

応援を得やすくなるし、
結果、人の輪が広がっていく。



自分の望む目標に近づくスピードが、
断然早くなっていくのです。




と、何だか大きなことを言っていますけれど。


これ、私の苦手分野です。



直感と勢いで動くので、
やってしまった後になって、


「あれ?
 これって何のためにやってるんだっけ?」


ということがよくあります。

よくある、というレベルでなく、
ほぼそうです…。



とにかく直感で何も考えずに動いて、


あれ?なんか違うぞ?

このままだとマズいぞ?


そう感じてから、目的を考えてみたりする。



そもそも私ってどうしたいんだっけ?



新緑



結婚したい

転職したい

家族を持ちたい

仕事を辞めたい

収入を増やしたい

ひとりになりたい

注目されたい

評価されたい

チヤホヤされたい





いろいろ、思うことがある。

焦ったり、悩んだりすることがある。



私はそんな時、

じっとしていられずに

まず動く

ということをしてきました。



それも決して悪くはないし、

人生にムダな出来事なんて
起こりっこないと本気で思っていますので、


私自身の性質としてはそうせざるを得ない。

そうしないと納得できないからですが。




けれども、
それもふまえて今思うのは、


目的をしっかりと握って、

落ち着いて、
そして淡々と継続して動くべし


ということ。



焦るからこそ、
不安だからこそ、

余計にそうするべし。



だってね、
行動して動いている時って、

前に進んでいる「つもり」になっているんです。


焦りや不安を感じなくて済む。


そう、つまり、
逃げているんです。



結果を手に入れたいのではなく、

今目の前にある心地悪さから逃避したいだけ。



その行動は、
結果をさらに遠ざけるだけです。



何度も経験してきた私が、いいます。



目的をしっかり握ること。

何のためにやっているのか?



ここを
目を逸らさずに

真っ直ぐに見つめる勇気を持って

今の自分自身の現在地を知ること。



目的としっかり繋がった
結果を手にするためには、

まずはそこからです。



私が婚活で結果を出せたのは、
この原点に戻って、

落ち着いて行動を継続できたこと。



結果が出るまでの時間差を、
楽しんで過ごせるくらいの余裕があれば最高!



あなたが今一生懸命になっている、

その目的は何ですか?




キャリアコンサルタント 白鳥未緒

・仕事と家庭の両立サポート
・結婚、出産などライフイベントのアプローチサポート
・働き方の軌道修正サポート

おもにコーチングの手法で、
すでにご自身の中にある目標を引き出し、
幸せな人生を創り出すプロセスをサポートしています。

●セルフィルのホームページはこちらから●


AD