フラッと箱根に行ってきました。


箱根の滝


子供たちはいとこと一緒でテンションmax!


連休中の渋滞にも全くはまることなく、
快適に行って帰ってくることができました。



この旅行中、夫の小さなことが気になって、
イライラすることが多かった私。


車のスピードが速い、とか、
ブレーキ踏むタイミングが遅い、とか


まぁ、よく考えればどうでもいいことです (笑)



どうでもいいこと、
だけれど気になる。

気になるからついつい言ってしまう。
(黙っていることができないのです…)



その言い方も、きつくなっちゃうんですよね。

もっと優しい言い方あるだろうに、って、
「わかって」いても。




相手は鏡


それがよく理解できるようになってから、

相手にイライラしてしまう時って、
自分自身に余裕がない時だと分かるようになりました。



自分の「今」にしっかり目を向けられていない
(余裕がない状態)



いつもなら大して気にならないような
小さなことも気になる
(相手にイライラする)



じゃ、どうする?



以前の私だと、


もっと優しく言おう、とか、

イライラしても言わないようにしよう、とか、



「自分の表現方法を改善しよう」としていたんです。



でもね、それ、
根本的な解決には全くならないと気付いたんですね。



だって、
そもそもイライラしてしまう、
その原因が、


自分の「今」にしっかり目を向けられていないこと。



つまり、


自分自身がどうしたいのか、

自分自身がどう思って何を感じているのか、

それが分かっていない。


【自分を大事にできていない】


ということだから。



その根本的な理由を無視して、
表面だけのあれこれを改善しようとしたって、

何も変わらない。


それどころか、悪化します。



自分自身に、我慢を強いているから。


自分自身を、無視し続けているから。




では私は今回、
何をやったのかと言ったら、


旅行中イライラしてしまっている自分を、
まず認めました。



あ、私自分に目を向けられていないのね。

あ、私自分を大事にできていないのね。


ごめん、ごめん。



その上で、
イライラと思うことがあった出来事を、
一旦冷静に振り返ってみる。



夫の運転にいろいろ思うところはあったけれど、

彼が家族と
一緒に行った妹家族を思ってこそ、

その気持ちがあった上でのことだから。


優しさだよね。
ありがとう。



そして、夫の優しさよりも、
至らないところにアンテナが立っていた自分に気付き、

アンテナを立てるポイント修正しようね。


と、修正する。



以上。



自己嫌悪する必要もないし、
家族に懺悔することもないし、

淡々と、

今自分にできることをする。



アンテナ受信局を変更すること。


自分が心地よく
自分が快適に過ごせるチャンネルに変えること。



小さなことだけれど、

日々、
この小さな修正と変更を積み重ねることで、

着実に快適に過ごせる時間が長くなります。



そうやって自分のご機嫌を
自分でとっていけるように修正する力が付くと、

日常の普段が、ランクアップしていく。



日常の、
普段が、
自分の人生なのだから。


その時間をご機嫌でいられることって、
幸せの本質に近づくことができますね。



今日は自宅のテラスに小さな机を出して、

おにぎりを握って
昨夜の残りのお味噌汁と共に
家族で朝食。


テラス前


深い緑を目の前に、
気持ちよい一日のスタートです。




白鳥未緒

セルフィルのホームページはこちらから
AD