2月頃からなかなかに、
予定の詰まった日々を送っております。



4月もキッチキチでした~

4月の手帳



でも、とても充実していた。

とっても楽しかった!



えぇ、もちろん、

「やっちゃった!!!」

ってこともあった…


でも、それも、

大きなことに気付かせてくれた
いいきっかけになりました。


(すぐに忘れるので肝に銘じます。
  同じようなこと二度起こるってのは、
  くれぐれも、ってメッセージだと思うので。)




私は、ある程度キッチキチの方が
自分の力を発揮できます。


もちろん、適切な休養は大事なのだけれど、

ユルユルとした時間の流れよりも、
キッチキチの方が力を出し切れる。


結果、次のコマに進める。



この自分のリズムをつかむこと、
とっても大事です。



予定を詰め込み過ぎずに、
自分を大切にする時間を最優先しよう。


的な情報が溢れる中で、

私も一時期、
ほぼ何も予定を入れずに過ごした時期がありました。



でも、私には合わなかったです。


結局、だらけすぎてしまって、
今日一日何やったっけ?という時間が
ずーーーっと続いてしまったから (笑)



むしろ、予定がある程度入っていて、

家のことも
子供のことも
学校のことも
仕事のことも

様々なことが目の前にある時の方が、



「あ!これやりたい!」

という閃きが降りてくる。


しかもかなりの高感度で。



キッチキチだから、今はできない。


って選択肢などなく、


とにかくまずやってみる!
やれるところまででいいからやってみる!


と、まずやってしまってから考えるのが、

私が
私らしく
心地よく前に進めるパターン。



これがようやくわかって

これがようやく受け入れられた。



ここ最近のことです。



これも「やってみた」から「わかった」こと。


やらないとわからないのですよ。


だって自分のことって、
【感じて】こそ、【わかる】のだから。


頭で考えていたって、感じられない。


感性とは、
感受性とは、そういうもの。



あ、気になる。

あ、おもしろそ。

あ、なにこれ。


そういう、
ちょっとだけアンテナに引っかかったことを
いかにキャッチして、「やってみる」か。



それが自分にとっての正解なのか、
そうでないのかは、

その後に分かること。



やってみて違うな、と感じたら、

自分はこれは違うんだ、と、

自分のリストに追加していくだけ。



そうしたらその次は、
それ、ではない別のものを選べばいいのだから。



そうしていくうちに、感度が上がって、
ちゃーんと自分のセンサーが研ぎ澄まされていく。



まずは質より量。


これ、本当だなって思います。




先ほどまたひらめきで新しいことに着手しました。

予定や計画などあったもんじゃない(笑)



5月もどんどん自分のキャパ、広げていきます。




白鳥未緒

セルフィルのホームページはこちらから
AD