昨日、サラッとプロフィール写真を変更しました。



しばらく前から今までの写真に

「なんか違うな~」

という小さな違和感が常にあったのですが、
いよいよ見過ごせなくなってきた。



そんなタイミングで、
先日野本由美子さんに撮っていただいた写真たち。


ナチュラル未緒

桜と笑顔未緒

座って(笑)



納品された写真を始めてみた時、
自分でも少々戸惑いました。



なぜなら、

自分の心がものすごくフラットだったから。



フラット、という言葉を
もう少しかみ砕いてみるとするなら、


「そのままの私」がそこにいて、
「そのままの私」を受け取れる自分がいた。



…全然かみ砕けてないな(笑)



えと、

私の心は高揚するでもなく、

かといって凹むでもなく、

ただただ、



「あ、そのままの私だね。」

と、淡々と写真の中にいる自分を
見つめている自分がいた感じです。


自然体未緒



しばらくしてね、
そういう自分にちょっと戸惑いましたね。


なぜなら、

今まで写真を撮ってもらって、
納品された写真を見た時って、



わーーーーーっっっ!!!
感動っーーーーー!!!


こんな自分もいるのねーーーー♡



みたいな、
アドレナリンが放出されて
高揚した気持ちになっていたから。

(ま、これもわずか一瞬だけれど。)





今回もそうなるんだろうなって、

またあの感覚を味わうんだろうなって、

一種期待があったのかもしれません、
私の中に。



でも、なかった。





だから、一瞬戸惑いました。

私はどうしちゃったんだろう?って。




写真はどれも素敵。


じゃ、この私の感覚は、何?って。






きっと、
おそらく、


ようやく私自身が、



「そのまんま」の自分



というものを
受け取れるようになったのだと、

そう解釈しています。


写真撮影未緒



どんな角度から撮られていても、

それがいわゆる

綺麗に
カッコよく
スマートな

私じゃなかったとしても、

それも自分。


その自分も、いる。


弱い部分も
ドロドロした部分も

全部が自分の中に

「在る」。






そこがまるっと受け入れられるようになったから、

どんな自分がそこに映っていても、

目を逸らすことなく真っ直ぐに、見られる。



だって、それも自分だもん。

今の、自分。

現在の自分。



自分のいるところ。

現在地。



そこを、ごまかさない。

そこを、ちゃんと見つめる。



ジャッジせず、淡々とね。


笑い過ぎ未緒



逆に、
それがようやくできるようになったからかな。



輝く私 とか、

イケてる私、とか、


そういう一瞬を切り取ることから
解放された。






もし今回の写真を見て、

「シラトリらしい!」

と、感じてくださる方がいるのであれば、


それは紛れもなく、


私自身の内側と外側が
繋がり始めている証なのだと思う。



輝いて見える一瞬を切り取ることより、

常に自分自身に正直に在れる、
そんな自分でいられることの方が、


私にとっては価値のあること。


いい感じ



今回の写真撮影から、
私自身の中で気付いたこと、

そこから大きく繋がっていったこと、

たくさんありました。




本当に全て、シンプルでいいのだと思う。


自分が持っている力は、
他の誰のためでもなく、
自分自身のために使うもの。


持っている力をいかんなく発揮していくことは、
生きる原動力にもなるし、

自分を楽しくさせてくれるエンジン。



自分自身が楽しい瞬間を積み重ねるだけで、
全てがうまく回り出す。


わざわざ何もしなくても、ね。



余計な枝葉を切り捨てて、
また次のステージに上がっていく時が来たようです。


桜と笑顔



ありのままを
そのままに

また文章で書き綴っていくことを
始めていきます。



ただただ私が体験してきたことと、
そこからわかってきたこと。



気になったタイミングでお読みいただければ幸いです。


お花畑と未緒
↑私はいったいどこにいるのだろう?(笑)


白鳥未緒

セルフィルのホームページはこちらから

AD