昨日は満開の桜の中、
野本由美子さんに写真を撮っていただきました。


桜さくら



今までのプロフィール写真もよかったけれど、
「なんとなく違う」という小さな違和感が
しばらく前からあったんですよね。



自分自身が変化し、成長するに伴って、
感じられるようになる「違和感」。


この感覚って小さなものだし、
プロフィール写真など変えても変えなくても
大きな影響のあるものではないし、

そもそも、他の誰も気にはしていない(笑)


だからそのままにしておくことも可能なわけです。



私もしばらくの間、そうしていました。


けれど、由美子さんの投稿を読むたびに気になる。


こんなサービスやってますか?とか、
価格はおいくらですか?とか、

何度か由美子さんにコンタクトしてみたものの、
申込みには至らずにいた矢先、

由美子さんからメッセージをいただきました。



あぁ、今なんだなと即決。

日程も即決。



そして昨日の満開の桜の中での撮影となったわけです。




今までで一番の自然体で撮っていただけたと、
そう感じています。



以前までって恥ずかしさや照れがあったり、
もっと良く見せようって作っているようなところがあったけれど、


もう昨日はそのまま。



緊張も、恥ずかしさも、照れも、背伸びも、
何もなくて。


「今の私」を表現したいと思っていたから、
本当にそのまんまを切り取っていただけた。

そう思っています。



まだこの一枚しか見ていないんだけれど(笑)


プロフィール写真①



そんな風に撮ることができたのも、
星詠みセッションの後の撮影だったから。

あとは、申し込み後から始まるメールセッションで、
由美子さんとのコミュニケーションがとれていたから。



自分はどんな人間であるのか。

自分は何を思って、何を考えているのか。

自分はどうしたいのか、何を意図しているのか。

何ができて、何ができないのか、

何がしたくて、何をしたくないのか。

今何が分からなくて、どう感じているのか。


そして自分は、

どこに行きたいのか。



それを自分で知ること。

それを自分でわかっていること。


そのまんまを由美子さんとコミュニケーションすること。


それが、全部映り込んでくるんだなって、
そう感じています。



由美子さんの投稿の中で、


なりたい自分になってから撮るよりも、
まず今の自分で撮られてみること。


っていう言葉がとても印象的で。



なりたい自分になって、
素敵な自分になってから写真を撮る。


もちろんそれも「あり」なんだけれど、

素敵な自分になるためには、
今の自分を知らないといけないんだよね。


今自分はここにいるっていう、
現在地を正確に知ること。


現在地が変われば、
目的地までの具体的手段が見えるから。



だから、
まだまだなりたい自分になっていないかもしれない、

その自分を撮られてみる。



これ、
今の自分を認めるってことに他ならないのです。



勇気、いるよ(笑)



でも、
あぁ、悪くないなとも思えるよ。

頑張ってきたんだな私って、
そう思えたら、

これから向かう先までも
楽しく向かって行くルートを見つけていくことができる。



いつも、いつだって、
今、ここからしか始められないんだから。




ちなみに私は事前のやり取りの中で、
恐ろしいことに気付いてしまい、一瞬ひるみました。



それは、

望んでいたことがすべて実現しているという現実。

私は今その中を生きているという事実。



10年前、望んでいたことがすべて手の中にある。

当時の目標がすべて達成されている今。

幸せ以外の何物でもないというこの現実。



ここ数年、どんな目標を設定してみても、
10年前の集中力で取り組むことができなかったのは、


もうすでに「ある」からだったんだ。



でも私は、
その幸せすぎる現実を受け取らずに、いた。


受け取ってしまったら、
これ以上幸せになれないような気がして、
これ以上成長できないような気がして、


私は「まだまだ」ということにして、
頑張るふりしている自分に酔いしれていたんだなと。




それに気づいたら、
その現実に気づいたら、

なんだか可笑しくなって、笑ってしまいましたよ。



幸せすぎる今を丸ごと受け取って、

そしてさらに楽しく軽やかにより豊かになっていく。



それをしていいんだ、ってね。



ようやく自分に許可出すことができたようです。




野本由美子さんのセッションはこちら。




幸せをいつも選べる自分に整える

キャリアコンサルタント 白鳥未緒


セルフィルのホームページはこちらから


リブログ(1)

リブログ一覧を見る