日差しが春めいてきましたね。


今年は次男が保育園を卒園し、
春からはピカピカの一年生。

入学準備も整い始めて、
本人も新しい始まりを楽しみにしている様子。



母たちは謝恩会の準備に大わらわですがね…



大晦日、とか、
年度末、になると、

この一年どう過ごそうかな?と
これから始まる新しい時間に思いを馳せる、

という機会も多いのではないかな。



新しい展開が待っているこれからの時間に
ワクワクと共に緊張している方もいらっしゃるでしょう。


今目の前にある現実と、
さほど変わらないであろうこれからの時間の流れに、
今ひとつ気分の重さを感じるという方も
いらっしゃるかもしれません。



キャリアコンサルタントとして
いろいろな方のお話をお聞きする機会が多い身として、

そしてもちろん自身の経験からも、



「願っていても行動に踏み出せない」。



こういう方が多いのだなぁ、とつくづく。



「今目の前にある現実。これが全て」

という言葉、聞いたことがあるでしょうか?



自分が生きている世界とは、
今の自分の目の前にある現実が、
それそのもの。


それ以上でも、それ以下でもないんですよね。



なぜならそれは、

自分自身が「選んで」、
自分自身が「行動してきた」、

その結果そのものだから。



もし、今、
その目の前にある現実に

何かしらの不安や不満、
もしくはモヤモヤとした思いがあるとしたら、

それを打ち破っていく方法はただ一つ。



今までの選択と行動のパターンを
変えていくということ。



今目の前にある現実と違う、
望む未来の自分の姿があるとするなら。


今までと同じことを繰り返していても、
そこには辿り着かないよね?



これまで通っていたスーパーに飽きたら、
違うスーパーを見つけて行く。

そのためには通る道も違うし、
手段も変わってくるのと同じ。


今までは自転車で行けていたけれど、
車の方がいいかもしれないし、

もしかしたら歩いて行けちゃう、
灯台下暗し、かもしれない。



自転車に乗って同じスーパーに通い続けて、

いいものがない!

品物が少ない!

店員の態度が悪い!


って、文句を言って過ごすよりも、

自分が気持ちよくご機嫌に買い物ができるスーパーを
見つけてみる方が、


結果としては早いし、
楽しくね?


と、私は思うのです。



「心地よく、楽しく生きたい」のならば、
という前提でのお話し、ですが。



何を選んでも間違いなどないのです。

何を選ぶのもそれぞれ個人の自由なのです。



だからこそ、
今までの選択を変えることも自由だし、
変えないことも自由。


他の誰のせいでもない、
自分自身でできること。

自分でしかできないこと。



その積み重ねが、
自分自身の未来の時間を創り出すのですもの。



それが、
自分の人生のハンドルを自分で握るということ。



昨日はオサレな紅茶のお店でスコーンと共に。

西荻紅茶
お気に入りのカップを選ばせてもらえる♡


スコーンのキャラメルソースが絶品でした♡



(しかし私はコーヒー党です(笑))




頑張る力を整えて
望む自分を手に入れる

キャリアコーチ 白鳥未緒


セルフィルのホームページはこちらから



AD