「3D&VR展」に行ってきました

テーマ:
昨日、ちょこっとだけですが「3D&VR展」に行ってきました。

行くまでに驚いたのは、久しぶりにゆりかもめに乗ったら揺れること。酔うんじゃないかと思ったくらい・・・

そして、「3D&VR展」今回で24回目とのこと。そんなに開催してたのか。。。
3日間開催の3日目の午後、しかも金曜日の午後は行くタイミングじゃないですね。混みすぎて人垣が出来ていてろくに見えない、聞こえない。

展示されていたのを幾つかに分類してみると・・・
・VR&AR
体験する人が多く、各社借りているスペースが小さい→通路が狭い→特に人だかりができるという状態に。

・3Dプリンター
ほとんどは大企業が出展していましたね。機能やスペックが上がっているので、リーンスタートアップのMVPを作る際にモックを簡単に作ったり、そのまま製品化したりできそうだなと感じました。

・モーションキャプチャー
リアルタイムにすることでVRと絡めていこうという感じでした。

・センシング
この分野も多く出展されてました。測定することでヴァーチャル空間に置いたりできそうですね。VR×住宅(住環境)のようなサービスが盛り上がるかなと。

この分野は進歩が速そうなので、来年も行きたいです。
ただ、3日目は回避しようと思います(笑)





AD