元・底辺の癒しと栄光をお届けするツアーガイド「アイ」    

「セルフ共和国」という新興国!です。ガイドの「アイ」です。よろしくです。当国へご旅行に来ていただく、すべてのお客様に、今がどんな状態であっても、癒しと栄光と幸せを獲得し、それを土台にして身近な方から尊敬の念を集める存在になっていただくツアーを提供中!

ようこそ、お越しいただきました。
初めての方は、お手数ですが、こちらの記事 から
ご覧になっていただくほうが、わかりやすいと思います。
どの記事からお読みいただいてもわかるような書き方を
心がけていますが、より深いご理解をいただきたく、
便宜上、順番を作ってみました。
よろしくお願いします。

テーマ:
いつもご訪問、ありがとうございます。

続けますね。

わざわざ、「家族相」などと、こんな手相占いみたいな
言い方で家族の人間関係を表す用語をでっち上げた、
というか作り出したのは、そのあり方に
法則性が見られるからなんです。

人は、誰でもが社会というステージを通して
自己表現する生命体です。

何を通して貢献するか。

音楽を通して、か。

農業を通して、か。

よい接客を通してか。

お持ちの確かな技術を通して、か。

自己表現とは一言で言うとそれを必要としてる人に
提供し、貢献することです。

これを巡っていろいろな自己啓発の方法が生まれ
実践されてきました。

つまるところ、誰もが本能的に持っているのは
「自分は正しくありたい」という
表現者としての本能です。

そうです。これは理屈じゃないんですね。

生まれ持ったものです。

そして、その表現の規模の大小はとりあえず
関係ありません。

世界的に有名な表現者が偉くて
職場の中での、日常的な表現者が偉くない、
というものではありません。

自分が正しいと思って表現したことが
認められたときに、規模の大小は関係なく
幸せ感じますよ、という話です。

だから、せっかく人として生まれてきても、早くから
この本能を毀損されることになると、いろいろと
不都合が生じます。

極論すると、人の一生というのは、表現者として
それをどう味付けして表現するか、ということに
なるかと思います。

みーんなクリエイターなんですよ。

独立国の建国の偉人だ!

とか

大統領だ!

なんていうより、この言い方のほうが
わかりやすいですかね。

クリエイター。

その人の過去のすべてがつまった、未来へ向けた
利他心やサービス精神に包まれた
行為や創作物。

過去が波乱万丈であるほど、
深みと味の出る行為や創作物。

樹木にしても温室に生えているのではない限り、
雨風嵐に叩き付けられたり
地震雷火事おやじに
さらされます。

あ、最後の「おやじ」というのはきこりさん、
ということでお願いします。

枝を薪にされちゃったり
まっすぐな部分を杖にされたり。

長くてしなやかだと、船をこぐ楷にされ。

しっかりした家の柱用としては、
幹を全部、頂戴します、となります。

木もいろいろ大変です。

きこりさんに切り株だけにされたとしても
その横からまた新芽を出す樹木もあります。

特に残念がることもなく、普通に新芽を生やすのは
何ともすごいことだと思います。

「アイ」もいつもあやかりたいと思っております。

新芽というか、生まれて成長をし始めた子供は
屈託がなく、すくすくと大きくなります。

最初の赤ちゃんのときは、

健康であれば・・・

すこやかであれば・・・

と、無我の境地でご両親は子育てに望みます。

ところで、この社会は、ある意味、競争社会などと
言われます。

そのことを強く信じる親御さんの中には、
お子にいろいろと親の望み、といいますか。

こどものために、あるいは、
将来のために、こうであってほしい、として
子供に特定のメッセージを加えることが
日常化するケースもでてきます。

子供が成長するほどに、その望みは具体化し
親御さんが信じる、世間の常識という
「戒律」に沿った生き方を求めるようになります。

それは大体が、制限を加えるメッセージとして
機能します。

その言葉による制限は大体が、子供への愛情表現、
というグラデーションがかかっているために、
少々行き過ぎても、正しいこと、として
処理されます。

コウノトリのくわえる風呂敷に包まれて
やってきた子供は当然のことながら親の
自己実現を具現化する道具ではないのですが。

ここが忘れ去られるのも
ある意味、いたし方のないことかもしれません。

別人格を持つ子供は、当然、
反発しますわな。

それは、対立として同性の親子間
(母娘、父息子)ほど、表面化します。

逆に異性の親子間(母息子、父娘)ほど、
内在化します。

家族関係の力関係を分析するに当たり
この異性間の世代を結ぶ
たすきがけの状態を見るのは不可欠です。

これは、非常に重要なことなんですよ。

このブログにでっち上げた「愛情心理学」の
肝といってもいいぐらいです。

これからもいろんな角度から、ガイドいたします。

ここには、いろいろな景観がございます。

山あり、谷あり、海あり、川あり。
お楽しみにお待ちあそばせ。

ところで、かの、スターリン閣下も、
「母息子」コンビの世代間ラインが
重苦しかったことは、先日、少しお話しましたが、
これ、結構大変なことなんですね。

「親子関係のたすきがけ」に
何か重いものが残っていると
「あなたもスターリンさんのように大物になれる!」
といっているのではありません。

その心というか意識は
一生涯、馬ならぬ、虎馬がレースを続ける、
競馬場ならぬ競虎馬場となってしまいます。

あなた様の感情という大地は、
彼らのレース用の土地になってしまうんですね。

そして、そのレースを見学しながらのの自己表現は
結構くたびれるものだったりします。

やっぱり、彼らはちゃんと手なずけて
足元でじゃれつく猫さんみたいに友達関係にして、
今後も自己表現していきたいですよね。

その方法のための登山口は、
一定の法則に従えば、いくつもあります。

私でさえ、いくつもゲットしました!

まずは、ノート書きからお願いしますです。



次にいたるためのNOTE


あなた様は、表現者として誰になにをどう
表現しようとされていますか?

それを「アライブノート」に書いてみてください。

そして、その表現をするに当たり、
過去のいろいろあったことをどう、位置づけて
きましたでしょうか?

今やっていること、それに対する気持、
すべて過去から延々と続くレースです。

誰にも見せないノートですので、
お好きな表現方法ですきなだけ
書いてみてください。

書けば書くほどいろいろ
発見できます。

逆に読み飛ばすと、明日には忘れてしまうかもね。

そういうことでよろしくお願いします。

いつもありがとうございます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。