企業イメージ戦略!プロデュースから教育まで

~企業のイメージが人の心を動かす!~
クリニック・サロン・店舗など人が集まるところには
心を動かせるハードとソフトのイメージが必要です。
「イメージづくり」からそこで働く人のイメージに相応しい「教育」を致します。


テーマ:

昨日、何かで「キラキラ起業女子」について書かれたものを偶然拝見しました。
アベノミクスで起業に対して国からの補助金が出たり、行政でも創業塾などを
開催したり、色々「女性起業」なるもの取り上げてられてます。

私もそういう場所で講演などをご依頼される場合もありますが
自分で女性起業家とおもっているわけでもありません。

そして女性起業家といっても本当に様々です。
パソコン1つあれば、どこでも場所は関係なく働ける時代において
その女性が「どのように生きたいか」で仕事スタイルも様々です。

ある方は「年商1億以上を望む」方もいらっしゃれば
ある方は「夢の実現とやりがいのため」と言う方もいらっしゃいます。
女性ならではの仕事もたくさんあります。

国の為というなら税金をより払うことが法人の使命ともいえると思いますが
女性の起業の場合はそれだけでは片づけられないようにも思います。

女性の自己実現に向けてはお金で換算できない効果があると思います。
例えば子育て中にその子供と向き合う時間を有効にするために
自分として過ごす時間も大切にするという考え方もありますし

介護に関すしでる費用を自分が親を見ると親子だけに身も心も疲れてしまうかもしれないので
外にお任せするための費用を捻出するなど

働き方が色々と言われているのであれば、
起業スタイルも多様化でいいのではないでしょうか?
そして起業がすべてでもありません。
向き不向きもあるかと思います。

女性として役割が向いているものが人生の中には沢山あります。
そして女性だからこそ脳の根本的な男性との違いで

色々なことを同時に出来るという能力があります。

だからこそ、それを活かしての働き方スタイルでいいのではないでしょうか?

その人その人の家族、人生観、夫婦の関係性、親子関係などすべてまちまちです。
その中でキラキラ自分の足で歩もうとするだけで素晴らしいのではないでしょうか。

キラキラ起業女子は自分のことをキラキラと思ってないと思います。
いつもどうしていこうか?考えているの様子を見ます。

私は起業をしようと思って始めた仕事ではなく
講師になった=起業したことに繋がったです。

起業だけが素晴らしいともおもっていなく
会社でずっと働いていらっしゃる方の様々な身についた能力は本当に素晴らしいなと
感じることもあります。

ダイバーシティや諸々他を認めて行きましょうという中
こういうのではないとダメとか決めつけていくことではなく
人が100人いれば100通りの人生があります。
その中で働き方も100通り、それでいいのではないでしょうか。

ひとり一人の人生においてちょっとでもキラキラ楽しい時間
有意義な時間がある人生を与えられるのではなく自分で築いていこうという姿勢
そこが一番、ステキな点なのではないかなと思います。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

余語まりあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります